ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ReVA12月便活動報告③

さて、みんながモビリア仮設住宅で活動をしているころ
私とOさんは、もうひとつのニーズへ。

陸前高田市の読み聞かせボランティア「ささ舟」さんへ
埼玉県川越市の幼稚園さんからお預かりした、絵本や紙芝居をお届けするお手伝いです。

a0247584_18155986.jpg
場所は竹駒小学校仮設住宅。
坂を登った高台にある小学校ですが
ここも校庭は仮設住宅と駐車場でいっぱい。

a0247584_1817899.jpga0247584_18171529.jpg
a0247584_18172617.jpga0247584_18173575.jpg
依頼を受けた「陸前高田市まちづくりプラットフォーム」スタッフのFさんとここで待ち合わせをし、
ささ舟のみなさんと一緒に、バスから段ボール20箱を運びました。
運転手さんもお手伝い!
この運転手さんも、れっきとしたReVAメンバーです。
いつもありがとうございます。

a0247584_18174682.jpg
山積みになった絵本をバックに、みなさんと写真を撮りました。
たくさんの方々に読まれるといいですね。

a0247584_18184046.jpg
久しぶりに通る「陸前高田市災害ボランティアセンター」跡地。
当然のことながら、プレハブも資材置き場も、何もなくなっていました。
毎回手を振ってお見送りして下さっていたスタッフの方々が懐かしいです。

a0247584_18312935.jpg
その後場所を変え、Fさんとの打ち合わせ。
2月15日に上尾で実施されるReVA活動報告会を兼ねたシンポジウムにご登壇いただくため
色々とアドバイスをいただきながら、内容を詰めて行きました。


その後みんなと合流。
活動終了後は黒崎温泉へ。

みんながお風呂に行っている間、私とOさんは、牡蠣小屋で忘年会準備です。

a0247584_18393259.jpga0247584_18394451.jpg
子どもたちの大好きなポテトやナゲットも揚げますが
今日のメニューは、なんと言っても 【牡蠣づくし】!

a0247584_18521434.jpga0247584_18522751.jpg
お楽しみの蒸し牡蠣だけではありません。

a0247584_18424085.jpga0247584_18432199.jpg
こ~んなにたくさんの牡蠣が入った牡蠣ごはんや、

a0247584_1844766.jpga0247584_18453354.jpg
こちらの牡蠣も、どっさり牡蠣汁用の鍋に投入!
ReVAからは、浪江焼きそばの差し入れです。

a0247584_18573651.jpga0247584_4191657.jpg
自治会長さんとわれらが代表のあいさつのあとで
念願の大漁旗の贈呈です!

a0247584_4213272.jpga0247584_4214585.jpg
デザインはメンバーのAちゃん。
さすがプロ!

a0247584_424499.jpg
ラテン系の色遣いで、元気いっぱい賑やかなイメージでデザインしたというこの大漁旗には
随所にいろいろな想いが込められています。

a0247584_4335520.jpga0247584_434938.jpg

--------------------------------------------
■縁起をかつぐためすべての文字の『はね、はらい』などの細部を
(1、3、5、7)など奇数になっています。

■竹、梅は あくまでも背景なのでぼかし、
手前にある『晃進丸の墨文字』と1本松を優先。
(手描きの一本松は友人の作)

■波に、晃、進、丸 が乗っかるように
波にのる=船がスムーズに進む、漁が波にのる などの意味。

■晃、進は(力強く) 丸 は「元に戻る」意味。
元にもどる=無事に漁から戻る という意味
(ウィキペディア参照)
という訳で丸はくるりんとさせました。

という訳で、『晃、進、丸』の3文字のフォルムに
一番力入れて製作しました。
---------------------------------------


そしていよいよ牡蠣祭り!!

a0247584_4371988.jpg
a0247584_437426.jpga0247584_438282.jpg
こんなに大きなプリップリの牡蠣です!

a0247584_4404089.jpga0247584_4411540.jpg
a0247584_4412889.jpga0247584_442722.jpg
蒸し牡蠣、牡蠣ごはん
牡蠣汁、ポテトにナゲット枝豆、浪江焼きそば

a0247584_4434186.jpga0247584_446692.jpg
途中でお肉が足りなくなり、
豪華牡蠣入り浪江焼きそばも登場!

a0247584_4505442.jpga0247584_4443874.jpg
そしてサプライズで眞さんのハッピーバースデー♪

a0247584_444587.jpg
広田半島が寸断されたという津波映像も見せてもらい
そのものすごい濁流に言葉もありませんでした。

a0247584_544543.jpg
最後にみんなで一本締め!

あの震災ですべてが流されまもなく3年・・・
私たちがお手伝いできたのはほんの少しでしたが
こうして牡蠣が育ち、出荷できるようになり
牡蠣小屋で忘年会が出来るようになったこと
美味しい牡蠣が食べられるようになったことは
本当にうれしい一日でした。


a0247584_510202.jpg
今回の宿泊は【霊泉玉乃湯】旧館貸切!

a0247584_5103198.jpg
明日の作業の打ち合わせ。
その後、初参加の若者たちとボランティア談議も。

明日朝の雪を心配しつつ、就寝しました。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-12-30 12:30 | 活動報告 | Comments(0)

【陸前高田、今までとこれから ~被災地から復興地へ~】ご案内

             第2回【ReVA復興ボランティアチーム・上尾】活動報告会
    陸前高田、今までとこれから
       ~被災地から復興地へ~


■ 期日:2月15日(土)
■ 開場:13:00
■ 開演:13:30
■ 場所:イコス上尾 ホール
■ 入場無料(定員286人・事前予約優先)自由席
■ 手話通訳有
※定員になり次第締め切らせていただきます。


フォームからのお申込みはこちら

◆◆FAXでお申し込みの方へ◆◆
ポスター・チラシのFAX番号に誤りがありました。 正しくは FAX 048-772-9709 となります。
訂正してお詫び申し上げます。


a0247584_1146325.jpg第1部 【支援~それぞれのカタチ~】

a0247584_2295916.jpgReVA活動の記録2013


a0247584_22364415.jpg岡本 紘一 氏
陸前高田市民生委員児童委員協議会 副会長


「災害に直面して、
民生委員としてできたこととできなかったこと」



a0247584_2224265.jpg蒲生 哲 氏
NPO法人
陸前たがだ八起プロジェクト

事務局長

「仮設住宅の今までとこれから」


a0247584_1265942.jpg舩橋 和花 氏
認定NPO法人 難民支援協会
震災支援コーディネーター
陸前高田市まちづくりプラットフォーム事務局

「外部支援者として見つめる陸前高田 ~いちばん近い”よそ者”として~」


第2部 パネルディスカッション
     【陸前高田、今までとこれから ~被災地から復興地へ~】


コーディネーター:舩橋 和花 氏
パネラー:岡本 紘一 氏
       蒲生 哲 氏


     なお、当日は、被災地支援のために募金のご協力をお願いします。 
    
        みなさんのご参加、お待ちしています。

       お問い合わせは、team.ageo.saitama@gmail.com
       または、ReVA事務局(080-6781-0311)まで。
[PR]
by team_ageo | 2013-12-28 16:09 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

ReVA12月便活動報告②

【モビリア農園の土留め設置】

a0247584_1348404.jpg
住民のみなさんが色々な野菜を作っている畑。
メインは右側の柵の中なのですが、
秋の台風の大雨で、左側の斜面の土が崩れて、中央の通路に流れてきてしまうとのこと。

今回は、住民の方と一緒に、ここに土留めを設置する作業です。

事前に八起スタッフや住民の方とも打ち合わせしながら、
どんなものを使って作ろうかと考え、
工事現場に使われている足場板と単管パイプを使用することに・・・・

朝、畑に行ってみると、
事前に購入してあった材料で、住民の方たちで途中まで足場の仮設置がしてありました。

a0247584_144618.jpg
お母さんたちや元大工さんなど数名の住民の方とReVA4名で作業開始!
単管の角度を調整しながら交互に打ち込んでいったのですが
お母さんたちのパワーと手際の良さに脱帽でした。
あとから八起スタッフ2名と住民さん2名も合流。
単管15本を打ち込み、足場板を番線で接続していきました。

1カ所、巨大な石があり、単管が全く入って行かず!
石をスコップで掘り出そうと思いましたが苦戦!
あまりにも大きすぎて無理なので、コンクリートカッターで切る作戦!
しかしそれも失敗!
努力の甲斐なくコンクリートカッター殉職!残念!
あきらめて、単管1本のみ打ち込み位置をずらして完成としました!

a0247584_14461380.jpg
(H.M&N.Y)



【階段の修理】

一方、こちらは階段修理班

12月便出発の二日前、
モビリア仮設住宅敷地内の階段の途中1箇所の杭が腐り、
一部崩れてしまったとの連絡があり、急きょ対策を練って対応することに。

a0247584_1312545.jpga0247584_1313696.jpg
見るとこの通り。
段を止めてあった木杭が腐って崩れ、1段はずれてしまっています。
これでは住民の方が上り下りするのに危険です。
住民の安全第一のため、その階段45段全てを整備する事になりました。

a0247584_13131837.jpg
陽射しはあるが風は冷たい中、早速作業開始。

a0247584_13135645.jpga0247584_13134551.jpg
先ず現場の様子の把握後、段取りの打ち合わせ。


a0247584_13141774.jpg
先行して、段鼻のプラスチック材(段プラ)を外して穴をあけ、
事前に準備していた鋼材(ボルト)を20cmの長さで90本切断。
それらをセットしてスタンバイ。
この鋼材を地中に打ち込むことで、段プラが回転することなく、ズレ防止になるのです。

一方、段プラを受け止める杭を購入するため、八起スタッフと一緒に地元のホームセンターヘ。
杭はプラスチックの標識杭を使うことにしましたが、二店舗まわり、合わせて40本強しか揃わず。
足りない分は、腐食していない木杭を再利用することにしました。

実は出発前、おなじみになった陸前高田ホーマックの担当者様からお電話をいただき、
12月をもって仮設店舗は一時閉鎖し、また仮設で近くの敷地へ移動するとのことでした。
ReVAのブログも時々見て下さっていたそうで、こうしてご連絡いただけたことも嬉しく思いました。
そこでこの日は、その担当者様にお会いしたくホーマックに行った際にお尋ねしたところ、
わざわざ店長と一緒にご挨拶を頂きました。
八起スタッフにも紹介し、繋がることができました。
こうして人が繋がっていくのも嬉しいものです。


a0247584_1314588.jpga0247584_131567.jpg
さて、現場は黙々と作業進行。
あれこれ試行錯誤して取り付け方法がようやく決定。
木杭と段プラ45段を全て取り外し、階段の上下に分かれ、1段ずつ設置していくことにしました。

そこへ、「出来立てを食べなさいヨ~」との温かいお言葉が。

a0247584_14403142.jpga0247584_14404423.jpg
住民の方々からの「トン汁」と「ひっつみ」の差し入れです。

a0247584_13152673.jpga0247584_1441169.jpg
美味い!体が暖まる。
これぞ地元の「お・も・て・な・し」!
この温かい味、一生忘れません!

食後に作業再開

a0247584_13155746.jpga0247584_1316821.jpg
コツをつかみはしたものの、初参加の方も交え一心不乱。
便利屋さんの作業が終了した班も途中合流。

a0247584_13163234.jpg
通行出来るよう法面を切返し整え、段差と並びも整え、初日は終了しました。
「仕事は美しく、住民の方が昇降し易くするために段差の調整と踏み面(巾)を均等にしたい」
この思いを胸に、続きは翌日に・・・・

(T.F)

この日の様子は、八起プロジェクトのブログにも掲載されています。


一方こちらでは・・・・・・

【牡蠣作業のお手伝い】

便利屋さんの作業を終え、午後から手が空いた6人は
両替漁港で、牡蠣の養殖のお手伝いをしました。

a0247584_14484614.jpg
そこには、黄色いコンテナに積まれた大量の牡蠣!
そして、牡蠣がたくさん入っている状態の、直径約40センチ、高さ約40センチの
円筒状の網かごも、たくさん積まれていました。
網かごの周りには、ムラサキガイや、他にも海の仲間たちがくっついています。
その網かごを一つずつ口紐をほどき、
黄色いコンテナに牡蠣のみを移し替えていく作業のお手伝いをしました。

それが終わると、テントの中で浜のお母さん達のお手伝いです。
先ほど移し替えたコンテナの中の牡蠣を、テーブルの上に山盛りに積み上げ、
ナタのようなもので、牡蠣の殻に付着した汚れや、ふじつぼを一つずつ手作業で丁寧に取り除きました。
中には、2つ~3つくっついてしまった牡蠣もあるので、
一つずつに分けて汚れを取り除きます。

テントの中は、ナタで牡蠣をきれいにするトントントン・・・という音でいっぱいです。
お母さんたちを見ていると、とっても簡単そう。
でも、実際やってみると、殻が欠けてしまったり、思うように牡蠣を綺麗にすることができず
とても難しかったです。

(Y.K)

---------------------------------------------------
私自身、初めて牡蠣を扱う活動をしました。
本当に、一つずつ浜のお母さん達が丁寧に手作業で牡蠣を選別しているのを見て、
美味しい牡蠣が食べられることがとてもありがたく感じました。
スーパーに行けば、当たり前の様に売っている牡蠣を当たり前の様に買っていました。
でも、お店に並ぶまでに、いろんな方々の労力と愛情がたっぷりかかっていることを、
今回牡蠣養殖の一部のほんの少しのお手伝いでしたが、感じることができた事を
ありがたく思います。
------------------------------------------------------------------


a0247584_14481259.jpg


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-12-27 21:03 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA12月便活動報告①

12月13日(金) 21:30

a0247584_16211154.jpg
久しぶりのボランティアバス、23名での出発です。
今回は、ReVA便初参加の方も多く、学生さんや、県外からの参加者もいらっしゃり
中型バスの座席がいっぱいになりました。

a0247584_16222754.jpga0247584_16223741.jpg
バスの下の荷物入れもいっぱい!
今回は、陸前高田市の読み聞かせボランティア「ささ船」さんへ川越市の幼稚園さんから、
段ボール20箱ほどの絵本の寄付のお届けもあるのです。
また、上尾市立西小学校PTA様からも、仮設住宅の方々へ、布のご寄付がありました。
住民の方の「縫いっこサークル」で使っていただきたいと思います。

a0247584_16224873.jpg
真夜中の高速道路は大雪!
途中のSAでもこの通り、真っ白でした。


12月14日(土) 早朝

a0247584_16231172.jpg
陸前高田に来たのが初めてという人もいましたので
朝一番に、一本松へ立ち寄りました。

a0247584_16244275.jpga0247584_1625739.jpg
徐々に完成してきた巨大ベルトコンベアー。
高台造成のために山を切り崩した際の土砂を、海沿いの仮置き場へ運ぶためのものです。
のちに、市内の小学生からこの橋の名称を募集し、 【希望の架け橋】 と名付けられたそうです。

a0247584_16431459.jpg
箱根山展望台。

a0247584_16432319.jpg
少しモヤがかかってましたが、朝日に照らされた広田半島と
津波で被災した町が眼下に広がります。

a0247584_164486.jpga0247584_16442071.jpg
モビリア仮設住宅駐車場で、朝の全体集合。
今回の参加者の中に、聴覚障害の方がいらっしゃったのですが
何度も被災地の活動は経験済みとのこと。
筆談で大事なことはお伝えしながら、私たちのできる限りのサポートで情報を伝え
2泊3日、一緒に活動しました。

a0247584_1645726.jpga0247584_16452157.jpg
今回のメインの活動は、坂を上り下りする【階段の修理】と、【モビリア農園の土留め設置】、
そして、3回目となる仮設住宅の【便利屋さん】です。
班ごとに分かれ、段取りのミーティングです。


まずは、『草刈り・枝切り』の依頼を3人で担当。

a0247584_16465584.jpga0247584_1647558.jpg
ご挨拶をし、ご依頼いただいた作業の詳細な打ち合わせ。
ご自宅裏の木が伸びてしまい、通り抜けしにくいとのことで、枝を切る作業。
もう一点は、伸びて枯れてしまった草刈りをお願いしますとのことでした。

12月の東北は予想以上に寒い(>_<)
しっかり防寒対策をして、さっそく作業に取りかかります。

a0247584_16541869.jpga0247584_16542772.jpg
☆枝切り作業
確かに今のままでは通りずらい(>_<)
割と太い枝もバッサリといかせて頂きました。

a0247584_16543995.jpga0247584_16553719.jpg
☆草刈作業
夏に伸び、枯れた長い草がわんさか!
刈っても刈っても出てくる出てくる!
やりがいがあります!

a0247584_16554957.jpga0247584_1656181.jpg
作業中にお出掛けされる依頼者さんが
「一緒に作業できなくてすみません」と、お菓子をくださいました。
お優しい心遣い、ありがとうございます!
遠慮なくいただき、しばしの休憩(*^^*)

作業はこれからが本番。よし、かんばるぞ!

ここからは、作業前、作業後の写真をご覧くださいm(_ _)m

     before               after
a0247584_16561433.jpga0247584_16562745.jpg
a0247584_16563871.jpga0247584_16564919.jpg
a0247584_1657170.jpga0247584_16571025.jpg
途中で依頼主さんがお出掛けのため、作業後の確認ができませんでしたが、
後日、お礼のメールをいただき、
私たちもとてもうれしくなりました。


午後は別のお宅での 【エアコン掃除】

a0247584_16572092.jpga0247584_16573123.jpg
話しの流れでお部屋の掃除のお手伝いもさせていただくことに☆
今までたくさんのボランティアさんがモビリア仮設住宅に来ましたが、
家の中にボランティアがお邪魔するのは、このお宅は初めてとのこと。
以前よりもずいぶんたくさんお話をしてくださるようになりました。
とても明るい方で、エアコン掃除、お部屋の掃除の他、窓ふきなどもやりながら
楽しくおしゃべりも出来て良かったです。♪(^-^)

a0247584_16574046.jpg
すっかり依頼主さんと打ち解けた私たちは、
作業終了後、集会所まで仲よく一緒に帰りました。

(A.I)


同じころ・・・・
別のお宅の換気扇掃除、エアコンのフィルター掃除に行った3名は、
順調に作業を終わらせた後、そこのお宅のお父さんとあれこれ楽しくおしゃべり。
そのうちに、お父さんの趣味のカラオケの話になり、
ご自宅のカラオケセットで、参加者のNさんは歌ってきたとか・・・・・
目に浮かぶ楽しそうなひととき。
こんな時間も大事なのかな?と思いました。


その他の班も・・・・・

a0247584_1532255.jpga0247584_1533573.jpg
台所やトイレの換気扇掃除、窓ふき、すだれの設置など
素人ながらも心を込めてお手伝いさせていただきました。

----------------------------------------
(参加者の声)
初めて仮設住宅のお家にお邪魔させて頂いて掃除をしたり,
地元の方とお話し出来て、とっても楽しかったです。
色んな話を依頼主さんがしてくれて、知らなかったことがたくさんあって、
やっぱり人と顔見て話す大切さを改めて感じました。
--------------------------------------------------------


作業が終わればおしまいではないのだということ・・・
合間のおしゃべりや、お茶やお菓子をいただきながら
昔の事、津波の事、趣味の事・・・・
一緒に色々なお話をさせて頂いた中に
大事な何かが見えてきた気がしました。
些細な会話の中で見せてくれた嬉しそうな笑顔が印象的だったと
参加者の一人が言っていました。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2013-12-25 22:31 | 活動報告 | Comments(0)

ブロック社協【災害ボランティアセンター設置訓練】に参加しました。

12月13日(金)

上尾市社会福祉協議会主催の ブロック社協「災害ボランティアセンター設置訓練」 に、
ReVAメンバー8名が参加しました。

a0247584_1241117.jpga0247584_1243519.jpg
上尾社協職員はもちろん、埼玉県社協、近隣市町村社協の職員の方もたくさん!
見学の市役所職員や社協職員の方も合わせて、総勢40名くらいの方々がいらっしゃいました。

a0247584_12434429.jpg
上尾市社会福祉協議会事務局長さんの開会あいさつのあと・・・・・

a0247584_12435873.jpga0247584_12441788.jpg
今回は、災害ボランティアセンター設置訓練と並行して
社協内に、災害対策本部を設置する訓練も実施。
こちらは、上尾社協の職員間で進めて行きました。

私たちReVAは、「ボランティア役」と「依頼者側の役」に分かれました。

【受付班】
a0247584_1245385.jpg
・個人参加のボランティア、団体参加のボランティア
・初めての人、2回目以降の人
・ボランティア保険に加入していない人
・装備(長靴・インソールなど)を持っていない人
などなど、いろんなシチュエーションを事前に想定。
受付班のスタッフの指示に従い、受付票に記入していきます。

【ニーズ班】
a0247584_12451691.jpga0247584_12445815.jpg
・電話による依頼
・直接ボランティアセンターに来所した方からの依頼
・ニーズ調査中での現地依頼
依頼内容もさまざま。
ここで電話での依頼者役が、1件でたくさんのニーズを依頼!
電話を受けたスタッフの方が、必死でメモを取ります。
そんな私たちのイジワルな想定にも、
スタッフ役の職員の方々は、落ち着いて対応してくださいました。

【マッチング班】
a0247584_12452926.jpg
ニーズ票が貼りだされたら、今回は、自分たちがやりたい活動に付箋を貼っていく方法で実施。
現場リーダーを決め、オリエンテーションをしたら、資材の貸し出しへ向かいます。

【資材班】
a0247584_12462769.jpg
ここでは、必要資材と個数を記入し、使用方法や注意事項を聞きました。
ここの担当職員の方は、実際に福島県新地町でもスタッフとして活動されていたそうで
さすがに対応がスムーズ。

【送り出し班】
a0247584_12461184.jpg
地図で現場を確認。
団体でバスで来たという想定で、「バスを駐車しておける場所が近くにあるか?」と質問。
現場によっては、狭い道路、一方通行の道路などもあるかと思います。
ここの担当は、「地元の地理に詳しい人がいい」と実感しました。

ひと通り活動を終え、ボランティアの人たちがセンターに戻ります。

【活動報告】
a0247584_12464245.jpg
・継続か完了か
・特記事項(新たなニーズが出たか、問題点はあったか、など)はあるかを報告しました。
ここでも、「資材を無くしてしまった」「活動中に自家用車の窓ガラスが割られてしまった」など
「過去に経験した困ったこと」も含め、報告してみました。
車の窓ガラスが割られた件は、総務班へ引き継ぎをされ、、
その他の判断も、スタッフの方々の適切な対応で、無事ひと通りの流れが終了しました。

a0247584_12465894.jpg
ふりかえりの時間。
各班ごとに、気付いた点などを話し合いました。

a0247584_12471447.jpg
・受付がきちんとできていないと、すべてがスムーズに流れて行かない。
・紙だけ回すのではなく、本当は顔を見て対応したい。
・ボランティアに、適切な対応が出来ていたか。
・支援を拒否する人に対しての対応はどうするべきか(曖昧になってしまった)。
・地域の自助力も大事にしていきたい。
・どこまで受付で得た情報をマッチング班に伝えるか。
・資材、物の説明どこまでするべきか。
・軍手など消耗品は回収せず差しあげていいのでは?
・初参加の人には必要資材はわからない。スタッフ(ニーズ班)が資材の確認もして記入しておいてほしい。万が一の資材もわかって用意できるリーダーだけではない。
・送迎班は、地理に詳しくないとダメ。
・最近は現場リーダーがスマホで現地確認。個人情報とはいえ、ニーズ票に住所・電話番号の記載は欲しい。
・車が無い場合、ボラが運転。運転ボラも必要。
・ガムテープに名前だけではダメ。過去にボランティアに扮した被害あり。日付を入れる、色を変えるなども必要。
・1件にたくさんのニーズが書いてあると2団体が同じ場所に入ってしまう。
・現地確認は必ず必要。行って見て違ったケースもあり、トラブルの原因。依頼書と現場での様子が違う時もある。
・トイレ情報は必要。依頼者宅使えない時、仮設トイレの設置や、近隣公衆トイレなどが使えるかも確認。
・待ち時間の無駄。いちいち住所氏名など書かなくてもいい方法はないか。
・翌日のニーズを帰りに掲示してあるとよい。翌朝の受付前の待ち時間に見て待てる。(伊豆大島の事例)
・朝来た段階で、受付名簿だけでも事前に書いて待っている方がいい。ボラセンスタッフが来て時間になってから並んで記入するでは、時間がかかる。(越谷の事例)
・『さばく』という言葉、ボランティアとしても考えさせられた。   など、いろいろな意見が出ました。

a0247584_12472817.jpg
伊豆大島での事例を、メンバーのYちゃんが説明。

課題も色々と見えてきて、とても勉強になりました。
今後、身近に災害が起こった時、私たちも近隣社協さんと連携して
スムーズに動けるようになれたらいいなと実感しました。

近隣の社協さんと繋がることもでき、有意義な訓練となりました。
[PR]
by team_ageo | 2013-12-17 21:26 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

12月便で陸前高田に絵本をお届けします

このたび、「陸前高田市まちづくりプラットフォーム」のスタッフFさんからの依頼で、
陸前高田市の読み聞かせボランティア「ささ舟」さんへ、
絵本をお届けするお手伝いをすることになりました。

たまたまFさんと、別件の打ち合わせのお電話をしていたところ
埼玉県川越市内の幼稚園さんで集めていただいた絵本の
運搬手段を探していたとのこと・・・・

そこで、ReVA12月便のバスで積んでいこうということに・・・・・

12月11日(水)

a0247584_11392356.jpg
川越から乗用車2台で来てくださったのは、Fさんのご両親とお友達。
乗用車一杯に集まった絵本を、上尾市社会福祉協議会まで届けてくださいました。

a0247584_114048.jpg
積まれた絵本や紙芝居。
段ボール20箱ほどもありました。

a0247584_11395388.jpg
震災当初から、陸前高田市災害ボランティアセンターのスタッフとして活躍されていたFさんには、
2011年7月からの社協事業でのボランティアバス以来、今でも大変お世話になっています。
社協職員のYさんと一緒に、当時のお話やこのたびのお礼などもさせていただきました。

陸前高田市内の住民の方々と支援団体間だけでなく
こうして、色々な場面で 「つなぐ・つながる」 お手伝いをしてくださっているのが
陸前高田市まちづくりプラットフォームです。
今回ReVAも、そんな「つなぐ」お手伝いができること、とても嬉しく思います。
[PR]
by team_ageo | 2013-12-12 23:36 | その他 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ