ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ReVA4月便活動報告⑤

そしてそのころ・・・・・・

われらが代表Y氏は、ひとりモビリア仮設住宅で
やり残した作業をしていました。

a0247584_7513144.jpg
まずは、3月便で寄贈した手作りの「土ふるい」
これに部品をつけ忘れていたことが判明!
溶接機持参で、その作業を仕上げました。

つづいて、去年からずーっと気になっていた「側溝のグレーチング」の修理。

a0247584_74363.jpga0247584_7502854.jpg
大型トラックか何かが乗り上げたのでしょうか?
割れて曲がってしまい、そのままにしておくと、集会所に集まる子供たちやお年寄りがつまづいて大けがしかねません。

a0247584_7442845.jpg
これも溶接機で修理したあと、サンダーでとがった縁を丁寧に磨き、
a0247584_7465380.jpg
元の場所に戻しました。

そんなこんな作業をしていたら、
事務局長のG生さんに声をかけられ・・・・・・
「実はお願いしたいことがあるんですけど~」

行って見ると、大型ベンチを撤去したあとのボルトだけが飛び出ている箇所が多数!
これも、知らないで走り回っている子供たちが転んでけがをする可能性が・・・・
a0247584_7491635.jpg
こちらは、持参していたベビーサンダーでカットしました。

なかなかの便利屋さんぶりを発揮した、わが代表でした。


牡蠣小屋に戻ると、なにやらいい臭い・・・・

a0247584_7561491.jpg
おぉ????
牡蠣です!

地元の女将のように、手際よく牡蠣を蒸しているのは、S谷さん!
ホッとプレートに牡蠣を並べてふたをするだけ!
ジュワーッと牡蠣のエキスが出て、その蒸気だけで蒸された高級な牡蠣・・・・
築地あたりで高値で取引される高級な牡蠣を、佐々木さんがごちそうしてくださいました。

a0247584_6253047.jpga0247584_6263454.jpg


初めていただくひとも、そうでない人も
もう顔は自然と緩みっぱなし!
言葉に表せないくらいの、ぜいたくな美味しさでした。

ごちそう様でした♪


さて、作業後の今夜の宿泊場所は・・・・・・

a0247584_6295718.jpg

大船渡にある「フレアイランド尾崎岬」
キャンプなどに使用できる、海が見渡せる高台の施設です。
私たちが止まったのは、8人用のバンガロー
なかなかいい場所でした。

a0247584_6292660.jpg

こちらの施設にも、中学校の仮設校舎が移転しており、
広場だったところをグランドとして使用していました。

a0247584_6325615.jpg

夕飯は会議室をお借りしてみんなで会食。
メンバーのCさんが大船渡出身ということもあり、
急きょ、お兄さんが語り部に来てくださいました。

a0247584_633873.jpg

津波が押し寄せてきた時の様子、ご自身のこと
風評被害もあって海産物が市場に出回らない現状などを改めてお聞きし、
まだまだ復興の遠さを感じざるを得ませんでした。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-04-30 01:36 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA4月便活動報告④

続いては【牡蠣小屋トイレの風よけ対策班】

以前から、海からの強風にトイレのドアが勢いよく開いてしまい、
ドア同士がぶつかったり、ドアノブや壁を破壊してしまう恐れがありました。
依頼主さんから、どのようにしたら良いかの案もふくめ
前々からご相談されていた案件でした。

a0247584_0186100.jpga0247584_0191054.jpga0247584_049849.jpg
出発前から、何度も図面作製や資材検討の打ち合わせを重ね、
事前に大事な部品加工も済ませたうえで
当日は、現場合わせで進めていくしかない、大掛かりな作業となりました。

a0247584_1754717.jpg
I橋リーダーから、段取りの説明。

a0247584_043629.jpg
3月便で実測し、手造りした補強金具をとりつけます。

なんとピッタリ! お見事!〇沢さん

a0247584_0435212.jpg
防風壁とコンクリ-トの足元にできた隙間に板を渡します。
それを受ける、これまた手作りの加工金具(〇沢さん作)に、防錆加工をしています。
サンドペ-パ-で錆を落とし、錆止め塗料を塗ります。

a0247584_0443013.jpg
単管パイプには亜鉛メッキが施されていて、直に塗装は出来ません。
下地処理(プライマー)をスプレ-し、ペンキの密着をよくする作業です。

a0247584_0464654.jpg
防風壁を支持するたて管を支え、強固に固定するため、
特注金具(これまた〇沢さん作)の位置決めです。
両脇の地面には、排水パイプ・給水パイプ・量水器があり、たて管を地中に打ち込めません。

想定していたよりも、作業は難航しました。

a0247584_127098.jpg
その金具はアンカ-ボルトでコンクリ-トに固定されます。
そのため、専用の振動ドリルでボルト用の穴をあけます。
アンカ-ボルトを穴に入れ叩き込むと、先端が広がり固定されます。

ヤル気満々のMちゃん、初めての経験です!


a0247584_0471390.jpg
現場合せのため、実測して一本一本確実に切断します。

a0247584_102732.jpg
補強金具に錆止め塗装を丁寧に施します。
ここは海岸に近く、この作業は大切です。
材料は極力亜鉛メッキの物を使用し、場合により上塗りをし錆を防ぎます。

a0247584_124969.jpg
高さの位置決めです。
慎重に行います。

a0247584_15172.jpg
高さ・垂直・建物と直角になっているか等、
水平器と「人間の目」を使い決めて行きます。
(T.F)



この日の作業はここまで。
あとは明日の午前中、どこまでできるか・・・・・・




つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-04-29 22:33 | 活動報告 | Comments(0)

25年度5月便参加者募集

25年度5月便

【陸前高田行きボランティアバス】 参加者募集!
 


5/17(金)~5/19(日)
場所:岩手県陸前高田市
内容:【牡蠣小屋トイレの風よけ対策、漁業支援またはモビリア農園の作業】等(変更になる場合があります。)

参加費:¥12,000
※往復バス代、高速代、宿泊代込(食事代・入浴代別途)。


宿泊先:フレアイランド尾崎岬バンガロー→気仙沼プラザホテル

募集人数:20名
(定員になり次第締切ます。また、参加条件にそぐわない方はお断りすることがあります。)
 
※小型バスを使用。座席は1人1席となりますのでご了承ください。
a0247584_145189.jpga0247584_149596.jpg


【日 程】
5/17(金)21:30 上尾市総合福祉センター集合・出発
(電車でお越しの方は、21:00北上尾駅東口にバスがお迎えに行きます。)
5/18(土)終日活動(ニーズは変更になる場合もあります。)
宿泊:フレアイランド尾崎岬
5/19(日)ニーズに応じて半日活動。21:30上尾総合福祉センター着

【参加資格】
1、18歳以上の心身共に健康な方。※未成年の参加は、保護者の承諾書が必要となります。
2、体力に自信があり、2泊3日(車中泊も含む)の日程が可能な方。
3、25年度のボランティア活動保険に加入済みの方
    (25年度の保険に未加入の方はお近くの社会福祉協議会にて加入してください)
4、団体行動ができる方
5、活動報告、広報用に活動中の写真を使用することに同意をいただける方

【持ち物】
こちらをご覧ください。
その他詳細は、参加者に別途お知らせします。

【申込み受付】
メールにて、下記の項目をお知らせください。
①氏名、
②ふりがな、
③性別、
④生年月日、
⑤メールアドレス、
⑥住所、
⑦自宅電話、
⑧携帯電話、
⑨緊急連絡先、
⑩25年度ボランティア活動保険加入の有無、
⑪集合場所までの交通手段(自家用車か北上尾駅で送迎バス利用)
team.ageo.saitama@gmail.com まで。


【締切】
5/13(月)22:00まで (ただし、定員になり次第締め切ります)



お問い合わせは
team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)まで
[PR]
by team_ageo | 2013-04-29 14:12 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

ReVA4月便活動報告③

ここからは、各活動班ごとのレポートを・・・・・・


【竹伐り班】

風除けの材料として竹を使用するため竹伐りの活動を行いました。
   
a0247584_571176.jpg
3月便でネット張りをした畑の近くの竹やぶで作業を行いました。
太さは10センチぐらいと頼まれていたので、手前の方からなるべく太い竹を探して切っていきました。
伐採した竹をさらに2メートルの長さに切らないといけなかったので3人で作業を分担しました。

a0247584_514244.jpg
2人が竹やぶから竹を伐採し、一人が伐採された竹を2メートルの長さに切っていきました。

a0247584_16414633.jpg
竹やぶの中をどんどん登っていき奥に入っていくのが個人的に楽しかったです。
お天気が良かったので、作業をしていて気持ちの良い汗をかきました。

3人で協力して行ったので思ったより早く終わりました。伐採した竹は全部で20本ぐらいでした。
                                                          (Y.H)

a0247584_5155028.jpg
これを牡蠣小屋のある斜面の下まで担いでおりて行き・・・・・・

竹を4分割にするのですが・・・・

a0247584_2014356.jpg
上部になにやら道具をはめ込み、少しかなづちで打ち込んでいます。

a0247584_2015543.jpg
工具で竹に4分割の割れ目が入ったら
そのまま工具ごと持ち上げ、竹全体を下へ振り下ろし
地面に叩き付けて割れ目を進めます。

a0247584_20161765.jpg
するとビックリ!
こんなにスムーズに竹が4つに割れました。

a0247584_20174111.jpg
その名も『竹割器(4ツ割)』
こんな便利な道具があるんですね。知りませんでした。
ReVAメンバーは本当に何でも持っています。


a0247584_159456.jpga0247584_15211883.jpg
スクレイパーで 竹の内側の出っ張った節やささくれをそぎ落とします。

a0247584_1510317.jpg
鋭くなったエッジにヤスリをかけ、
さらに表面の黒ずんだ竹の汚れ部分を水を付けたスポンジでこすって落とします。
                                                    (A.S)

a0247584_1524146.jpg
初参加の女性の楽しそうなこの笑顔♪
こちらまで、出来上がりが楽しみになってきます。

a0247584_15163318.jpg
こうしてできたたくさんの竹の棒、
さて、いったいどのように使われるのでしょう・・・・・・

続いてはこちら・・・・
牡蠣小屋で水を使う作業をしてビックリ!
なんと!排水管が途中で途切れていて繋がっていなかったことが判明!
急きょ排水管をつなげ、すぐわきの川に流すための土掘り開始!
a0247584_6423821.jpga0247584_6432567.jpg
するとチビッ子応援隊も参上!
一緒にお手伝いしてくれました。

a0247584_6441011.jpga0247584_6441535.jpg
頼もしい限りです!



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-04-27 23:37 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA4月便活動報告②

今回は、活動班とは別行動で、5月に実施予定のスタディバスツアーの打ち合わせも兼ねて
観光協会他、市内を回ってきました。

まずは、陸前高田市観光物産協会へ

a0247584_17584045.jpga0247584_17585779.jpg
仮設の市役所裏から、市役所正面に引っ越しをした観光物産協会の建物は
JR大船渡線BRT(バス高速輸送システム)の駅が目の前です。

JR大船渡線の気仙沼~盛間は、東日本大震災の影響により不通となっておりましたが、平成25年3月2日(土)より仮復旧として、BRT(バス高速輸送システム)の運行が開始されました。
途中このように、一般道を走るルートもありますが、
盛駅から気仙沼まで、線路だったところを舗装し、電車の代りにバスを走らせています。

a0247584_17572994.jpg
観光協会のOさん。
5月のスタディバスには、観光協会の語り部さんをお願いすることになり、市内ガイドルートを確認しました。

a0247584_1810670.jpg
ショーケースには、このように、陸前高田の物産品がたくさん!
みんなおみやげに買って行ってもらいたいものばかりです。

a0247584_18301247.jpg
道を挟んだ向かいには、大型ダンプが何台も往復していました。
ここには消防署が建つそうです。
この高台に町の主要な施設を集めるのだとか・・・・・


a0247584_18344717.jpg
続いては、この優しいまなざしのお方・・・・
気仙町にお住いの民生委員さんです。
ReVA報告会にご来場くださった大学職員の方が提供してくださったパソコンのうちの数台が
市内民生委員さんのところで活用されることになったのです。
この方、O本さんは、お話を聞くと、若いころ上尾でお仕事をされていたとのこと・・・・・
ご縁というものは不思議なものですね。

a0247584_18494248.jpg

O本さんには、気仙川がどこまで逆流し、川沿いの住宅を飲み込んでいってしまったのか、や、
現在の高田の現状や被災後の民生委員としてのご苦労話などもお伺いすることができました。

家を失い、狭い仮設に、しかも今までの住まいと違う環境で暮らさざるを得ない人たち・・・・
地域もバラバラになってしまった住民を、どう把握すればいいかが
当時は大変だったようです。

a0247584_16124046.jpg
取材場所とさせていただいたこのお店は、
高田町鳴石にある「りくカフェ」。
カフェでもあり、集会所でもあり、
毎週いろいろなイベントが行われているそうです。
去年は、ゴスペラーズもやってきたとか・・・・・
地元のお母さんたちのあたたかいおもてなしと、
地元の福祉作業所の製品や地元の方の手芸品などの販売もしている素敵なお店でした。



さて、活動場所である牡蠣小屋に戻って来ると・・・・・

a0247584_1985126.jpg
牡蠣小屋の裏手にあるトイレの風よけ対策・・・・

a0247584_1903269.jpg
わかめのシッポ切り・・・・

a0247584_1913833.jpg
風よけに使用する竹割り・・・・

a0247584_194499.jpg
そして、チビッ子たちも、下水の排水管を埋めるお手伝い・・・・・

まだまだ作業は続きます。




つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-04-26 23:50 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA4月便活動報告①

4月19日(金)
いつもの通り、22:00に上尾市総合福祉センターを出発したReVA4月便。

a0247584_1545749.jpg
今回は18名の参加です。

25年度もまた、継続してボランティアバスを運行していきます。
気持ちを新たに、今年度もがんばります。

AM4:00

a0247584_1584548.jpga0247584_1584956.jpg
いつも明け方に立ち寄る 【道の駅かわさき】
朝の気温は0℃・・・・・
4月でもまだまだ冷え込みます。

隣の写真は、過去の台風で近くの川が氾濫した時の水位を示すポールです。

1947年のカスリーン台風(5m)、
1948年のアイオン台風(3・2m)、
2002年7月の台風6号で、堤防がなかった場合の水位(1・9m)が表示されています。

台風の水害も恐ろしいですが、津波はこの高さをはるかに超えていたことになるのですね。
改めて津波の大きさを思い知らされます。

a0247584_16212358.jpg
活動場所に到着です。
いつもの牡蠣小屋。
今回は、トイレのドアの風よけ対策とわかめの出荷準備作業です。

わかめは、ちょうどこの時期が旬!
旬と言えば、出荷作業も、ここ1~2か月がピークなのです。

a0247584_16354997.jpg
まずはワカメ班。
おかあさんの説明をよく聞きながら、作業開始!

a0247584_16491190.jpg
1日目のワカメ作業は通称「しっぽ切り」をやりました。
かごに入った大量のワカメを机の上にあけ、葉の少ない不要な茎と、枯れた箇所を切り取る作業です。

a0247584_16534523.jpg
1本1本ワカメを処理していく地道な作業ですが、
しっぽ切りの終わったワカメがかご一杯になると達成感がありました。 (H・Y)


a0247584_16351771.jpg



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-04-26 22:59 | 活動報告 | Comments(0)

明治大学マンドリン倶楽部チャリティコンサート

4月20日(土)
上尾市文化センター 大ホールで
『第8回 明治大学マンドリン倶楽部 チャリティーコンサート』が行われました。

a0247584_1361550.jpg


a0247584_1383417.jpg
お話をいただいたのは2月。
毎年、東日本大震災復興支援チャリティとして実施していた今回のコンサートのご寄付を、
何に使われているかわからないまま消えてなくなってしまうより、
地元上尾で復興支援活動をしているReVAにぜひ!というお話でした。

大変ありがたいお話をいただき、
おまけにロビーで、ReVAの活動紹介ブースを出させてもらうことになりました。

4月20日(土)の当日は、ReVA4月便の活動日!
そこで、ボラバス活動班と同時進行で、地元お留守番組が対応です!

a0247584_1331633.jpg
パネル展示の準備や・・・

a0247584_1331568.jpg
ご来場者へのチラシ配布・・・・・

a0247584_1337440.jpg
モビリア仮設住宅の住民の方が作った腕抜きの販売もしました。

a0247584_13393840.jpg
壇上では、浅川副代表が寄付のお礼のあいさつ。

a0247584_13404464.jpg
そして、花束のプレゼンテーターには、ReVAのマスコットガール!5年生のかおるちゃんと
H.Oさんが担当してくれました。

a0247584_1342479.jpg

なつかしい昭和の古き良き音楽を、マンドリンが奏でる音色で聴くと
また違った印象がしたそうです。
最後は、客席のかたと全員で、東日本復興支援ソング 【花は咲く】 を大合唱したそうです。

この日の様子は、ReVAメンバーである H.Oさんのブログにも掲載されています。 



※この日の記事が、埼玉中央よみうり(5月10日版)に掲載されました。

a0247584_13505980.png
[PR]
by team_ageo | 2013-04-23 22:53 | 活動報告 | Comments(0)

報告会来場者から、ノートパソコンの提供がありました。

・・・・と言っても、ReVAが提供したわけではありません。

2月に活動報告会をさせて頂いたご縁で、ご来場者の方からメールをいただき、
大学で廃棄するパソコンを、被災地支援に活用できないか?というお問い合わせがあり、
ReVAで取次させていただきました。

いつもお世話になっていた 陸前高田市ネットワーク連絡会 
(現在は名称改め 陸前高田市まちづくりプラットフォーム
のメーリングリストを通して希望先を募ったところ、
陸前高田市民生委員様ほか、市内で活躍している数団体の方から希望連絡がございました。

早速、大学職員であるIさんとご連絡を取り合いながら受け渡し先の方との仲介をし、
4月上旬、Iさん自ら車にノートパソコン50台を積んで、陸前高田に届けてくださいました。

a0247584_17194073.jpga0247584_17193380.jpga0247584_17201078.jpg


陸前高田まで遠征し、お届けして参りました。
新品と言うわけでもないので、満足いただけたかは少々不安です。

帰路、気仙沼へ抜け復興屋台村で過ごし、翌朝、海岸沿いに石巻までドライブしましたが、
あのリアス式海岸のギザギザ一つ一つが被災地なのだと実感できました。
なんとも、大変な事だと改めて認識した次第。
良い勉強となりました。


ご提供してくださったIさんからもこのようなメールをいただきました。

いろいろなご縁があって、こうしてつながらせていただいています。

捨ててしまえば廃棄物・・・・・
こうして活用してくださる場所があって、本当によかったです。



※その後、陸前高田市民生委員さんは、このパソコンを活用し、
委員さん同士で 【第1回パソコン教室】 を実施したそうです。
[PR]
by team_ageo | 2013-04-10 17:03 | その他 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

新着情報
at 2017-03-31 23:31
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17
8/25(木)【台風9号】 ..
at 2016-08-25 23:16
8/24(水)【台風9号】 ..
at 2016-08-24 22:14
8/23(火)【台風9号】青梅②
at 2016-08-23 23:44
8/22(月)【台風9号】青梅①
at 2016-08-22 23:44
8/21(日)【熊本地震】活..
at 2016-08-21 23:42
8/20(土)【熊本地震】活..
at 2016-08-20 23:30
8/11(木)【熊本地震】活..
at 2016-08-11 23:22
8/10(水)【熊本地震】活..
at 2016-08-10 23:25
8/9(火)【熊本地震】活動..
at 2016-08-09 23:26
8/8(月)【熊本地震】活動..
at 2016-08-08 23:27
8/7(日)【熊本地震】活動..
at 2016-08-07 23:28
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 23:29
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 22:08

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ