ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

25年度【復興支援スタディバスツアー】参加者募集

募集は終了しました。

 25年度【復興支援スタディバスツアー】

参加者募集!


5月便は、通常のボランティアバスと並行して、同じ日程で別ルートの【スタディバス】を運行予定です。

作業系のボランティアからソフト面の支援に・・・・
これからの支援の在り方は、明らかに変化してきています。
また、震災から2年以上が経ち、あの悲しい記憶が薄れてきている人が多くなっているのも事実です。

2月に実施した【ReVA活動報告会】でのご来場者の声を生かし、
現地に人を送ることで被災地の活気を取戻し、
1人でも多くの方に被災地の現状を知っていただくことで、
「震災を忘れない・風化させない」ことにつなげていきたい・・・。

ReVAの25年度の新しい取り組みの第1歩として、今回のツアーを企画しました。

・体力が不安で活動には参加できないけど、被災地の現状を知りたい。
・現地にお金を落とす「経済的支援」なら、自分にもできる。
・現地に出向き、生の声・体験談をお聞きしたい。
・震災を風化させないためにも、自分の目で見て確かめて、周りの人に伝えたい。


そんな方々のために企画したスタディバスツアーです。


【日程】 平成25年5月17日(金)~19(日)

●5/17(金)21:30 JR北上尾駅東口集合・出発
   (車でお越しの方は、最寄りの有料駐車場にお停め下さい。)

●5/18(土)陸前高田市を中心に視察 (語り部つき)
   ・モビリア仮設住宅展望台
   ・ふれあい広場チューリップ鑑賞
   ・陸前高田市街地を語り部付きで視察(一本松・箱根山・震災追悼施設など)
   ・仮設商店街で買い物
   ・復興屋台村気仙沼横丁で夕食
       宿泊先:気仙沼プラザホテル(1泊朝食付)

●5/19(日)南三陸町視察、さんさん商店街で買い物・昼食
    21:00 JR北上尾駅東口着予定

※ルートは変更になる場合があります。
※詳細は、別途参加者にご連絡いたします。

【参加費】
¥21,000 ※往復バス代、高速代、保険代、宿泊代(1泊朝食付)

【募集人数】
24名(定員になり次第締切ます。) 
※中型バスを使用。座席は1人1席となりますのでご了承ください。

a0247584_12564229.jpg


【参加資格】
1、車中泊を含む2泊3日の日程に耐えられる方。
2、団体行動ができる方。
3、ホームページ・ブログ等に写真を掲載することに同意いただける方。

【持ち物】
着替え・健康保険証の写し・常備薬など、その他は各自のご判断でご用意ください。

【申込み受付】
①氏名
②住所
③性別
④生年月日
⑤電話番号
⑥メールアドレス
⑦緊急連絡先


を以下の宛先に
「復興支援バス参加希望」 と明記の上、ご連絡ください。

Mail team.ageo.saitama@gmail.com
Fax 048-725-9895
携帯 080-6556-1052(市川)


【締切】
5/12(日)22:00まで (ただし、定員になり次第締め切ります)

【お問い合わせ】
team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)まで
[PR]
by team_ageo | 2013-03-31 12:16 | スタディバス参加者募集 | Comments(0)

西上尾第2団地防災訓練に参加

3月17日(日) 晴れ。

a0247584_16332918.jpg
ReVA3月便と並行して、上尾のReVAスタッフ5名が、
この日は、 【西上尾第二団地防災訓練~西上尾第二団地自主防災連合会主催~】
参加しました。

今回初めて、この団地の防災訓練時に、ReVAの活動紹介も兼ねた展示スペースをお願いされたのです。

a0247584_1618445.jpg
8時30分より大ホ-ルで展示などの準備に手分けして取り掛かりました。

a0247584_16212317.jpga0247584_16201953.jpg
活動写真や映像の他に
各々のメンバ-が工夫したアイディアがあちこちに……


9時30分「震度6弱」の地震が発生したと想定し訓練開始。
避難誘導訓練を兼ね各自主防災会10組がグラウンドに集合。
点呼の確認には「救援物資引換券」の配布で人数の確認をする工夫がなされていました。

a0247584_16253895.jpg
又、全戸を対象に「黄色いハンカチ作戦」を実施。
これは、『わが家は大丈夫』だから『他の人を助けてあげてほしい』という目印として、道路から見える場所に掲げるもので、各棟にそのハンカチが掲げてあり、安否確認・救助活動にかかわる労力の軽減に大いに役立つ妙案でした。

a0247584_162528.jpg
当初の参加者の予定人数は200人。それが、380人に。
時節柄、防災意識の向上の現れだと感じました。

この団地は約1600世帯、住民は約6000人。
独居老人が多く30%の高齢者が占めているようで、
国全体の高齢者率(65歳以上・23.3%)をはるかに上回る日本の未来の縮図がそこにはありました。

a0247584_16292551.jpg
主催者挨拶、来賓の紹介挨拶の後、ReVAを代表して副代表浅川さんの挨拶が始まる瞬間、
“ドスッ”と鈍い音が・・・・・
訓練に参加していた70代の男性が、真後ろへ転倒。
幸い土のグラウンドであったため事なきをえましたが、
その際、心肺蘇生訓練の指導に来ていただいていた平方消防支所の皆さんが、
とっさに駆けつけてくださいました。

その中になんと、過去ReVAのボランティアバスに参加して頂いていた消防士さんが。
素早い動きは、やはりプロでした。
「時間をつくり、是非またボランティアに参加したいです。」と嬉しい言葉もいただきました。
同僚の方(ReVAメンバーのご子息のご友人)も、「参加します」と言ってくださいました。

ハプニングで浅川さんの挨拶はなくなりましたが、
自主防災会会長さんからReVAの紹介では事細やかに語っていただき、嬉しい限りでした。




訓練内容は多岐に渡っていて、この自治会組織の充実度が垣間見れました。

a0247584_16425117.jpga0247584_16431281.jpga0247584_16435743.jpga0247584_16441156.jpga0247584_16433584.jpg
・ 救護訓練…日赤による血圧測定、健康診断
・ 初期消火訓練…平方消防支所
・ バケツリレ-訓練
・ 心肺蘇生訓練…平方消防支所
・ 炊き出し訓練…トン汁
・ 救援物資訓練…引換券


災害の非常食として、上尾市では各家庭三日間分を飲料含め用意するよう指導しているそうです。
この団地では既に非常食を用意し万が一の場合直に炊き出しの準備が整えられているとの事。
意識の高さと団結した行動には驚きました。

a0247584_1645471.jpg
10時過ぎから大ホ-ルの展示スペ-スへ来場者が続々、報告会の映像もセットされ、
新たに作られた月ごとの写真には詳しい説明が書いてあり、熱心に見入る方々が。

a0247584_16452762.jpg
ビブスを着た会員が質問・説明に当たっていました。

a0247584_16454451.jpg
チラシを持ち帰る方の中には、ReVAの活動に興味をしめされる人もいらっしゃいました。
後日、ボランティアに参加してくださるかもしれませんね。

a0247584_1647182.jpg
一方、集会所玄関前のテントでは、
「手芸材料」の寄付を住民の方が沢山持ってきてくださり、てんてこ舞い。
もちろん展示スペ-スでも。

毛糸が特に多く、ほとんどが未使用の物。
大きなダンボ-ル箱にぎゅうぎゅうに詰めて4カ-トン。
その他、端切れ・和服の生地・厚手の布など、大量の手芸材料が集まり嬉しい悲鳴でした。

寄付していただいた手芸材料は、次回のボランティアバスに積み込み、
陸前高田市のモビリア仮設住宅の住民の方々にお届けする予定です。
編み物・縫い物を通じて、集会所に足を運ぶことで、住民の楽しみになってくれることを願っています。

a0247584_16464529.jpg
募金も合計で、42,613円も集まりました。
自治会で、ReVA専用の募金箱を用意して下さっていて、硬貨がギッシリ!
この重みは金額の10倍・100倍にも感じる篤い重みを感じました。
団地のみなさん、本当にありがとうございます。

集まった募金は、被災地に役立つように有効活用させていただきます。

a0247584_16472420.jpg
最後に、炊き出しの「トン汁とおにぎり」をいただきました。

役員の皆さんにはお声掛けをいただき、
また、自主防災会会長さん・同副会長さんには何かとお気遣いいただきました。

本当に感謝申し上げます。
貴重な、かつ充実した有意義な活動となりました。     (T.F)
[PR]
by team_ageo | 2013-03-20 22:34 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA3月便活動報告⑤

2日間の活動を終え、帰路につく前に、数人で仮設の集会所に向かいました。

a0247584_13143654.jpg
今回も毛糸の寄付がたくさん集まったので、住民の方々に編み物を楽しんでもらおうと届けに来たのです。

a0247584_13145665.jpg
このたびご協力いただいたのは、埼玉県川越市にある川越市立中央保育園様。

メンバーの職場であるここの園長先生にお話ししたところ、快くご協力くださり
保護者の方々にも声をかけてくれて、こんなにたくさんお預かりしました。
他にご協力いただいた方々の毛糸や布も入っています。
みなさん、本当にありがとうございました。

a0247584_13152260.jpg
先日の3.11モビリア追悼式で集まったメッセージも、壁にたくさん掲示されていました。
私たちReVAのメンバーからだけでなく、ReVAのボランティアバスにご参加いただいた方や、上尾市社会福祉協議会職員の皆様からのメッセージもありました。
住民の方々にも、私たちのメッセージが伝わってよかったです。

a0247584_13153743.jpg
みんなに癒しになってくれたら・・・と、2012年の夏に、個人的にお届けしたこの ウサギのアップリケくん
実は、2011年の暮に、上尾市内の某公園の森からひょっこり現れたウサギでした。
飼い主が放棄して捨てられたのでしょうか?
当時はガリガリでかわいそうでしたが、ここモビリアの集会所で育てていただいて、
まるまる大きくなり、みんなの人気者になっているようでよかったです。
お世話してくれてありがとうございます。

a0247584_15261734.jpg
仮設のお母さんたちが心を込めて縫っている 「およねぶくろ」
地元のお店屋さんでも販売することになったそうです。
こうしてまたひとつ、住民のやりがいにつながっていくのでしょう。


帰る途中、復興屋台村気仙沼横丁で昼食をとりました。

a0247584_13161330.jpg
春になって気候も良くなったからでしょうか?
この日の屋台村は大繁盛!
駐車場もいっぱいになり、どのお店もにぎわっていて嬉しくなりました。

a0247584_13164825.jpg
2月の活動報告会でゲストにお招きした【大漁丸】の女将、菊地幸江さんとも再会!
天気も良かったので、今日はお外でごはんをいただきました。

a0247584_13173989.jpg
マグロ船の料理長を30年も務めたご主人が作る料理は、どれも絶品!
いつもの海鮮丼も、お外で食べるとまた一段とおいしかったです。

a0247584_13172853.jpg
暖かくなって観光シーズンになったら、この屋台村もまた活気付くことでしょう。
たくさんの人が東北に足を運んでくれるだけでも、復興につながっていきます。

気仙沼のおさかなセンター駐車場では、「ReVAさんですよね?」
「2月の活動報告会に行きました。」
という横浜の男性が声をかけてくれてビックリ!
こんな偶然もあるのだと驚きました。


復興に向けてできることは、他にもまだまだたくさんあります。

私たちも、震災3年目に出来ることを皆さんと一緒に考え、
これからも引き続き活動をしていきたいと思っています。



3月便の様子は、ReVAメンバー Oさんのブログ にも掲載されていますのでご覧ください。
[PR]
by team_ageo | 2013-03-20 21:36 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA 3月便活動報告④

こちらはモビリア仮設住宅の農園。
モビリアには、カモシカや鹿やアナグマ等の野生動物が多く生息していて、
昨年の夏にはせっかく実ったトウモロコシを野生動物に食べられてしまったそうです。
昨日に引き続き、この畑にも獣害防止ネットを張ります。

a0247584_22581592.jpg

早速、作業開始。
昨年7月便で造った砂利道も、しっかりその役目を果たしているようです。

a0247584_22581641.jpg

昨日の作業と同じです。あっという間に支柱が立っていきます。

a0247584_22581745.jpg

一方、モビリア農園を拡大する作業が反対側の空き地で行われています。
土を耕す前の石を取り除く作業、可愛い助っ人も加わってくれました。

a0247584_2258208.jpg

今回お届けした手作りの「ふるい」で、早速土をふるってくれました。

a0247584_22582587.jpg

頼もしいですね。

a0247584_22582650.jpg

こちらの空き地にも、畑にしたとき野生動物が侵入しないよう獣害防止ネットを張ります。

a0247584_22582886.jpg

土から掘り出した石は砂利道に並べます。

a0247584_22583126.jpg

畑のネット張りが終わり、空き地に支柱を打ち込んだところで、本日の作業は終了しました。

a0247584_22583224.jpg

最後に皆で記念写真。

a0247584_22583316.jpg

今年の夏は、色とりどりの野菜が、沢山収穫できると嬉しいですね!


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-03-20 20:13 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA3月便活動報告③

3月18日(日) 快晴

a0247584_136919.jpg
部屋のお掃除のあと、朝食を済ませ、本日の活動場所へ!

a0247584_1364977.jpg
半分に分かれ、漁業支援班は両替漁港へ。
海からあげてきたばかりの牡蠣を、男性陣がロープから外す作業からスタートです。
この作業は、以前 10月便 でも行いましたが、今回は船の上での作業です。

a0247584_1371075.jpg
ロープについている牡蠣をナタで外していくのですが、
大きく育った牡蠣の他に、ムール貝や他の貝などが付着しているロープはとても重く
ナタで外し、カゴに入れて岸に上げるのも一苦労!

a0247584_1391267.jpg
スコップも登場し、ダイナミックに入れて行きます。

a0247584_1373826.jpg
女性陣は、その牡蠣のかたまりを、テントの中で一つ一つに分けて行く作業を行いました。
お母さんに丁寧に教えてもらうのですが・・・

a0247584_138969.jpg
初体験の人には、それはそれは難しかったです。
ひとつのかたまりに、いくつもいくつも牡蠣がくっついていて
それ以外のムール貝などを取り除きながら一つ一つに割って行くのですが、
ひとつ間違えると、貴重な牡蠣の殻まで割ってしまい、牡蠣が死んで商品にならなくなってしまうのです。
エッジの部分を傷つけないように、割って行く向きもあるのだと教わりました。

a0247584_13113918.jpg
「おかあさんごめんなさい・・・・」
何度謝ったことか・・・・
私たち素人の作業にも、「難しいでしょ?何事も経験よ~」と、笑顔で言ってくれますが・・・
こんなに大きく育った牡蠣を見たら・・・・・・^^;
ホントにすいませんでした。

a0247584_1384513.jpg
牡蠣についてくるのはムール貝だけではありません。
このオレンジ色のきれいなのはいったい・・・なに?

そう!これが、あの 【ホヤ】 なのだそうです。

a0247584_13324972.jpg
たしかにホヤぼーやの頭にも、こんな角がありましたね。

小魚やエビも一緒に付いてくるのですが、それだけではありません。
a0247584_1385763.jpg
こんなに大きな ヒトデ  も!

a0247584_1393469.jpg
ニャー!ニャー!
ウミネコたちはごちそうの「在り処」をちゃんと知っています。

「ここにおいしいエサがあるよ~!」と仲間を呼んで、小魚などをついばみにやってきました。

a0247584_13955100.jpg
船上の作業を終えた男子も牡蠣割り作業に加わりました。

a0247584_1311546.jpg
泥だらけになりながらも、一生懸命作業する若者。
いいですね~。
海なし県の埼玉では、絶対に経験できない仕事です。

a0247584_13115328.jpg
一つ一つに分けられた牡蠣を、またこの網に入れて海に沈め、
もっともっと大きく育つのを待ちます。

a0247584_13122840.jpg
半日の作業を終え、佐々木さんの話に、熱心に質問をしていた学生たち。
短い時間での初めての体験でしたが、きっと学ぶことの多かった作業だったと思います。

a0247584_13124750.jpg
最後に漁業支援班みんなで、海をバックに記念写真。

つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-03-19 21:01 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA 3月便活動報告②

ここ、陸前高田にも春が確実に訪れ、畑には野菜の新芽が土を持ち上げ顔を出しています。
その柔らかい新芽を守る為、獣害防止ネットを畑の周りに設置します。畑は二ヶ所有ります。

これはいちごの苗、上は無事だった苗、下は鹿に食べられてしまった苗です。
a0247584_0421878.jpg

これはニンニクとらっきょうの苗、本来であれば、野生動物はニンニクやらっきょうの様に
香りの強い植物は食べないそうです。
津波がもたらした塩害は、野生の動物達の食べ物も奪ってしまったのですね。
a0247584_042148.jpg

鹿がネットを越えて侵入した畑、作業前です。
a0247584_04231.jpg

畑からご自宅があった場所を見下ろした写真です。
浮きが置いてある場所に、築250年の母屋と長屋、そして蔵が建っていたそうです。
あの日、家が流されるのを畑からみていたこと、畑の間際まで水が来たので
もっと上に避難したこと、淡々とお話して下さいました。
a0247584_042349.jpg

さあ、作業開始。
壊れてしまったネットを撤去します。
a0247584_042543.jpg

畑の周りの草木を伐採して作業しやすくします。
a0247584_042536.jpg

単管パイプで支柱を立て直します。
a0247584_042692.jpg

泥出しを終えたメンバーが作業に加わってくれました。これで作業がだいぶ捗ります。
a0247584_042936.jpg

畑の草刈りをしています。
a0247584_042249.jpg

水糸を張って、曲がらないように・・・
a0247584_0421710.jpg

単管パイプの間にプラスチックの支柱を等間隔に打ち込みます。
a0247584_0421741.jpg

いよいよネットを張って行きます。
a0247584_0421973.jpg

隙間から、たぬきやアナグマが入り込まない様に、ネットをしっかり結束バンドで止めます。
a0247584_0421997.jpg

ネットが一ヶ所張り終りました。
ネットの下は、たぬきやアナグマが穴を掘って侵入してしまうので、
後で土を掘ってネットを埋めるそうです。今回の作業は石を置いて終了しました。
a0247584_0422057.jpg

もう一ヶ所も張り終りました。
本日の作業はこれで終了です。
a0247584_042218.jpg

作業が早目に終了したので、現在は仮設住宅になっているモビリアオートキャンプ場の
展望台に移動し、自治会長の千田さんに震災当日の事や、オートキャンプ場が
避難場所になり仮設住宅となった経緯をお話して戴きました。
この展望台から陸前高田市街が、高田松原が、津波に飲み込まれるさまを、目の当たりにしたそうです。
a0247584_0422273.jpg

お話を伺ううちに、さっきまで晴れていた空が、強風と降り出した冷たい雨で立っていられない程に・・・
高田松原があった場所が、白く土煙に包まれました。
それはとても不思議な感覚でした。
a0247584_0422263.jpg

「あの日もあんな風に、津波と土煙に街全体が包まれたんです。」
まるであの日と同じ光景を見ている様だったと
佐々木さんもおっしゃっていました。


今日の宿舎は、大船渡にある「県立福祉の里センター」です。
a0247584_0422480.jpg

待ちに待った夕飯(*^^*)
a0247584_0422538.jpg

大盛りカレーライス、作業後のご飯は本当に美味しい〜
a0247584_0422676.jpg

心地よい疲れとお腹がいっぱいになったことで、ぐっすり眠れました。
明日も頑張ります!


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-03-18 23:28 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA3月便活動報告①

3月15日(金)、上尾市総合福祉センターを22:00に出発した3月便。
今回は24名中18~20代が10名という、かなり若いメンバー構成。
しかも体育会系がかなり多いという、頼もしい面々となりました。

a0247584_18314811.jpg
出発前のあいさつ。
震災から丸2年がすぎ、また気持ちを新たにスタートさせようと
今回は代表の吉沢がリーダーを務めました。

初参加の方ももだいぶ居たので、
初心に戻って、基本的なボランティアの心構えや装備・注意事項の説明なども
車内で改めて行いました。

途中、真夜中のSAには、やはり他のボランティアバスは1台もいませんでした。
東北へ行くボランティアの数は、本当に激減してしまいました。

3月16日(土)晴れ。
明け方の道の駅かわさきでは、温度計が-6度を表示。

a0247584_18325331.jpg
到着が早かったので、先日戻ってきたという 【一本松】 に立ち寄りました。

a0247584_1852497.jpg
「枝の配置が以前と違っている」との住民の声で、復元作業は一時中断。
確かに、以前と枝振りが違うのがわかります。
足場に囲まれた一本松は、なんとも言えない切ない光景でした。

その後、陸前高田市沿岸部を走りながら今日の活動場所へ向かったのですが、
2か月ぶりの市街地は、さらに解体作業が進んでおり、
以前の建物がどこにあったのかさえ思い出せないほどの更地になっていました。
市役所・マイヤ・高田病院・雇用促進住宅1棟・県立高田高校・・・・
キャピタル1000も解体中でした。

a0247584_1852183.jpg
今日の活動場所に到着。
今回のニーズは、 【側溝の砂出し】 【獣害避けのための畑のネット設置】 です。

何度もこの場所で活動していたのですが
「側溝?どこにあったっけ?」・・・・・・

a0247584_18523783.jpg
「おぉ~!もしや・・・・これですね?」

a0247584_18533223.jpg
「この足元にもどこかにあるはずなんです。」
あの津波から一度も手を付けていないという側溝は、
草や石、大きな岩でふさがれていました。
どこまで側溝がつながっていたのかを、依頼主さんの記憶をたどりながら掘って行くことに・・・

a0247584_18544153.jpg
ガチガチに固まった土を剣スコップで突きながら掘って行くのですが、
なかなかはかどりません。

a0247584_18552685.jpg
大きな石がゴロゴロしています。

a0247584_18562567.jpg
女性だって大活躍!
次第に側溝の縁が出てきました。

a0247584_18564598.jpg
今回頼りになった若手学生!
掘り出した土を、どんどんフォークリフトのバケットに積みこんでくれました。

a0247584_18572984.jpg
そのころ、われらが代表は、次回のニーズのための下見。
牡蠣小屋のトイレのドアが強風で開いてしまい、衝撃でドアが壊れてしまうのを防ぐため
風よけやストッパー対策を練っているところです。
a0247584_18574751.jpg
寸法を控え、図面を起こして、次回までに作戦を練ってくるつもりです。

a0247584_18581891.jpg
その後もどんどん側溝の土を掘り出し・・・・・

a0247584_18591397.jpga0247584_18592974.jpg
予想以上に早くミッション終了!

a0247584_1944691.jpg
休憩時間には、みんな熱心に当時の話を聞いていました。

a0247584_191157.jpga0247584_1912018.jpg
今回、仮設の畑作業に使っていただこうと、代表自ら手作りの、「ふるい」を寄付しました。
手渡す前に、最後の仕上げ。
さび止めのペンキを塗っているところです。

この 「ふるい」 の材料費は、
2月16日に実施した、「今、東北の声をきこう~ReVA活動報告会~」で集まった募金の中から使わせていただきました。

a0247584_1914270.jpg
休憩が終わり、集めた土砂をならす作業は、
この若手学生メンバーの5人!
さすが若者!
18~21歳のパワーで、あっという間にきれいにならしてくれました。

a0247584_193078.jpg
そのころ・・・
山の上では、側溝の作業と並行して、別チームが畑にネットを設置する作業をおこなっていました。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-03-18 18:33 | 活動報告 | Comments(0)

得意分野

誰にでも得意分野があります。

ReVAのメンバーも、それぞれ色々な特技を持っています。

力仕事が得意、料理が得意、子供と遊ぶのが得意、作り物が得意、
PCが得意、英語が得意、ポスター制作が得意、経理が得意、整理整頓が得意・・・・

こうしてみると、ReVAメンバーは多種多彩!
社会の縮図のような団体です。

今日はその中でも
「作り物なら任せとけ!」な人物、吉沢代表が、今、熱く取りかかっているものをご紹介。

【1日目】

a0247584_2432375.jpg
   ↑
材料はこちら!
なにが出来ると思いますか?

a0247584_2445714.jpg
   ↑
それがこうなり・・・・・

a0247584_2483919.jpg
   ↑
溶接をして、さらにこうなり・・・・・・

イス? いいえ違います!

a0247584_2522262.jpg
   ↑
こうなりました。

テーブル? いいえ違います!

全部で3つ完成しました。



【2日目】

a0247584_2534448.jpg
   ↑
今度は材木を切って行き・・・・

a0247584_2535346.jpg
   ↑
それがこうなり・・・・



a0247584_254554.jpg
ジャーン!

わかりましたか?
そう!
畑の土をふるう道具なんです。

これがあれば、小さな石ころも容易にふるい分けてくれるので、
サラサラないい畑の土が出来ますね。

今年の春は、モビリアのみなさんが早く畑仕事を楽しめるように、
皆さんで美味しい野菜を作っていただけるように、
なんと!手作りさせて頂きました!
しかも市販のものを購入するより断然格安!

今週末の3月便でお届けいたします!


※こちらの材料費も、先日の報告会で皆様にいただいた募金で購入させてもらいました。
ご来場くださった方々のお気持ちを、
こうして仮設の住民のみなさまにお届けいたします。

[PR]
by team_ageo | 2013-03-12 06:00 | その他 | Comments(0)

25年度4月便参加者募集

募集は終了しました。
25年度4月便【陸前高田行きボランティアバス】
参加者募集!
 


4/19(金)~4/21(日)
場所:岩手県陸前高田市
内容:【牡蠣小屋トイレの風よけ対策、牡蠣養殖に伴う漁業支援】等(変更になる場合があります。)

参加費:¥12,000
※往復バス代、高速代、宿泊代込(食事代・入浴代別途)。


宿泊先:フレアイランド尾崎岬バンガロー

募集人数:25名
(定員になり次第締切ます。また、参加条件にそぐわない方はお断りすることがあります。)
 
※中型バスを使用。座席は1人1席となりますのでご了承ください。
a0247584_1840673.jpg


【日 程】
4/19(金)21:30 上尾市総合福祉センター集合・出発
(電車でお越しの方は、21:00北上尾駅東口にバスがお迎えに行きます。)
4/20(土)終日活動(ニーズは変更になる場合もあります。)
宿泊:フレアイランド尾崎岬
4/21(日)ニーズに応じて半日活動。21:30上尾総合福祉センター着

【参加資格】
1、18歳以上の心身共に健康な方。※未成年の参加は、保護者の承諾書が必要となります。
2、体力に自信があり、2泊3日(車中泊も含む)の日程が可能な方。
3、25年度のボランティア活動保険に加入済みの方
    (25年度の保険に未加入の方はお近くの社会福祉協議会にて加入してください)
4、団体行動ができる方
5、活動報告、広報用に活動中の写真を使用することに同意をいただける方

【持ち物】
こちらをご覧ください。
その他詳細は、参加者に別途お知らせします。

【申込み受付】
メールにて、下記の項目をお知らせください。
①氏名、
②ふりがな、
③性別、
④生年月日、
⑤メールアドレス、
⑥住所、
⑦自宅電話、
⑧携帯電話、
⑨緊急連絡先、
⑩25年度ボランティア活動保険加入の有無、
⑪集合場所までの交通手段(自家用車か北上尾駅で送迎バス利用)
team.ageo.saitama@gmail.com まで。


【締切】
4/15(月)22:00まで (ただし、定員になり次第締め切ります)
※参加条件にそぐわない方はお断りする場合がありますのでご了承ください。



お問い合わせは
team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)まで
[PR]
by team_ageo | 2013-03-11 23:55 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

モビリア追悼式

震災から2年が経過しました。

午後2時46分・・・
ここ上尾市でも、晴れ渡った青空に
隣町の防災無線のサイレンが響きわたりました。


いつもお世話になっているモビリア仮設住宅では
展望台で追悼式が行われました。

a0247584_1442313.jpg


2/16(土)に実施した【今、東北の声をきこう~ReVA活動報告会】で、
ご来場の皆様からいただいた、たくさんの募金の中から
一部をこの追悼式の献花代として寄付させていただいたことをここにお知らせします。



a0247584_159543.jpg

住民の方々にあてたメッセージもたくさん送らせていただきました。



モビリアの皆様へ

私たちは応援しています・・・・



a0247584_215434.jpg

[PR]
by team_ageo | 2013-03-11 23:52 | その他 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ