「ほっ」と。キャンペーン
ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春のスタディバスツアー報告④

やってきたのは、南三陸町歌津にある 【みなさん館】
a0247584_23163014.jpg
地元農産物や海産物などがならび、
小さいけれどあったかい雰囲気の直売所です。

a0247584_2318614.jpga0247584_23181272.jpg
真っ先の参加者の方々の目にとまったのはこれ!

a0247584_23192522.jpg
早速その場で焼いてもらいました。

a0247584_521260.jpga0247584_523987.jpga0247584_531252.jpg
見てください!この美味しそうな笑顔!

a0247584_535781.jpg
焼いてくださっていたのもボランティアの方々でした。
LSA(東日本大震災生活支援協会)ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

a0247584_5161651.jpg
南三陸防災庁舎へ

a0247584_5164911.jpg
「あの屋上の鉄塔の先につかまってやっと助かった方、非常階段の手すりにつかまって波にのまれながらも助かった方が数名・・・・」
東松山交通のS藤社長がガイドしてくださいました。

a0247584_5202172.jpg
昼食は 【南三陸さんさん商店街】 へ。

a0247584_523442.jpga0247584_5241192.jpg
キラキラうに丼や海鮮丼を堪能しました。

a0247584_528454.jpg
おみやげもたくさん購入!
しっかりと経済的支援もしていただきました。

a0247584_5294110.jpg
石巻・東松島周辺のガイドは、S藤社長にお任せ。

a0247584_531062.jpg
『がんばろう石巻』
ここに自宅兼店舗があったというKさんらが、震災から10日後、5日間かけて作ったこの看板に
何人もの方が励まされたそうです。
今ではこうして石巻のシンボルのようになっています。

a0247584_5321463.jpg
津波と火災に見舞われた門脇小学校。

a0247584_534040.jpg
いまだに車両が山積み。
県の方針の違いか・・・
いつも見ている陸前高田市とは大違い。
地域による復興の遅れの差を目の当たりにした気持ちでした。

a0247584_5353549.jpg
野蒜小学校。
仮設や派出所、消防車も並んでいます。
津波浸水想定区域にも入っていなかったこの小学校にも、津波は容赦なく押し寄せたのです。

a0247584_5381817.jpg
高台移転のために山を切り崩し、今までの景色が一変・・・
ここまでしなければいけないのかと住民も困惑しているそうです。



こうして、ReVA企画の、初めてのスタディバスツアーは終了しました。

帰りのバスの中では
・旅行会社の復興応援ツアーにはない良さがあった。
・小さい復興商店街にも足を延ばすことができてよかった。
・ReVAの方々が、地元の人と繋がっていたからこそできるルートだった。
・またぜひ参加したい。
・帰ったら知人友人に、この被災地の現状を伝えたい。
などと、たくさんの感想をいただきました。

少しでも、震災を忘れない・風化させない気持ちになってくださったなら嬉しいです。
語り部さんはじめ、ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。



※秋のスタディバスツアーは、10/18(金)~20(日)運行です。


おわり
[PR]
by team_ageo | 2013-05-31 23:13 | 活動報告 | Comments(0)

春のスタディバスツアー報告③

5月19日(日)
早朝5:00の散歩。

a0247584_529944.jpga0247584_530082.jpga0247584_5374756.jpg
活動班の有志と一緒に
安波山の途中の駐車場まで登りました。

a0247584_1694087.jpg
気仙沼湾が一望できます。
あの日も、サンドイッチマンはじめ、ココには150人以上の方々が避難し、
壁のように押し寄せた津波が、町を破壊していく様を目の当たりにしたのです。

a0247584_16261918.jpg
朝食を済ませ、みなさん「お魚いちば」で買物をして
バスには気仙沼観光コンベンション協会の語り部さんに乗っていただきました。

観光協会の方が、「ボランティアさんの企画したスタディバスツアーとお聞きしましたので、
この方が適任と思いコーディネートさせていただきました。」と言って下さり、
津波でご主人と店舗を流されながらも、プレハブで営業を続けている
すがとよ酒店」の女将、菅原文子さんが担当してくださいました。

a0247584_16471189.jpga0247584_16404722.jpg
そしてこの日は、2人の新聞記者の方も乗り込み、同行取材を受けました。

すがとよ酒店の女将、菅原文子さんは、第2回恋文大賞の大賞を取った方です。
ご主人は1年3か月後、自宅から200メートルほどの建物の中で発見されたそうです。

a0247584_2384026.jpg
a0247584_23102875.jpg
何もなくなってしまった商店街・・・

a0247584_1944355.jpg
なにもかもなくなってしまうのがさみしくて、
どこに自分たちの家があったのかがわからなくなってしまうのがさみしくて、
こうして、小さなプレハブにのぼりを立てているそうです。

a0247584_209439.jpg
土地のかさ上げは進んでも、道路のかさ上げは事業管轄が違います。
これではどうにもなりません・・・・・

a0247584_20203744.jpg
第18共徳丸の前で黙とう・・・・・
この船の真下に見える乗用車のタイヤ・・・・
この下に犠牲者がいないことを祈りたいです・・・・

a0247584_073461.jpg
保存か解体か・・・賛否両論の共徳丸。
スタディバス参加者からも「コレは必ず残すべきだ!」という声も上がりました。
共徳丸も屋台村もなくなってしまったら、気仙沼に人が来てくれなくなるのでは・・・
そんな住民の不安もあるそうです。
人が来てくれてこそ活気が湧き、復興に近づける・・・
課題は山積みです。

a0247584_0183671.jpg
「お父さん、どこいってしまったの?」
津波に飲まれて行方不明だったご主人をずっと探し回り
やっと見つかった時のお話には、
参加者の誰もが涙・・・・・・

a0247584_0214879.jpg
この力強い文字は、菅原さんの直筆です。
お酒のラベルにもして、亡きご主人のためにも
息子さん二人とともに、小さなプレハブで酒屋を再建させています。

本当にたくさんの貴重なお話、ありがとうございました。



次に向かうは南三陸「みなさん館」


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-05-29 21:41 | 活動報告 | Comments(0)

春のスタディバスツアー報告②

昼食は大船渡の 道の駅「さんりく」

a0247584_4242689.jpg


a0247584_35341.jpga0247584_3542343.jpg
みなさん海鮮ラーメンや、めかぶ丼などを味わっていました。

a0247584_3565878.jpg
盛駅にたち寄りました。

a0247584_412238.jpg
三陸鉄道の新型車両には会えませんでしたが、
ホヤぼーやの絵が描いてあるBRTに会えました。

a0247584_435229.jpga0247584_441237.jpg
陸前高田へ戻り、ReVAの活動班が作業している牡蠣小屋に寄らせていただきました。
現在作業している図面を見せ、解説しているF海さんと、熱心に聞き入っている参加者のみなさん。

そして、前回搬入しきれなかった手芸材料も、このバスに積んできました。

a0247584_483364.jpga0247584_492141.jpg
これは、西上尾第2団地の皆様が寄付してくださった毛糸などです。
スタディバス参加者のみなさんに、積み下ろしを手伝ってもらいました。
住民の方は編み物が大好きなんだそうです。
これから暑くなる季節ですが、もう来年の冬のためにセーターを編んでいるのだとか・・・・

※この毛糸などは、モビリア仮設住宅の住民だけでなく、
八起プロジェクトスタッフの方が選別して、
近隣の仮設住宅の皆様にもお届けしてくださるそうです。



a0247584_4312827.jpg
【第2晃進丸】の大漁旗!
来月下旬に 【進水式】 が行われるそうです。
復興にまた1歩近づいた気がして、うれしいですね。


a0247584_4155770.jpg
次は、モビリア展望台で、自治会長さんから、震災時から現在に至るお話をお聴きしました。
みなさん熱心に聞き入り、たくさんご質問もされていました。
自治会長さん、お忙しい中ありがとうございました。


a0247584_4191611.jpg
そして最後に、天王前にある 【ふれあいひろば】 へ・・・・

ここは、2011年8月に、上尾市社会福祉協議会主催の 第3期ボランティアバス で活動した場所です。
そして、2012年10月に、ここの家主の佐藤さんに、
ReVAで チューリップの球根を寄付 した場所なんです。

a0247584_431942.jpg
津波でこの敷地には家は建てられません。
それならみなさんの憩いの場にしてもらおうと、
ボランティアさんと瓦礫を撤去し、パークゴルフ場を作ったり、
手作りの花壇を作ってお花を楽しんでもらう場所にしたのだそうです。

a0247584_4432247.jpg
チューリップはGWあたりが一番の見ごろだったとか。
佐藤さんは、せっかく来てくださるのだから・・・と
一番の見ごろだった時期の写真をたくさん撮っておいてくださいました。

a0247584_451357.jpga0247584_4515133.jpga0247584_511181.jpg
事務所の中には、今まで撮ったたくさんの花の写真や、関わったボランティアさんの集合写真などが飾られていました。
ReVAの写真も見つけました。
人との出会いを大切にされている方なんだなぁ~と思いました。
佐藤さん、ありがとうございました。


a0247584_4543623.jpg
そして気仙沼のホテルへ到着、ボランティアチームも合流しました。

a0247584_456050.jpga0247584_4545126.jpg
夕飯はいつもの屋台村へ。
スタディバスの参加者も、ドライバーさんも、活動班のメンバーも、
みなさんそれぞれ交流も出来たのではないでしょうか?



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-05-28 16:41 | 活動報告 | Comments(0)

春のスタディバスツアー報告①

5月17日(金)

PM21:30、JR北上尾駅集合!
今月は、通常のボランティアバスと並行して、
ReVA初企画スタディバスを運行しました。

震災から2年2か月。
被災地の現状を目で見て、感じて、伝えて行っていただきたい。
3.11の震災を『風化させない・忘れない』という気持ちにつなげていただきたい。
また、被災地にお金を落とすことや、現地に人を呼ぶことで、経済的支援にも繋がり、被災地に活気が湧くという思いからの、初めての企画です。
上尾市内外から11名の皆さまにご参加いただき、ReVAメンバー2名がスタッフとして同行しました。

a0247584_16051.jpg
今回もお世話になります「東松山交通」のバス。
この日はReVAで2台貸切!
社長さん含む4名のドライバーさん、よろしくお願いします。

a0247584_1101946.jpg
ボランティア活動班と時間差で出発しましたが、
途中、佐野SAでばったり合流!
夜中はまだまだ肌寒いです。



5月18日(土)

a0247584_121282.jpga0247584_1213891.jpg
朝の8:30頃、道の駅高田松原の駐車場に到着しました。
澄み切った青空に飛行機雲がくっきり!
さわやかな春の空と鳥の鳴き声・・・・ここが被災地だということを忘れそうです。

a0247584_1251256.jpga0247584_126233.jpg
大津波の爪痕が無残に残る「道の駅高田松原」の正面に建てられた【東日本大震災追悼施設】。
旧市役所庁舎も市民会館も取り壊されたため、
防災メモリアル公園計画が実現するまでの間の追悼の場になればと考えて作られました。
この追悼施設に使用された材料は、被災し流出した「松」が利用されているのだそうです。

a0247584_1374943.jpg
AM9:00
陸前高田市観光物産協会の語り部さんにバスに乗っていただき、市内を案内してもらいました。

本日の語り部は 『菅野コハルさん』

実はコハルさん、朝お会いして真っ先に見せてくれたのが、
上尾市のマスコットキャラクター「アッピーくん」の 【クリアファイル】。
「上尾の方が来てくださるっていうから、高田の市役所からいただいたこんなかわいいファイル持ってきたわ~♪」と・・・・・
きっと上尾市から派遣された市役所職員の方が
陸前高田の市役所に持ってきてくれていたのでしょうね。
こんなところでアッピーくんに会えるとは・・・・♪

a0247584_1401915.jpg
まずはここ、気仙中学校。
ここは、2012年2月便でReVAも活動に入った場所。
河川の瓦礫撤去をした場所です。
気仙中学校の生徒たちは全員高台に避難して無事・・・・・
「後ろを振り返るな!」
いちもくさんに高台に避難する生徒たちに、先生方はこう叫んだのだそうです。

振り返れば・・・・・そこは「地獄絵図」だから・・・・・・

語り部さんが常に口にする 『あの日、あの時.....』
「私自身も高台に逃げるのが1分遅かったら、今日、ここにはいないです」・・・・


次のガイド先に向かう途中で、にぎやかな声援が・・・・

a0247584_1524666.jpg
語り部さんの心遣いで、高田第一中学校の運動会会場にバスを停めてくださいました。

運動会ができる喜び、賑やかな子供たちの声・・・・・

「お父さん、お母さんシャッターチャンスを逃さないでください」。

a0247584_1502367.jpg

「心・技・体~新たな舞台で~」

自然と涙があふれてきました。


a0247584_157499.jpg
陸前高田駅へ向かうメインストリート
「かつてはこんなに賑やかだったんです」・・・・・

a0247584_1594246.jpg
陸前高田駅前商店街
モニュメントの跡しか残っていません。

a0247584_282078.jpg
米沢商会さんのビル
屋上の赤い線、ここまで津波が来たそうです。


ここからは、市の名勝を案内していただきました。

【海岸山 普門寺】

a0247584_2151867.jpga0247584_2155434.jpga0247584_2171056.jpg
a0247584_2173294.jpga0247584_218782.jpga0247584_2332740.jpg
「樹齢500年の杉の木」や、気仙大工製作の「三重の塔」、
津波で流された高田松原の松でつくられた「親子地蔵」など
立派なものがたくさんありました。


「気仙大工・左官 伝承館」

a0247584_2421780.jpg
釘は1本も使われていないのだそうです。

a0247584_2435298.jpg
今年3.11 神戸から分灯された「希望の灯り」が灯っています。

a0247584_2464593.jpg
途中ボランティアさんたちが 「高田松原の松の子孫」たち」 の世話をしていました。

a0247584_2535730.jpg
語り部をしてくださったコハルさん、ありがとうございました。



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-05-27 16:40 | 活動報告 | Comments(0)

25年度6月便参加者募集

募集は終了しました。
25年度6月便

【陸前高田行きボランティアバス】 参加者募集!
 


6/23(日)に船の【進水式】が実施されることになりました!
復興への第1歩である、この貴重なお祝いに参列してくださる方を大募集!
※進水式のみのご参加も大歓迎!(その際22日は市内視察ガイドをいたします。)


日程: 6/21(金)~6/23(日)

場所: 岩手県陸前高田市

内容: 牡蠣養殖ロープの手入れ・仮設住宅内施設の修繕・ペンキ塗り
     藤棚作りなど(一部変更になる場合があります。)

参加費: ¥12,000+1,000円
       ※往復バス代、高速代、宿泊代、進水式込。

宿泊先:陸前高田ドライビングスクール(マイウス・ユニウス)(1泊朝食付)


募集人数:25名
(定員になり次第締切ます。また、参加条件にそぐわない方はお断りすることがあります。)
 
※中型バスを使用。座席は1人1席となりますのでご了承ください。

a0247584_153650100.jpg


【日 程】
6/21(金)21:30 上尾市総合福祉センター集合・出発
(電車でお越しの方は、21:00北上尾駅東口にバスがお迎えに行きます。)
6/22(土)終日活動または陸前高田市内視察
    宿泊:陸前高田ドライビングスクール(1泊朝食付)
6/23(日)ニーズに応じて半日活動。21:30上尾総合福祉センター着

【参加資格】
1、18歳以上の心身共に健康な方。※未成年の参加は、保護者の承諾書が必要となります。
2、体力に自信があり、2泊3日(車中泊も含む)の日程が可能な方。
3、25年度のボランティア活動保険に加入済みの方
    (25年度の保険に未加入の方はお近くの社会福祉協議会にて加入してください)
4、団体行動ができる方
5、活動報告、広報用に活動中の写真を使用することに同意をいただける方

【持ち物】
こちらをご覧ください。
その他詳細は、参加者に別途お知らせします。

【申込み受付】
メールにて、下記の項目をお知らせください。
①氏名、
②ふりがな、
③性別、
④生年月日、
⑤メールアドレス、
⑥住所、
⑦自宅電話、
⑧携帯電話、
⑨緊急連絡先、
⑩25年度ボランティア活動保険加入の有無、
⑪集合場所までの交通手段(自家用車か北上尾駅で送迎バス利用)
team.ageo.saitama@gmail.com まで。


【締切】
6/17(月)22:00まで (ただし、定員になり次第締め切ります)


お問い合わせは
team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)まで
[PR]
by team_ageo | 2013-05-27 00:53 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

ReVA5月便活動報告②

18日(土)〜夜〜

5月便の宿は気仙沼プラザホテル。

夕飯は「復興屋台村 気仙沼横丁」に行きました。
韓国料理「デジコンジュ豚姫」さんで待っていてくれたのは、
この屋台村でお友達になった〇川さん、昨年9月以来です。

a0247584_147025.jpg


もちろん「大漁丸」にも伺いました。

a0247584_147182.jpg

この屋台村が11月で無くなってしまうのはさみしいけれど、
復興に向かって前進している。っていうことですよね!


5月19日(日)晴れ

気仙沼プラザホテルを5時に出発して安波山まで散歩に出かけました。
けっこう急な登り坂、この山道を「あの日」大勢の人が駆け上がって行ったのでしょうか…

途中、満開の八重桜、気仙沼の街はすっかり変わってしまったけど、
この八重桜は変わりなく毎年この時期、咲き続けているのでしょうね。

a0247584_1464779.jpg


早朝散歩のメンバーです。

a0247584_1464874.jpg


安波山中腹にある駐車場に着きました。ここは3.11地震の後、
お笑い芸人のサンドイッチマンが避難していた場所です、
ここからは気仙沼の街が一望できます。

a0247584_147231.jpg


8:30 作業場所に着きました。

今日は、先にウキの移動をしてしまいましょう。
今、ウキが置いてある場所から牡蠣小屋の敷地内に移動するのですが、
量が多いうえにこの黒いウキ、けっこう重いです。

a0247584_1465723.jpg


2tトラック1台と軽トラ2台で、何往復もして運びました。

a0247584_1465936.jpg


一方、トイレの風よけ&目隠し作業は、だいぶ出来上がってきました。

a0247584_147326.jpg


トイレの間仕切りも完成間近

a0247584_147521.jpg


強度を増すために、単管パイプを繋げます。

a0247584_147778.jpg


全体はこんな感じ。

a0247584_147811.jpg


トイレの間仕切り&風よけ対策 完成〜

a0247584_147935.jpg


目隠し&風よけ対策 完成〜

a0247584_1471192.jpg


4月〜5月の2ヶ月かけた「牡蠣小屋トイレの風よけ対策作業」ついに完成!

尚、制作費の一部は、皆様からお預かりした支援金を使わせて頂きました。
ご支援くださいました皆様、どうも有難うございました。



a0247584_147142.jpg



終わり
[PR]
by team_ageo | 2013-05-24 20:08 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA5月便活動報告①

5月17日(金) 22:00

5月便は11名で出発しました。
今日から19日(日)まで、陸前高田市に行って来ます。

a0247584_18254481.jpg

4月便で完成出来ず心残りだった「牡蠣小屋トイレの風よけ対策作業」が、今回の活動で完成するよう、
バスの中でも念入りな打合せをしました。

a0247584_18254519.jpg


翌18日(土) 7:30作業現場に到着
今回の作業は、トイレの風よけ対策作業の他、大量のウキを移動する作業があります。
「今月もよろしくお願いします」

a0247584_18254697.jpg


トイレの風よけと目隠しのために竹を使います。
丁度いい太さの竹は前回ほとんど伐採してしまったので、もっと上まで登って竹林の奥に入ります。

a0247584_1826429.jpg


伐採した竹の枝葉をその場で落として運びやすくしていきます。
皆で黙々と・・作業に集中し30本ほど伐採しました。

a0247584_1826310.jpg



枝葉を落とした竹を下ろし、作業場所に運ぶのも一苦労です。

a0247584_1826069.jpg


a0247584_11423748.jpg



その頃、牡蠣小屋トイレの作業場では、設計図を基に作業手順を確認中。
強風でトイレのドアが勢いよく開いてしまわないように、
トイレの左右と男子トイレ女子トイレの間に仕切りを造ります。

竹を使うのは作業班〇橋リーダー(左)のアイデア、材料費が節約できてお洒落な間仕切りになります。
そこで、デザインにこだわる〇木さん(右)、
今日のために竹垣を沢山リサーチし、設計図を何枚も用意してきました。

a0247584_1826824.jpg

牡蠣小屋が建っている土地は、津波で流されてしまった建物があった場所。
単管パイプを打ち込むにも、石やガレキが邪魔をして思うように穴を掘ることが出来ません。

a0247584_18261019.jpg


何とかガレキのない箇所を探して、単管パイプを打ち込み始めます。
早くしないと間に合わなくなってしまいますから・・・

a0247584_18261448.jpg

こちらでは女子チームが打ち合わせ、〇木さんが作業手順とデザインを説明しています。

a0247584_18261574.jpg

飲み込みが早い女子チームは早速作業開始。
ReVA女子チームの集中力は凄いです。
手際良く次々竹を切り揃え洗浄し、手が触れても怪我をしないようヤスリで節を滑らかにします。

a0247584_1142373.jpg

a0247584_18261693.jpg


風よけ&目隠し用の枠が出来上がりました、後は竹を結びつけていきます。

a0247584_18261852.jpg

a0247584_18262122.jpg

シュロ縄でしっかり結びます。

a0247584_18265314.jpg

間仕切りも、1/4に割った竹を一本一本釘で打ち付けていきます。

a0247584_18265535.jpg


本日の作業は終了。

来月、進水式を迎える「第二晃進丸」の大漁旗の前で記念写真を撮りました。

a0247584_18265882.jpg


「第一晃進丸」は津波で流され破壊してしまいました。
沢山の養殖イカダや漁船が流され、
壊滅的な被害を受けた漁業者の中には、漁業を諦めた方も多いと聞いています。
そんな中で「第二晃進丸」の進水式が行われる・・・・・
大変な投資ですが、希望が見えますね〜嬉しいです!


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-05-23 18:49 | 活動報告 | Comments(0)

24年度 物資等提供品のお礼

日頃より、ReVAの活動にいつも温かいご支援をいただき、誠にありがとうございます。
大変遅くなりましたが、24年度1年間に、みなさまからいただいた物資等のお礼を
この場をお借りして申し上げます。

24年度に頂戴しました支援物資等を掲載させていただきました。(順不同)


【被災地のための物資等提供品】
 
 ・聖学院大学ボランティアチームSAVE様 布など手芸材料
 ・上尾きたはら幼稚園様  ゆかた・帯など多数
 ・株式会社ウチダ様  米120kg
 ・編み物サークル アミティ様  毛糸多数
 ・千葉県八千代市 M・S様  毛糸の靴下等多数
 ・西上尾第2団地様  布・毛糸等の手芸材料多数
 ・大船渡市出身 W・M様 毛糸
 ・川越市立中央保育園様 毛糸
 ・さいたま市 T・I様  ノートパソコン50台

 
※その他、多くの方々から、布や毛糸などの手芸材料をいただきました。
これらはすべて、陸前高田市内の多数の「仮設住宅の方々の
サークル活動などに活用していただくことになっております。


【ReVAのための物資等提供品】
 ・上尾市社会福祉協議会様  飲料・お菓子・湿布等多数
 ・東松山交通様  飲料
 ・飛鳥ツーリスト様 飲料
 ・埼玉県和光市 M・M様  お菓子
 ・埼玉県上尾市 H・Y様  マスク
 ・埼玉県上尾市 T・C様  飲料
 ・埼玉県伊奈町 S・M様  グリップ手袋
 ・埼玉県鴻巣市 S・I様  長靴
 ・埼玉県川越市 T様  ReVAステッカー・表札
 ・埼玉県上尾市 A・W様  コピー用紙、CD-ROM、ヘルメット、カセットコンロ等
 


皆さまの温かいご支援、ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2013-05-17 14:58 | 支援物資のお礼 | Comments(0)

埼玉県社会福祉協議会広報誌「S・A・I」に掲載されました。

先日、埼玉県社会福祉協議会の広報誌「S・A・I」の5月号に掲載されました。

a0247584_12124254.png


埼玉県社会福祉協議会の広報誌「S・A・I」は、
毎月、さまざまな分野の著名人による社会福祉に関する旬な話題や、
地域の福祉活動情報などを掲載しています。

a0247584_127349.jpg

3月の取材の様子。

陸前たがだ八起プロジェクトの事務局長、蒲生さんの記事も掲載されています。

小さくて読みにくい方は、近々、こちら にもアップされると思いますので、お楽しみに。



どうも数日前に、ブログが膨大なアクセス数を記録したのは、そうか・・・このおかげだったのですね~(笑)
[PR]
by team_ageo | 2013-05-17 12:19 | 取材・新聞記事 | Comments(0)

24年度 募金・活動支援金のお礼

日頃より、ReVAの活動にいつも温かいご支援をいただき、誠にありがとうございます。
大変遅くなりましたが、24年度1年間に、みなさまからいただいた募金・活動支援金のお礼を
この場をお借りして申し上げます。

24年度に頂戴しました募金・活動支援金等を掲載させていただきました。(順不同)

  ・川越市 M.T様
  ・上尾市 H.B様
  ・上尾市 M.F様
  ・〇〇クラブ様
  ・市内ボランティアサークル様
  ・上尾市立大石中学校生徒会様
  ・西上尾第2団地様
 


皆さまの温かいご支援、ありがとうございました。
[PR]
by team_ageo | 2013-05-08 22:40 | 募金・活動支援金のお礼 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
【台風9号】青梅①
at 2016-08-23 06:44
8/21(日)【熊本地震】活..
at 2016-08-21 23:42
8/20(土)【熊本地震】活..
at 2016-08-20 23:30
8/11(木)【熊本地震】活..
at 2016-08-11 23:22
8/10(水)【熊本地震】活..
at 2016-08-10 23:25
8/9(火)【熊本地震】活動..
at 2016-08-09 23:26
8/8(月)【熊本地震】活動..
at 2016-08-08 23:27
8/7(日)【熊本地震】活動..
at 2016-08-07 23:28
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 23:29
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 22:08
8/5(金)【熊本地震】活動..
at 2016-08-05 23:59
ReVA7月便活動報告
at 2016-07-31 23:43
7/31(日)【熊本地震】活..
at 2016-07-31 23:28
7/30(土)【熊本地震】活..
at 2016-07-30 23:59
7/19(火)【熊本地震】活..
at 2016-07-19 23:55
7/18(月・祝)【熊本地震..
at 2016-07-18 23:55
7/17(日)【熊本地震】活..
at 2016-07-17 23:59

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ