ReVA復興ボランティアチーム・上尾

カテゴリ:講習会・講演会等( 48 )

セミナーのご案内

北上尾駅前にある【あおぞら接骨院】院長が立ち上げた【災害救助チームDMFRT】主催のセミナーです。
ーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナーのご案内】

災害救助チームDMFRT【災害時に備えて。応急処置法などを学ぼう!】

『大地震などの災害が起きたとき、家族を守ることができますか?』
『大災害では、救急車はすぐに来ません。近隣の友人を助ける手段を知っていますか?』
・ReVA 復興ボランティアチーム・上尾による東北被災地の現状は・・・
・災害時に役立つ、身の回りにあるものでの応急処置法教えます。
また、心臓血管外科のスペシャリストである秦先生による
『震災と循環器疾患のケアについて』講演していただきます。
埼玉でなかなか話を直接聞けない先生です。
この、チャンスに是非ご参加ください。

他ではあまり聞けない予防医学を教えます。是非ご参加ください。

===========
日時 平成27年5月31日(日) 13時半~16時半
対象 誰でも参加可能
場所 上尾市市民活動センター
料金 無料
持ち物 動きやすい服装・筆記用具
定員 30名
講師 ReVA 復興ボランティアチーム・上尾 市川、菊池
災害救助チームDMFRT かすが接骨院 院長   北村先生
特別講師 日本大学病院 心臓血管外科  秦 光賢医師
===========
[PR]
by team_ageo | 2015-05-28 22:06 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

朝霞社協主催【災害ボランティア講座】

3月8日(日)
この日は、ReVA主催の上尾駅前イベントと並行して
朝霞市社会福祉協議会主催の 【災害ボランティア講座】 に
代表の吉沢が講師として登壇しました。

a0247584_5254633.jpg
会場は、朝霞市産業文化センター会議室。

a0247584_525596.jpg
「私たちにできること・・・3.11を忘れないこと・・・そのためにできること・・・」という講座のタイトルをもとに
「被災地から学ぶ災害ボランティア」と題し
陸前高田市、南相馬市を中心に、被災地の今の現状や災害ボランティアの心得などをお話ししました。

a0247584_5261831.jpg
会場には、震災当初の日本赤十字の活動のパネルや
市民のボランティア団体が活動に行った写真などが展示され
開演時間まで参加者の方々とお話ししながら、震災当時を思い起こしました。

a0247584_5263944.jpg
この講座に参加した方は30名程度。
朝霞市内の色々なボランティア団体の方、他市町村の社協職員の方の他に、
昨年10月に朝霞市と朝霞社協が主催したボランティアバス事業で
南相馬市に実際にボランティア活動に参加された方々もいらっしゃいました。

a0247584_5455471.jpg
前半は、陸前高田市の震災当初と今の復興の様子、仮設住宅の現状、南相馬市での活動内容など
ReVAの活動から見た被災地の現状をお話ししました。
ひとつひとつのお話に大きくうなずく方々が多く
皆さん真剣に話を聞いてくださいました。

a0247584_5272192.jpg
前半終了後の質疑応答では
・活動資金の調達はどのようにしているのか
・家族の反応・同意・協力はどうか
・傾聴活動などもできるのか
・被災地に行くだけでなく、地元に避難してきている方々への支援もしているのか
など、予想以上にたくさんの質問が飛び交い
参加者のみなさんの意識の高さに驚きました。

a0247584_5273311.jpg
後半は、災害ボランティアをする上での基本の装備や心構えなどを初心者向けに説明したあと
活動で感じた「困ったボランティア・迷惑なボランティア」の話や
安全に活動するための瓦礫や畳の運び出しの注意点の他に
吉沢代表の専門分野でもある「放射線量の豆知識」をわかりやすく解説しました。

また、竜巻・大雪・豪雨など、身近に起こりうる地元災害の話にも触れ
私たち市民ボランティアの力が必要だと言うこと、お互いに協力しあいましょうという話もしました。

最後に、

「私たちReVAが行っている活動も、
これが本当に正しかったのか・・・被災地の住民の方々のためになっていたのか・・・
その答えはわかりません。
答えが出るのは何年も先です。
そして、その答えは私たちが出すのではなく、被災地のみなさんなのです。」

という言葉で締めくくりました。

この講演のあと、参加者のみなさんは、地元の高校生と一緒に駅前街頭募金に向かいました。
集まった募金は、日本赤十字を通して被災地に送るそうです。
今回の講座をきっかけに、朝霞市民のみなさんの中からも
災害ボランティアとして活動する方が増えてくださると嬉しいです。

朝霞市社会福祉協議会のみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2015-03-15 00:20 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

上級救命講習を受講しました。

2月14日(土)
上尾市消防本部で、上級救命講習を受講ました。

a0247584_2431569.jpg
朝の9時から夕方5時まで、下記の内容の講習を受けてきました。

・応急手当の基礎知識 ・成人の心肺蘇生法
・心肺蘇生とAED ・小児の心肺蘇生法
・異物除去法 ・乳児の心肺蘇生法
・体位管理 ・保温法 ・搬送法 ・包帯・固定法
・熱傷 ・止血

a0247584_2342377.jpg
胸骨圧迫はテンポが速くなりすぎたり、斜めに圧迫してしまったり、ひじが曲がってしまったりと
簡単ではありません。
ただ定期的に訓練すれば誰でも正しく行うことができるようになると改めて感じました。

今回初めて、胸骨圧迫、人工呼吸、AED操作を3人で役割分担をして実施する訓練もしました。
最初は連携が難しいのですが、
何度か繰り返すうちにスムーズに実施できるようになりました。

a0247584_235837.jpg
「回復体位」という姿勢にする練習です。
反応はないが、普段通りの呼吸をしている場合は、気道の確保のため横向きに寝かせます。

a0247584_2453763.jpga0247584_246495.jpg
三角巾とそえ木で固定する応急手当です。

a0247584_2381213.jpg
三角巾の八つ折りや本結びなど大変勉強になりました。

救急車の出動件数が増え、救急車の到着まで全国平均で8分かかる状況では、
現場に居合わせた市民による救命処置が必要です。

訓練を受けていないと、市民が実際に救命処置を実施するのは難しいですが、
訓練を受けている市民なら効果のある救命処置を実際に実施できると思います。
1度でも訓練を受けることは大切ですが、誰でもしばらくすると処置方法を忘れてしまいます。
助かる命を助けるためには、定期的に訓練を受けることがとても重要だと
改めて認識いたしました。

上級救命講習を実施してくださった上尾市消防本部の皆様ありがとうございました。
大変わかりやすく、学ぶことの多い充実した講習でした。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by team_ageo | 2015-02-24 22:38 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

上尾市内の中学校でゲストティーチャーをしてきました。

12月5日(金)

市内の中学校の1学年の「総合」の授業に呼ばれ、
ゲストティーチャーの一人として授業をさせていただきました。

a0247584_1602739.jpg
「地域で生きる」というテーマで、地域で活動している大人たちの話を聞くというものでした。

ディサービスの方、自然学習館の指導員の方、おやじの会、
消防士、市役所職員、NPO法人の方などなどいろいろなジャンルの方々が全部で9名。
それぞれ担当の2クラスで20分ずつお話をしました。

ReVAは、災害ボランティアとして、東日本大震災での復興支援をしているという内容や、
近隣に起こった自然災害(竜巻や大雪被害)での活動の様子を話し、
いずれこの地域で災害が起こった時は、キミたちの力が必要だということ
「今のうちから、友達や近所の人と、【助ける・助けられる関係】を作っていってほしい」
という内容の話をしました。

a0247584_16152146.jpg
一昨年、ここの中学校の生徒会は、リサイクル活動の収益金をReVAに寄付をしてくれています。
その大切な寄付金で、陸前高田市の仮設住宅敷地内の階段の手すりの材料を買わせてもらい
平成24年11月に、生徒会の名前入りで設置させていただきました。

a0247584_16161417.jpg
そんなキミたちの先輩方の協力の“あかし”が、ずっとここに残っています。

「キミたちが大人になった頃、この仮設住宅も普通のキャンプ場に戻っていたら、
せひキャンプをしに、遊びに行ってみてほしい」と願ったり、
「地元災害が起こったら、キミたちのような若い力が必要なんだよ。
私たち大人を助けてね。」なんていう話をしたり・・・・

a0247584_1624848.jpg
中学生には、「災害ボランティアの活動」はどんな風に感じたでしょう。
真剣にモニターを見ていた子、必死でメモを取っていた子、
「ぼくたちにもできることはありますか?」と質問してきた子。
20分×2クラスはアッと言う間で時間も足りず、言いたかったことが半分も言えませんでしたが
何かが伝わり、いつか思い出してくれたらと思います。

中学生目線で伝えるむずかしさを実感しながらも
いつか彼らと一緒に、活動が出来たらいいなとも思いました。

先生方、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。


生徒のみなさんの感想(一部抜粋)は こちら
[PR]
by team_ageo | 2014-12-07 15:58 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

活動現場から学ぶ!ボランティア・NPO講座

9月2日(火)

a0247584_1630572.jpg
埼玉県伊奈町にある埼玉県県民活動総合センター
通称 「けんかつ」 と呼ばれているこの大きな施設で
今回は、 「活動現場から学ぶ!ボランティア・NPO講座」 と題したセミナーの講師をしてきました。

a0247584_163162.jpg
埼玉県のマスコットキャラクター 「コバトン」 がお出迎え。
この施設内には、埼玉県内のボランティア・NPO団体などにさまざまな情報や交流の場を提供してくださったり、NPOやボランティアに関する相談にお応えしてくださる
「彩の国市民活動サポートセンター」 があります。
ボランティアやNPOの団体支援の他にも
各種講座やコンサートなども実施し、スポーツジムや宿泊施設などもある、かなり大きな施設です。

a0247584_16304924.jpg
ホールや研修室の他にも、30以上ものセミナー室や会議室があり、
ちょっと迷子になりそう。
この日も様々なセミナーが各部屋で開催されていました。

a0247584_17115493.jpg
今回は、彩の国市民活動サポートセンターの活動支援担当の方からの依頼で、
このようなセミナーの講師を務めさせていただきました。

a0247584_16311568.jpga0247584_16312399.jpg
まずはメンバーの政木が、東日本大震災でのReVAの活動の紹介と東北の今の現状、
地元埼玉県で起こった竜巻や大雪などの自然災害の時の様子や活動内容などを伝えました。

a0247584_16314227.jpg
次に、代表の吉沢から
 さあ!ボランティアへ行こう~災害ボランティアの装備と心がまえ~と題し
 ・ボランティア活動保険のこと
 ・災害の種類と服装
 ・災害ボランティアセンターでの流れ
 ・活動例
 ・ボランティアとしての心がまえ
 ・困ったボランティア・迷惑なボランティア
 ・トラブルについて
などの内容でお話しました。

a0247584_1631322.jpg
特に今回の参加者の方々は、過去に災害ボランティア活動の経験がない方ばかりだったので
実際に安全靴の中のインソールを見せたり、
使う手袋の種類も活動内容によって違うので使い分けることなどの説明も入れ、
活動現場での車の駐車の仕方、がれきの運び方、泥だしでの注意点、濡れた畳の搬出方法など
基本の部分からご説明させていただきました。

a0247584_16314967.jpg
本来なら、実際の活動現場での実技が目的のセミナーだったのですが
災害現場での実技が出来ないので、主な活動例を紹介しながらの講義です。
中でもみなさんが真剣に聞いていたのが、
「困ったボランティア・迷惑なボランティア」
そして、「福島県での活動」のことでした。

a0247584_1802769.jpg
放射線量を気にして活動を躊躇する人もいますが、
 ・年に何度かの活動では心配することのない線量だということ
 ・福島の人は加害者ではない被害者なのだということ
を、代表は熱く語りました。

a0247584_16315866.jpg
最後に政木より、
 「交流から絆へ」~仮設支援の現場での顔の見える関係作り~ と題し、
継続的に支援していくことで得たもの・感じたこと
活動を続けるために必要な気持ちなどを伝えました。

 ・自分の手伝えることを見つける
 ・顔の見える交流と交流の継続が大事
 ・継続することで活動の幅が広がり、活動の幅が広がることで継続できる

そして何よりも、 「無理をしないこと」

生活面でも金銭面でも精神面でも
無理をすると続きません。
無理をして活動に参加しているのを知ったら、現地の人はどう思うでしょうか?

今回の参加者の方が、いつか災害現場で活動をすることになった時
今日の話が少しでも参考になってくれたらと思います。
そして、災害現場で活動をしないにしても
いつかご自身が被災してしまった時にも、大きく役立つことを願っています。

これからも私たちは、今後の自然災害にそなえての防災意識や活動に役立つように
今までの活動で得たもの、感じたことなどをみなさんに伝えて行きたいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-09-06 22:25 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

災害について考える集い

7月8日(火)

a0247584_1411934.jpg
今年で3回目を迎えた
埼玉県社会福祉協議会主催の「災害について考えるつどい」
今年度はなんと!ReVAが実践報告団体のひとつとして登壇させていただきました。

a0247584_1403290.jpg
埼玉会館小ホールには、県内各市町村の社会福祉協議会職員の他、
自主防災会や民生委員の方々など約400名ほどが参加されていました。

a0247584_1415238.jpg
第1部 【被災地の今、これからの取り組み】 と題し、
釜石市社会福祉協議会の菊池さんの講演

a0247584_142179.jpg
第2部 【震災当時、被災地からの思い】
新地町から 一般社団法人東北お遍路(こころのみち)プロジェクト 村上美保子さんのお話

a0247584_1433053.jpg
村上さんのお話では、震災当時の悲しいお話だけではなく
仮設住宅に住む方々の交流の盛んな様子などをユーモア交じりにお話してくださり
通称OKB(小川仮設ばあちゃん)の女子会のお話では
会場内がドッと笑いの渦に・・・・・

a0247584_1434824.jpg
最後は震災時の漁師さんをモデルにした手作りの紙芝居で会場内は涙、涙・・・・
命の次に大事なものは船なんかじゃなく
家族なんだということを伝えてくださいました。

a0247584_1444879.jpg
第3部では、 竜巻被害にあった越谷市の民生委員さんからの現状報告や取り組みの様子と

a0247584_145634.jpg
富士見市水谷東安心まちづくり協議会の
地域ぐるみでの防災訓練の取り組みの紹介などがありました。

a0247584_1461540.jpga0247584_1472017.jpg
最後にReVA代表から、
3年経った東北被災地の現状と、身近に起こった竜巻や大雪被害で感じたこと
これからわたしたちができることなどを
ボランティアの立場で実体験したことを交えてお話させていただきました。

a0247584_1455552.jpg
3年以上経った東北の姿や地域による復興の違いに
「おぉ~」と声を上げる方、大きくうなずく方など、会場のリアクションも大きかったです。
しっかり客席の笑いを取り、ひきつけることも忘れてませんでした。
また、被災地でのボランティア活動を通して感じたことや災害に備えての対策事例なども紹介でき
吉沢代表らしい報告ができました。
帰り際には、福島県浪江町から避難してきてらっしゃるという来場者の方にも声をかけられ、
いろいろお話もできたそうです。

a0247584_1474019.jpg

このたびは、東北の現状やこれから起こりうる災害にそなえて私たちができることを
埼玉県内のみなさまに発信できる機会をいただけたこと、本当に感謝します。
埼玉県社会福祉協議会のみなさま、各市町村社協のみなさま
本当にありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2014-07-13 01:37 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

上尾ライオンズクラブで活動報告

4月22日(火)

上尾のライオンズクラブさんからお招きされ、
例会の卓話として「ReVAの活動報告」をさせていただきました。

a0247584_532519.jpg
「ライオンズクラブ」とは、
世界最大の社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」に所属する単位クラブなのだそうです。
どうりで世界各国の旗がズラリ!

Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全を図る)

名称は以前から知っていましたが、
動物のライオンから来たのではなかったのですね。

a0247584_5371036.jpg
60名以上の会員の方々。
みなさん偉い方ばかりです。
こんな豪華なお部屋でのスピーチは緊張します。

a0247584_5442944.jpg
ライオンズの通常例会や会食のあと、
代表の吉沢が、ReVAの今までの活動の内容や、震災から3年経った東北の「今」を
会場のみなさんにお伝えしました。

a0247584_5344527.jpga0247584_5345515.jpg
今回の幹事役のHさんが、実は2011年6月のボランティアバスに参加していたこともあり、
当時の被災地でのボランティア活動の過酷さもお伝えすることが出来ました。
また、偶然にも、昨年11月のあげお産業祭の牡蠣を食べにきてくださっていた方が会場にいらっしゃり
ビックリしました。
みなさん真剣なまなざしで聞いてくださいました。

時間が押してしまい、十分なまとめや質疑応答が出来ませんでしたが
東北の今の現状や、これから起こりうる災害に備えての防災・減災のヒントを
感じてくださったかと思います。

上尾ライオンズクラブのみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2014-04-24 22:28 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

桶川社協主催【災害ボランティアセミナー】

3/29(土)
桶川市社会福祉協議会主催【災害ボランティアセミナー】で、
ReVAの活動報告をさせていただくことになり
代表の吉沢が登壇してきました。

a0247584_6582544.jpg



a0247584_17302593.jpg
メインゲストは、深谷市社会福祉協議会の荻原祐輔さん。
秩父の豪雪時の災害ボランティアセンターの運営にも
応援スタッフで来てくださっていた方です。

a0247584_741073.jpg
隣町の桶川社協は、大船渡市の仮設住宅に毎年交流支援に行っているそうです。
ロビーには震災1年目からのボランティアバスでの活動パネルが飾ってありました。

a0247584_7154095.jpg
今回のセミナー参加者は、この桶川社協主催のバスに参加された方々や、市内ボランティア団体の方々。
約40人近くの桶川市民の方が足を運んでくださいました。


a0247584_1729452.jpg
深谷社協の荻原さんからは、
「災害ボランティア活動とは~埼玉県での事例を通して~」というテーマで
東日本大震災での南相馬市や宮古市での
災害ボランティアセンター運営スタッフとして活動された時のお話や、
立て続けに埼玉で起こった自然災害(竜巻・豪雪など)の事例をもとに、
「市民だからこそできること」、「市外の人だからできること」、などなど
たくさんの貴重なお話を聞くことができました。

a0247584_17345247.jpga0247584_1735966.jpg
班を作っての災害ゲーム【クロスロードゲーム】では、みんな真剣に悩みながら意見交換をし、
実際に災害が起こったとき、自分ならどう判断して動くかなどを一緒に考えることが出来ました。

a0247584_1735228.jpg
ゲームの景品には「ふっかちゃん飴」も登場!

a0247584_17284678.jpg
そのあとでReVAの活動報告もさせていただきました。
関心を持って聞いてくださった市民のみなさんの中から、災害ボランティア登録をしてくださる方や、
地元災害時に活躍してくださる市民の方がたくさん名乗り出てくれたらいいなと思いました。

ゆくゆくは桶川にも災害ボランティア団体が立ち上がるかもしれません。
その時には、近隣同士で連携しながら、ぜひ一緒に活動したいと思います。
今後も、このような機会がありましたら進んで参加させていただき、
今後のReVAの成長にも役立てて行きたいと思いました。

桶川市社会福祉協議会の局長はじめ職員のみなさま、
深谷市社会福祉協議会の荻原さま、
ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2014-03-30 07:08 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

伊奈社協主催【ボランティアのつどい】

3月17日(月)

a0247584_1355041.jpg




a0247584_18105725.jpg
今回初めて、上尾市以外でのReVAの活動報告の機会をいただき
代表含め、3名で行ってまいりました。
場所は上尾市のおとなりの伊奈町。
伊奈町社会福祉協議会主催の「ボランティアの集い」での登壇です。

a0247584_18195372.jpg
初めての事なので、準備から緊張しながら当日を迎えましたが、
職員の方の明るい対応と、伊奈町住民の方の和やかな雰囲気の中で
ご来場の方々に、私たちの活動報告を聞いていただくことが出来ました。

a0247584_18224085.jpg
その後の情報交換会では、このように丸くなり、
お菓子を食べたりお茶を飲みながら、参加者の方と充実したお話が出来ました。
「どんなものが震災時に役に立ったか?」
「災害時の要援護者についての支援を、どうスムーズにできるか?」などなど、
色々な意見交換や、注目のアイテムなども登場。

a0247584_18261482.jpga0247584_1826079.jpg
このバンダナ、片方は「私は耳が聞こえません」、
もう片方には「私は手話ができます」とプリントされています。
伊奈町では、町内の聴覚障害者全員と、手話サークルさんへ配布済みとのことでした。

a0247584_18303351.jpg
また、避難所や外出先での介護の付添いなどで、
「支援者側の目印がわかりにくい」との声がありました。
すると、伊奈社協の職員さんがすぐに持ってきたのがこれ!
こういう名札も用意してあるとのことでした。

災害時に改めて何かをしようとしなくても良いのです。
普段、手話や手芸・読み聞かせなどのサークル活動をしている人は
それがそのまま支援につながります。
地元の人は、その土地の地理に詳しいので、そのまま送迎ボランティアもできます。
力仕事だけじゃないということ、いろいろな支援方法もあるのだということを
参加者の皆さんと改めて学ばせていただきました。

そして今回参加された方の中に民生委員さんがいらっしゃり、
民生委員さんの役割の「大変さ」と「大切さ」も知ることができ、
とても勉強になった一日でした。

伊奈町のみなさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2014-03-20 22:52 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

上尾市協働のまちづくり推進モデル事業事業報告会

3月16日(日)

平成25年度上尾市協働のまちづくり推進モデル事業の
事業報告会が行われました。

a0247584_6181667.jpg
採択された3団体が、1年間の活動の成果を、公開プレゼンテーション形式で実施し、
審査員のみなさまからのご質問や講評を受けました。

ReVAは、「東日本大震災の風化防止」と「今後起こりうる可能性のある地元災害に備えての防災意識の向上」をテーマに実施した2つの事業

 ■陸前高田市震災ドキュメンタリー映画「先祖になる」の自主上映会
 ■第2回ReVA活動報告会
   「陸前高田、今までとこれから~被災地から復興地へ~」


についての発表をさせていただきました。

資金面や若手人材の確保は今後も大きな課題ではありますが、
今回の事業に携わらせていただいたことでとても勉強になり、
今後の大きなステップにつながると思いました。

全体講評でも審査委員の先生がおっしゃっていましたが、
「伝える力」が重要だということを改めて実感しました。
これからも、「言葉」だけでなく「行動」でも、
継続して市民のみなさまに伝えていこうと思います。

このたびの協働事業に際し、たくさんのアドバイスをいただいた市民活動支援センターのみなさま
所管課として協働してくださった市民安全課のみなさま
事業のご後援をいただいた上尾市および上尾市教育委員会、上尾市社会福祉協議会のみなさま
関わらせていただいたたくさんの方々に感謝いたします。

ありがとうございました。


事業報告会と講評は こちら  
[PR]
by team_ageo | 2014-03-18 22:16 | 講習会・講演会等 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 物資等提供品のお礼
at 2017-04-02 15:05
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
講習会・講演会等
イベント
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ