ReVA復興ボランティアチーム・上尾

カテゴリ:講師( 25 )

柏市社会福祉協議会【災害ボランティアコーディネーター養成講座】

10月31日
柏市社会福祉協議会主催の
【災害ボランティアコーディネーター養成講座】に
吉沢が登壇させていただきました。

a0247584_16485718.jpg

今年度で6年目の開催という柏市社協さんの講座。
全5回開催の第1回目は、柏市防災安全課とReVAからのお話でした。

a0247584_16492885.jpg

関東ブロック社協職員研修でご縁をいただいた柏市社協さん。
その取り組みはとても素晴らしく、
過去の講座受講者も大勢来てくださり、
初参加者、研修の一環で出席した1年目の社協職員など、
皆さん真剣に聴いてくださいました。

a0247584_16495840.jpg

災害ボランティアコーディネーターとして
いずれ災害ボランティアセンターの運営支援や、
依頼者とボランティアのマッチングのお手伝いをすることになるであろう受講者の方々に
災害ボランティアの基礎、心がまえ、装備などを知ってもらった上で、
災害ボランティアセンターでよくあるトラブルや
地元の方を巻き込み地域性を活かすポイントなど
私たちボランティア側からのお願い事をいくつかお話させていただきました。

a0247584_16503219.jpg

終了後も個人的に質問やお話をしに来てくださる方々も多く
とても有意義な講座になりました。

柏市社会福祉協議会の皆様、お世話になりました。

[PR]
by team_ageo | 2017-10-31 23:57 | 講師 | Comments(0)

福生第六小学校 道徳地区公開講座 【助け合う力~きみたちにもできること~】

10月7日(土)
福生市内の某小学校で、5.6年生と保護者対象に講演をさせていただきました。
a0247584_12215442.jpg
「助け合う力〜きみたちにもできること〜」

東日本大震災の時、幼稚園だったこの子たちには、当時の記憶はほとんどありません。
そんな今の子どもたちに私たち大人が伝えていく事は
すごく大切な事なんだと実感しました。

東日本大震災だけでなく、毎年全国各地で起こる災害についても触れ、
子どもたちだからこそできること、
大人が子どもたちに助けられていることがたくさんあること、
今の当たり前の生活ができる事の幸せ、
などなど。
うまくまとまりませんでしたが、
彼らが大人になった時、少しでもいいから覚えてくれていると嬉しいです。

講演後は、保護者の方々や校長先生、副校長先生、教育委員会指導主事の方々と、
椅子を丸くして意見交換会。
保護者の方からも貴重なお話を聴く事ができ、
いい時間を共有させていただきました。


お世話になった先生方、
貴重な経験をさせていただきありがとうございました。


[PR]
by team_ageo | 2017-10-07 23:11 | 講師 | Comments(0)

7/1 【あげお市民塾】~災害ボランティアってなあに~

7月1日(土)

上尾市民活動支援センター主催の【あげお市民塾】の講師として
ReVA2名で登壇させていただきました。

a0247584_07155577.jpga0247584_07155874.jpg

「災害ボランティアをしましょう」と言う観点だけでなく、
昨年8月の台風9号で自宅が床上浸水になったメンバーの生の声も伝えつつ、
災害ボランティアの存在を知っていただくこと、
地元が被災した時に市民の皆さんができること、
平常時からつながることの強み、大切さなどを
精一杯伝えさせていただきました。

a0247584_07135641.jpg
床上浸水の実体験の話は、本当に市民の皆さんが真剣に耳を傾けてくれていました。
市の対応の早さ、自治会の方々の案内文書や声かけのありがたさ、
災害が起こっても最低限の生活は並行していかなければならない現実。
日常の生活を進めながら家の片付けをする大変さ。
助けてもらったありがたさ、つながりの大切さは、本当に身にしみたと。
【つながりが財産】という言葉で締めさせていただきました。

a0247584_07114227.jpg
質疑応答も活発で、とてもいい展開になりました。
貴重な場をいただいた市民活動支援センターの皆様
市民活動推進の会の皆様
大変お世話になりました。



[PR]
by team_ageo | 2017-07-01 18:36 | 講師 | Comments(0)

平方公民館人権講座

11月28日(月)

上尾市人権講座
【災害と人権〜心に寄り添うボランティア活動に学ぶ〜】

a0247584_07214950.jpg


今回は、初めて「人権講座」の講師です。
地元上尾市の平方公民館。
60人の市民のみなさんの前で
Y沢と2人で50分ずつ担当させていただきました。

a0247584_07220260.jpga0247584_07215583.jpg



人権なんて堅苦しく聞こえますが
・日頃の活動で経験したこと
・被災者の方から見聞きしたこと、感じたこと
・避難所での困り事
・女性だからこそできる支援
・「泥を見ずに人を見る」ということ
などなど、
クロスロードゲームを取り入れたり、時折笑いも取りながら
2時間お付き合いいただきました。

a0247584_07215998.jpg



今回、聴覚障害の方のご参加もあり、
手話通訳の方にもご協力いただきました。
「耳の聞こえにくい方への配慮」のお話もさせていただきました。

https://m.youtube.com/watch?v=2NzPcPnHooc

「伝える」という場をいただけることに感謝です。

平方公民館のみなさま、ありがとうございました。





[PR]
by team_ageo | 2016-11-28 23:30 | 講師 | Comments(0)

富士見市社協主催【災害について考える集い】

3月5日(土)

a0247584_12561869.jpg
富士見市社会福祉協議会主催の【災害について考えるつどい】が
鶴瀬西交流センターで行われました。

a0247584_12563286.jpg
登壇者の皆さんで直前の打ち合わせ。
今回は聴覚障害の方の発表もあるので、手話通訳の方もご一緒です。

a0247584_1256444.jpg
第1部は、防災教育コンサルタントの宮崎賢哉氏の講演。
「災害が起きた時に守りたいもの5つはなんですか?」
最初の質問に、会場のみなさんも真剣に考えました。
そして、「普段できていないことは災害時にもできない」という言葉、
ごもっともだと感じました。

a0247584_12565522.jpga0247584_1257797.jpg
講演後は「継続的災害支援プロジェクト 結・さいたま」による支援記録のDVDの視聴、

そして、シンポジウムでは、「災害に備えた地域づくり・自分たちができること」をテーマに

a0247584_12572544.jpg
①水谷東のまちづくり協議会のお話。
地域に中学生を巻き込む秘訣や、色々な防災の取り組みをお聞かせ下さいました。

a0247584_125737100.jpg
②水谷中学校1年生2名の学習発表。
中学生にもできること、中学生だからこそできること、をしっかり伝えてくれました。

a0247584_12574870.jpg
③富士見市聴覚障害者の会の方のお話。
聴覚障害の人でも、見て真似ることはできるので、災害ボランティアもVC運営支援もでき、
聴覚障害の方もそうじゃない方にも「掲示物」の活用は有効と、手話で伝えて下さいました。

a0247584_1258918.jpg
そして私たちReVAからも、 災害ボランティアにとしての役割や
地元が被災した時のみなさんの役割などをお話させていただきました。

今年度は、県内市町村社協さんとのつながりのおかげで
このようなシンポジウムの機会をたくさんいただきました。
これからも、他市や他団体の取り組みも学ばせていただき、
繋がりを大事に連携が出来たらと思います。

富士見市社会福祉協議会のみなさま、ありがとうございました。


この日の詳細は、宮﨑賢哉先生のブログにも掲載されております。
http://kenyamiyazaki.sakura.ne.jp/blog/archives/1234
[PR]
by team_ageo | 2016-03-05 23:30 | 講師 | Comments(0)

川越市社会福祉協議会【災害ボランティア入門講座】

1月30日(土)

a0247584_765873.jpg
川越市総合福祉センター「オアシス」

a0247584_65552.jpga0247584_6552164.jpg
今日はここで開催される、川越市社会福祉協議会主催の【災害ボランティア入門講座】に、
講師として3名でお邪魔しました。

a0247584_6571386.jpg
常総市災害ボラセンでも応援スタッフとして活躍された社協職員Oさんから、
災害ボランティア全般のお話をお聞きしたあと、

a0247584_657367.jpga0247584_658092.jpg
私たちReVAから、活動現場での心構え、安全管理、トラブルの事例などのお話をし、
質疑応答をさせていただきました。

a0247584_6582325.jpga0247584_6584175.jpg
後半は各グループに混ざり、参加者の方々と一緒に【クロスロードゲーム】。
先週の講座でも感じましたが、
このゲームに正しい正解はないとは言うものの、
価値観の違う人たちが集まる活動現場や避難所では、
自分と違う意見を認めながらも、判断力が試されるものだと実感しました。

登壇させていただきながら、私たちもこうやって毎回勉強させていただいてます。
また、急きょ、2月の災害VC立ち上げ訓練にも参加させていただけることになりました。

こうして川越の方々とも繋がらせていただいたご縁に感謝いたします。
川越市社会福祉協議会のみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2016-01-30 23:29 | 講師 | Comments(0)

市内中学校ゲストティーチャー「地域の方にお話を聞く会」

1月15日(金)

a0247584_6461735.jpg
昨年度に引き続き、上尾市内の中学校にお邪魔させていただきました。

1年生を対象に行われる総合学習の時間、【地域に生きる】。
地域で色々なお仕事をしている人、色々な活動をしている人9名がゲストティーチャーとなって
活動の内容や、地域との関わりをお話しする授業です。

a0247584_6463265.jpg
市役所職員、消防士、子育て支援のNPO法人の方、
川や自然を守る活動をしている方、福祉施設の職員などなど、
5時間目にそれぞれが2クラスを担当しました。

a0247584_643975.jpga0247584_6433057.jpg
9組と7組を担当した私は、
 ・災害ボランティアの活動の種類
 ・最近起こった自然災害(東日本大震災、台風18号の水害、大雪、竜巻など)
 ・地元上尾が被災したら
 ・中学生にもできる支援
 ・地域を助け、助けられる存在に
などを中心に、20分間お話させていただきました。

もしこの中学校が避難所になったら、キミたち中学生の力がたくさん必要になること、
災害復興支援は大人だけがすることではない、中学生にもできることはたくさんあること、
私たち大人を、みんなが助けてほしいこと、
今年も、そんな話をさせていただきました。

a0247584_6455396.jpg
後日送られてきた生徒たちの感想。

東日本大震災当時、小学校2年生だった君たちの誰かが、
いつか「災害ボランティア」として活動してくれたらうれしいです。
[PR]
by team_ageo | 2016-01-15 23:59 | 講師 | Comments(0)

三郷市社会福祉協議会主催【災害ボランティア養成研修】

1月9日(土)

a0247584_1049116.jpga0247584_10485756.jpg

三郷市社会福祉協議会主催の【災害ボランティア養成研修】に、
講師としてお世話になりました。

a0247584_10563730.jpg
全2回の研修の1回目。
市役所職員、社協職員、民生委員、青年会議所、
大学生からご年配の方まで幅広い年代の一般参加者など、
総勢80名以上の方がいらっしゃり、市民の方々の関心の高さが感じられました。

a0247584_1054439.jpg
ReVAの講演は午後。
東日本大震災、つくば・越谷の竜巻、常総・鹿沼での水害支援などを通して、
代表の吉沢から被災地の現状と被災者の心情をお伝えすると、
大きくうなずく方やウルウルと涙ぐむ方などもいらっしゃいました。
また、これから災害ボランティアに参加する方々のために、
心構えや安全管理、迷惑なボランティアやトラブルの事例などの話をさせていただき、
被災地に迷惑をかけない参加の仕方を心がけてもらうようにお話をさせていただきました。

a0247584_10551535.jpg
そのあと数人の班に分かれて、今日の研修の感想や振り返り。
どの班も熱い意見交換が行われ、
ホワイトボードに書ききれないくらいの感想が出ていました。
「今まで参加の方法がわからなかった。」
「災害ボランティアへの参加は敷居が高く、今までその一歩が踏み出せなかった。」
という声が多かったのは事実。
「背中を押す」というより「手を引いて」一緒に参加できるようなきっかけ作りが、
社協さんや経験者の私たちからも出来たらいいのかな?とも感じました。

地元で災害が起こった時、隣近所の手伝い(共助)をはじめ、
市民のみなさんで対応できる規模の時は、ぜひ地元でボランティアをしてください。
大規模災害が起こった場合は、市外県外から多くのボランティアを受け入れることになります。
その時は、皆さんはぜひ災害ボランティアセンターの手助けをし、
ボランティアを受け入れる側に回ってください。
地元の地理や道路事情など、地元の人しかわからない事も多いので
そんな時は市民の皆様の力が大きく役に立ちます。
地域のことをよく知っている民生委員や近所で顔が繋がっている人は
とにかく地元を回って話を聞いて下さい。
被災者の困りごとや頼みにくい声を拾って社協に繋いでください。
それが地元の皆さんの、一番大事な「活動」にもなります。

最後に吉沢から、こんなお話をさせていただき終了しました。


a0247584_10553668.jpg
次回は「ボラセン立ち上げ訓練」を行い、
一般参加者はボランティア役と依頼者役、社協職員や市役所職員は運営スタッフ役なって
シミュレーションを行うそうです。
災害ボランティアセンターがどういう場所か知らない方々も多く、
受付班、ニーズ班、マッチング班などがどんな役割をするのかも丁寧に説明され、
当日は運営スタッフ役の社協職員や市役所職員の研修の場でもあることもお話しされていました。

1月から3月は、県内各地の社協さんで「災害ボランティア講座」が実施されています。
一般市民、特に多くの若い世代の方に、
地元社協が主催する災害ボランティア講座に参加してもらえたらいいなと思います。

三郷市社会福祉協議会のみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2016-01-09 23:04 | 講師 | Comments(0)

中学校福祉教育「HUG」に参加しました。

11月27日(金)

上尾市内の中学校の福祉教育の授業で
「避難所運営ゲーム(HUG)」を行いました。

a0247584_6493021.jpg
上尾市社会福祉協議会の職員の方2名と一緒に
ReVAからも2名、アドバイザーとして参加。
約140名もの1年生を対象に、体育館で班を作って実施しました。

a0247584_6494078.jpga0247584_6502136.jpg
市内の学校の福祉教育でHUGを実施するのは今回が初めてとのこと。
私たちも先日の講座でやってみましたが
次から次へと避難してくる人たちをどのように避難所に配置するか
とても考えさせられながら行ったのを思い出しました。

a0247584_6503021.jpg
ところが、中学生の方が、とても柔軟な考えを持っていてビックリ!
大人顔負けの発想で、次々へと課題を解決して行きます。

a0247584_6503741.jpga0247584_6504413.jpg
休憩時間も返上で、仲間たちと再検討しながら配置換えをしている班も。

a0247584_2011478.jpg
最後に班ごとに発表をし、HUGゲームは終了しました。
実際に災害が起こった時、避難所が開設された時、災害VCが立ち上がった時、
キミたちの知恵と力を、ぜひ大人たちに貸してほしいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2015-11-27 23:59 | 講師 | Comments(0)

災害支援チーム DMFRT 市民講座②

11月8日(日)

a0247584_65573.jpg
災害救助支援チームDMFRT(ディムフォート)の
第2回市民講座実施されました。

DMFRTは、柔道整復師など接骨院の先生方で結成した民間の災害救助支援チームです。
「大災害時には、すぐに救急車は来ません!
命に関わる人が優先の中で、骨折・打撲・脱臼などの痛みを和らげるために
身近にあるもので応急処置をしよう」
という目的で市民の皆さん向けに講座を実施していて、
私たちも一緒に学ばせてもらっています。

a0247584_6561786.jpg
ReVAファミリーでもある救急救命士が講師を務め、
「出血・火傷などの応急処置法」と、DMFRTの先生方の「新聞紙を使った手関節の固定」の講座が行われました。

a0247584_6565719.jpg
現場の生々しい事故の状況のお話もされ、
ビックリされていた参加者のお年寄りもいらっしゃいましたが
実際そのような場面に居合わせたら、自分たちで応急処置をしなければいけません。

a0247584_704687.jpg
前回の復習。
手の甲や指を負傷した時の固定法です。
朝刊1日分の新聞を折った厚みが
骨折やねんざなどの固定をするのにちょうどいい硬さなのだそうです。
手と新聞の間には、タオルを挟んでいます。
家庭にあるハンカチなどを利用して固定できます。

a0247584_724948.jpg
手首からひじの負傷の際の固定。
タオルを3枚つなぐと、三角巾の代わりにもなります。

雨の中で、参加者も少ない状態でしたが
施設の職員の方も見に来てくださり、みなさん熱心に学んでいました。

次回は春先になる予定だそうです。
またよろしくお願いします。
[PR]
by team_ageo | 2015-11-08 23:59 | 講師 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

12/2 台風21号川越活動..
at 2017-12-02 23:24
■台風21号(川越)活動報告..
at 2017-11-30 07:39
11/16 台風21号川越活..
at 2017-11-16 23:56
11/9 台風21号川越活動..
at 2017-11-09 22:45
11/3 台風21号川越活動..
at 2017-11-03 23:53
11/2 台風21号川越活動..
at 2017-11-02 22:52
11/1 台風21号川越活動..
at 2017-11-01 23:52
柏市社会福祉協議会【災害ボラ..
at 2017-10-31 23:57
10/30 台風21号川越活..
at 2017-10-30 23:59
10/29 台風21号川越活..
at 2017-10-29 23:50
10/28 台風21号川越活..
at 2017-10-28 23:49
10/27 台風21号川越活..
at 2017-10-27 23:49
10/26 台風21号川越活..
at 2017-10-26 22:47
10/25 台風21号川越活..
at 2017-10-25 23:43
福生第六小学校 道徳地区公開..
at 2017-10-07 23:11
【浪江社協ボランティア3&小..
at 2017-09-24 23:59
平成29年度 上尾市総合防災訓練
at 2017-08-20 23:45
【九州北部豪雨災害】活動報告..
at 2017-08-15 23:00
8/6 【九州北部豪雨】活動..
at 2017-08-06 23:04
8/5 【九州北部豪雨】活動..
at 2017-08-05 23:59

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【台風21号(川越)】活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【台風9号(青梅・狭山)】活動報告
【熊本地震】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【陸前高田】活動報告
講師
講習会・講演会参加
イベント
募金・活動支援金のお礼
支援物資のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ