ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

5月便【いかだ作り】活動報告③ 5/19(土)夜

a0247584_1749207.jpg
玉乃湯温泉に入り、住田基地に到着した後は、恒例の豚汁作り。

a0247584_18445723.jpg

最後にカリカリの仙台麩を乗せて食べるのが地元の食べ方。

a0247584_18482141.jpg
ReVAメンバーFさんの地元、佐賀県の同級生の方から、今回も有機野菜の提供がありました。
なんと!玉ねぎ100個!
住田基地に宿泊しているボランティアさんにと、前回も野菜をたくさん送ってくださいました。
何日か前に届いていたそうで、みなさん食べてくださってたんですね~。
もうこれだけになっていました。

a0247584_1858994.jpg
そして今回の5月便では、今までにない参加者の動きが・・・・
なんと!どこからともなく 「ロープワーク講習会」 が始まっているではありませんか!

a0247584_19145592.jpg
現場からいただいたロープの切れ端を持ち込み、ペットボトルを丸太に見立て、
昼間教わった結び方の復習です。
今回のメンバーはすごい!
a0247584_18582693.jpg
最後に、わがReVAの代表Yさんの職場の方が作ってくれたステッカーを
みんなで分け合って、ヘルメットに貼りました。

a0247584_18584421.jpg
かっこいい!!!
明日もがんばりましょう!!!





つづく
[PR]
by team_ageo | 2012-05-30 19:15 | 活動報告 | Comments(0)

5月便【いかだ作り】活動報告② 5/19(土)午後

a0247584_1636976.jpg
午後からの作業。
本来なら出来上がったいかだに、写真のような青い 「浮き」 を取り付けるのですが、
軽トラが手配できず、離れた場所に置いてある 「浮き」 を取りに行けません。

a0247584_16364484.jpg
ほんの少しだけは 「浮き」 を取り付ける作業が出来たのですが、1回やっただけでは、ひもの結び方がよくわかりませんでした。
そこで、3班がローテーションをし、【いかだ班】【ボルト班】【ロープ切断班】それぞれが作業している合間に、結び方を教わりました。


1、いかだと 「浮き」 を結びつける方法
2、1のロープをきつく締め付けるための塩ビ管を、別のロープで結びつける方法
この2つがあるのですが、初めてなので、なかなか出来ず難しかったです。


a0247584_16402322.jpg
活動終了後、ボラセンに戻る前に、4月便で活動した畑の様子を見に行ってみました。
GWの時に、報道ステーションで特集があり、その時にボランティアさんが作っていた 「石の遊歩道」
私たちが4月の活動で掘り起こした石を敷き詰め、再利用したものです。

a0247584_1640268.jpg
私たちが耕した部分は、石で囲まれていました。
耕した部分とそうでない部分の境界線がわかるようにしたのでしょう。
畝を作ったところには、その後の雨で、石がまたたくさん浮き出てきていました。
何度も何度も石を取り除いていかなくてはいけないのでしょうね。

a0247584_1641625.jpg
水が抜けずに困っていたこの場所。
4月になんとか水を抜いて、土で埋めたのですが・・・・・・
まだまだ畑になるには、人の手が必要ですね。

a0247584_1641825.jpg
2~3段下の敷地の畑は、もうずいぶん花や作物が作り始められています。
ビニールハウスのようになっている箇所もありました。
にんじんや春菊も作ったそうですよ。

その後の畑の様子は、
この敷地の担当、陸前高田ボラセンスタッフ伊藤さん率いる P@CT のブログをどうぞ





つづく
[PR]
by team_ageo | 2012-05-30 17:42 | 活動報告 | Comments(0)

5月便【いかだ作り】活動報告① 5/19(土)午前

5/18(金)の夜に上尾を出発したReVA21名のメンバー
リピーターも多く、頼もしいメンバーで、とても安心感のある5月便でした。

a0247584_14312932.jpg
いつも早朝に立ち寄る住田町基地。
廃校になった小学校を公民館として使用し、その後ボランティアの宿泊施設として開放してくれています。
2月、3月、4月、5月とお世話になり、すっかりReVAの名前も定着しました。

a0247584_14435087.jpg
初めて撮った住田基地での集合写真!
2月に初めて利用した時は、マイナス15度。
雪に埋もれていたんです。

a0247584_1594279.jpg
初参加の人もいたので、献花台のある市役所へ
1年前のままのモノトーンの廃墟に
前日の日付の、北海道から来た中学生の寄せ書きや、真新しい千羽鶴が色鮮やか。

a0247584_1127330.jpg
この日の陸前高田ボランティアセンターは、早朝からバスが何台もならび、400人超え!

a0247584_124265.jpg
バスで矢の浦漁港へ。
車窓からみえるたくさんの丸太の山、あれが出来上がった 「いかだ」 です。

a0247584_1573432.jpg
実はこの矢の浦漁港、昨年11月末の、上尾市社会福祉協議会主催のボランティアバス第6期で活動した場所。
土嚢を作り、崩れた崖の土留めがその時のニーズでした。
当時の私たちが積んだ土嚢の上に、さらに次のボランティアさんが入り、
こんなに高く積み上げられていました。


a0247584_15153988.jpg
いよいよいかだ作り開始!
3班に分かれ、まずは 【いかだ班】
住田基地からのスーパーボランティアさん10名程が、すでに作業を始めていました。

a0247584_15143364.jpg
チェーンソーやドリルも登場。
丸太を組むために溝を作っています。

a0247584_11513296.jpg
その溝に丸太を置き、ドリルで穴をあけ、ボルトを刺してねじ止めをしていきます。

a0247584_11523488.jpg
六角ナットの平らな方が、座金にあたるように・・・(基本ですって^^;)


a0247584_1153233.jpg
下にも座金とナットがついています。
下部は、ボルトがナットからはみ出ないように注意!

a0247584_11535547.jpg
21mmラチェットレンチで締めていきます。
今回気合を入れて、myラチェットを購入したメンバーも多数!

a0247584_11551256.jpg
余った部分はグラインダーで切断。

a0247584_11554872.jpg
切断面は平らになるようにハンマーで潰しています。



作業の様子を動画でどうぞ♪


a0247584_1559969.jpg
同時進行で、こちらは【ボルト班】
作業しやすいように、あらかじめ50cmくらいのところまで座金とナットを入れておきます。

a0247584_162120.jpg
一方こちらは【ロープ切断班】
7mの長さに切断していくため、地面に刺さった棒に、まずはひたすら巻いていきます。

a0247584_1623520.jpg
全部巻き終わったら、一気にのこぎりナイフで切断。

a0247584_1625793.jpg
先端は、ほどけないように玉結びします。

a0247584_1634865.jpg
出来上がったロープの束がこちら。

a0247584_16124399.jpg
ほっかほっか亭高田松原店さんの温かいお弁当。

a0247584_16173743.jpg
のどかな海に浮かぶ多数のいかだ。
かもめが集まり羽を休めています。

いかだの上は、かもめたちの住み家。
本物の 『かもめの玉子』 もあるそうですよ♪



つづく
[PR]
by team_ageo | 2012-05-30 16:30 | 活動報告 | Comments(0)

6月便【漁業支援ボランティアバス】(上尾市社会福祉協議会事業【第1期ボランティアバス】)参加者募集

上尾市社会福祉協議会にて 一般募集開始中!

6月便【漁業支援ボランティアバス】(上尾市社会福祉協議会事業【第1期ボランティアバス】参加者募集!  




6/15(金)~6/17(日)
場所:陸前高田
参加費:7000円(宿泊代) ※学生割引あり(5000円)
一般募集人数:10名


a0247584_1321078.jpg


※今回の6月便以降のボランティアバス(牡蠣の復興再生に向けての漁業支援)については、
埼玉県上尾市社会福祉協議会の事業として実施されることが決定しました。
つきましては、今までのReVA主催のボランティアバスと、参加条件・申し込み方法等が、若干異なりますのでご注意ください。


  ◆参加内容◆
牡蠣の復興再生に向けての漁業支援


●6/15(金) 
21:30上尾市総合福祉センター集合(集金・ミーティング後出発します。)
※電車をご利用の方は、 21:00 JR北上尾駅東口集合。バスでお迎えに行きます。
自家用車でお越しの方は、イコス上尾の駐車場をご利用下さい。当日ご案内します。
車中泊

●6/16(土) 終日活動
牡蠣養殖に伴う漁業支援(いかだ作り他) (天候等により作業内容は異なりますので、あらかじめご了承下さい。雨天時は陸前高田ボランティアセンターのニーズとなります。)
昼食は希望により、現地お弁当屋さんから注文もできます。(料金別途集金します)
※夕方、現地の方の講話あり。

宿泊場所:サンマリン気仙沼温泉ホテル観洋

●6/17(日)午前中のみ活動

牡蠣養殖に伴う漁業支援(いかだ作り他) (天候等により作業内容は異なりますので、あらかじめご了承下さい。雨天時は陸前高田ボランティアセンターのニーズとなります。)

13:00ころ出発
昼食は車中にて
21:00ころ、上尾福祉センターに到着予定。
電車の方は、先にJR北上尾駅で降車となります。

※悪天候の関係で、やむを得ず活動内容の変更または完全中止になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

◆参加条件◆
◆①埼玉県上尾市在住・在勤・在学の18歳以上の方 もしくは
上尾市社会福祉協議会ボランティアセンター登録団体に所属の方

②心身ともに健康で体力に自信があり、2泊3日(車中泊も含む)の日程が可能な方
③現地でのボランティアニーズに応じた活動ができる方
④団体行動ができる方
⑤広報用として、撮影した活動中の写真・ビデオを使用することについて、同意をいただける方。



持ち物(雨天時の作業用も含む)
【服装等】
長袖長ズボンの作業着(汚れてもいい服。吸収速乾性の高い衣類がよい。)、
雨具、着替え、安全靴または長靴、セーフティーインソール(鉄板入りの中敷き)、軍手・耐油グローブ・革手袋・グリップ手袋など、帽子またはヘルメット、ゴーグル
【食料等】
昼食・夕食・移動中および活動中の飲み物(現地コンビニ等でも購入できます)
※宿泊先は1泊朝食付きです。
※昼食は地元のお弁当も注文できます。
※夕食は、ホテル内の食事処または、ホテルより徒歩数分の場所にある復興屋台村気仙沼横丁をご利用いただけます。
【熱中症対策として】
スポーツドリンク・塩あめなど
※漁港での作業となりますので、日焼け止めの必要な方は持参ください。
【その他】
ボランティア活動保険(天災タイプのものを各自最寄りの社会福祉協議会でご加入ください。)
携帯電話・筆記用具・健康保険証の写し・虫よけスプレー・ウエットティッシュ・常備薬・簡易救急セット・リュックサック・大きめのビニール袋等
※21mmの建築用ラチェットをお持ちの方はご持参ください。いかだ作りで使用します。
※釘の踏み抜き防止のため、安全靴または長靴の中に、鉄板の中敷き(セーフティーインソール)を敷いてください。
※活動に応じて、軍手・グリップ手袋等を使い分けてください。
※現地に入ると、途中でバスに戻れない場合があります。飲料水等を入れたリュックサックかウエストポーチを用意してください。

 ◆申込み受付◆
5/29(火)~6/4(月)
9:00~16:00
上尾市社会福祉協議会での電話受付となります。
048-773-7155
※FAX、Eメール、窓口等での申込は受け付けておりません。
なお、応募者多数の場合は抽選となります。


詳しくは、上尾市社会福祉協議会HPでご確認ください。

※災害ボランティア活動は、現地の負担をかけないよう、自己責任・自己完結が基本となります。
持ち物の用意も含め、ご自身の身の安全と健康管理には十分注意し参加してください。
※被災された方の気持ちやプライバシーには十分考慮し、マナーのある行動を心掛けてください。



上尾市外の方の参加ご希望や、お問い合わせは
team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)まで
[PR]
by team_ageo | 2012-05-26 19:19 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

ReVA5月便出発!

夕べ、21名を乗せたReVA5月便が、陸前高田に向けて出発しました。
今月から、『長期漁業支援』として、牡蠣の養殖いかだ作りを開始するReVA!
誰もが初めての作業に、わくわく・ドキドキです。

a0247584_4493039.jpg


今回のメンバーは、リピーターも多く、頼もしい面々!

天候に左右される作業ということもあり、天気が気になるところですが、
現在AM5時の水沢インター付近、雲は多いものの、なんとか天気も持ちそうです。

今日明日の活動、張り切っていこうと思います。

[PR]
by team_ageo | 2012-05-19 04:56 | その他 | Comments(0)

聖学院大学復興支援ボランティアチーム・スタディバスツアーのご案内

募集は終了しました。   


a0247584_12521878.jpg

(ポスターの周辺をクリックしてください。拡大されます。)

聖学院大学
ボランティア スタディバスツアー
あそびのひろば & お掃除ボランティア
in 岩手県 釜石市 鵜住居


聖学院大学復興支援ボランティアチームが、
岩手県釜石市鵜住居で、「う~の あそびのひろば」で子どもたちと一緒に遊ぶ活動のお手伝いと、自然再生のためのお掃除ボランティアを募集しています。

このスタディバスツアーには、一般の方もご参加いただけます。
(帰りは、45号線沿いを南下し、被災地各地を視察見学予定です。)

特に、上尾市・さいたま市近隣の方、学生のみなさん、
聖学院大学のチームと、ぜひ釜石へ!

詳細は こちら

参加申込書は こちら

申込用紙提出先・ご相談・お問い合わせは、
聖学院大学 ボランティア支援課
FAX: 048-781-0094
E-mail: vol-sup@seigakuin-univ.ac.jp
[PR]
by team_ageo | 2012-05-13 12:55 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

5/11(金)【北条地区竜巻災害支援】1

つくば周辺を襲った竜巻の被害は、
内陸部に住む私たちにも大きな衝撃が走った。
地震?埼玉に津波は来ないから大丈夫・・・・
ついこの間まで、そんな風に思っていた人も多かったはず。
そんな、変な安心感をも吹き飛ばすような衝撃。
津波・原発・大雪・大雨・竜巻・・・・
どこが安全で、どこが危険なのかもわからなくなってきてしまうと
陸前高田で知り合った人は言っていた。
まさにその通り!
今回の竜巻の被害は、自然の恐ろしさを改めて思い知らされた災害だった。

そこで、ReVAメンバーも、同じ関東住民としてもぜひ支援に行こうと賛同し、5/11(金)、事前調査も兼ねて、つくば入りしてみた。

a0247584_1615323.jpgつくば北条小学校付近の住宅地。
壊れた家屋にブルーシートが目立つ。
窓ガラスは全壊、瓦は飛ばされ、古いお宅は傾き崩れている。
新築風の住宅の外壁には、いろいろなものが飛ばされた時にぶつかったのだろう、突き刺さったような爪痕がびっしり!
駐車場の車のガラスもボディもめちゃめちゃに破壊され、どんな突風が吹いたのかを思い知らされる。


a0247584_1615153.jpg社協ボラセンから少し離れた北条小学校下で、OPEN JAPANが拠点を構え、社協ボラセンときちんと連携を取り、早期段階から指揮を取っていた。
支援に来ている団体には、東北支援のスキルの高いボランティアチームやその有志、つくば大学・IVUSAなどの学生団体も多かった。スタッフも、マッチングから現地リーダーの指示など、手慣れた様子で手早く行っていた。


a0247584_1654011.jpg午前中に1時間ほど活動したところは、近くの保育所。
園庭に散乱したガラ破片の取り除きの依頼だった。
この保育園も、屋根が吹き飛び、窓ガラスが割れ、子供たちはどんなに怖かったか・・・・
宝探しのように地道なさぎょうではあったが、早くこの芝生の上で裸足で走り、砂遊びを楽しんでもらいたいと、丁寧にガラス片を拾い集めた。

a0247584_163269.jpg次に向かったお宅は、敷地の広い一軒家。高台に建っているため、見下ろすとやはりブルーシートの屋根ばかり。

庭に散乱したガレキ・ガラス・割れた瓦・・・・
大きなお屋敷の窓はすべてベニヤ板でふさがれ、外壁は剥がれ、突き刺さった跡があり、大きな物置はよじれ曲がり、開けることもできない。
10人以上でひたすら庭に散乱したガレキを運び、ガラスや瓦を土嚢に詰めあっという間に背丈以上もの山になった。
杖をついたご主人と、腰を痛めている奥様が、私たちに何度も深々とお辞儀をする。
「本当に助かります。ありがとうございます。ありがとうございます。」と・・・・


a0247584_1625079.jpgよじれ曲がった物置は、電ノコを使って、物置のドアを切り取る。
中の荷物を出しているとき、「ニャーニャー」と子猫の声・・・
3匹の小さな子猫を救出!
「助かってよかったね♪」と誰もが喜び、作業の続きを行った。


物置の荷物がほとんど取り除かれたころ、ボランティアの一人がストップをかけた。
「まだ聞こえる!みんな黙って!」
静かに耳を傾けたら、かすかに弱弱しい鳴き声・・・
「いた!」
物置の床をはがした時、ぐったりと力のない子猫を救出!
かすかに息はしているけど、明らかに生死の境をさまよっている。
ダメかもしれない。でもこの小さな命を見殺しにできない。
IVUSAの学生が動物病院を検索してくれて、つくばの学生がすぐに車を出してくれた。
私はそれに乗って、弱弱しい子猫を連れて動物病院に向かった。

この子の真上で、私たちは作業を続けていたなんて・・・

時間外にも関わらず、緊急対応してくださったお医者さん。
34℃の低体温、小さな身体、すぐに温めた点滴を入れ、酸素吸入、レントゲン。
野良猫が産んだであろう子猫にも、地元獣医さんは、様々な手を施してくれた。
「しばらくうちで様子を見ておきますからご安心下さい。」という言葉に甘え、活動の続きを行った。


活動を終え、帰路につく前にもう一度動物病院に寄ってみた。
「こちらです。どうぞ。」
心臓が止まりそうな感覚で、奥の部屋に通された。

a0247584_1634151.jpg「落ち着いて眠っていますよ。」
「生きているんですか?」
「頭蓋骨骨折の可能性があるので、まだなんとも言えませんが、前頭葉の腫れも引いて、呼吸も落ち着いてますよ。」と、獣医さんはおっしゃった。

すやすやと眠っている小さな命・・・
どうかその後の経過もよくなりますように・・・・



活動終了後、近隣のお宅からも子猫がみつかり、結局8匹。
取材に来ていた地方新聞の方が、すぐに里親募集の記事を書いてくれるとのこと。
ボランティアメンバーも、一緒に里親探しをしてくれるらしい。
入院中のこの子は、Tsukuba for 3.11のメンバーの女の子が、元気になったら引き取ってくれるそうだ。


被災したお宅の片付け・・・それだけでないドラマが、あちこちにある。
[PR]
by team_ageo | 2012-05-12 21:00 | 活動報告 | Comments(0)

5月便【陸前高田ボランティアバス】参加者募集

受付は終了しました

24年度5月便【陸前高田行きボランティアバス】参加者募集!  


a0247584_8204418.jpg


5/18(金)~5/20(日)
場所:陸前高田
参加費:8000円
定員:25名



5/18(金) 
21:30上尾市総合福祉センター集合(集金・ミーティング後出発します。)
※電車をご利用の方は、21:00 JR北上尾駅東口集合。バスでお迎えに行きます。
自家用車でお越しの方は、イコス上尾の駐車場をご利用下さい。当日ご案内します。
車中泊

5/19(土) 
終日活動 牡蠣養殖に伴う漁業支援(いかだ作り他)  (天候等により作業内容は異なりますので、あらかじめご了承下さい。雨天時は陸前高田ボランティアセンターのニーズとなります。)
昼食は希望により、現地お弁当屋さんから注文もできます。(料金別途集金します)

宿泊場所:住田町基地 (寝袋をお持ちのかたはご持参下さい。)


5/20(日)午前中のみ活動
牡蠣養殖に伴う漁業支援(いかだ作り他) (天候等により作業内容は異なりますので、あらかじめご了承下さい。雨天時は陸前高田ボランティアセンターのニーズとなります。)

13:00ころ出発
昼食は車中にて(別途お弁当注文可)
21:00ころ、上尾福祉センターに到着予定。
(電車の方は、先にJR上尾駅で降車となります。集合時の駅と異なりますのでご注意ください。)

持ち物はこちら
※必ずお読みください!


※持ち物の追加:ヘルメット・日焼け止め


参加ご希望の方は、住所・氏名・年齢・生年月日・携帯電話番号・メールアドレス・緊急連絡先等を、下記までお知らせ下さい。
追ってこちらからご連絡致します。

team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)

または、http://revaageosaitama.seesaa.net/ より、申し込みフォームにてお願いします。

お問い合わせは team.ageo.saitama@gmail.com まで

主催: ReVA~復興ボランティアチーム・上尾 (上尾市社会福祉協議会登録団体)
[PR]
by team_ageo | 2012-05-05 08:45 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17
8/25(木)【台風9号】 ..
at 2016-08-25 23:16
8/24(水)【台風9号】 ..
at 2016-08-24 22:14
8/23(火)【台風9号】青梅②
at 2016-08-23 23:44
8/22(月)【台風9号】青梅①
at 2016-08-22 23:44
8/21(日)【熊本地震】活..
at 2016-08-21 23:42
8/20(土)【熊本地震】活..
at 2016-08-20 23:30
8/11(木)【熊本地震】活..
at 2016-08-11 23:22
8/10(水)【熊本地震】活..
at 2016-08-10 23:25
8/9(火)【熊本地震】活動..
at 2016-08-09 23:26
8/8(月)【熊本地震】活動..
at 2016-08-08 23:27
8/7(日)【熊本地震】活動..
at 2016-08-07 23:28
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 23:29
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 22:08
8/5(金)【熊本地震】活動..
at 2016-08-05 23:59

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ