ReVA復興ボランティアチーム・上尾

カテゴリ:活動報告( 167 )

ReVA6月便活動報告①

ReVA6月便活動報告

6月20日(金)夜 北上尾駅出発
今回は1台ハイエースをレンタルして10名で出発です。

a0247584_18511042.jpg
6月21日(土)朝 陸前高田市到着時の天気はくもりでした。

a0247584_18515735.jpg
「希望のかけ橋」は順調に稼働しているようです。

a0247584_1852519.jpga0247584_18535184.jpg
造成計画には膨大な量の土砂が必要なことがわかります。

a0247584_1905668.jpg
朝はまず全員でモビリア農園周辺の草刈です。

a0247584_194588.jpg
畑の周りにはかなり雑草が生い茂っています。

a0247584_195136.jpg
場所によってはかなり伸びていました。

a0247584_1955859.jpga0247584_1964214.jpga0247584_1972963.jpga0247584_6113783.jpg
刈払機4台で一気に進めていき、生垣の剪定も行いました。

このあと9時過ぎからは、メンバーが4班に分かれ、それぞれの活動場所へ移動。
草刈班は、ひきつづき3名で作業を続けました。

a0247584_6133310.jpg
草刈り終了後の様子。

a0247584_6164317.jpga0247584_6324728.jpg
大分さっぱりしました。


一方、こちらは 【スタディバスツアー下見班】

【行って観て食べて買って乗って応援しよう!】と題し、
10月に実施予定の 復興支援バスツアーに備えて、
宿泊予定の民宿の方との打ち合わせやコースの視察も兼ね
大船渡から釜石へ。

a0247584_6494766.jpg
a0247584_6501850.jpga0247584_6511267.jpg
BRTと三陸鉄道に乗り、

a0247584_74456.jpga0247584_6585010.jpg

お買いものをしていただく予定の「サンフィッシュ釜石」も見てきました。

a0247584_6543269.jpg
宿泊予定の民宿「海さんぽ」

a0247584_6572779.jpga0247584_6563286.jpg
リニューアルしてとてもきれいな民宿です。

※このスタディバスツアーは、10/3(金)~10/5(日)に運行。
ただいま参加者を募集しています。





つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-07-03 18:27 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA5月便活動報告

ReVA5月便活動報告

5月23日(金)夜 北上尾駅出発

a0247584_19494146.jpg
今回は1台ハイエースをレンタルして13名で出発です。

5月24日(土)朝 陸前高田着

a0247584_19495378.jpg
牡蠣小屋で作業前の全体ミーティング。
この日は、牡蠣養殖に使用する浮を固定するためのやぐらを設置します。

a0247584_195069.jpg
まずは設置場所を確保するため、敷地内の資材の移動です。
養殖用のカゴが結構重いのですが、これをすべて移動しました。

a0247584_19501482.jpg
養殖用ロープ、単管パイプは、フォークリフトで移動しました。

a0247584_19502734.jpga0247584_19503698.jpg
フォークリフトの運転も、専門職が2人いるのでこの通り!

a0247584_20363573.jpg
牡蠣いかだ用の浮も移動。
浮は軽いため、風で飛ばないように、養殖用のカゴで囲ってからロープで固定しました。

a0247584_19511492.jpg
一旦仮置き完了です。

a0247584_19512632.jpg
資材を移動し、このように設置場所を確保しました。

そこに単管パイプでやぐらを設置。
タテ6m×ヨコ10m以上もある巨大なやぐらです。

a0247584_19513984.jpga0247584_20281564.jpg
このように、徐々にやぐらが組みあがっていきました。


一方、モビリア仮設住宅では、別のメンバーが、今回で4回目を迎える【便利屋さん】の活動を実施。
1人暮らしの高齢者の方や、普段重たいものや高いところの作業が出来ない人のために
住民の方のニーズにお応えする活動です。

a0247584_21504920.jpg
季節がら、草刈や庭木の剪定作業が多い活動となりました。

a0247584_2151545.jpg
a0247584_23211371.jpga0247584_23205627.jpg
草刈完了後の様子。

a0247584_23184489.jpg
鎌研ぎの依頼もありました。

a0247584_23195438.jpga0247584_23201080.jpg
別のお宅での草刈前の様子です。

a0247584_5521535.jpg
a0247584_5524142.jpg
草刈完了後の様子。
依頼主さんにとても喜んでいただきました。


別のお宅ではエアコンのフィルター掃除の依頼もありました。

a0247584_5555433.jpga0247584_556887.jpg
きれいに掃除して取り付け完了です。


こちらのお宅では、玄関の階段の段差を1段増やす作業。

a0247584_622860.jpg
ご高齢の足腰の弱いご夫婦には、1段の段差の違いは大きいものです。
特にここのお宅は、立地の坂の具合もあり、他の仮設と同じ1段でも
高さが急だということがわかりました。
仮設住宅には、まだまだこんな不便さの中で暮らしていらっしゃる方が多いのです。

a0247584_6443777.jpg
玄関の出入りが少しでも楽になっていただけたら嬉しいです。


もう1軒、草刈りのご依頼。

a0247584_6111972.jpg
なんといっても、ココの仮設はオートキャンプエリア!
庭が広く、草もすぐに生えてしまうのです。

a0247584_6131454.jpg
刈払機2台使って作業しました。

a0247584_6141783.jpg
a0247584_6145564.jpg
完了後の様子。

もう1軒、外国人の若いおねえさんのお宅の草刈もさせていただきました。
日本に来てまもなく震災に遭い、なれない日本語となれない仮設住宅暮らしで
彼女も気持ちがふさがっていたことと思います。
一生懸命に片言の日本語で話そうとして、もどかしそうな彼女を
すかさずフォローしたのが、ウチのメンバーのM木さん!
留学経験もある彼は、すぐにペラペラな英語で会話!
いきいきと話しはじめた彼女の笑顔が印象的でした。
これも大事な支援なんだと実感しました。

そのほかに、今月は、横田町にある仮設住宅にも数名で訪問してきました。
同じ地域に住んでいた方々がバラバラに散ってしまったこと、
小規模仮設には、支援ボランティアも来ないこと、
3年経っても、まだまだ仮設の不便さを感じながら暮らしていることなど、
お茶っこをしながらお話し、集会所の修繕などを約束して帰ってきました。


これらの作業中、上空には、こんなにきれいな 【環水平アーク】 が出現!

a0247584_6473222.jpg
なんだか得をした気分!
(地震との関連は証明されていないようです。)


活動終了後

a0247584_6492229.jpg
夕日もきれいでした。

a0247584_6503068.jpga0247584_6504174.jpg
今月も民宿吉田さんにお世話になりました。
隣でお食事中の漁師さんからの差し入れ、とてもおいしかったです。

a0247584_653258.jpga0247584_653146.jpg
誕生日のIさんへ、いつも現地でお世話になっているSさんからこんなにかわいらしいバースデーケーキ。
みんなで美味しくいただきました。


5月25日(日)朝 

今日はやぐらの仕上げと便利屋さんです。

a0247584_72613100.jpg
a0247584_6552789.jpg
a0247584_753828.jpg


a0247584_722955.jpga0247584_6555153.jpg
一旦仮置きした浮をやぐらへ移動します。

a0247584_7115759.jpg
移動完了後、全体をネットで覆い、風で飛ばされるのを防ぎます。

a0247584_7123233.jpg
最後の仕上げは6月便で行います。


モビリア仮設では、池の周りの草刈り作業。

a0247584_7131788.jpg

a0247584_7134177.jpg
初参加の大学1年生も、刈払機の扱いもマスターし
2日間大活躍してくれました。


今月も、無事に怪我なく作業を終えることができました。
6月便でも、引き続き怪我をしないよう活動を続けたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


今回の活動の様子は、陸前たがだ八起プロジェクトのブログにも掲載されています。
[PR]
by team_ageo | 2014-06-09 06:51 | 活動報告 | Comments(0)

3/1上尾雪害ボランティア(物置の解体)

2月14~15に降り続いた記録的な大雪は
上尾でもたくさんの被害がありました。

a0247584_5352475.jpg
上尾市社会福祉協議会にも、市民の方からのボランティア依頼があり、
3月1日(土)、雪でつぶれて壊れてしまった物置の解体と中の荷物の片付けに
私たちReVAが行ってきました。

まさか地元の上尾市でReVAが災害支援に関わる日がこんなに早く来るとは・・・
この日は地元メンバー6名で対応しました。

a0247584_5371224.jpg
もちろん、上尾市社会福祉協議会の職員の方が間に入ってくださり、
ご近所の方や消防団の方、民生委員さんも一緒に手伝って下さいました。
壊れた物置の材木や中に入っていた荷物を、いったん広い庭へ運び
依頼主さんの意向をお聞きしながら、手分けして分別作業も行いました。

a0247584_18375997.jpga0247584_5375060.jpg
解体後の物置の柱などは、このように小さく切断してまとめ
社協が用意してくれていたトラックに積み込みました。

a0247584_5404490.jpg
今回倒れた物置は、垣根まで大きく倒してしまい、すぐわきの路地をふさいでいました。
杭を打ち直し、木を痛めないように垣根を持ち上げてひもで結び
路地も通れるようにしました。

a0247584_5412657.jpg
解体された物置の材木と廃棄することになった荷物はトラックいっぱいになり
後日、社協職員の方が処分場に持って行ってくれることになっているそうです。

今回の活動は、いずれ身近に起こりうるであろうと想像していた災害のほんの一部を垣間見た心境でした。
これがもっと大規模で、複数のお宅からの依頼が社協に殺到したら・・・・
そして自分たちの家も被災していたら・・・・
ここ連日の秩父での雪かき活動と比べながら、いろいろ考えさせられました。

今回、依頼者さんのお宅と関わりのある地域の方々が一緒に手伝って下さっていた形は
共助の理想的な形だったのではないかと思います。
共助の部分だけで解決できるものは、なるべくご近所同士で助け合えるようにと
社協職員の方も考えてくださっているのだということも学びました。
それでも対応しきれない時、そこで初めて私たちボランティアの力が必要となってくるのです。

これからは、そんな背景も感じながら活動していこうと
改めて思いました。
[PR]
by team_ageo | 2014-03-02 23:30 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア7(2/28)報告

2月28日(金)

この日は、上尾社協から2本のツルハシの貸し出し提供があり、
参加者Aさんが、秩父のボランティアセンターに持っていきました。

a0247584_5171559.jpg
日替わりで活動に参加してきた秩父市災害ボランティアセンター
毎朝きれいに並んだ玄関のスコップに、気が引き締まりました。


この日の活動も、「独居高齢者宅の除雪」。
田舎でお年寄りも多い今回のような地域は、
ボランティアを依頼するという認識も、ボランティアセンターがどういうところなのかも
知らない人が多いそうです。
実際私たちが活動したお宅でも、
「ボランティアが来てくれることなんて今まで知らなかった」と
口々におっしゃっていました。
社協の職員さんや民生委員さんが、地域を1軒1軒まわり、声かけをし、
チラシを配り、困りごとを聞き、
緊急性のあるものから優先順位もふまえてマッチングしてくれます。
その地域と人を良く知っている人が、こうして間に入ってくださることで安心感も生まれ
私たちボランティアを信頼して依頼してくださるのです。

a0247584_618836.jpg
災害ボランティアセンターが立ち上がって約1週間。
週末の土日は、県内からボランティアバスが出て大勢のボランティアが入ったこともあり
3月になって、災害ボランティアセンターも閉鎖しました。

その後も、ビニールハウスや車庫の被害で困っている人もいたと思います。
雪解けとともに、屋根からの落雪や雨漏りで困る人も出たかもしれません。
農家の方々の被害は甚大で、県や農林水産省も、経費の助成などの支援対策も紹介しています。


3月半ば、秩父社協の職員の方々が、
お貸ししていたスコップなどを上尾社協に直接返却に来てくださいました。
ちょうど打ち合わせでその場にいたReVAメンバーにも声をかけていただき
私たちもお世話になったお礼を言うことが出来ました。

秩父社協のみなさん、県社協のみなさん、
上尾社協はじめ、応援スタッフでボランティアセンターを運営してくださったみなさん
大変お世話になりました。
[PR]
by team_ageo | 2014-03-01 20:29 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア6(2/26)報告

2月26日(水)

この日は、メンバー2名がそれぞれ電車で秩父入り。

a0247584_618979.jpg
ボランティアセンターのマッチング場所で「初めまして」のご対面をした二人でしたが
活動現場はバラバラに・・・・

男性Uさんは、昨日の継続ニーズである「裏山地区の独居高齢者宅までの道路の除雪」
女性Wさんは、「細い私道の道幅確保」や「個人宅の駐車スペースの確保」などに向かいました。

a0247584_5131536.jpga0247584_5132725.jpg
30人であと3日かかると言われていた秩父浦山地区のデンジャラスゾーン!
この日もUさん含め、大勢のボランティアさんがここに関わり、
夕方には、なんと「無事開通した」との連絡が。
しかし・・・こんなスゴイとこだったとは・・・・

a0247584_63035100.jpga0247584_6295742.jpg
右側の民家の屋根で、同じ場所だとわかると思いますが
前日の活動写真と比べてみるとこんな感じです。
思ったより早く開通してよかったですね。
これで無事にこの道の向こうにお住いの方が、軽自動車で通れるようになりました。

一方、Wさんが向かった場所は、狭い私道。

a0247584_5141759.jpga0247584_514574.jpg

a0247584_5143933.jpg
これでゴミ捨てにも行けると、喜んでくださったそうです。
そんな日常生活の些細なことも、この大雪は困難にしたのですね。

a0247584_515916.jpg
午後からさらにもう1件のニーズへ
ご高齢の一人暮らしの女性宅の駐車場確保。

a0247584_5151940.jpg
一人では大変でも、大勢でやればすぐ終わりました。

徐々に気温も上昇し、
「一度雪かきをして通れるようになった通路を
屋根の雪が落ちてまた塞いでしまった。
というお話も多く聞きました。

早く雪が溶けてくれるといいですね。


この日参加したWさんのブログは こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-02-28 23:12 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア5(2/25)報告

2月25日(火)

平日可能な5名が、この日も秩父に向かいました。

この日の活動は、
①小学校の通学路の歩道確保
②腰まで埋まる浦山地区の道作り

特にこの日の「浦山地区の独居高齢者宅までの道路の除雪」は、大変だったそうです。
携帯が繋がらない山奥。雪の深さ160cm以上!
軽自動車が通れるように、幅2mで500mほどの除雪を、30人以上で実施しました。

a0247584_5565710.jpg
入り口付近はこんなでも・・・・・

a0247584_5571498.jpg
掘り進めて行くと、どんどん雪の壁は高くなって行きました。

a0247584_5594142.jpg
ついに、そこに道があるのかどうかもわからないほど山奥に・・・・

a0247584_6211345.jpg
試しにどれだけ掘れば道路が出てくるのか掘ってみることに・・・・
右側に見えるのが民家の屋根です。
人は住んでいないそうですが、この雪の深さには驚きます。

a0247584_5111459.jpg
まるで落とし穴状態!
人がすっぽり埋まるほど掘って、やっとアスファルトの道路が出てきたそうです。
このあと、穴から出るに出られず、
スコップを足場にして脱出したとか。

a0247584_5112938.jpg
この壁の高さには驚きました。
TVの報道積雪量をはるかに上回っていました。

a0247584_65265.jpg
途中、社協スタッフの除雪機が出動するものの
急な斜面では、人の力の方が勝ったそうです。

この日は残念ながら開通できず!
30人がかりで、あと3日はかかるだろうと申し送りをし、翌日に引き継ぎました。


この日の活動に参加したOさんのブログは こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-02-27 21:10 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア4(2/23)報告

2月23日(日)

a0247584_734298.jpg
この日は,
ReVAメンバー3名が秩父入りしました。
3日交代で応援に来てくださっていた上尾社協の職員の方も
この日からまたメンバー入れ替えで、別の上尾社協の職員さんが来てくださいました。
顔なじみのYさん他、とても心強い職員の方々と一緒に活動です。

a0247584_735939.jpga0247584_568100.jpg
1階ロビーにある薪ストーブ
よく見ると、ブタの形をしています。
マッチングまで、みんなここで暖をとって待っています。

a0247584_7353499.jpg
この日のニーズは、小学校の通学路の歩道の除雪など。
さすがにこれでは歩けません。

a0247584_7193860.jpga0247584_7225257.jpg
いったい何百メートルあるのでしょう・・・
休憩を取りながら、実際はこの写真に写っている4~5倍の長さを
20人くらいのボランティアで除雪。
それでもゴールははるかかなた・・・・

a0247584_7202228.jpg
そこへ登場したのは、われらが上尾社協のY氏!
南魚沼社協さんの応援除雪機で、みるみる歩道の雪を除雪してくださいました。
さすがに早い!!!

a0247584_721375.jpg
次に向かった現場は、市街地からさらに山奥の方へ向かったこちら。
ここの歩道も果てしなく長い!

a0247584_7215693.jpga0247584_7241440.jpga0247584_7354826.jpg
みんなでいい汗かきながら、一気に完了!
これで安心して歩くことができますね。

孤立している人達は減りつつありますが、
すれ違いが出来ない道路・通れない歩道は山ほどあり、
まだまだ雪が邪魔で家から出るのに不自由している方が大勢います。
一日でも早く雪が溶けて、普段の暮らしができるように
少しでも力になりたいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-26 23:02 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア3(2/22)報告

2月22日(土)

a0247584_502150.jpg
この日は土曜日ということもあり、
100人を超えるボランティアさんが秩父災害ボランティアセンターに集まりました。

a0247584_4553953.jpg
ボラセン運営も、日々進化しており、本日から受付が1階になりました。
2階がマッチングルームとなり、黒板には本日のニーズ地区と必要人数が掲示されていました。
何よりも、各市町村社協の顔なじみの方々が、応援スタッフで運営してくださっているのが嬉しいデス♪

a0247584_4555131.jpg
加須ふれあいセンターさんからいただいていた非常用のアルファ米。
ボラセンにご相談したら、雪崩が起こったらまた孤立しそうな集落の方の非常用にいただきたいとのことで、今日は9箱450人分をお届けしました。
袋に小分けして配布されるそうです。
小分けする作業も、マッチング待ちのボランティアさんにお願いする予定だとか。
そういった作業もボランティアのひとつです。


この日のニーズは、独居高齢者宅の敷地内除雪3件。
参加者6人が2班に分かれて、午前中は2か所のお宅にお伺いしました。

a0247584_4563643.jpga0247584_457832.jpg
ここのお宅は
裏門が雪で開かず、灯油タンクのあるところまで灯油屋さんが入れないとのこと。
やはり、ご高齢のおばあちゃんのお宅でした。
屋根の雪が落ち、雪山がさらに高くなって、しかも日陰で凍ってしまっていました。

a0247584_4572810.jpga0247584_4574087.jpg
早速、今回の参加者最年少、ウチの代表の息子さんががんばってくれました。

a0247584_4585034.jpg
玄関前も日陰で凍って滑りやすくなっていました。
足の悪いおばあちゃんには危険。
融雪剤を少し撒いて、凍っていた雪もきれいに削り取り、道路までの動線を作りました。
この融雪剤、便利なのはいいのですが、植物などにはよくないものです。
庭の花壇などがある場所では、依頼主さんと相談をしながら使用するのは言うまでもありません。

a0247584_459629.jpg
一方、秩父の市街地から車でさらに奥まで行ったお宅の依頼は、
物干し周辺の除雪。

a0247584_4591985.jpg
作業はすぐに終わりましたが、ご覧のとおり、広い庭にはこんなに雪が山盛りでした。

a0247584_4593623.jpg
秩父に実家があるウチのメンバーM氏に連れられ、
昼食は秩父の名物でもある「お蕎麦」を堪能。
「寒ざらしそば」をいただきました。

秩父荒川には、「寒ざらしそばまつり」というものがあり、毎年にぎわうそうですが
この大雪の影響で、3月2日に予定していたそのイベントも中止となったそうです。

a0247584_4595953.jpg
午後は2班合流して3軒目のご依頼。
庭の外水道までの動線確保と、道路まで出る通路の増幅など。
こちらのお宅もお庭が広く、
外水道までの通路を作った際の雪捨て場所も庭の花壇の中。
かわいそうに、植木はすでにすっぽり埋まっていました。
それにかぶらないように雪を捨てて行きましたが
両サイドは、みるみる大きな山になってしまいました。

どのお宅のおばあちゃんも大変優しく、
私たちに何度もお礼を言ってくださいました。

帰りに秘湯で汗を流し帰路へ。

今回の活動の移動中にも、秩父の名産のイチゴ農家のビニールハウスの倒壊を何件も見ました。
これから春に向けて、この被害は甚大だと思いました。

おそば、温泉、果樹園など、秩父のいいところはいっぱい!
雪害にも負けず、がんばってほしいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-25 21:53 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア2(2/21)報告

秩父雪かきボランティア2日目

a0247584_631918.jpg
今日は上尾社協の資材をたっぷり積み込んで出動!です。

a0247584_633648.jpg
事前に上尾社協さんにお願いしておいた資材
・スコップ30本
・ネコ車
・スノーダンプ   などなど
昨日のうちに準備してくださっていた社協スタッフさん、留守番メンバーのみなさん、ありがとうございました。
そして、昨日「あるとよかった」と感じた融雪剤も提供しました。

a0247584_1965377.jpg
他の社協さんからも、応援資材がこんなに集まって来ていました。
県内の社協が協力してボランティアセンターを支援している様子が伝わります。

この日の依頼は、独居高齢者宅の道路の除雪1件
自宅車庫から市道まで、幅2mで200mほどの除雪というもの。
8名のボランティアで、1日がかりで行いました。

a0247584_1981767.jpg
向かったお宅がこちら。
白い家が住まいかと思いきや、そこをL字に左に曲がったさらに奥に、住まいと車庫がありました。
1人暮らしのおじいさん、車が出せないので病院で透析も受けられないと困っていたそうです。

歩いた形跡も無いような深い雪に埋もれ、
お住いにたどり着くにも足が埋まるほどでした。

a0247584_2134356.jpg
早速除雪開始!
距離が長いので、払った雪の量も半端ではありません。
雪を捨てる場所も考えてしまいました。
依頼主さんはお迎えが来て病院へ、お隣の日なたの畑のお宅はお留守・・・・
仕方なく、邪魔にならないようにと反対のお宅の竹やぶ側にばかり雪を捨てていたのですが、
少し離れた自治会の方が来てくれて
「こういう時は、両側の敷地に公平に山にしておかないと、あとあと文句が来っからよぉ~。
おいらがちょっとこっちの竹やぶの家に話して来っから~。」
と知らせてくださいました。
ご近所同士の関係も考えながら作業しなければいけないことも感じました。

a0247584_944266.jpg
日かげで凍っている場所には、ペットボトルに入れて持っていた融雪剤を少しまいて
少し溶けてから除雪しました。

a0247584_9818.jpg
一日がかりで終了しました。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-24 06:01 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア1(2/20)報告

2月14日(金)から降り続いた記録的な大雪は
翌朝の雨で、さらに被害を大きくしました。

a0247584_61525.jpg
群馬県、山梨県だけでなく、埼玉県秩父市や小鹿野町などでも災害ボランティアセンターが立ち上がり
2/20から、ReVAメンバーも秩父に支援に入りました。

通行止め・停電・断水・孤立した民家が多数ある山奥の地域・・・・
電車・バスも運休の中、早朝に雪で幅が狭くなった車道を走りながら見えた景色は
まさに雪国状態!
カーポートや物置の崩壊、ビニールハウス倒壊による農作物への被害
工場の屋根が崩れ、下敷きになった何台もの車・・・・
被害の甚大さがわかりました。

この日はReVAメンバー2名で参加し、
他のボランティアさん2名と一緒に、独居高齢者宅の敷地内の除雪を2軒受けました。

a0247584_1858863.jpga0247584_18582891.jpg
1軒目のお宅は、1人暮らしのおばあちゃん宅。
こんなに狭い路地。
人が一人通れるだけのスペースをやっと確保しただけの道路の奥にあるそのお宅の依頼は、
灯油のある物置までの動線確保と物干しスペースの除雪でした。
灯油の入った物置は、雪で屋根がつぶれ戸が開かなくなってしまったらしく、
近所のおじいちゃんが少しだけ戸が開くようにしてくださっていたそうです。

a0247584_1858567.jpga0247584_18591353.jpg
早速、玄関から物置までの通路と、道路につながる動線の除雪。
そして、玄関から物干しスペースまでの通路と、物干し下の除雪を行いました。
この地区を担当してくださっている民生委員さんも一緒に手伝ってくれました。

a0247584_18595654.jpg
ひとまずこんな感じで終了!
日当たりがいいので、すぐにきれいに溶けると思います。


次に向かったお宅の依頼は
・玄関から道路までの動線確保
・ヘルパーさん用の駐車スペース確保 でした。
聞いただけでは簡単そうでしたが・・・・・・

a0247584_1902029.jpg
駐車スペースの確保と言われた場所がここ!
ご近所の方々が除雪した雪が全部ここに集められ、こんなに高い雪山になっている場所でした。
ここに、せめて軽自動車1台が停められ、車がすれ違えるだけの道幅を確保しなければいけません。
依頼主のおばあちゃんが、ヘルパーさんも呼べず困っていたところでした。

a0247584_1911183.jpga0247584_1915444.jpg
早速除雪開始!
雪は反対側の林の中へ何往復もネコ車で捨てて行きましたが
硬く凍ってしまった部分の雪は、ツルハシで割らないと全く歯が立ちませんでした。
中の雪はふんわりと軽く、比較的処理しやすいものでした。
日陰の部分は凍ってしまっているので
少しでも融雪剤があると便利だと思いました。

a0247584_1923159.jpga0247584_192547.jpg
次に住まいの除雪です。
ご覧のとおり、門扉の上まで埋まってしまっている状態!
雪が降る前に、人が一人通れるだけの幅は門を開けておいたそうですが
これでは手押し車(シルバーカー)が通れなくて困っていました。
せめて半分くらいまで門が開けば・・・・と、必死に門を掘り起しました。

a0247584_1931535.jpg
凍って滑る玄関先から道路までも、このように除雪。
日陰はどうしても凍って滑るので危険です。

a0247584_1933366.jpga0247584_1935092.jpg
エアコンの室外機も埋まってしまうと電源が入らないなどの障害がおこります。
こうしてまわりの雪もどかしました。

お昼や作業終了後には、あたたかいお部屋にあがらせていただき
お茶やお漬物までいただきました。
本当にありがたいと感謝され、私たちも嬉しくなりました。

a0247584_196764.jpg
ボランティアセンターに戻ってきたら、
深谷社協の応援スタッフの方が、新潟県南魚沼市の社協から来た除雪機で
駐車場の除雪をしてくださってました。
さすが除雪機!あっという間に雪が飛ばされきれいになって行きます。
これで明日以降に来てくれるボランティアさんの駐車スペースが少し確保されますね。

明日も引き続き活動に入ります。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-22 05:58 | 活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 物資等提供品のお礼
at 2017-04-02 15:05
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
講習会・講演会等
イベント
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ