ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

南相馬第2便 活動報告②

ReVAメンバー8名中7名が竹やぶと格闘している一方で
実は1人だけボラセンに残り、急きょ内勤事務を引き受けることに・・・・・

a0247584_19202295.jpg
この日は常連の内勤スタッフも不在。
センター長も日中は現場の見回りなどで不在になります。
全ての事務作業を1人でこなさなくてはなりません。
実はここでの内勤は初めてではなく、個人参加で何度もここのボラは経験しているので
朝の流れや前回の内勤を思い出しながら、事務仕事を進めて行きました。

a0247584_19204034.jpga0247584_1920535.jpg
震災当初から何度も拠点を移しながらも、息の長い支援を続けようと
小さなボランティアセンターからスタートさせたMセンター長。
少人数の内勤スタッフでも、また万が一スタッフが不在でも、
回していける運営方法が随所に見受けられました。
ニーズごとに活動者の付箋が貼られた依頼書は、現場リーダーが自分でコピーをし、
軽トラのカギを借りてその日の活動に向かいます。

a0247584_1921474.jpga0247584_19211859.jpg
1か月(31日分)の引き出しには、事前マッチング済みの依頼書が入っています。
棚には2年8か月もの活動報告書がびっしり!
机の上にも、マッチング待ちの依頼書が山ほどありました。
それだけニーズが多い場所だということです。

ですが、それと同時に、 『保留』 や 『不可』 の引き出しにも依頼書がいっぱい。
というのも、やはり中には、放射線量が多くボランティアを送り込めない場所もあり
やむなく 『作業できない』 という結論を出さなくてはいけないということなのです。
当然、ボランティアの安全も考えなくてはいけませんから・・・・。

a0247584_19213682.jpg
それでもこうして少しずつ、日中の滞在者が増えてきたことで
去年の夏からコンビニカーも営業。
昼休みにボラセンに戻って来たボランティアや、近所の方たちが買い物に来ていました。

朝の受付から始まり、住民の方からの電話での作業依頼や、来所者のボランティア派遣のご相談、
ボランティア希望者からの相談や申し込みの電話、FAXでの団体申込み、
作業現場からの電話、保険の手続きなどなど
この日1日だけでも、内勤の仕事は本当にたくさんありました。
ボランティアセンター運営の大変さを実感しつつ、
かなり貴重な勉強をさせて頂いたのは言うまでもありません。

夕方、作業を終えたメンバーと合流し、この日の活動は終了。
お風呂に入り、夕食は原町のラーメン屋さんへ。

そしてこの日の宿泊場所がこちら → 南相馬市原町区初の仮設ホテル ホテル叶や
これがまた快適な素晴らしいところでした。

a0247584_1459253.jpg
フロントはこちら
見るからにプレハブの仮設です!

a0247584_14595055.jpg
長~い廊下もこの通り。
A、B、C、D と分かれる入口が奥まで並び、

a0247584_150124.jpg
私たちはDの入り口へ!

a0247584_1502440.jpg
ココから先はこの通り!
長く続くきれいなホテルの廊下です。

そして客室がこちら!!

a0247584_1505629.jpg
全てシングル。
TVやエアコン、冷蔵庫なども完備した快適なお部屋でした。

a0247584_1512412.jpga0247584_1513531.jpg
a0247584_1515058.jpga0247584_1524126.jpg
洗面所、コインランドリー、食堂もご覧のとおり!
お風呂もあるのですが、こちらは防犯上、男性限定だそうです。


そして翌朝・・・・・・・

11月24日(日) AM6:00

a0247584_15325245.jpg
早朝散歩に行った女子メンバー
火力発電所の入り口まで行ってきたようです。

a0247584_15341043.jpga0247584_15342331.jpg
朝7:00過ぎ、ホテルを出発しました。


a0247584_15401555.jpga0247584_15403030.jpg
「今日で震災から989日。間もなく1000日を迎えます。」
南相馬市社会福祉協議会の門馬会長さんからのお話で朝礼が始まり、それぞれの活動場所へ。

この日は半日だけの活動を引き受け、小高駅近くのお宅のお宅へ。
依頼内容は、生垣の伐採と木の枝おろしとのことで、
チェーンソー・トリマー・枝切りばさみ・二連梯子・トン袋などを軽トラに積み、依頼者宅へ向かいました。

a0247584_15482670.jpga0247584_15491862.jpg
早速、生垣班は作業開始。
「あと3年は帰れないから、手入れしなくてもいいように、バッサリと切っちゃってください。」
もうすぐ80歳になるというシャキッとした明るい依頼主さんでしたが、
「毎日通いながら、1人でここまでは片付けてみたんだけど・・・・」と、先が不安そう。
広いお住まいや庭も見せていただきましたが、こちらも到底おひとりでは大変な作業です。

a0247584_15594612.jpg

庭木の枝おろしは、本当は全部で3本あったのですが、
一番高い木は、さすがに私たちボランティアの範疇を超えていました。

お断りすることも必要です。
それだけは、本職の庭木職人さんにお願いした方がいいとお話をし、
可能な木だけ、枝おろしをさせていただきました。
途中休憩では、またまたたくさんの差し入れをいただき、
依頼主さんから色々なお話も聞かせてもらいました。

a0247584_1655538.jpga0247584_1661812.jpg
半日作業はあっという間。
生垣の伐採も終わり、道路周辺の後片付け。

a0247584_1675189.jpg
最後に依頼主さんにごあいさつ。
ひとりひとり握手をしたら、依頼主さんの目に涙が・・・・・・
「みなさん、本当にありがとうございました。」と、深く深く頭を下げてくださいました。

いつも思うのは、
「お礼を言いたいのは、いつも私たちの方です」ということ・・・・・・

どこの地でも、毎回こうして、依頼主さんは私たちにお礼を言って下さいます。
私たちは、それだけのお手伝いができていただろうか・・・
少しでもお力になれただろうか・・・
そんな問いかけは、震災当初から今も変わらずにいます。
元気をもらえているのは、いつも私たちの方です・・・・・・

a0247584_16252886.jpga0247584_16254336.jpg
帰りに『道の駅南相馬』に立ち寄り、
いつも浪江焼きそばの大量注文でお世話になっている駅長さんにごあいさつ。
「今年のB-1グルメグランプリで優勝した浪江焼きそばの売り上げは
おかげさまで急上昇です。」と、とても嬉しそうでした。
道の駅も、以前よりもはるかにお客さんが増えているのがわかります。
名物の「凍み天」を食べ、帰路へ。

a0247584_16275232.jpg
途中、高速のSAで、 「チーム東松山」 のメンバーとバッタリ遭遇!
東松島でのボランティア作業の帰りだったそうです。

a0247584_1628473.jpg
無事、北上尾駅に到着。
スキルアップにもなった今回の活動
みなさん、おつかれさまでした。
[PR]
by team_ageo | 2013-11-28 23:56 | 【南相馬】活動報告 | Comments(0)

南相馬第2便 活動報告①

11月22日(金) 21:30 北上尾駅東口

a0247584_1725626.jpg
【南相馬第2便】は、8名のメンバー、乗用車2台で向かいました。
見送りの方々、ありがとうございました。

11月23日(土) 早朝

a0247584_173207.jpga0247584_1735145.jpg
a0247584_1734138.jpg
道の駅南相馬で朝日が昇るのを待ち・・・・・・
小高区にある 【南相馬市ボランティア活動センター】 へ出発!

a0247584_1742946.jpg
早速、うわさのマスコットネコのチロちゃんとご対面。

a0247584_18153075.jpg
毎朝恒例の、センター長直々の朝礼。

近隣にあるもう一つのボランティアセンター(社協ボラセン)が
除染工事のため1月8日までお休みのせいか、
この日のボランティアは150人を越えていた様子。
冬仕様になった待合場所には入りきれないほどでした。
ベテラン勢のリピーターが多いここのボラセンですが、
おそらくここに集まる人々は、東日本大震災後の原発事故で警戒区域となったこの場所が、
その後解除されたあとも、『このままではだめだ人手が足りない』と感じ、
毎回、毎回、幾度と無くここに戻り、ボランティア活動をしている方々なのだろうと感じました。

まずは感謝状の贈呈式。
「ReVA復興ボランティアチーム上尾!吉沢則雄殿!」
「え・・・・?なんでなんで?????」

a0247584_1751055.jpg
ビックリした代表ですが、彼も震災当初から南相馬に何度も足を運んでいたボランティアの一人です。

a0247584_1752451.jpga0247584_1753877.jpg
団体としても嬉しい限りです。
センター長、ありがとうございました。


さて、ReVAがマッチングされた現場は・・・・・・

『家の敷地を囲んでいる沢山の竹を伐採してほしい』との依頼。
警戒区域がやっと解除されたとはいえ、伸びきった草や竹・・・
個人だけの手でははかどるはずがありません。
なかなか除染作業も進まない現状。
草刈りや竹の伐採をするだけでも、除染効果があります。

センター長曰く
『チェーンソーではなく、刈り払い機で竹を切ってください。絶対に切れます!!!』
『生えた竹は、全部刈れる量ではありませんが、できる限り多く刈る様に勤めてください!』とのこと。
刈り払い機を7台。チェーンソーを1台。
その他もろもろ必要機材をボラセンで借り、軽トラに積込み、作業現場へ向かいました。

普通『刈り払い機』は草を刈るもの。
たぶんメンバー全員、説明を聞いているこの段階では
『そんなに太くなくて背丈も低い竹だろう』と思ってました。

ところが現地に到着すると・・・・・・

a0247584_177269.jpg
家の敷地の外回りに生えた竹たちは、高さ10メートルを軽く越え、
直径10センチ以上の太さがごろごろと連なる、まるで森のような竹林。
『これでは切れないと思う・・・・』
メンバーがもう一度ボラセンに戻り、資材を交換してくることに。

その間、他のメンバー達は、伐採されていた木の枝を拾い1ヶ所にまとめたり、
敷地内の落ち葉などを収集して彼らの戻りを待ちました。

しばらくして戻ってきましたが、資材はさっきと同じ・・・・。
どうやら、センター長の助言で
『刈り払い機で竹を切りなぎ倒す方法』を教えてもらってきた。との事。

a0247584_1941099.jpga0247584_1942282.jpg
刈り払い機の刃も新品に交換してきたというので気を取り直し、
初めて使う人には、代表からきちんと安全講習を受けて作業開始。
今回は特に、100%自己管理・自己責任に基づいて作業を行うという意識を忘れず
安全に、慎重に作業を進めました。

a0247584_1912888.jpga0247584_1914113.jpg
歩道から下まで降り、間にある側溝をまたいで、竹が生える斜面まで行きました。

a0247584_195611.jpg
側溝には、枯れて倒れた竹なども散乱しています。

a0247584_195202.jpga0247584_1953216.jpg
斜面での伐採作業。
自分の立ち位置と竹を倒す方向も確認します。
勾配が少しきついので、足元にも気を付けながらの作業です。
斜面に斜めに生えた竹もあり、木の根や石などの障害物もあるので、慎重に行いました。

a0247584_1954834.jpg
刈り払い機で叩き、なぎ倒した竹

a0247584_196236.jpg
昼休み
午前中は汗だくになったので、日陰でお昼休憩。
家主さんから缶コーヒーなどの飲み物の差し入れを沢山いただきました。
とても美味しかったです!

a0247584_196152.jpga0247584_1962917.jpg
午後、作業再開。
午前中に倒した太い竹を、適当な長さでカットしていきます。
もちろんこれも『刈り払い機』を使用。
刃の向きを縦に持ち替えて断裁、枝もカットし、別の場所へ運び積み上げました。

a0247584_1965932.jpga0247584_1971330.jpg
一時、歩道が全てなぎ倒した竹と切り落とした枝で覆われてしまったので
こちらも通れる様に片付け、掃除も行いました。

a0247584_1974048.jpg
だいぶ片付いてきた状態。
でも、写真右上の影になってる部分は、まだ沢山生えている竹の茂みです。
残りは次のボランティアに引き継ぎます。

a0247584_1975442.jpga0247584_198753.jpg
運びもれや、忘れ物がないかを確認。
歩道も片付いて、元のように通れるようになりました。
左側が、残りの竹やぶです。

a0247584_1982345.jpga0247584_1983526.jpg
側溝に落ちていた竹や木の枝も拾い、作業終了。

今回の作業で、全体的に約1メートル程、竹やぶの中に進みましたが
まだまだ沢山生えている状態です。
家主さんの希望が少しでも早く叶えられる事を願います。

a0247584_1984819.jpg
午後の西日が少し傾きかけた、美しい田園風景。
本当に美しい風景でした。
震災前は、たくさんお米が採れたのでしょう・・・
なぜかとても懐かしい風景に目頭が熱くなりました。

この美しい風景は決して忘れはしまいと心に刻み、
あの事故がなければ・・・・と改めて強く思いました。

(A.S)



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-11-27 23:57 | 【南相馬】活動報告 | Comments(0)

台風26号~伊豆大島での活動

11月13日(水)~14(木)と
ReVAメンバーのY子ちゃんが、台風26号の被害に遭った「伊豆大島」で活動をして来ました。
そのレポートが届きましたので掲載します。

-----------------------
【充実した2日間 ~in伊豆大島~ 】

11月の13日(水)と14日(木)の2日間、
大島の社会福祉協議会のボランティアセンターで活動してきました。
ニーズ内容は大半が床下や庭の泥出し。
平日でしたが沢山のボランティアさんが来ていました。
全国から沢山の方が応援に駆け付けているんだなぁと感じるとともに、
その一人としてここにいることを嬉しく思いました。

私は2日間の活動で床下の泥出し、砂利の運び出し、側溝の枯れ葉除去、家屋の壁の清掃をやりました。
一緒に活動した方たちは、東北でのボランティア活動の経験がある方や
今回初めてボランティアに参加しますという方、
私のように個人で参加されている方、ご夫婦で参加されている方、
団体で参加されている方、地元の方など様々な方がいらっしゃいました。
こうしたボランティア活動をしていて毎回感じますが、
今回も沢山の人の力が集まると大きなパワーになって困難なことも乗り越えられるなぁと感じました。

床下の泥出しなどは家屋全体が泥で埋まってしまい、
1人で泥を出すには多くの時間がかかり大変な重労働ですが、
沢山の人が集まって行えば1人よりも短時間で1人分の負担は少なくて済みます。
同じ目的を持って集まった様々な方と一緒に活動して汗を流すのは本当に気持ちがいいです。

今回の活動では地元の方とお話しできる機会もありました。
地元の方は皆さん、温かくて笑顔が素敵でした。
2日目の午前中に活動した依頼主さんのお宅ではご家庭で収穫したサツマイモの蒸かしたものを頂きました。
皮の色が薄茶色のものと一般的な紫色のものと2種類あり、どちらもとても美味しかったです。
ご主人が大島のお祭りのことや大島の人の暮らしについて話して下さいました。

私は今回初めて大島を訪れました。
コンビニが一つも無いことに驚きましたが、海が綺麗で地元の方が温かくて
とても素敵なところだなぁと感じました。
海は土砂や瓦礫が流れてしまい汚染されてしまった部分があり
これから取り除かなければいけないと地元の方がおっしゃっていました。


地元の方がもとの生活に戻るまでにはまだまだ時間がかかりますが、
少しでも早く大島の町に笑顔が溢れ地元の方が明るく元気に過ごせる日々がくることを願います。

大島で出会った全ての方に感謝の気持ちを込めて。 (Y・H)

a0247584_6111179.jpg
[PR]
by team_ageo | 2013-11-24 06:07 | 活動報告 | Comments(0)

上尾シティマラソンに参加しました。

11月17日(日)

晴天の中、上尾シティマラソンが開催されました。

a0247584_18375368.jpg
小学生から一般まで、3km、5km、ハーフと、
毎年8000人もの方が出場しています。

ゲストには、今年も公務員ランナーの「川内優輝さん」!
(残念ながら今年は、トップ集団に紛れてシャッターチャンスを逃す!)

ReVAメンバーからも、5km1名、ハーフ5名が出場しました。

a0247584_18423139.jpga0247584_18424799.jpga0247584_1844843.jpg
往路5km付近。まだまだみんな快調です!

a0247584_228485.jpga0247584_2255529.jpg
途中、一番きつい難関では、ReVAののぼり旗を掲げての応援もありました!
隊長の背中には、(見えにくいですが)今年も東北へのメッセージ「大好き!東北!」の文字が・・・・

a0247584_1941830.jpg
復路。先頭集団は速い速い!

a0247584_18434483.jpga0247584_18432510.jpg
17km付近。
がんばれ~~~~~♪


そして・・・・・・


a0247584_1931870.jpg

あれ?


a0247584_1961966.jpg

あれれ?

a0247584_199119.jpg
まさかのタイムアウト・・・・

実は、15km地点での関門では、
制限時間が1時間45分を過ぎた人は、そこでタイムアウト!
強制収容となるらしいのです。
あとで話を聞くと、わずか数秒遅れと数分遅れ・・・・・

でもいいんです。

背中につけた「大好き!東北!」のゼッケンを見て、
追い越しながら「東北がんばれ!」と声をかけてくれたランナーがいて
とても嬉しかったと言っていました。

「来年は、もっといっぱい練習してリベンジします!」と言ってくれました。

関門でリタイアされた方々が何人もいたその場所は、給水ポイントでもなく、
ただ息を切らせたまま座り込み、収容バスを待っている人ばかり。
それを見かねた応援メンバーが、すかさずペットボトルの水を調達して
みなさんに差し入れました。

お礼を言いながらバスに乗る人たち・・・・
完走できず残念だったけれど、みなさんとてもいい笑顔を返してくださいました。

a0247584_1912945.jpg
みんなお疲れ様でした。

来年も走りましょう♪
メッセージを伝えるために・・・・

東北に届くように・・・・
[PR]
by team_ageo | 2013-11-17 17:22 | イベント | Comments(0)

25年度12月便参加者募集

募集は終了しました。
たくさんの参加申し込み、ありがとうございました。


25年度12月便

【陸前高田行きボランティアバス】 参加者募集!
 


日程: 12/13(金)~12/15(日)

場所: 岩手県陸前高田市

内容: モビリア仮設住宅【便利屋さん】 
       (畑の整地作業・換気扇掃除・窓ふき等)
     牡蠣養殖いかだの浮きの整理 等
     ※12/14(土)夕食は、牡蠣小屋にて忘年会を行います。

参加費: ¥15,000円(ReVA正会員は1000円引き)
       (往復バス代・高速代・宿泊代) ※食事代・忘年会費用は別途

宿泊先: 霊泉玉乃湯(大広間・素泊まり)  ※ふとんはあります。


募集人数:24名
(定員になり次第締切ます。)
 
※中型バスを使用。座席は1人1席となりますのでご了承ください。


a0247584_149198.jpga0247584_1521757.jpga0247584_154342.jpg


【日 程】
12月13日(金)21:30 上尾市総合福祉センター集合・出発
(電車でお越しの方は、21:00北上尾駅東口にバスがお迎えに行きます。)
12月14日(土)終日活動。 夕飯は牡蠣小屋で忘年会。
12月15日(日)半日活動。21:30上尾総合福祉センター着

【参加資格】
1、18歳以上の心身共に健康な方。※未成年の参加は、保護者の承諾書が必要となります。
2、体力に自信があり、2泊3日(車中泊も含む)の日程が可能な方。
3、25年度のボランティア活動保険に加入済みの方
    (25年度の保険に未加入の方はお近くの社会福祉協議会にて加入してください)
4、団体行動ができる方
5、活動報告、広報用に活動中の写真を使用することに同意をいただける方

【持ち物】
こちらをご覧ください。
その他詳細は、参加者に別途お知らせします。

【申込み受付】
メールにて、下記の項目をお知らせください。
①氏名、
②ふりがな、
③性別、
④生年月日、
⑤メールアドレス、
⑥住所、
⑦自宅電話、
⑧携帯電話、
⑨緊急連絡先、
⑩25年度ボランティア活動保険加入の有無(天災Aタイプ以上のもの)、
⑪集合場所までの交通手段(自家用車か北上尾駅で送迎バス利用)
team.ageo.saitama@gmail.com まで。


【締切】
12/9(月)22:00まで (ただし、定員になり次第締め切ります)


お問い合わせは
team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)まで
[PR]
by team_ageo | 2013-11-14 22:28 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

あげお産業祭で広田湾の牡蠣を出店!

11月9日(土)

あげお産業祭が、市民体育館&ゆりがおか公園で開催されました。
今年で40回目となるこのイベントに、市役所市民安全課Kさんのプロデュースによって
念願の陸前高田の牡蠣を出店できることになりました。

a0247584_22393487.jpg
朝8時集合で出店の準備。

a0247584_0595958.jpga0247584_112398.jpg
クール便で届いた牡蠣500個と、隊長手作りのこの鉄板セットを搬入!

a0247584_22401276.jpg
1箱に100個入っているこの発泡スチロールの箱の中身を見てください!
この大きな牡蠣!
海なし県埼玉の上尾で、こんなに大きな牡蠣をその場で食べられる機会は滅多にありません!
陸前高田の広田湾牡蠣と言えば、築地の市場で最高値を記録するほどの高級品です。
今回はこの大粒の牡蠣を、蒸し牡蠣にしてご提供しました。

a0247584_22513047.jpg
10時の開始時間を待たず、牡蠣の美味しい香りに誘われ、瞬く間にこの人だかり!

a0247584_22503622.jpg
それもそのはず!この美味しそうな湯気!

a0247584_230251.jpga0247584_22535367.jpg
あっという間に長い行列ができ、最後尾にお手伝いスタッフが立ち誘導するほどに。

a0247584_22551921.jpg
蒸しあがった牡蠣の食べごろは、叩いてみると音でわかるのだそうです。

a0247584_0292850.jpg
手早くナイフを入れ、どんどん牡蠣を剥いていく地元漁師さん!
このイベントのために来てくださった、陸前高田市小友牡蠣組合の若手漁師
佐々木さんと吉田さんの手さばきはかっこよかったです。

a0247584_2373316.jpga0247584_2382664.jpg
ReVAスタッフも大忙し!

a0247584_23165836.jpg
モビリアまつりで毎年一緒に活動している玉川大学の学生さんと
びびんずの若者も、はるばるご来場してくださいました。
MくんとSくん、どうもありがとう。

a0247584_031539.jpga0247584_1381299.jpg
開始から1時間で200個が売れ、12時前には最後の1箱に・・・・・
列の最後尾には、早々と「完売」の文字を持ってスタッフが並びました。

a0247584_1481563.jpga0247584_22571458.jpg
最後の牡蠣は、プロデューサーのK氏がふるまってくれました。

a0247584_029744.jpg
遠路はるばるお手伝いに来てくれたメンバーたち!
今までの漁業支援で関われた牡蠣を、こんなに美味しくいただくことができ、
本当にうれしい日となりました。

a0247584_054727.jpg
「明日は牡蠣やらないの?」というご来場者の問い合わせも多数あった中で、1時には完売閉店!

a0247584_1542557.jpg
お手伝いスタッフや、ReVAに関わってくださった方々のご来場、総勢30名以上!
「来年は1000個だね」「牡蠣だけでなく、ホタテもやろう!」
「来年は鉄板2個にしよう!」などなど、
来年のあげお産業祭の目標もでき、また楽しみが増えました。

a0247584_0312635.jpg
夜は、若手メンバーが打ち上げ企画をしてくれて
上尾まで来てくださった佐々木さん吉田さんと一緒に親睦会。


そして翌日・・・・・・

11月10日(日)

この日は玉川大学の学園祭へ!

a0247584_033931.jpg
モビリアまつり以来、すっかり交流が出来た玉川大学太田ゼミ。
この日、玉川大学の卒業生でもあるReVAメンバーのMさんが行ってきてくれました。

a0247584_0333077.jpg
引っ張りだこの佐々木さんは、ここでも学生たちとの講演&座談会。

a0247584_0334321.jpg
今年は、モビリア仮設住宅の住民、大工さんの富男さんも来てくださったそうです。
「富男さん最高でした!」との感想。
学生たちも、すっかり住民の方々と絆が深まったようです。


みなさん、ありがとうございました。


------------------------

(吉沢代表より)

今回のお祭りで、佐々木さんの牡蠣は凄い行列となってました。
ほぼ一人勝ちの様で、「あっ!と言うまの売り切れ!」でした。

思えば筏作り~ロープ~株分け等のお手伝いをさせてもらい、
本当にごくごく一部ですが、お手伝いに参加した時を思い出して感動しました!

以前、活動したお宅の前を2年ぶりに通った時に、
生活されている様子が伺えた時も、凄い感動をしましたが、
今回のお祭りの光景は幸せな気持ちにもなりました。

今までの活動に参加・後方支援された全員に感謝でいっぱいです。

このお祭りに「陸前高田」を呼んでくれて、「牡蠣出店」を実現してくださった上尾市を
改めて好きになりました!!

これからもよろしくお願いします。

-------------------------
[PR]
by team_ageo | 2013-11-11 20:58 | イベント | Comments(0)

ReVA11月便活動報告③

11月4日(祝) 小雨混じりの曇り空

a0247584_1773121.jpg
早朝、鈴木旅館を出発し、まずは牡蠣小屋へ・・・・・・

a0247584_1775047.jpg
朝いちばんにやってしまおうと決めた作業は、
海に沈める時の重りにするための、このサンドバッグに砂を詰めるというもの。
これを100袋!みんなでやればすぐ終わります。
ただし、シャベルが足りません。

a0247584_17112724.jpg
シャベルがなければ作りましょ♪
ペットボトルをこうして切って・・・・・

a0247584_1712397.jpg
ほらこの通り!

a0247584_1718283.jpga0247584_17184290.jpg
入口から砂が出ないようにギュッとしばり、ヒモの先もそろえて結びます。

a0247584_1719092.jpg
いい大人が丸くなってみんなで砂遊びみたい♪
なかなか楽しい作業でした。

あっという間に終了したところで、自治会長さんがビデオを見せてくれました。

「鹿島アントラーズの小笠原選手の奥様の実家が陸前高田で、
そのご実家の方が撮影した津波の映像があるから見てみるかい?」とのこと。
それは、私たちが陸前高田で活動した当初から聞いていた、
広田半島を真っ二つに分断したという津波の映像でした。

a0247584_17313137.jpg
それは、Youtubeなどで公開されている見慣れた津波の映像をはるかに超えた
恐ろしい流れでした。
瓦屋根の古いたたずまいが並ぶその街並みを、
真っ黒い濁流が、いくつもいくつも波を作って襲って来ました。
逃げる人たち、飲まれる家々・・・・
怖くなって涙が出ました。


その後、モビリアに移動し、12月に行う便利屋さんのチラシのポスティング。

a0247584_17353616.jpga0247584_17354742.jpg
チビッ子たちも手伝ってくれたり、出てきてくれた住民の方とおしゃべりをしたり・・・

a0247584_17492522.jpg
たくさんおしゃべりして、何件もまわれなかった人もいましたが
それでもいいんです。
思う存分お話するのも大事な活動ですから。

a0247584_17504222.jpg
ポスティングをしている時に、津波に飲みこまれた時の状況を話してくださった方がいたそうです。
「真っ黒な汚れた波の中で目にバイ菌が入り、
両目が真っ赤に腫れ上がり開かないほどだった。」
「瓦礫が足に刺さってきた。」など、
つらかった思いを、涙目になりながら話してくださったそうです。

a0247584_17555944.jpg
昼、今回の活動は無事終了。

a0247584_17584460.jpg
ここで、2台に分かれ、先に帰る3名は、未来商店街で昼食をとり帰路につきました。

a0247584_17592559.jpga0247584_17593650.jpg

一方、もう1台の3名は大船渡へ。

a0247584_1816093.jpg
8月に上尾で上映した映画 【先祖になる】 が、待望の地元気仙で上映されるとのことで
佐々木さんご一家と一緒に観に行ってきました。

a0247584_18164079.jpga0247584_18165214.jpg
ロビーで池谷監督にごあいさつをし、
直志さん、剛さんとも握手してもらいました。
とてもフレンドリーな直志さん、その手のひらの厚さは
「やはり、日々鍛えられた木こりの手だった」と、握手をした代表が言っていました。

a0247584_18214031.jpg
a0247584_18215776.png
会場は熱気にあふれ、600人以上の方のご来場があったとか。

上映中の反応は、上尾のそれとは大違い!
「埼玉と客席の反応が全然違うよぉ~!」
上映終了後の第一声がこれでした!
笑いも、涙も、感動のため息も、すべて何十倍もの反響でした。

時折、私たちにはわからない笑いが・・・・
「え?なんでここでみんな笑っているんだろう・・・・」
それは、地元の方にしかわからない方言・・・・・
そんな地元ならではの「ウケどころ」も随所にあり、
地元での上映会だからこその反応なんだな~と思いました。

a0247584_1312273.jpg
上映後の舞台挨拶では、終始爆笑の渦!
直志さんの役者ぶりが、ここにも現れていました。
「マネージャーの剛です」と笑いを取った菅野剛さん、
「今日直志さんがここでしゃべってることは、ほとんど僕がシナリオ考えました。」で、また爆笑!

「あたりまえのことをしているだけ」。
震災が起こる前も、起こった後も。
ただそれだけなんです・・・・・

a0247584_13294429.jpg
同じ被災した方々も、当然今も仮設に住んでいる方々も、
この客席には大勢いらっしゃったと思います。
そんな客席からも大きな拍手が鳴りやまず、
私たちも、なんともいえない感動の空気に包まれました。

a0247584_13292513.jpg
ひとりひとりに見送りをしてくださった監督・直志さん・剛さんたち・・・・
最後にうちのメンバーのA子とハグをした直志さんが
「いやぁ~、元気もらったぁ~♪」と笑顔で答えて下さいました。


今回の活動は、今までのような体力勝負の活動ではありませんでしたが、
得るもの、改めて考えさせられるものが多かったように思いました。


池谷監督のこの日のコメントは こちら (Facebookより)

※8月17日に、上尾で実施した 『【先祖になる】上尾上映会』 のアンケート結果は こちら



おわり
[PR]
by team_ageo | 2013-11-11 16:42 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA11月便活動報告②

一方、モビリア仮設住宅では・・・・・・・・・

a0247584_1419726.jpg
北集会所で「モビリア文化祭」が行われているとのことで行ってまいりました。
この鉢植え、奥の鉢をご覧ください。
よ~く見ると、「寄せ鍋セット」になっているのだそうです。
長ネギ、春菊、大根などなど・・・・
楽しいアイデアですね♪

a0247584_1446263.jpg
八起プロジェクトの取り組みが掲示されている中に、
ReVAと一緒に活動した写真も何枚か貼っていただいてありました。
子どもたちとのペンキ塗り
おばあちゃんやチビッ子たちとのバス企画
昨年の上尾での活動報告会の一コマなどなど・・・・

住民の方々の本格的な作品の数々はこちら
   ↓   ↓   ↓
a0247584_14464965.jpga0247584_14472554.jpg
a0247584_14473572.jpga0247584_14474897.jpg
a0247584_1448563.jpga0247584_14482380.jpg
上尾から寄付した布や毛糸たちも、こんなに素敵な作品になっていました。
とても嬉しいです。

a0247584_14485144.jpg
集会所の真ん中には、お茶っこスペースも。
早速声をかけてくださり、お茶っこにお呼ばれしました。
明日仮設の方々に配布する「便利屋さんチラシ」を見て、
「また便利屋さんしてくれるの~?嬉しいわぁ~。」
「高いところの窓ふきとか、換気扇掃除とかしてくれるのよ~あなたのとこもお願いしなさいよ~」
「ウチは夏に草刈りしてもらったよぉ~」と、PRまでしていただきました。

a0247584_14483579.jpg
モビリア農園で採れたじゃがいもや、花束のようなきれいな唐辛子、
おみやげに購入させてもらいました。


牡蠣小屋に戻ると・・・・・

a0247584_1514784.jpg
お父さんやお兄さんたち、昼間から何かを作っていたようです。

a0247584_15142776.jpg
この障子紙のような巻物は、グラスファイバー(ガラスの繊維)で出来ています。
FRP加工されたこの製品は、主に船舶や家のベランダ、浴槽などに使われていて
防水効果があります。

a0247584_15141583.jpg
これをベニヤ板に張り付けて、この牡蠣小屋で防水効果のある壁を作るのだとか・・・・・
いろんな作業を手作りで、夕方までがんばってらっしゃいました。

そしてこの日の活動終了。

a0247584_15285087.jpg
黒崎温泉に行ったことがないというメンバーのために
とっておきの展望台へ・・・・

a0247584_1529287.jpg
ちょうど夕日がきれいな時刻!
見てください!この、絵にかいたような夕日!

ちょうど広田町の若い漁師さんがいらしたのでお話をお聞きしました。

a0247584_15485066.jpga0247584_15483433.jpg
「地震の後、津波が来る直前の引き潮はハンパじゃなかった。
あそこに見える椿島まで潮が引き、海底が見えた。」とおっしゃっていました。

------------------------------------------------------
椿島は、陸前高田市の広田湾沖約1キロに浮かぶ、
面積2,050平方メートル、高さ約35メートルの無人島です。
かつてはその名のとおりヤブツバキやクロマツなどが繁茂していましたが、
現在ではウミネコ数千羽の営巣地となって、ほぼ裸島になってしまいました。
昭和9(1934)年、ウミネコ繁殖地として国の天然記念物に指定されています。
------------------------------------------------------


a0247584_161454.jpg
黒崎温泉でお風呂に入り、鈴木旅館でミーティングがてら夕食。
翌日に備え、ゆっくり寝ました。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-11-08 06:29 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA11月便活動報告①

11月2日(土) 21:30

日中の上尾市消防本部での上級救命講習のあと、
6名のメンバーで陸前高田に向かいました。

a0247584_18502762.jpg
久しぶりに会うメンバーもお見送りにきてくれました。

道中の峠は気温3℃。
途中タヌキも出現!

a0247584_18544582.jpg
11月3日(日)
早朝の陸前高田。
朝日がとてもまぶしくいい天気に恵まれました。

a0247584_1973694.jpg
いつも活動の時は、現場との往復だけでしたが
前回のスタディバスツアーで、陸前高田の良さをもっと知るべき!との声が・・・
そこで今回は、小回りが利く自家用車ということもあり
広田半島が一望できる【箱根山】で朝日を見ることにしました。

a0247584_18552167.jpg
だいぶ日は登ってしまいましたが、
海に反射した朝日がとてもきれいでした。

a0247584_1856742.jpg
「あれがモビリアだろ?」「あっちが牡蠣小屋だ」
「気仙沼や金華山も見える」
初めてここに登ったメンバーは、その景色の良さにビックリ!

a0247584_18563483.jpg
でも、眼下はこの通り・・・・
津波で真っ二つに寸断された広田半島。
なにもなくなってしまった平野が、ただ茶色く広がっているのです。

a0247584_1905425.jpga0247584_1903124.jpg
紅葉もきれいな時期
震災前は、ただただ美しい景色だったことでしょう。

a0247584_193597.jpg
山を下りて行った途中には、高田松原の松ぼっくりから芽を出した子孫たちが
こんなに大きく育っていました。


a0247584_2431995.jpga0247584_2414151.jpg
牡蠣小屋に到着すると、
倉庫の中には、たくさんの発泡スチロールの箱とプールの中のたくさんの牡蠣。

a0247584_2451386.jpg
いよいよ牡蠣のシーズン到来!
この日から牡蠣の出荷が始まるとのことでした。
サイズごとにプールに入っているこの牡蠣が
全国各地のお店のオーナーさんや消費者の元へ届けられるのです。

a0247584_13573222.jpg
早速、代表は専門分野での作業開始!
牡蠣小屋オープンに向けての、蒸し牡蠣用の鉄板の残りひとつを溶接しはじめました。

a0247584_4332534.jpga0247584_4344839.jpg
他のメンバーはこちら。
今日のお手伝いは、このロープを、このように切って結ぶ作業です。
牡蠣の稚貝がついたホタテの殻を、このロープに通し、
それを別の長いロープにたくさん通して、海で育ててゆくものです。

a0247584_16204840.jpg
本当は、積んであった浮きが台風で崩れてしまったとのことで
この浮きの整理をする予定でしたが、次回に持ち越し!

a0247584_4413588.jpg
こうして巻いてあるロープを2mの同じ長さにし・・・・・・

a0247584_12574178.jpg
ナイフの形をしたハンダゴテのようなもので溶かして切って行きます。
カッターで切ると、撚ってあるロープがほどけてしまうので、
こうして溶かしながら切り、固まってくっつくのでほどけないのです。

a0247584_4443923.jpg
片方を輪にして、もう片方は玉結びをします。

a0247584_1313286.jpg
地元の漁師さんとおしゃべりをしながら、椅子に座ってひたすら結ぶ作業。
こんなまったり感も、時にはいいものです。


a0247584_13142185.jpg
一方、今回の自走便の目的のひとつに、
2月に実施する「第2回ReVA活動報告会」の登壇者のご依頼というのがありました。
今年度のReVAの活動で出会った方々の中のおひとりとお会いしようと
高台にリニューアルオープンした 「キャピタル1000」 に行ってみました。

a0247584_1333863.jpg
千昌夫がオーナーだったことで有名なキャピタル1000。
以前は、このように海のすぐそばにありました。
(2011年7月撮影)

a0247584_1315186.jpg
津波で破壊された旧ホテルは、今はすでに取り壊され、
こうして高台に移転し、リニューアルオープンしています。

a0247584_13143329.jpga0247584_13424519.jpg
きれいなロビー、海に面したガラス張りの窓からは陸前高田の海が一望でき、
クリスタルなチャペルで結婚式を挙げることもできるようです。

a0247584_1314481.jpga0247584_13151857.jpg
でも、そこから見える景色は、悲しい市街地・・・・
いつかこの景色が、未来を明るくするような素敵な景色になるのは何年後でしょうか・・・・


a0247584_142287.jpg
無事にご登壇依頼を済ませて戻ってくると、
こんな機械に牡蠣をガラガラと入れている風景に遭遇。

a0247584_1433373.jpg
中はクルクルと回転しながら水が流れるようになっていて
こうして殻に付着した汚れを落とし、きれいにした牡蠣を出荷するのだそうです。

a0247584_14105039.jpg
そして、蒸し牡蠣用の鉄板を試してみようということになり、
代表手作りの鉄板に火が入りました。

果たしてうまく牡蠣が蒸しあがるでしょうか・・・・・・

a0247584_14115825.jpg
ジャーーーーン!!!!
「おぉ~~~~~!」思わず歓声が上がります。

a0247584_1414412.jpga0247584_14143648.jpg
こんなに美味しそうな牡蠣、またしてもいただいてしまいました。
牡蠣が苦手と言っていた代表も、「美味しい~」と言って食べてます。


a0247584_14184454.jpg
午後も黙々とロープの続きです。



つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-11-07 22:56 | 活動報告 | Comments(0)

あげお産業祭のご案内

震災当初からボランティアに通っていた陸前高田市。
このたび、その陸前高田の広田湾で育った待望の牡蠣を、
上尾のおまつりイベントでご提供できる運びとなりました。

当日は、漁業支援でもお世話になった陸前高田市小友牡蠣組合の漁師さんと一緒に
ReVAスタッフが、美味しい【蒸し牡蠣】 の販売をいたします。

震災から2年8か月。
津波で海がきれいになったおかげで、
牡蠣の育ちがとても良くなったそうです。
広田湾の美味しい牡蠣を、皆様ふるってご賞味ください。

【第40回 あげお産業祭】

a0247584_693831.jpg
■日時:11/9(土)10:00~15:30(雨天決行)
■場所:上尾市民体育館・ゆりがおか公園

・「あげお産業祭」、詳しくは こちら
・上尾駅西口から無料臨時バスあり
・地図・駐車場は こちら (大谷中学校・UDトラックス)
・パンフレット中面・・・アグリフェスタコーナーの【は】のブースでやっています。

11/9(土)一日限り!
500個限定!なくなり次第終了です!


会場では、「キラリあげおグルメまつり」と題して、
上尾のご当地グルメのコンテストなども実施していますのでお楽しみに♪
[PR]
by team_ageo | 2013-11-07 06:11 | イベント | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17
8/25(木)【台風9号】 ..
at 2016-08-25 23:16
8/24(水)【台風9号】 ..
at 2016-08-24 22:14
8/23(火)【台風9号】青梅②
at 2016-08-23 23:44
8/22(月)【台風9号】青梅①
at 2016-08-22 23:44
8/21(日)【熊本地震】活..
at 2016-08-21 23:42
8/20(土)【熊本地震】活..
at 2016-08-20 23:30
8/11(木)【熊本地震】活..
at 2016-08-11 23:22
8/10(水)【熊本地震】活..
at 2016-08-10 23:25
8/9(火)【熊本地震】活動..
at 2016-08-09 23:26
8/8(月)【熊本地震】活動..
at 2016-08-08 23:27
8/7(日)【熊本地震】活動..
at 2016-08-07 23:28
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 23:29
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 22:08
8/5(金)【熊本地震】活動..
at 2016-08-05 23:59

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ