ReVA復興ボランティアチーム・上尾

カテゴリ:活動報告( 75 )

ReVA7月便活動報告

ReVA7月便活動報告

7月18日(金)夜 北上尾駅出発
今回はハイエースを1台レンタルして、7名で出発しました。

7月19日(土)朝 

a0247584_724364.jpg
先月設置した漁業の浮きのやぐら。
雨の中、今回はそのやぐらの仕上げ作業からとりかかりました。

a0247584_731250.jpga0247584_7245294.jpg
ネットを一旦外して、つなぎ目を結束バンドできれいにつなげていきます。

a0247584_725055.jpg
きれいにつなげたネットでやぐらを覆います。

a0247584_725617.jpg
ところどころネットがクランプに引っ掛かり苦労しましたが、少しずつ広げていきました。

a0247584_7251540.jpga0247584_1312928.jpg
全体を覆えたら、単管パイプに結束バンドで固定していきます。

a0247584_7324373.jpg
一旦作業はここまで。
残りは、明日の朝仕上げることにしました。


活動場所を移動し、次は横田町のある狩集仮設住宅へ

a0247584_7253142.jpg
狩集仮設では、ベランダの日差しの延長作業です。
屋根から落ちる雨だれが、下のベランダの手すり部分にちょうど当たる位置にあり
跳ね返った雨が、全部ベランダや室内に入ってしまうとのこと。
干していた洗濯物も、急な雨で、この日差しの長さではすぐに濡れてしまうのです。

a0247584_7254058.jpg
このように、大分延長されました。
依頼された3件のお宅の日差しを伸ばし、次は竹駒町の相川仮設へ移動。

a0247584_7254818.jpg
相川仮設住宅に移動すると、住民のみなさまが昼食を作って待っていてくださいました。
薬味たっぷりのそうめんや、採れたてのきゅうりのからし漬けの他、
ジャガイモとひじきのごはん、トマトと玉ねぎのサラダなど
何日か前に、味の素さんの料理教室があったらしく、
早速そのメニューを私たちのために作ってくださったとのことでした。
大変恐縮ですが、おなかいっぱいご馳走になってしまいました。
とてもおいしかったです。

a0247584_7255522.jpg
午後からは風除室の雨漏り対策です。
4件のお宅の雨漏りを依頼されました。
平らな天井の屋根に雨が溜まり、しかも3年以上前にできた仮設の波板は劣化。
屋根に勾配を作り、波板を設置しなおしました。

a0247584_726472.jpg
完成です。
出入り口で濡れないよう、ひさしの役目も果たしています。


今回の宿泊先は、6月に新しく竹駒町にできた 「ペンション福田」 さん
こちらの宿も、震災で全壊して再建された宿泊施設です。
きれいなお部屋に広いお風呂、あたたかい女将さんでとてもいい宿でした。


7月20日(日)朝 

a0247584_7261283.jpg
2日目もあいにくの大雨・・・・・
まずはやぐらの仕上げに取り掛かります。

a0247584_7264645.jpg
ネットを開閉しやすく、且つ固定できるようネット下部に太めのロープを取り付けました。

a0247584_7265588.jpg
ウェイトでネットを固定し完成です。

a0247584_72749.jpg
次に、相川仮設住宅へ移動し、風除室の雨漏り対策の続きと、ひさしの延長作業です。

a0247584_7272443.jpg
a0247584_727487.jpg
雨漏り対策は依頼のあった4軒分は全て完了しました。

a0247584_7271494.jpg
日差しの延長はたくさん依頼をいただきましたが、
この大雨と、各お宅でサイズが違うために現場合わせとなり、なんとか1軒分は完成しました。

a0247584_72801.jpg
a0247584_7281140.jpg
今回は雨のため作業が思うように捗りませんでしたが、
終わらなかった作業は次回引き続き対応したいと思います。
2日間とも雨の中の作業でしたが、無事怪我なく終了しました。
住民の皆さんが心配しない様、今後も安全な作業を心がけたいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-07-27 22:59 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA6月便活動報告③

6月22日(日)朝

2日目の活動は、仮設住宅自治会主催の草刈り。
住民の皆さんと一緒に道路脇などの草刈りを行いました。

a0247584_6221494.jpg
早朝から大勢の住民の方も参加。 
そして、毎回草刈りの支援に来てくださるという一関市大東町大原川内自治会の皆様も一緒に行いました。

a0247584_450472.jpg
補充用の刈払機の混合油もたくさん作りました。

a0247584_622323.jpg
刈払機の数も多く、人数も多かったので、かなり速いペースで進みました。


a0247584_6225257.jpg
草刈りをしている間に、2名のメンバーは別の打ち合わせに・・・・

a0247584_4555354.jpg
上尾市での出店イベントで何度か購入させていただいているスライスりんごや切り干し大根・・・・・
それらの乾物を作っている高田町の 福祉作業所「きらり」 の所長さんとお話をして来ました。

災害弱者と言われる高齢者や障害を持った方々の
避難所でのご苦労や必要な支援はなんだったのか・・・
これからの災害には大きなテーマの一つだと思います。
10月に実施するスタディバスツアーで、
そんなお話を所長さんに講話していただけないかというご相談をしに行ってまいりました。

ご講話の件は快くお引き受けくださり、
その後、乾物以外に作業所で作っているものを紹介してくださいました。

a0247584_4585012.jpg
津波で流され廃棄となった小学校の机・・・
それがこんなに立派なイーゼルに。

a0247584_4591659.jpg
取り外して額縁のように花を飾ることもできます。

a0247584_4594363.jpga0247584_524813.jpg
使えなくなった漁業の浮き玉も、こんなかわいいプランターに変身。

震災が起こって、所長さんが利用者さんに教えられたことがあるそうです。
しあわせってなにか?・・・・・・・
利用者さんは、「”することがある”のがしあわせだ」と言ったそうです。
仲間がいて、集まって、おしゃべりして、仕事して・・・・
そんな日常の普通の生活を、震災は奪って行った・・・・
家も仕事も楽しみも全て流され、なにもすることの無い震災直後の暮らしほど
生きる幸せを感じなかったそうです。
それは、障害を持った方もそうでない方も一緒だったと思います。

詳しいお話は、10月に実施される スタディバスツアー でお話してくださる予定です。

a0247584_5101762.jpg
最後に、上尾市にある作業所のご紹介をし
お預かりしてきた製品などを差し上げてきました。


a0247584_555630.jpg
今回も無事に、怪我なく作業を終えることができ
充実した活動となりました。


この日の活動の様子は、陸前たがだ八起プロジェクトのブログにも掲載されています。
[PR]
by team_ageo | 2014-07-05 22:34 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA6月便活動報告②

一方こちらでは・・・

5月便(先月便)で初めて訪問した、横田町の狩集仮設住宅におじゃましました。

a0247584_4152973.jpg
全体で12棟の小さな仮設住宅です。
5月に、お茶っこをしながら色々とお話をさせていただき、
集会場修繕作業などをお約束して帰ってきました。
そして今回2回目の訪問で、実際に作業をさせていただきました。

作業前に久しぶりの挨拶をしながら、さっそくのお茶っこのお誘い。
とっても明るい皆さんに、初訪問ですっかり緊張していた私の心もあっという間にほぐれてしまいました。

a0247584_4163022.jpg
そしてトトロ(猫ちゃん)のお出迎え。さらに癒されます。

先月あらかじめお願いされていた作業を、2班に分かれて行いました。
一班は物作り班
もう一班はお掃除班です。
楽しくお話をさせていただき、さっそく作業にはいります。

a0247584_4175687.jpga0247584_4182416.jpg
お掃除班は、高所な作業が困難なご高齢のお宅3件におうかがいしました。

プロの様にはいきませんが、なかなかキレイにしあがりました!

a0247584_4203298.jpg a0247584_4205231.jpg
換気扇のフィルター、羽、ダクトのお掃除

a0247584_4211037.jpg
蛍光灯のカバーのお掃除

a0247584_4212522.jpg

a0247584_4214922.jpg
ガスコンロのお掃除とエアコンのフィルター掃除

a0247584_4222629.jpg
お昼には手作りのご飯をいただきました!
炊き立ての炊き込みご飯、とりたてのキュウリ(味噌)、玉子入スープ!!
  
美味しいご飯に話もはずみます!!
狩集仮設住宅は12棟と規模が小さいせいか、皆さん家族のように仲良しです。
チリ地震、東日本大震災両方で2回の津波を体験された話など
貴重なお話、楽しいお話をたくさんお聞きしました。

一方、物作り班では・・・

a0247584_4225746.jpg
最初に、先月ご依頼を受けていた物置を設置。
雨水を貯める容器の下の棚が壊れてしまいそうとのことで、
地元(埼玉)で作成し、現地に運び設置しました。
中にはごみ箱などが収納されています。

a0247584_4231478.jpg




a0247584_4233982.jpg
次は、ひさしの長さを延長する作業です。
長さが中途半端なために色々と不便とのこと・・・
・洗濯物が濡れてしまう
・雨垂れの位置がちょうどベランダ?の手すりに当たり、しぶきが家に入る
・ここの場所は皆さんが玄関かわりに利用していて、そのための履物が濡れてしまう
等、お悩みがつきなかったそうです。
物作りが得意なY隊長が作業を進めていきます。

そこに、とんでもない情報が・・・
Y隊長の作業を見ている住人の方の中に元気仙大工さんがいらっしゃることが発覚!
Y隊長もタジタジに。プロに見られているのですから(笑)
それに気が付いたときは皆で大爆笑!

a0247584_4244567.jpg
皆さんに囲まれ、アドバイスをいただき、和気あいあいと楽しく作業をおこないました。
ひさしの長さも倍になり、過ごしやすくなるとうれしいです!

a0247584_4252423.jpg
次は、使いづらかった収納を使いやすく加工する作業です。
せっかく収納が大きいのは良いのですが、中段に仕切りがなくとても使いづらい・・・
ここに中段(棚)をつけてほしいとのご依頼。
住民の方に協力してもらいながら作業を進めていきます。

a0247584_4254137.jpg
afterの写真がわかりずらいですが無事に中段設置完了!
これで布団等の出し入れが大分楽になります!

a0247584_4255930.jpg
作業後のお茶っこ
楽しくお話をして、次回のお約束をさせていただきました。
またお会いできるのが楽しみです!

(A,I)


a0247584_4285629.jpg
さて、もう一つの作業依頼は、キャピタルホテルで行われた式典のお手伝い。

a0247584_4292216.jpg
テント設営や来場者の誘導などのあと

a0247584_6203130.jpg
蒸し牡蠣の準備を行いました。

a0247584_620506.jpg
プロに教えてもらいながら、なんとか殻を剥けるようになりました。


今回の宿は、広田町にある民宿志田。

a0247584_621931.jpg
豪華な夕食は、ご主人が朝釣ってきた魚を含め、海の幸が満載です。

a0247584_6212359.jpg
朝採ってきた毛ガニです。とてもおいしくいただきました。

民宿志田のご主人は漁師さんです。
震災直後は、船を守るために沖に出て
何度も押し寄せる津波に向かって舵をとり
津波が落ち着くまで、一晩沖で過ごしたそうです。
ご家族の心配は計り知れません。
そんな当時のお話をしてくださりながら
お孫さんと一緒に、津波の映像も見せてくださいました。

民宿志田のみなさん、お世話になりました。



つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-07-04 18:42 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA6月便活動報告①

ReVA6月便活動報告

6月20日(金)夜 北上尾駅出発
今回は1台ハイエースをレンタルして10名で出発です。

a0247584_18511042.jpg
6月21日(土)朝 陸前高田市到着時の天気はくもりでした。

a0247584_18515735.jpg
「希望のかけ橋」は順調に稼働しているようです。

a0247584_1852519.jpga0247584_18535184.jpg
造成計画には膨大な量の土砂が必要なことがわかります。

a0247584_1905668.jpg
朝はまず全員でモビリア農園周辺の草刈です。

a0247584_194588.jpg
畑の周りにはかなり雑草が生い茂っています。

a0247584_195136.jpg
場所によってはかなり伸びていました。

a0247584_1955859.jpga0247584_1964214.jpga0247584_1972963.jpga0247584_6113783.jpg
刈払機4台で一気に進めていき、生垣の剪定も行いました。

このあと9時過ぎからは、メンバーが4班に分かれ、それぞれの活動場所へ移動。
草刈班は、ひきつづき3名で作業を続けました。

a0247584_6133310.jpg
草刈り終了後の様子。

a0247584_6164317.jpga0247584_6324728.jpg
大分さっぱりしました。


一方、こちらは 【スタディバスツアー下見班】

【行って観て食べて買って乗って応援しよう!】と題し、
10月に実施予定の 復興支援バスツアーに備えて、
宿泊予定の民宿の方との打ち合わせやコースの視察も兼ね
大船渡から釜石へ。

a0247584_6494766.jpg
a0247584_6501850.jpga0247584_6511267.jpg
BRTと三陸鉄道に乗り、

a0247584_74456.jpga0247584_6585010.jpg

お買いものをしていただく予定の「サンフィッシュ釜石」も見てきました。

a0247584_6543269.jpg
宿泊予定の民宿「海さんぽ」

a0247584_6572779.jpga0247584_6563286.jpg
リニューアルしてとてもきれいな民宿です。

※このスタディバスツアーは、10/3(金)~10/5(日)に運行。
ただいま参加者を募集しています。





つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-07-03 18:27 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA5月便活動報告

ReVA5月便活動報告

5月23日(金)夜 北上尾駅出発

a0247584_19494146.jpg
今回は1台ハイエースをレンタルして13名で出発です。

5月24日(土)朝 陸前高田着

a0247584_19495378.jpg
牡蠣小屋で作業前の全体ミーティング。
この日は、牡蠣養殖に使用する浮を固定するためのやぐらを設置します。

a0247584_195069.jpg
まずは設置場所を確保するため、敷地内の資材の移動です。
養殖用のカゴが結構重いのですが、これをすべて移動しました。

a0247584_19501482.jpg
養殖用ロープ、単管パイプは、フォークリフトで移動しました。

a0247584_19502734.jpga0247584_19503698.jpg
フォークリフトの運転も、専門職が2人いるのでこの通り!

a0247584_20363573.jpg
牡蠣いかだ用の浮も移動。
浮は軽いため、風で飛ばないように、養殖用のカゴで囲ってからロープで固定しました。

a0247584_19511492.jpg
一旦仮置き完了です。

a0247584_19512632.jpg
資材を移動し、このように設置場所を確保しました。

そこに単管パイプでやぐらを設置。
タテ6m×ヨコ10m以上もある巨大なやぐらです。

a0247584_19513984.jpga0247584_20281564.jpg
このように、徐々にやぐらが組みあがっていきました。


一方、モビリア仮設住宅では、別のメンバーが、今回で4回目を迎える【便利屋さん】の活動を実施。
1人暮らしの高齢者の方や、普段重たいものや高いところの作業が出来ない人のために
住民の方のニーズにお応えする活動です。

a0247584_21504920.jpg
季節がら、草刈や庭木の剪定作業が多い活動となりました。

a0247584_2151545.jpg
a0247584_23211371.jpga0247584_23205627.jpg
草刈完了後の様子。

a0247584_23184489.jpg
鎌研ぎの依頼もありました。

a0247584_23195438.jpga0247584_23201080.jpg
別のお宅での草刈前の様子です。

a0247584_5521535.jpg
a0247584_5524142.jpg
草刈完了後の様子。
依頼主さんにとても喜んでいただきました。


別のお宅ではエアコンのフィルター掃除の依頼もありました。

a0247584_5555433.jpga0247584_556887.jpg
きれいに掃除して取り付け完了です。


こちらのお宅では、玄関の階段の段差を1段増やす作業。

a0247584_622860.jpg
ご高齢の足腰の弱いご夫婦には、1段の段差の違いは大きいものです。
特にここのお宅は、立地の坂の具合もあり、他の仮設と同じ1段でも
高さが急だということがわかりました。
仮設住宅には、まだまだこんな不便さの中で暮らしていらっしゃる方が多いのです。

a0247584_6443777.jpg
玄関の出入りが少しでも楽になっていただけたら嬉しいです。


もう1軒、草刈りのご依頼。

a0247584_6111972.jpg
なんといっても、ココの仮設はオートキャンプエリア!
庭が広く、草もすぐに生えてしまうのです。

a0247584_6131454.jpg
刈払機2台使って作業しました。

a0247584_6141783.jpg
a0247584_6145564.jpg
完了後の様子。

もう1軒、外国人の若いおねえさんのお宅の草刈もさせていただきました。
日本に来てまもなく震災に遭い、なれない日本語となれない仮設住宅暮らしで
彼女も気持ちがふさがっていたことと思います。
一生懸命に片言の日本語で話そうとして、もどかしそうな彼女を
すかさずフォローしたのが、ウチのメンバーのM木さん!
留学経験もある彼は、すぐにペラペラな英語で会話!
いきいきと話しはじめた彼女の笑顔が印象的でした。
これも大事な支援なんだと実感しました。

そのほかに、今月は、横田町にある仮設住宅にも数名で訪問してきました。
同じ地域に住んでいた方々がバラバラに散ってしまったこと、
小規模仮設には、支援ボランティアも来ないこと、
3年経っても、まだまだ仮設の不便さを感じながら暮らしていることなど、
お茶っこをしながらお話し、集会所の修繕などを約束して帰ってきました。


これらの作業中、上空には、こんなにきれいな 【環水平アーク】 が出現!

a0247584_6473222.jpg
なんだか得をした気分!
(地震との関連は証明されていないようです。)


活動終了後

a0247584_6492229.jpg
夕日もきれいでした。

a0247584_6503068.jpga0247584_6504174.jpg
今月も民宿吉田さんにお世話になりました。
隣でお食事中の漁師さんからの差し入れ、とてもおいしかったです。

a0247584_653258.jpga0247584_653146.jpg
誕生日のIさんへ、いつも現地でお世話になっているSさんからこんなにかわいらしいバースデーケーキ。
みんなで美味しくいただきました。


5月25日(日)朝 

今日はやぐらの仕上げと便利屋さんです。

a0247584_72613100.jpg
a0247584_6552789.jpg
a0247584_753828.jpg


a0247584_722955.jpga0247584_6555153.jpg
一旦仮置きした浮をやぐらへ移動します。

a0247584_7115759.jpg
移動完了後、全体をネットで覆い、風で飛ばされるのを防ぎます。

a0247584_7123233.jpg
最後の仕上げは6月便で行います。


モビリア仮設では、池の周りの草刈り作業。

a0247584_7131788.jpg

a0247584_7134177.jpg
初参加の大学1年生も、刈払機の扱いもマスターし
2日間大活躍してくれました。


今月も、無事に怪我なく作業を終えることができました。
6月便でも、引き続き怪我をしないよう活動を続けたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


今回の活動の様子は、陸前たがだ八起プロジェクトのブログにも掲載されています。
[PR]
by team_ageo | 2014-06-09 06:51 | 活動報告 | Comments(0)

3/1上尾雪害ボランティア(物置の解体)

2月14~15に降り続いた記録的な大雪は
上尾でもたくさんの被害がありました。

a0247584_5352475.jpg
上尾市社会福祉協議会にも、市民の方からのボランティア依頼があり、
3月1日(土)、雪でつぶれて壊れてしまった物置の解体と中の荷物の片付けに
私たちReVAが行ってきました。

まさか地元の上尾市でReVAが災害支援に関わる日がこんなに早く来るとは・・・
この日は地元メンバー6名で対応しました。

a0247584_5371224.jpg
もちろん、上尾市社会福祉協議会の職員の方が間に入ってくださり、
ご近所の方や消防団の方、民生委員さんも一緒に手伝って下さいました。
壊れた物置の材木や中に入っていた荷物を、いったん広い庭へ運び
依頼主さんの意向をお聞きしながら、手分けして分別作業も行いました。

a0247584_18375997.jpga0247584_5375060.jpg
解体後の物置の柱などは、このように小さく切断してまとめ
社協が用意してくれていたトラックに積み込みました。

a0247584_5404490.jpg
今回倒れた物置は、垣根まで大きく倒してしまい、すぐわきの路地をふさいでいました。
杭を打ち直し、木を痛めないように垣根を持ち上げてひもで結び
路地も通れるようにしました。

a0247584_5412657.jpg
解体された物置の材木と廃棄することになった荷物はトラックいっぱいになり
後日、社協職員の方が処分場に持って行ってくれることになっているそうです。

今回の活動は、いずれ身近に起こりうるであろうと想像していた災害のほんの一部を垣間見た心境でした。
これがもっと大規模で、複数のお宅からの依頼が社協に殺到したら・・・・
そして自分たちの家も被災していたら・・・・
ここ連日の秩父での雪かき活動と比べながら、いろいろ考えさせられました。

今回、依頼者さんのお宅と関わりのある地域の方々が一緒に手伝って下さっていた形は
共助の理想的な形だったのではないかと思います。
共助の部分だけで解決できるものは、なるべくご近所同士で助け合えるようにと
社協職員の方も考えてくださっているのだということも学びました。
それでも対応しきれない時、そこで初めて私たちボランティアの力が必要となってくるのです。

これからは、そんな背景も感じながら活動していこうと
改めて思いました。
[PR]
by team_ageo | 2014-03-02 23:30 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア7(2/28)報告

2月28日(金)

この日は、上尾社協から2本のツルハシの貸し出し提供があり、
参加者Aさんが、秩父のボランティアセンターに持っていきました。

a0247584_5171559.jpg
日替わりで活動に参加してきた秩父市災害ボランティアセンター
毎朝きれいに並んだ玄関のスコップに、気が引き締まりました。


この日の活動も、「独居高齢者宅の除雪」。
田舎でお年寄りも多い今回のような地域は、
ボランティアを依頼するという認識も、ボランティアセンターがどういうところなのかも
知らない人が多いそうです。
実際私たちが活動したお宅でも、
「ボランティアが来てくれることなんて今まで知らなかった」と
口々におっしゃっていました。
社協の職員さんや民生委員さんが、地域を1軒1軒まわり、声かけをし、
チラシを配り、困りごとを聞き、
緊急性のあるものから優先順位もふまえてマッチングしてくれます。
その地域と人を良く知っている人が、こうして間に入ってくださることで安心感も生まれ
私たちボランティアを信頼して依頼してくださるのです。

a0247584_618836.jpg
災害ボランティアセンターが立ち上がって約1週間。
週末の土日は、県内からボランティアバスが出て大勢のボランティアが入ったこともあり
3月になって、災害ボランティアセンターも閉鎖しました。

その後も、ビニールハウスや車庫の被害で困っている人もいたと思います。
雪解けとともに、屋根からの落雪や雨漏りで困る人も出たかもしれません。
農家の方々の被害は甚大で、県や農林水産省も、経費の助成などの支援対策も紹介しています。


3月半ば、秩父社協の職員の方々が、
お貸ししていたスコップなどを上尾社協に直接返却に来てくださいました。
ちょうど打ち合わせでその場にいたReVAメンバーにも声をかけていただき
私たちもお世話になったお礼を言うことが出来ました。

秩父社協のみなさん、県社協のみなさん、
上尾社協はじめ、応援スタッフでボランティアセンターを運営してくださったみなさん
大変お世話になりました。
[PR]
by team_ageo | 2014-03-01 20:29 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア6(2/26)報告

2月26日(水)

この日は、メンバー2名がそれぞれ電車で秩父入り。

a0247584_618979.jpg
ボランティアセンターのマッチング場所で「初めまして」のご対面をした二人でしたが
活動現場はバラバラに・・・・

男性Uさんは、昨日の継続ニーズである「裏山地区の独居高齢者宅までの道路の除雪」
女性Wさんは、「細い私道の道幅確保」や「個人宅の駐車スペースの確保」などに向かいました。

a0247584_5131536.jpga0247584_5132725.jpg
30人であと3日かかると言われていた秩父浦山地区のデンジャラスゾーン!
この日もUさん含め、大勢のボランティアさんがここに関わり、
夕方には、なんと「無事開通した」との連絡が。
しかし・・・こんなスゴイとこだったとは・・・・

a0247584_63035100.jpga0247584_6295742.jpg
右側の民家の屋根で、同じ場所だとわかると思いますが
前日の活動写真と比べてみるとこんな感じです。
思ったより早く開通してよかったですね。
これで無事にこの道の向こうにお住いの方が、軽自動車で通れるようになりました。

一方、Wさんが向かった場所は、狭い私道。

a0247584_5141759.jpga0247584_514574.jpg

a0247584_5143933.jpg
これでゴミ捨てにも行けると、喜んでくださったそうです。
そんな日常生活の些細なことも、この大雪は困難にしたのですね。

a0247584_515916.jpg
午後からさらにもう1件のニーズへ
ご高齢の一人暮らしの女性宅の駐車場確保。

a0247584_5151940.jpg
一人では大変でも、大勢でやればすぐ終わりました。

徐々に気温も上昇し、
「一度雪かきをして通れるようになった通路を
屋根の雪が落ちてまた塞いでしまった。
というお話も多く聞きました。

早く雪が溶けてくれるといいですね。


この日参加したWさんのブログは こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-02-28 23:12 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア5(2/25)報告

2月25日(火)

平日可能な5名が、この日も秩父に向かいました。

この日の活動は、
①小学校の通学路の歩道確保
②腰まで埋まる浦山地区の道作り

特にこの日の「浦山地区の独居高齢者宅までの道路の除雪」は、大変だったそうです。
携帯が繋がらない山奥。雪の深さ160cm以上!
軽自動車が通れるように、幅2mで500mほどの除雪を、30人以上で実施しました。

a0247584_5565710.jpg
入り口付近はこんなでも・・・・・

a0247584_5571498.jpg
掘り進めて行くと、どんどん雪の壁は高くなって行きました。

a0247584_5594142.jpg
ついに、そこに道があるのかどうかもわからないほど山奥に・・・・

a0247584_6211345.jpg
試しにどれだけ掘れば道路が出てくるのか掘ってみることに・・・・
右側に見えるのが民家の屋根です。
人は住んでいないそうですが、この雪の深さには驚きます。

a0247584_5111459.jpg
まるで落とし穴状態!
人がすっぽり埋まるほど掘って、やっとアスファルトの道路が出てきたそうです。
このあと、穴から出るに出られず、
スコップを足場にして脱出したとか。

a0247584_5112938.jpg
この壁の高さには驚きました。
TVの報道積雪量をはるかに上回っていました。

a0247584_65265.jpg
途中、社協スタッフの除雪機が出動するものの
急な斜面では、人の力の方が勝ったそうです。

この日は残念ながら開通できず!
30人がかりで、あと3日はかかるだろうと申し送りをし、翌日に引き継ぎました。


この日の活動に参加したOさんのブログは こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-02-27 21:10 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア4(2/23)報告

2月23日(日)

a0247584_734298.jpg
この日は,
ReVAメンバー3名が秩父入りしました。
3日交代で応援に来てくださっていた上尾社協の職員の方も
この日からまたメンバー入れ替えで、別の上尾社協の職員さんが来てくださいました。
顔なじみのYさん他、とても心強い職員の方々と一緒に活動です。

a0247584_735939.jpga0247584_568100.jpg
1階ロビーにある薪ストーブ
よく見ると、ブタの形をしています。
マッチングまで、みんなここで暖をとって待っています。

a0247584_7353499.jpg
この日のニーズは、小学校の通学路の歩道の除雪など。
さすがにこれでは歩けません。

a0247584_7193860.jpga0247584_7225257.jpg
いったい何百メートルあるのでしょう・・・
休憩を取りながら、実際はこの写真に写っている4~5倍の長さを
20人くらいのボランティアで除雪。
それでもゴールははるかかなた・・・・

a0247584_7202228.jpg
そこへ登場したのは、われらが上尾社協のY氏!
南魚沼社協さんの応援除雪機で、みるみる歩道の雪を除雪してくださいました。
さすがに早い!!!

a0247584_721375.jpg
次に向かった現場は、市街地からさらに山奥の方へ向かったこちら。
ここの歩道も果てしなく長い!

a0247584_7215693.jpga0247584_7241440.jpga0247584_7354826.jpg
みんなでいい汗かきながら、一気に完了!
これで安心して歩くことができますね。

孤立している人達は減りつつありますが、
すれ違いが出来ない道路・通れない歩道は山ほどあり、
まだまだ雪が邪魔で家から出るのに不自由している方が大勢います。
一日でも早く雪が溶けて、普段の暮らしができるように
少しでも力になりたいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-26 23:02 | 活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

12/2 台風21号川越活動..
at 2017-12-02 23:24
■台風21号(川越)活動報告..
at 2017-11-30 07:39
11/16 台風21号川越活..
at 2017-11-16 23:56
11/9 台風21号川越活動..
at 2017-11-09 22:45
11/3 台風21号川越活動..
at 2017-11-03 23:53
11/2 台風21号川越活動..
at 2017-11-02 22:52
11/1 台風21号川越活動..
at 2017-11-01 23:52
柏市社会福祉協議会【災害ボラ..
at 2017-10-31 23:57
10/30 台風21号川越活..
at 2017-10-30 23:59
10/29 台風21号川越活..
at 2017-10-29 23:50
10/28 台風21号川越活..
at 2017-10-28 23:49
10/27 台風21号川越活..
at 2017-10-27 23:49
10/26 台風21号川越活..
at 2017-10-26 22:47
10/25 台風21号川越活..
at 2017-10-25 23:43
福生第六小学校 道徳地区公開..
at 2017-10-07 23:11
【浪江社協ボランティア3&小..
at 2017-09-24 23:59
平成29年度 上尾市総合防災訓練
at 2017-08-20 23:45
【九州北部豪雨災害】活動報告..
at 2017-08-15 23:00
8/6 【九州北部豪雨】活動..
at 2017-08-06 23:04
8/5 【九州北部豪雨】活動..
at 2017-08-05 23:59

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【台風21号(川越)】活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【台風9号(青梅・狭山)】活動報告
【熊本地震】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【陸前高田】活動報告
講師
講習会・講演会参加
イベント
募金・活動支援金のお礼
支援物資のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ