ReVA復興ボランティアチーム・上尾

カテゴリ:【陸前高田】活動報告( 91 )

27年度 ReVA6月便活動報告

ReVA6月便活動報告

6月5日(金)夜 北上尾駅出発

a0247584_17193686.jpg
今回は自家用車1台とレンタカー1台に分乗し9名で出発しました。


6月6日(土)朝 

a0247584_633494.jpga0247584_6331594.jpg
前回お預かりしていたバッグの修理が済んだので、
持ち主のHさんにお届けいたしました。

a0247584_634223.jpg
震災から4年経って、偶然自衛隊の方の集中捜索で見つかった思い出のバッグ
きれいに直って手元に届いたHさんは、涙を流して喜んでくださいました。


a0247584_17204144.jpg
モビリア仮設住宅へ到着する頃には、降っていた雨も上がってきました。

a0247584_17211393.jpg
今回の活動は、「五葉温泉&お買い物便バスツアー」のお手伝いと
モビリア仮設住宅の草刈りです。


【草刈り班】

a0247584_6381920.jpg
6月になると雑草が大分伸びてきています。
草刈りチームは男性6名です。

a0247584_640428.jpg
今回は空室になった仮設住宅の庭の草刈りをしました。

a0247584_1726633.jpg
刈った草は道路沿いにまとめて、後日回収してもらう予定です。

a0247584_1726313.jpg
途中雨が降ったり気温が低かったりと作業が捗りませんでしたが、
今日は4軒完了しました。

a0247584_747243.jpg
草刈りの合間に、ReVA恒例の「便利屋さん」。
住民さんからの依頼で、窓拭きも行いました。

【バスツアー班】

a0247584_6503024.jpg
仮設住宅や災害公営住宅にお住まいの方だけでなく、地域の方々も参加してのバスツアーも
4月に引き続き2回目です。
地元のNPOスタッフだけでは配慮しきれない部分を
女性陣3名で、参加者の方々のサポートを行いました。

a0247584_6452337.jpg
五葉温泉で美味しいお料理を堪能し、カラオケなどを楽しむ今回のツアー

a0247584_6442567.jpga0247584_6443559.jpg
a0247584_6453595.jpga0247584_6444697.jpg
前回は遠慮気味だったみなさんも、今回は開始直後から歌や踊りが披露され
とても楽しいひと時を過ごせました。

a0247584_6454434.jpg
途中、ショッピングモールでお買いものタイム。
買い物サポートも大事な役割です。
普段当たり前のお買い物も、バスで大勢で行くと気分も変わります。
男の人たちは、電気屋さんなどをまわっていたようです。

a0247584_645549.jpg
今回のツアーも大成功!
皆さんとても楽しんでくださいました。


今回の宿は、高田町にある 「レインボーサライ」 。

a0247584_17272913.jpg

a0247584_17274823.jpg
カラフルなバンガローが並んでいます。
震災後、宿泊施設がなかった陸前高田で、安く泊まれるこのバンガローは
ボランティアなどに人気でした。
残念ながらこの場所も、市の復興土地区画整理事業のかさ上げ対象になるそうで
来春閉鎖されることになるそうです。


6月7日(日)朝 

a0247584_17281591.jpg
朝から晴天に恵まれました。
活動2日目は、モビリアの住民の皆さんと一緒に敷地内の草刈りです。

a0247584_17283513.jpg
ReVAは引き続き空室の庭の草刈り担当です。

a0247584_17293342.jpg
空室がずいぶんと増え、住宅の庭はかなり雑草が伸びてきています。

a0247584_17294819.jpga0247584_17303488.jpg

a0247584_17314338.jpga0247584_1732042.jpg
今回は10軒の空き室の草刈りを終了させましたが
現在40軒が空き室とのこと。
もともとキャンプ場だったこの仮設住宅では、草刈りは大変な作業だと毎回感じています。
まだまだ仮設での暮らしがつづく中、
退去後の環境整備のお手伝いも、とても重要だと実感しました。

a0247584_1734057.jpg
作業終了後、住民の方から「りんごジュース」をいただきました。
陸前高田産のジュース大変おいしかったです。
ありがとうございました。


午後からは相川仮設住宅に移動し、階段の修復作業を行いました。

a0247584_17345710.jpg
元々別の用途で使用されていたブロックや、まったく使用されていなかった石などで
階段を作っていきました。

a0247584_737825.jpg
余っていた板や石などでくさびを打ちました。

a0247584_1736360.jpg
限られた時間でしたが、周りにあるものを使用して上り下りに危険を感じない程度まで階段を修復しました。


今回はやや厳しい日程となってしまいましたが、無事予定していた作業は終わりました。
刈払機を使用する草刈りは危険を伴いますが、怪我をせずに終了できて良かったです。
できる範囲で今後も支援を継続していけたらと思います。
[PR]
by team_ageo | 2015-06-23 23:48 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

27年度 ReVA4月便活動報告

4月24日(金)夜 北上尾駅出発
今回は自家用車1台とレンタカー1台に分乗し8名で出発です。

a0247584_0365947.jpg


4月25日(土)朝 
一本松茶屋の駐車場で休憩後モビリア仮設住宅へ向かいました。

a0247584_0373214.jpg
「希望のかけ橋」がさらに延伸され規模が大きくなっている印象です。

a0247584_0374182.jpg
今日は陸前たがだ八起プロジェクト主催の
「遠野お花見&お買いもの便バスツアー」のお手伝いです。

a0247584_0375254.jpg
天気にも恵まれ、遠野はちょうど桜が見ごろのようです。

a0247584_038635.jpga0247584_12148100.jpg
今回は、仮設住宅の方だけでなく、小友町の住民の皆様全体にご参加いただき、
お花見とお買い物を楽しみながら交流していただこうと言うねらいがあります。

a0247584_0383935.jpg
目的地は「たかむろ水光園」ですが、途中で 「道の駅 遠野 風の丘」 で休憩しました。
ここは、地元で生産される農産物を展示即売するコーナーや道路案内の他、
生活・農業体験の情報を提供するコーナーもある遠野でも有名な道の駅です。

たかむろ水光園に到着。

a0247584_0393763.jpg
 「たかむろ水光園」 は、日帰り入浴や宿泊もでき遠野の原風景を楽しめる施設です。
大浴場での入浴後に大広間で昼食をとりながらカラオケを楽しんでいただきました。

a0247584_039174.jpg
園内にある「南部曲り家」はまさに遠野の原風景といった趣です。

a0247584_040063.jpg
a0247584_0401470.jpg
a0247584_0402969.jpg
a0247584_041315.jpg
旧遠野市の地形を再現した遠野池では、ニジマスやイワナ、ヤマメなどの釣りも楽しめます。

a0247584_3414293.jpg
参加者のみなさんと集合写真。

a0247584_1102819.jpg
「たかむろ水光園」を出発後、アクティマーケットプレイスでお買い物を楽しんでいただきました。
たくさん買ってもバスなら心配ありません。
お買い物のサポートも、私たちの大事な役割のひとつです。

a0247584_0424536.jpg
アクティマーケットプレイスを出発し帰路につきましたが、途中 夢産直かみごう で休憩しました。

a0247584_0415432.jpg
ちょうど餅つきのイベント開催中で、無料でつきたてのお餅を配っていました。
バスツアー参加者も飛び入り参加です。

a0247584_1132258.jpg
四季の食材を使用した1番人気のジェラートもおいしかったです。

a0247584_0434381.jpga0247584_114753.jpg
無事予定通りモビリアに到着しました。
天気にも恵まれ桜もきれいでしたし、お買い物も楽しんでいただけたようで本当に良かったです。


一方、そんなバスツアーのみなさんを見送って、他の仮設住宅などに出向いたメンバー。

a0247584_1163671.jpg
まずは毎度お世話になっている 作業所「きらり」 さんへ。

a0247584_155818.jpga0247584_1552295.jpg
大人気のアニマルポットがお出迎え。

a0247584_1563472.jpg
今回ここにお邪魔したのは、大好評のアニマルポットの購入だけではありません。
実は、震災から丸4年経った3月11日、
この日は陸前高田でも、行方不明者の集中捜索が行われたのですが
その時になんと!職員Hさんの大切なバッグが見つかったとの連絡が私たちの元にも届きました。
娘さんが初任給でプレゼントしてくれた思い出のバッグ・・・
警察の方が身元確認のためにチャックを無理に開けて壊れてしまったそうですが
中の財布から見つかった古い免許証が手掛かりになり、
こうして無事手元に戻って来たとのこと。
バッグはご覧のとおり、ボランティアさんがきれいにしてくれたそうで、
「思い出の大事なバッグなので、チャックを直せないでしょうか」と、私たちにご相談をいただき
預かってくることになりました。
(現在修理に出しています)

a0247584_2224739.jpg
次に向かったのが、米崎仮設住宅
市外のみなし仮設から、初めて仮設住宅に住むことになったお宅の方から
押し入れや居間に棚を作ってほしいとのご依頼でした。
「試しに自分で作ってみた」というので見せてもらうと、完璧!
結局作業はせず、ご夫婦とお話をして帰って来たのですが
・収納が少なく棚もない、
・掃き出し窓ではないので、洗濯を干すのもわざわざ回り込まなくてはいけない
・布団も干せない など
仮設住宅の不便さを改めて感じたとのことでした。


そしてもう一か所、昨年度なんどもお邪魔した相川仮設住宅へ。
半年以上ぶりにお会いしたみなさん、いつも通り笑顔で迎えてくださいました。
すでに災害公営住宅や自力再建で空室も増えたということでしたが
ここの仮設もあと2年延長が決まりました。
高台移転の見通しが立たない地区にお住まいの方は
まだまだ仮設での暮らしが続きます。

a0247584_234259.jpg
以前ボランティアさんが作ってくれたという斜面の石の階段がご覧のとおり。
雨風で土も流れて崩れかけ、以前も住民の方が転んでしまったとのこと。
なるべくなら早いうちに修理対応したいところです。


4月26日(日)朝 
この日はモビリア仮設住宅で、自治会のみなさんと荷物の片付けの手伝いです。

a0247584_0441462.jpg
荷物がたくさんありますが、仕分けをしながら住民の皆さんと運び出しました。

a0247584_0443057.jpg
外に運び出してみるとかなりの量です。

a0247584_0444447.jpg
すごい量でしたが、みんなで協力してだいぶ片付いてきました。

a0247584_0445969.jpg
量が多く片付けは終わりませんでしたが、お昼までにある程度目途が付きました。


荷物の片付けと並行して、便利屋さんの依頼もありました。

a0247584_3283388.jpga0247584_328509.jpg
網戸の修理と・・・・

a0247584_330945.jpga0247584_3322111.jpg
災害公営住宅の水道の蛇口の水はね対策です。


今回は天候に恵まれ、バスツアーも参加者の皆さんに楽しんでいただけたようですし、
荷物の片付けもできて良かったと思います。
次回のバスツアーも企画しているようですので、ぜひまたお手伝いできればと思います。
バスツアーにご参加いただいた皆様、荷物の片付けにご参加いただいた住民の皆様
大変お世話になりました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by team_ageo | 2015-05-13 05:46 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA12月便活動報告2

12月14日(日) 早朝5:00

a0247584_1651642.jpg
まだ外は真っ暗。
・・・・・というより、まさかの吹雪!

a0247584_16511363.jpg
この日は希望者数人で、「牡蠣出荷作業」の体験をさせていただきました。

a0247584_16511918.jpg
牡蠣小屋に着くと、もうみなさんすでにお仕事中!
何時から作業していたのでしょうか、
朝の出荷時間に間に合うように
こうして寒い中、夜明け前から毎日出荷作業をしているのだと知りました。

a0247584_16512667.jpg
海水の入った生け簀には、大きく育った牡蠣がたくさん!
「おかげさまで、作業が追いつかないほど出荷依頼が多くて忙しいです。」とおっしゃっていました。

a0247584_16513146.jpg
梱包作業の手順を聞きます。

a0247584_16514076.jpg
牡蠣にも裏と表があります。
平らな方を上にして、指定の数量を並べていきます。

a0247584_16514877.jpga0247584_16515596.jpg
数を間違えたら大変!みんな真剣です。

a0247584_1652125.jpg
生産者番号と名前、賞味期限の日付の入ったこのカードを必ず入れます。

a0247584_165281.jpg
入れ忘れの無いように・・・・
最後に保冷剤も入れて、しっかりふたを閉めます。

a0247584_16521481.jpg
こちらは生産者番号35番、20個入り。
ふたの色も、中の個数によって違います。

a0247584_16522214.jpga0247584_16523136.jpg
イケメン見習いたち!
作業用エプロンも似合ってますよ!

a0247584_16523818.jpg
パレットに積み上げられた作業場いっぱいの出荷用牡蠣。
シャッターを開け、これからトラックに積み込みます。

a0247584_16525325.jpg
おぉ!中までフォークリフトが!

a0247584_1753423.jpga0247584_1653166.jpg
朝の作業が一段落して、ここでなんと!アワビの試食!
「アワビなんて初めて食べた~」という人も。
なんというぜいたく!ありがとうございました。

a0247584_1653992.jpg
吹雪もやんで外が明るくなった頃、朝の出荷作業終了。
ちょっとの時間でしたが、お手伝いになったでしょうか?
貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

a0247584_16542742.jpga0247584_16543448.jpg
牡蠣の出荷作業に行かなかった人も、それぞれ早起きをして、朝の散歩に行ったようです。

a0247584_16544219.jpg
碁石埼灯台から見た朝日。

a0247584_16544740.jpg
碁石海岸周辺は、とてもいい散歩コースがあり、名所もたくさんあるので
またいつか時間をたっぷり取って散策してみたいです。

a0247584_16545352.jpg
朝ごはんはビュッフェスタイル。

a0247584_16545975.jpga0247584_16553618.jpg
朝からたくさん美味しくいただきました。

a0247584_16554352.jpga0247584_16554974.jpg
8:00、宿を出発。

a0247584_16555433.jpg
「海さんぽ」のマスター、大変おせわになりました。

a0247584_1656521.jpg
モビリア仮設住宅に到着し、数人の人たちは「便利屋さん」の活動へ。

a0247584_16561161.jpg
夜中に降った雪が残る道を歩き、依頼者宅へ向かいます。

a0247584_16561746.jpg
今回のニーズは、換気扇やエアコン、お風呂場のお掃除などが多かったです。
災害公営住宅や個人再建でお引越しされる方も増え、
最後にきれいにお掃除して引っ越したいという方々からのご依頼が中心でした。

a0247584_16562292.jpg
荷物もすっかり無くなったお部屋。
初めて仮設住宅の中にお邪魔したという参加者からは、
隙間風や床からの冷たい風が気になったとの声も・・・・・
冬場は本当に寒かったことと思います。
次のお住まいでの暮らしを願いつつ、きれいにお掃除させていただきました。

a0247584_16563511.jpg
一方こちらのグループは、ボランティア参加が初めての方を中心に
せっかくの機会なので、八起プロジェクトの蒲生さんに、当時の様子などを語っていただきました。

a0247584_16564140.jpg
事務所の壁には、2011年3月11日のカレンダーが。
あの日の事をずっと忘れないために貼っているとのことでした。

a0247584_16564655.jpg
地図や写真集などで解説をしてくださりながら、
津波のしくみや当時の状況、災害時に便利だったもの、地域力の違いなどのお話や
今だから言える生々しいお話なども聞かせていただきました。

a0247584_16565429.jpg
そして、モビリア展望台から見た津波の映像や、
自衛隊のヘリに乗せてもらって見た街の様子などの映像も見せていただき、
改めて身体が引き締まる思いでした。

a0247584_165705.jpg
その後、モビリア展望台へ。

a0247584_1657810.jpg
この冬一番の寒さというこの日。
強風が吹き荒れる中で、短い時間しかいられませんでしたが
展望台の上から市街地を見下ろし、蒲生さんからお話をいただきました。

a0247584_16571633.jpg
ここからの景色を見ていただいた方には
「どうですか?ここからの景色の感想は?」と聞いているそうです。
するとほとんどの方が、「とてもきれいで素晴らしい景色ですね」と言うのだそうです。
そのあとで、「ここで、何千人もの人が亡くなったのですよ・・・・」と話すと
みんな口を閉ざすのだとか・・・・・・

a0247584_16595115.jpg
悲しいくらいに澄んだ空と海・・・・・・
強い風の音だけが耳に残りました。
この日のこの景色を、私たちも忘れずにいようと思いました。

a0247584_1711230.jpga0247584_1712076.jpg
「便利屋さん」作業を終えスタッフにごあいさつをし、
少し早目にモビリアを出発。

a0247584_1712822.jpg
牡蠣小屋で、おみやげ用の牡蠣の梱包作業をしていたメンバーと合流し、
バスいっぱいのおみやげを積み込みました。

a0247584_1713458.jpga0247584_1713929.jpg
今回も大変お世話になりました。

a0247584_172964.jpg
一本松茶屋でおみやげを購入し

a0247584_1722652.jpg

a0247584_1723327.jpga0247584_1723968.jpg
お昼は南三陸のさんさん商店街で昼食。

a0247584_1733462.jpg
海鮮丼や

a0247584_1734055.jpg
カキフライ定食を食べ

a0247584_173464.jpg
今年度最後のボランティアツアーを終了しました。
[PR]
by team_ageo | 2014-12-21 00:49 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA12月便活動報告1

12月12日(金)

今年度最後のボランティアバスです。
ボランティア初参加の方々も含め、今回は23名で陸前高田市に行ってきました。

a0247584_16251195.jpg
21:30 上尾市総合福祉センターで、恒例の出発式。
今回も中堅メンバー3名が、リーダーとして指揮をとってくれました。


12月13日(土)

a0247584_16251886.jpg
明け方4:00 
岩手県一関市にある 「道の駅かわさき」 気温は0℃。

a0247584_16252388.jpg
6:30頃、陸前高田市内に到着。
まだ日の出前なので、初参加の方を連れて
時間調整も兼ねて、一本松まで歩いて行ってみることにしました。

a0247584_16253144.jpg
開門前だったので、近くまで行くことはできませんでしたが
6:55頃、ちょうどきれいな日の出を見ることが出来ました。

a0247584_16253744.jpg
a0247584_16254451.jpg

a0247584_1625588.jpg
朝日にあたる気仙川とベルトコンベア。
かさ上げのために削られた山は、見るたびに低くなっていっているのがわかります。

a0247584_16264619.jpg
箱根山にも立ち寄りました。

a0247584_16265175.jpg
朝日も海も空もとてもきれい。
良い天気に恵まれました。

a0247584_16265689.jpg
陸前高田市街地が一望できます。
何もない茶色い市街地に、大きくて長いベルトコンベアだけが白く見え
初めてここに来た参加者からはため息が漏れました。

a0247584_1627130.jpga0247584_1627761.jpg
たくさん並んだ牡蠣の養殖いかだもくっきり見えました。

a0247584_16271345.jpga0247584_16271963.jpg
茶色く見える部分が、両側の海からの津波で被害に遭った部分です。
この秋、この復活した水田で、震災から4年ぶりに 稲刈り をすることが出来たそうです。

8:30 モビリア仮設住宅に到着。

a0247584_1638857.jpg
今回の活動は、恒例となった 「便利屋さん」 だけでなく
住民の方々と一緒の 「おもちつき交流」 や「日帰り温泉バスツアー」もあります。

a0247584_16274930.jpg
ReVAとしては、おもちつきは初めての試みなので、ちょっと不安な部分もありましたが
朝のミーティングで役割分担をし、住民の方々と一緒に、早速準備にとりかかりました。

a0247584_16275541.jpg
その前に・・・・・・・吉沢代表は、早速便利屋さんの依頼に対応??
バイクの修理は得意分野で、なんだか楽しそう。
(その後、軽トラのタイヤ交換もしていました。)

a0247584_16381594.jpg
北集会所前で、おもちつきの準備開始。
今回用意したもち米は、なんと30kg!
前日に地元スタッフの方が、もち米をうるかしておいてくださったり
仮設の方が、ご自宅の蒸し器を貸してくださったりと
私たちだけではできなかった部分を、地元の方にずいぶん助けていただきました。

a0247584_16382264.jpg
女性陣はお雑煮の汁の準備。
今回の汁は、「ひき菜汁」と言って、東北地方の郷土料理です。
大根・にんじんなどを千切りにしたものが入っています。

a0247584_16382977.jpg
一方こちらでは、「くるみもち」のたれを作るため、なんと!くるみを割る作業から!
市販のくるみペーストもあったのですが、
「せっかくなのでチャレンジしてみませんか?」と、地元産のくるみをたくさん用意してくださいました。
ハンマーで割り、キリやつまようじなどのとがったもので、中のくるみを掘り出します。
なかなかうまくいかず時間もかかりましたが、
結果的にはこれがとってもいい時間に・・・・・・
「仮設のおじいちゃんおばあちゃんと、こんなに長い時間たくさんしゃべれたのは初めて!」
「いろんなお話を聞かせてもらい、とっても楽しかった!」という感想をいただきました。

a0247584_16383945.jpg
もち米が蒸けて、いよいよ餅つきの開始!
いきなり「つく」のではないことを、みなさんは知っていましたか?
まずはこうして「こねる」のです。

a0247584_16384957.jpg
蒸かしたてのもち米から出る湯気が、周りの雰囲気も温かくしてくれているようです。
地元のおじいちゃんと、ボランティアの方とのコラボが、絵になります。

a0247584_1638564.jpg
さぁ!いよいよもちつき開始!

a0247584_1639244.jpg
仮設の女性陣もがんばります!
(というか、さすが上手!)

a0247584_1639974.jpg
こちらは「竪杵」。
あの、月でウサギがおもちをついている図に出てくる杵です。
自治会のものをお借りしたのですが、私たちの中でも初めて見たという人も。
地元大工の富男さんが、この杵で手際よくついてくださいました。

a0247584_1639151.jpga0247584_16392425.jpg
だいぶ慣れて軌道に乗ってきたころ、子どもたちも続々と登場。
このあと子どもたちも一緒におもちつきをしてくれました。

a0247584_16393222.jpga0247584_16394272.jpg
出来上がったおもちを手際よく丸めていきます。

a0247584_1639539.jpga0247584_1640320.jpg
a0247584_16401011.jpga0247584_16401890.jpg
きなこやあんこ、からみもちやくるみもち、納豆もちも作りました。
会場に来られなかった仮設の方々にも配布できるように、パックに入れたものも作りました。

a0247584_16402557.jpg
こちらでは、料理好きのメンバーが、余った千切り大根とくるみだれを使って
ちょちょいっと一品完成!
これがのちに住民の方々に大好評でした。

一方こちらでは・・・

a0247584_16414583.jpg
おもちつきの合間に、いつもお世話になっている「作業所きらり」さんに立ち寄らせていただきました。

a0247584_16415212.jpga0247584_1642017.jpg
玄関では浮き球で作ったサンタやトナカイがお出迎え。
津波でつぶれてしまった浮き球も、こんなにかわいいカエルに大変身!

a0247584_1642693.jpg
ちょうどお昼ごはんの時間になり、
作業所のみなさんにも、つきたてのおもちを食べていただくことができました。

a0247584_16421487.jpg
帰りに、注文していたアニマルポットたちを軽トラに積みこみました。
笑顔で手を振って旅立っていくこの感じがなんともいえません。
作業所きらりのみなさん、ありがとうございました。

a0247584_16425380.jpg
仮設住宅の集会所では、ちょうど会食時間。

a0247584_1643019.jpg
「いただきまーす!」
みんなで、つきたてのおもちを味わいました。

a0247584_16432295.jpg
会食のあとは、お楽しみビンゴ大会!

a0247584_1643731.jpg
当たるかなぁ~?
みなさん真剣にカードとにらめっこ!

a0247584_16432983.jpg
「ビンゴ!」「おめでとうございまーす!」
今回の景品の中には、 豪華スペシャル商品の他に、
私たちボランティア参加者1人1人が持ち寄ったものも入っています。
ビンゴになった人から順番に自分の好きなものを選んでもらい、
ビンゴ大会は、終始大盛り上がりでした。

このあと、会場まで来られなかったお年寄りの方や、便利屋さんなどでお世話になったお宅1軒1軒にも
メンバーが、おもちのおすそ分けに行ってきました。
こちらも大変喜んでいただき、私たちもとても嬉しかったです。

a0247584_16442319.jpg
会食とビンゴ大会のあとは、日帰り温泉バスにご招待。
ここでは、モビリア仮設住宅のみなさんだけでなく、
横田町にある狩集仮設住宅の皆さんにもご参加いただきました。
そこで偶然、震災前に気仙町で近くに住んでいた方同士が久しぶりに再会してビックリ!
別々の仮設住宅に住んでいる方々の再会の場になれたことは、
私たち企画した側にも、大変うれしい出来事でした。

a0247584_332835.jpg
実は、狩集仮設の方は、モビリアに来たのが初めてという人ばかりで、
仮設住宅の作りの違いと広大な敷地の広さ、坂の多さにはビックリしていました。

a0247584_16442979.jpg
さて、着いた先は、大船渡温泉ホテルです。

a0247584_16443667.jpga0247584_16444235.jpg
土曜日とあって、できて間もないきれいなロビーには、利用客さんがいっぱい!

a0247584_16444756.jpg
ロビーの一番奥になる大きな窓からは、こんなに素晴らしい海が一望できます。

a0247584_16445539.jpg
私たちから見たら、きれいなこの景色も、
津波を経験した方の中には「もう海は怖くて見たくない」と思う方もいるのは事実。
まだまだこういったつらい経験は残るのでしょうか・・・・

a0247584_1645168.jpg
お風呂からあがってゆっくり待っていただいている間、
今回の参加者のHさんが、リラクゼーションのマッサージをみなさんにしてくださいました。
こんな特技を持った方のボランティア参加もいいですね。

a0247584_1645792.jpg
帰りにみなさんで記念撮影。
短い時間でしたが、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

a0247584_16455911.jpg
この日の活動を終えて、碁石海岸にある宿泊先の「海さんぽ」へ。

a0247584_16463615.jpg
今年も、活動でお世話になった地元の方々と一緒に忘年会を行いました。

a0247584_16464199.jpg
10月に実施したスタディバスツアーでも利用させていただいたここ「海さんぽ」の料理はとても豪華!
美味しい料理をいただきながら、楽しいひと時を過ごしました。

a0247584_16463030.jpga0247584_16465946.jpg
a0247584_16473546.jpga0247584_16474477.jpg
a0247584_16481417.jpg
みなさん、今年も大変お世話になりました。



つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-12-20 00:22 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA4月便活動報告

4月25日(金)夜 北上尾駅を出発
約4か月ぶりに陸前高田へ10名で向かいました。

4月26日(土)朝 陸前高田着

a0247584_254631.jpg
運用が開始された「希望のかけ橋」は、4か月前とは大違い!

a0247584_2324550.jpga0247584_23243164.jpg
ベイブリッジのように気仙川を横断し
被災した町の上空を四方八方に伸びていました。
巨大な構造物のため「一本松」が目立たなくなってしまった気がします。

a0247584_29177.jpg
時間があったため、モビリア仮設住宅へ向かう途中箱根山に立ち寄りました。
桜が満開!
今年もお花見を2度味わえました。

a0247584_2105181.jpg
箱根山展望台から広田湾を望む

a0247584_21133100.jpg
箱根山展望台から広田半島を望む

a0247584_212964.png
モビリア仮設住宅では、今回で4度目となる便利屋さんのチラシを配ります。
5月便で便利屋さんを実施予定です。

a0247584_2124171.jpg
チラシを配るために訪問した際、その場で依頼があれば対応できるよう準備します。

a0247584_218063.jpg
3班に分かれてチラシ配り開始です。
以前設置した階段の手すりと、前回修復した階段は今のところ問題ないようです。

a0247584_934358.jpg
留守のお宅もありましたが、住民のみなさんにいろいろとお話を伺うこともできました。

a0247584_2211790.jpg
a0247584_2213991.jpg
玄関先でお話しているうちに、手作りの手芸作品を見せてくれたり
作りたての「なべ焼き」(蒸しパンのようなお菓子)を差し入れてくださったりもしました。
一軒一軒ポスティングをしながらお話をすることは、
住民の安否確認にもなり、大事なコミュニケーションツールでもあります。
また、私たちが継続している「便利屋さん」は、
単なる「作業すること」だけでなく、住民のみなさんとの「交流」も目的の一つなのです。

a0247584_994692.jpg

a0247584_7549.jpg
お昼は住民の方々が作ったチューリップ畑の近くでお花見です。

a0247584_910497.jpg
a0247584_9102213.jpg
住民の方々が作ったチューリップ畑。
とてもきれいに咲いてました。

a0247584_23303071.jpg
炊き込みご飯や煮物、タラの芽の天ぷらなど、
持ち寄ったごちそうを広げ、晴天の中で、楽しい時間を過ごしました。

シートの上の四角い座布団は、以前ReVAが支援物資としてみなさんからお預かりして
この仮設にお届けした「毛糸」の中に入っていたものです。
座った時に冷たくないようにと、このように活用してくださり、
また、お花見に参加してくださった方々にお配りもできたというスタッフの方のご配慮には感激でした。

a0247584_5561977.jpg
午後は牡蠣小屋での新たな依頼の対応です。
養殖で使用する浮きを収めるラックのようなものを設置したいとのこと。
ただ積み上げて網をかけただけでは、突風で浮きがぐちゃぐちゃになってしまいます。
どうすればこの浮きをうまく収めることができるのか思案中。
来月は大掛かりな作業になりそうです。

a0247584_651656.jpg
「希望のかけ橋」は稼働しており、大量の土砂を運搬中です。
橋の先からは、山から運ばれたたくさんの土砂が一気に流れ落ち、
復興が進んでいる様子と、山が崩され町が変わっていく様子を複雑な想いで見てきました。

a0247584_655754.jpg
今夜は民宿吉田さんにお世話になります。
この民宿も、被災後に再建した宿のひとつ。
今では高田市内で1番人気の宿になっています。

a0247584_682183.jpg
たいへん豪華でおいしい夕食でした。

a0247584_6192789.jpg
角部屋からは、希望の架け橋のライトアップもうっすら見えました。


4月27日(日)朝


a0247584_6244416.jpg
朝の散歩メンバーは、朝食前に2時間ほど沿岸部などを散策。

a0247584_6173183.jpga0247584_6183322.jpg
a0247584_6381295.jpga0247584_618148.jpg
かさ上げされた場所
それとは対照的な、地面ごと引っ張られたような埠頭の亀裂や
黒い大きな土嚢袋の裏の、倒れたままの堤防
破壊されてしまったまま電車が走ることの無いドラゴンレール大船渡線・・・・
車で通っていると 見えない場所、素通りしてしまう場所
活動場所の往復だけでは見逃してしまいそうな所にも、今後はできる限り注視し
記憶に残したいと思いました。

a0247584_6392964.jpg
朝食もおいしくいただきました。

午前中は、昨日のポスティングの際に依頼された便利屋さんのニーズに対応。
今回はいろいろな相談がありました。
窓ふきや換気扇掃除の他、屋根裏からガサゴソ音がするので不安だから見てほしい、
足が悪いので、玄関の階段の段差をゆるくしてほしい、
などなど。

a0247584_640254.jpg
こちらは、雨が降った時に、この波板の隙間から雨が玄関に吹き込み
冬はそれが凍ってしまい困っていたとのご相談。
早速、コーキング剤で穴を埋め、マスキングテープを剥がしているところです。
仮設住宅で暮らして2年半以上経った今も、
仮設住宅の不便さや、そこで暮らすお年寄りの困りごとがまだまだたくさんあると実感しました。

a0247584_6505369.jpg
気仙町の民生委員のみなさんにお話を伺う機会に恵まれ、
気仙小学校に隣接するコミュニティセンターを訪問しました。
4人の民生委員さんに、震災当初から現在に至るまで様々なお話を伺うことができ、
ReVAの今後の活動に生かせるのではないかと思いました。

a0247584_6542398.jpg
民生委員のみなさん本当にありがとうございました!

来月も、仮設のみなさんのご依頼や、牡蠣いかだの浮きの対策など
精いっぱいニーズにお応えしようと思います。
26年度のReVAの活動に、これからもご理解とご協力をお願いいたします。
[PR]
by team_ageo | 2014-05-10 17:23 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA7月便活動報告③

藤棚も何とか形になり、7月便の作業は終了です。
a0247584_2152714.jpg


素早く片付けて早速出発!

明日は、NPO法人チーム東松山が出店するイベント
「がんばっぺ東松島みんなで子ども夏まつり」のお手伝いに行きます。
45号線を南下して気仙沼市本吉町の「旅館さんりく」さんにお世話になることにしました。
a0247584_21521052.jpg


夕食は新鮮な海の幸づくし!とっても美味しかったです〜
a0247584_21525552.jpg


JR気仙沼線の小金沢駅前にある「旅館さんりく」、駅舎は津波で全壊、
そこには無残な姿の線路が残っていました。
a0247584_21521462.jpg


ご主人と女将さん、そして愛猫のふくちゃん、もうすぐお母さんです。
震災当時の事をお話ししてくださいました。お世話になりました!
a0247584_21521544.jpg


7月28日(日) 曇りのち晴れ

8:30 東松島市コミュニティーセンターに到着。
早速、チーム東松山のブースへ!
東松山名物「味噌だれ焼きそば」とソフトクリーム、焼きとうもろこしを販売します。
a0247584_2152558.jpg


いつもガテン系の吉沢代表も結構楽しそう〜 角スコをヘラに持ち替えて〜
a0247584_21525773.jpg


東松山ブースは大盛況! 早くも行列が出来ています。
a0247584_21525852.jpg


埼玉から東北被災地を支援しているチーム東松山とReVA、
同じ思いの参加者同士、早くも息がピッタリです。
a0247584_21525918.jpg

a0247584_17493329.jpg


東松島市は航空自衛隊松島基地があります。
このイベントにもブルーインパルスの方が参加していました。

こちらはブルーインパス・ジュニアただいま売り出し中だそうです。
a0247584_21565335.jpg


「この東松島のお祭りで、ブルーインパルスの方々と、会えるとは思っていなかったので、すごく嬉しい(≧∇≦) 」
A. N.
ちなみにこれ、4番機のサインだそうです。
a0247584_21565281.jpg


焼きそば・ソフトクリーム・とうもろこし 完売〜!15:30 終了しました。
参加者全員で記念写真〜お疲れさまでした。
a0247584_21565758.jpg


7月便の参加メンバー10名でした。
a0247584_21565776.jpg


おわり
[PR]
by team_ageo | 2013-08-01 22:35 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA7月便活動報告②

一方モビリア活動班は

モビリア仮設住宅の子供達と一緒にポスティング作業を行う予定が、午前中はあいにくのどしゃ降り(>_<)

子供達の要望もあり、急遽、先月塗り終わらなかった、
野外ステージ、ベンチ部分のペンキ塗りに活動を変更。
まずはヤスリがけから。
a0247584_2045111.jpg


取り合いにならないよう、ヤスリを人数分にちぎって^^;
木目にそって丁寧にヤスリがけをしてもらいました!
a0247584_2045131.jpg


これで準備万端!
お楽しみのペンキ塗り開始です!
a0247584_204523.jpg


子供達が数本の筆をみんなで順番に使い、丁寧に塗ってくれました。
a0247584_20453100.jpg


見た目を考える子、飽きちゃう子、豪快な子、スキマを塗る子、
色々と子供達の個性が出てとてもおもしろい!
a0247584_2045426.jpg

a0247584_2045583.jpg

a0247584_2045515.jpg

a0247584_2045723.jpg

こんなとこまで!!
a0247584_2045880.jpg


パワーがありあまっている子供達はこれで終わる訳はなく、
作業にはめていたゴム手袋に水を入れ、水風船を1人が作り始めたらそれが大はやり!
屋根下の作業なのにステージは水びたし^^;
a0247584_2045754.jpg


子供達の楽しむ笑顔、声にパワーをもらいました(^-^)!


午後、ポスティング作業を一緒にする約束をして、それぞれがお昼休憩。
また午後よろしくね!


午前中の様子は、「陸前たがだ八起プロジェクト」のブログにも掲載されています。


午後、モビリア班は…

午後、モビリアに戻ってみると、子供達が集まってくれていました。
来てくれるか不安だったから、すごく嬉しかった(^-^)

午後は雨もやみ、念のため一本ずつ傘をもち、
9月に活動する『便利屋さん』のチラシを仮設住宅一軒一軒に、
子供達と一緒に配る作業です。
a0247584_205088.jpg


モビリア内の地図を持っていなくてどう回って行こうか不安もありましたが、
今回は心配はいりません。仮設の子供達がしっかりナビしてくれます。頼もしい!
a0247584_205140.jpg


アラフォーの私たちを置いて、どんどん走って登っていく子供達
「はやくー」と呼ばれ、走るもバテバテ^^;

昨年のポスティング作業はモビリアまつりが第一回だったり、
ご不在の方が多かったり、お祭りの前日に急にチラシを配ったので、
多少住人の方に不信感を持たせてしまった面もあるかと思います。

今年はどうだろう?と少し不安を抱えながらのお宅訪問。
a0247584_205231.jpg


昨年のモビリアまつりの認識もあり、仮設の子供達と一緒に行動したためか、
すんなりと受け入れてくれる方ばかり(^-^)
a0247584_2051186.jpg


昨年よりご自宅にいらっしゃる方が多かったのもあり、
想像していたよりも多くの方に、直接チラシをお渡しすることが出来ました。
a0247584_2051133.jpg


子供達が各自チラシを持ち、率先して訪問し、元気な大きな声で配ってくれました。
またまた頼もしい!
a0247584_205457.jpg

a0247584_20585.jpg


楽しく話しながら、時には歌いながらのポスティング作業。
昨年よりも確実に多くの方に見ていただけるのではないかと感じました。
a0247584_205943.jpg


雨にも降られず、ポスティング作業は終了!
モビリアKIDS、ほんとうにありがとね(^-^)!

作業終了後、お手伝いしてくれた子供達にはモビリア通貨のおこずかいが渡されました。
また、9月のお祭りで会おうね!

A. I.

つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-08-01 21:00 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA7月便活動報告①

7月26日(金) ☔

今回の活動は、朝出発と夜出発の乗用車2台での自走便です。
朝組は10月運行予定「秋のスタディバス」の下見を兼ねています。
26日の様子は、参加メンバー ビナカさんのブログをご覧ください。

*******************************************

7月便夜組の北上尾駅出発は午後11時近くになっていたと思います。

7月27日(土)☔⚡

大雨で気仙沼の大川が氾濫していて、陸前高田もかなり雨が降ったとニュースで聞いていました。
こんな気象状況であれば作業はできず、28日の「がんばっぺ東松島みんなで子ども夏まつり」も中止になる可能性もあると覚悟し東北に向かいました。
上尾では雨は降っていませんでしたが、北に進むにつれ稲光がするようになり、一時雨も降ってきました。
一関では雨は降ってなく、いつものようにコンビニで朝食と昼食を購入しました。
陸前高田に入ると、気仙中前の道路が冠水しており迂回のため渋滞していました。
7時ごろ牡蠣小屋に到着すると、雨は降っていませんでしたが雷鳴がひどくしばらく待機することに。
そのうち雨脚もひどくなり、このままでは室内でロープのメンテナンスしか作業ができないかもと話していました。
9時半くらいに雨が止んだので、藤棚で何かできることだけでもやろうと作業を開始しました。
a0247584_19423862.jpg

G. M.

9時過ぎ、ようやく雨も小止みになり…ガスがかかりまるで雲の中にいるみたいで、特に湿度が高い…藤棚の作業開始です。ただ、何時降り出すか、今にも降り出しそうなねずみ色の空、雲が垂れ込め多少の雨はやむお終えません。

先ず6月便で立てた支柱6本の立ち(垂直)のチエックです。
a0247584_19422825.jpg


足元は充分すぎる水を含み基礎のブロックまわりがズブズフユルユル状態。立ちを確認しながら修正、ブロックまわりを固めます。

一方こちらでは、吉沢代表の指導の下………
a0247584_19423156.jpg

a0247584_19423263.jpg


6mの単管を1.5m×4本に切断し小口のバリ取りを行います
a0247584_19423169.jpg


もうワンスパン(2.5m)延ばすため支柱を二本立てるための穴掘り作業に取り掛かります。
モルタルをこね支柱立て、突然雨が…やむなく小休止。
a0247584_19422940.jpg


程なく小止みになり再開。
a0247584_19422939.jpg

a0247584_19423087.jpg


水平、垂直、通りをその都度確認しながら黙々と作業を進めます。
昼食後骨組みがほぼ完了しました。
a0247584_1942331.jpg

a0247584_19423348.jpg


6月用意していた長さ2.5mの竹を天端にひもでしばり固定します。
a0247584_19423447.jpg


ロ-プワ-クが得意な 女子メンバー A. N. さんが強力な助っ人として加わってくれました。
はかどります
a0247584_19423441.jpg

a0247584_1942357.jpg


竹の作業と平行して足元の基礎ブロックの補強仕上げを一心不乱に行う「職人」N. I. さん
a0247584_19423624.jpg


道路側の地面は40cmほど低いため、大きな石を拾い集め基礎ブロック周りに配置し補強します。
a0247584_19423676.jpg


伸び放題になっていた藤を棚に誘引して今回の作業はひとまず終了しました。
a0247584_19423743.jpg

a0247584_19423789.jpg

T. F.

つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-08-01 10:53 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA6月便活動報告⑥

【進水式】

今回、地元漁師さんたちと一緒に、特別に船に乗せてもらったReVAメンバー。
代表の吉沢・兵庫から参加のKくん・ReVA最年長のEさん・大学教授のIさん・・・・
最高のひとときだったことでしょう。


a0247584_0244399.jpga0247584_0353587.jpg
航行中は、すごい大きな音量で演歌をかけてあり
会話も大変なくらいです。
まさにお祭りでした。

a0247584_0314884.png
途中で大漁旗がねじれてしまいましたが、
船を減速、長い竹を器用に使って直し、再度スタートしました。

a0247584_0264476.png
途中からウミネコが2羽ついてきて、進水式に参加してきました。
手の届くくらいで船と一緒に飛んでいて
時々目を合わせてくれました。(かわい~い♪)

a0247584_0505270.jpg
養殖いかだのそばも通りました。
今までの活動がすべて思い出となりよみがえってきて
感無量です。


a0247584_6325155.png
いよいよみんなの待つ両替漁港が見えてきました。
ここでも進水式のしきたり。
港の手前で3回右回りで旋回してからでないと入港できないそうです。
ここには昔、小さな島があって、祈願のために島の周りを3回まわるというしきたりがあるとか・・・

a0247584_0524311.jpg

a0247584_0565557.jpga0247584_0573285.jpg
港には大勢の方が・・・・・

熱いものがこみ上げてきました。
とても感動的でした。
(N.Y)

a0247584_795821.jpga0247584_7111716.jpg
両替漁港で船の到着を待っていた私たちも
遠くから聞こえてくる音楽と、壮大な大漁旗を掲げて近づいてくる船には感無量!


a0247584_7175218.jpg
船に手を振り、船の上からも手を振りかえしてくれる姿に感動でした。


a0247584_114216.jpg
今回の主役は、この第二晃進丸の船長、晃さん。
船の名前にもなっています。

a0247584_155362.jpg
船の先端にぶらさげられていたお酒を振るまいます。

a0247584_641178.jpga0247584_647424.jpg
そして、餅まき!

a0247584_6381893.png
女性陣が浜のお母さんたちと作ったお餅がこのようにふるまわれ
一緒に作った私たちもとても感動しました。

a0247584_222647.jpg
青い空に大漁旗がとてもよく映えます。

a0247584_228334.jpg
乗船希望者を乗せて、もう一度海を一周。
「あたしも乗りたい~~~~!」と泣いていた小さな女の子の涙・・・・・
でも女の子は乗れないのです。
昔からこうやって海の町では受け継がれているのですね。

a0247584_2344237.jpg
船の前で記念写真。


その後、牡蠣小屋に戻り会食です。

a0247584_2372731.jpg
a0247584_238457.jpg

a0247584_239211.jpga0247584_2395872.jpg
たくさんのお客様と、たくさんのおもてなし。

a0247584_244359.jpg
地元の方々とも、たくさんお話出来ました。

a0247584_247721.jpg
こんなにうれしいお祝いの席に同席させていただいて、本当に感謝です。

復興にまた一歩進んだ気がして
今までの活動の中で、一番うれしい一日でした。



【初参加の感想1】 (さいたま市30代女性)

2年半経とうとしているし多少はきれいになっているのかもしれませんが、
どこに何が建ってたのか全く想像出来なかったです。
改めてまだまだ復興なんてほど遠いと感じました。
あの日、これまでも人生で一番の揺れで本当に怖かったし、テレビで観た映像が恐ろしかったのを覚えてます。
大袈裟ですが、生きているだけで他はなにもいらないなって思ってました。
でも、ここ最近はそういった気持ちが消えつつありました。
たまたま偶然にReVAの方と知り合ってお話を聞いて
自分の目で見ておきたいと思い参加しました。
みなさんと作業をすることで現地の状況を知って、それをまわりのひとにも伝えて興味を持ってもらうことで
継続的な活動を続けて少しでも一歩繋がればと考えてます。
この気持ちを忘れてはいけないですね。
これを機にまた参加させていただければなと思います。
本当にありがとうございました。



【初参加の感想2】 (兵庫県西宮市・20代・男性)

今回、ReVAの皆さんと初めて被災地を訪れて感じたこと。
町にはまるで何も無く、今となってはそこに雑草が生え、当時を風化させてしまいそうで何か違和感を覚えました。
いくつかの残存させる建物は、やはり被災地のモニュメントとして残すべきだと思いました。
正直、関西では、福島ならまだしも他の被災地の事を口にする人はかなり少なくなってきています。
なので、私が関西に現地の状況を、被災地の声を届ける事で少しでもチカラになれたらと思いました。
遠くからではありますがReVA関西支部として(笑)、一人一人のパワーを関西から届けれるよう、努めていきます。
今回はありがとうございました。


a0247584_249137.jpg

筏も船も流されてしまったというあの日から、
どれだけこの日を待ち望んでいたのだろう。
船を待つ地元の方々の背中が嬉しかった。

この日のためにわたしは何かできたかな。
またこれから。
まだまだこれから。



おわり
[PR]
by team_ageo | 2013-07-02 21:59 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA6月便活動報告⑤

6月23日(日)早朝5:00

恒例となっている早朝のお散歩。

a0247584_17341378.jpg
宿泊したのは「陸前高田ドライビングスクール」。
今回の朝散歩は、ここから一本松を目指しました。

これまで何度とバスの車中から見ていた道や景色も、
歩いて、自分の足で立って見ると感じ方が変わります。
遠くまで見える景色も、震災前は違う景色だったのだと、今さらながら思いました。
更地となった土地は草が生い茂り、減ってきたとはいえ、積まれたがれきはまだ残っています。

a0247584_834834.jpga0247584_843454.jpg
復興は、一歩ずつ一歩ずつ進んでいます。でも、まだまだ終わっていないことも感じます。

a0247584_86252.jpg



目的の一本松へ到着。やはり存在感があります。


a0247584_891248.jpga0247584_893812.jpg
一息入れて、気仙川の横を歩いて帰路につきました。

今日は進水式。天気が良くてよかった。
(H.Y)

女性陣は、初の別行動!

a0247584_17225678.jpg
竹駒郵便局のかわいいポスト。

a0247584_17234615.jpg
気仙川沿いを歩いてみつけた「一本松もどき」

a0247584_1724451.jpg
気持ちのいい空気でした。


一方、兵庫からReVA便に参加したKくんは、宿泊場所から一本松まで、
気仙川沿いに、早朝往復ラン!

a0247584_8154683.jpg
途中から切れたままの線路・・・

a0247584_816982.jpg

津波で破壊された気仙川の看板・・・

幼稚園のころに、阪神淡路大震災を経験した彼の眼には、どう映ったでしょうか・・・?


午前8時過ぎ
気仙町要谷漁港に到着。

a0247584_810465.png
こ~んなに素晴らしい空です!

a0247584_17385392.jpg
これが今日の主役! 【第二晃進丸】
船長は、お兄さんの晃さんです。

a0247584_1745772.jpg
所有していた3隻の船がすべて流され、船をつくる造船所も被害にあった2年3か月前・・・・
やっとやっと、新しい船が出来上がりました。

今日の進水式は、漁師さんでさえ30年に一度あるかないかの儀式!
そんな栄えあるお祝いに、私たちReVAまでお呼ばれするなんて、本当に貴重な経験です。


【大漁旗設置】

a0247584_17583534.jpg
男性陣数名は、この  【長部漁港】 に残り、
地元の漁師さんと一緒に、昨日伐り出してきた竹に大漁旗を取り付ける作業をしました。

作業しながら、「進水式」のしきたりをたくさん聞かせてもらいました。

まず、進水式では女人禁制で、船に乗ることも触れることもできないのだそうです。
海の神様が女性なので、船に女性を乗せると、海の女神がやきもちを妬いて海が荒れ、
海難事故につながるという言い伝えがあるからなんだとか・・・・・。

a0247584_1801796.jpg
旗の取り付けも、1本の竹に3枚か5枚の
「奇数」と決まっているそうです。
私たちもひも付けを手伝いましたが・・・・・
なんと!すべてNG!
ひもの結び方が、あの去年5月の 「いかだ作り」 で、いかだに浮きを取り付けた時に学んだ結び方でした。

あれだけメンバーで夜に練習したのに忘れてる!
1年前は出来たのに!
歯がゆい思いになりました。

a0247584_183354.jpg
大漁旗の取り付けも完了し、いよいよみんなの待つ 【両替漁港】 へ出発です!
乗船人数も奇数というしきたりなのだそうで、地元漁師さんを含め、
ReVA男性陣から4名が船に乗せてもらえることになりました。
(N.Y)


【藤棚のつづき】

一方こちらでは・・・・

a0247584_54589.jpg
AM9:00

進水式まで約二時間!!
慌ただしく作業開始。

a0247584_548772.jpg
6mの単管を水平にし、基準点を設け、
ブロックを埋める深さと位置決めを慎重に行います。

a0247584_549447.jpg
深さのチェックが終われば、水糸の交点に下げ振り…吊り下げる糸付きの重り…を垂らし、
ブロックの中芯が納まるよう微調整。
専用の器材があればスム-ズにいく作業も四苦八苦。

a0247584_5503162.jpg
二段重のブロックの真ん中に、あらかじめ拾い集めていた小石等を落とし込み支柱の高さを調整します。
300mm埋め込み、単管で突き固めモルタルを入れて固めます。
垂直と水平、芯の通りの確認が大切な作業です。

a0247584_552986.jpg
支柱を立て終わった穴には慎重に埋め戻しを行います。

a0247584_5525754.jpg
傾斜地の基礎はより慎重な作業となります。
強固にするためブロックの設置方向は直角に90度ずらします。

a0247584_5545046.jpga0247584_5565910.jpg
6本の支柱を立て、基礎周りの埋め戻しと平行して、
養生と補強のため単管を渡し桟木を番線で固定し次の作業まで待つことにします。


a0247584_5573784.jpg
何とか格好がつきました。

次回の作業では、残りの1/3を継ぎ足し枠を完成した後、
天井の材料には青竹(既に2/3は用意してあります)を配置し完成を目指します。
(T.F)



【祝賀会準備】

祝賀会会場では・・・

a0247584_62639.jpg
前日作ったお煮しめを盛り合わせ。

a0247584_6263043.jpg
こちらでは、エビの殻を剥き剥き・・・

a0247584_627179.jpg
見てください!この豪華なエビの量!
これで、エビのお味噌汁を作るそうです。

a0247584_6273894.jpga0247584_627465.jpg
ご近所の方から、着々とお祝いの品も集まってきました。
ReVAからも、上尾の地酒 【文楽】 のお酒を・・・

a0247584_628646.jpg
「田舎のごっつおぅをお楽しみください!!」
この言葉に、地元の方の温かさを感じました。

a0247584_6293516.jpg
準備完了!



そしてみんなで、進水式会場になる 【両替漁港】



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-07-01 16:59 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

11/9 台風21号川越活動..
at 2017-11-09 22:45
11/3 台風21号川越活動..
at 2017-11-03 23:53
11/2 台風21号川越活動..
at 2017-11-02 22:52
11/1 台風21号川越活動..
at 2017-11-01 23:52
柏市社会福祉協議会【災害ボラ..
at 2017-10-31 23:57
10/30 台風21号川越活..
at 2017-10-30 23:59
10/29 台風21号川越活..
at 2017-10-29 23:50
10/28 台風21号川越活..
at 2017-10-28 23:49
10/27 台風21号川越活..
at 2017-10-27 23:49
10/26 台風21号川越活..
at 2017-10-26 22:47
10/25 台風21号川越活..
at 2017-10-25 23:43
福生第六小学校 道徳地区公開..
at 2017-10-07 23:11
【浪江社協ボランティア3&小..
at 2017-09-24 23:59
平成29年度 上尾市総合防災訓練
at 2017-08-20 23:45
7/1 【あげお市民塾】~災..
at 2017-07-01 18:36
【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【台風21号(川越)】活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【台風9号(青梅・狭山)】活動報告
【熊本地震】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【陸前高田】活動報告
講師
講習会・講演会参加
イベント
募金・活動支援金のお礼
支援物資のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ