ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秩父雪かきボランティア6(2/26)報告

2月26日(水)

この日は、メンバー2名がそれぞれ電車で秩父入り。

a0247584_618979.jpg
ボランティアセンターのマッチング場所で「初めまして」のご対面をした二人でしたが
活動現場はバラバラに・・・・

男性Uさんは、昨日の継続ニーズである「裏山地区の独居高齢者宅までの道路の除雪」
女性Wさんは、「細い私道の道幅確保」や「個人宅の駐車スペースの確保」などに向かいました。

a0247584_5131536.jpga0247584_5132725.jpg
30人であと3日かかると言われていた秩父浦山地区のデンジャラスゾーン!
この日もUさん含め、大勢のボランティアさんがここに関わり、
夕方には、なんと「無事開通した」との連絡が。
しかし・・・こんなスゴイとこだったとは・・・・

a0247584_63035100.jpga0247584_6295742.jpg
右側の民家の屋根で、同じ場所だとわかると思いますが
前日の活動写真と比べてみるとこんな感じです。
思ったより早く開通してよかったですね。
これで無事にこの道の向こうにお住いの方が、軽自動車で通れるようになりました。

一方、Wさんが向かった場所は、狭い私道。

a0247584_5141759.jpga0247584_514574.jpg

a0247584_5143933.jpg
これでゴミ捨てにも行けると、喜んでくださったそうです。
そんな日常生活の些細なことも、この大雪は困難にしたのですね。

a0247584_515916.jpg
午後からさらにもう1件のニーズへ
ご高齢の一人暮らしの女性宅の駐車場確保。

a0247584_5151940.jpg
一人では大変でも、大勢でやればすぐ終わりました。

徐々に気温も上昇し、
「一度雪かきをして通れるようになった通路を
屋根の雪が落ちてまた塞いでしまった。
というお話も多く聞きました。

早く雪が溶けてくれるといいですね。


この日参加したWさんのブログは こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-02-28 23:12 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア5(2/25)報告

2月25日(火)

平日可能な5名が、この日も秩父に向かいました。

この日の活動は、
①小学校の通学路の歩道確保
②腰まで埋まる浦山地区の道作り

特にこの日の「浦山地区の独居高齢者宅までの道路の除雪」は、大変だったそうです。
携帯が繋がらない山奥。雪の深さ160cm以上!
軽自動車が通れるように、幅2mで500mほどの除雪を、30人以上で実施しました。

a0247584_5565710.jpg
入り口付近はこんなでも・・・・・

a0247584_5571498.jpg
掘り進めて行くと、どんどん雪の壁は高くなって行きました。

a0247584_5594142.jpg
ついに、そこに道があるのかどうかもわからないほど山奥に・・・・

a0247584_6211345.jpg
試しにどれだけ掘れば道路が出てくるのか掘ってみることに・・・・
右側に見えるのが民家の屋根です。
人は住んでいないそうですが、この雪の深さには驚きます。

a0247584_5111459.jpg
まるで落とし穴状態!
人がすっぽり埋まるほど掘って、やっとアスファルトの道路が出てきたそうです。
このあと、穴から出るに出られず、
スコップを足場にして脱出したとか。

a0247584_5112938.jpg
この壁の高さには驚きました。
TVの報道積雪量をはるかに上回っていました。

a0247584_65265.jpg
途中、社協スタッフの除雪機が出動するものの
急な斜面では、人の力の方が勝ったそうです。

この日は残念ながら開通できず!
30人がかりで、あと3日はかかるだろうと申し送りをし、翌日に引き継ぎました。


この日の活動に参加したOさんのブログは こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-02-27 21:10 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア4(2/23)報告

2月23日(日)

a0247584_734298.jpg
この日は,
ReVAメンバー3名が秩父入りしました。
3日交代で応援に来てくださっていた上尾社協の職員の方も
この日からまたメンバー入れ替えで、別の上尾社協の職員さんが来てくださいました。
顔なじみのYさん他、とても心強い職員の方々と一緒に活動です。

a0247584_735939.jpga0247584_568100.jpg
1階ロビーにある薪ストーブ
よく見ると、ブタの形をしています。
マッチングまで、みんなここで暖をとって待っています。

a0247584_7353499.jpg
この日のニーズは、小学校の通学路の歩道の除雪など。
さすがにこれでは歩けません。

a0247584_7193860.jpga0247584_7225257.jpg
いったい何百メートルあるのでしょう・・・
休憩を取りながら、実際はこの写真に写っている4~5倍の長さを
20人くらいのボランティアで除雪。
それでもゴールははるかかなた・・・・

a0247584_7202228.jpg
そこへ登場したのは、われらが上尾社協のY氏!
南魚沼社協さんの応援除雪機で、みるみる歩道の雪を除雪してくださいました。
さすがに早い!!!

a0247584_721375.jpg
次に向かった現場は、市街地からさらに山奥の方へ向かったこちら。
ここの歩道も果てしなく長い!

a0247584_7215693.jpga0247584_7241440.jpga0247584_7354826.jpg
みんなでいい汗かきながら、一気に完了!
これで安心して歩くことができますね。

孤立している人達は減りつつありますが、
すれ違いが出来ない道路・通れない歩道は山ほどあり、
まだまだ雪が邪魔で家から出るのに不自由している方が大勢います。
一日でも早く雪が溶けて、普段の暮らしができるように
少しでも力になりたいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-26 23:02 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア3(2/22)報告

2月22日(土)

a0247584_502150.jpg
この日は土曜日ということもあり、
100人を超えるボランティアさんが秩父災害ボランティアセンターに集まりました。

a0247584_4553953.jpg
ボラセン運営も、日々進化しており、本日から受付が1階になりました。
2階がマッチングルームとなり、黒板には本日のニーズ地区と必要人数が掲示されていました。
何よりも、各市町村社協の顔なじみの方々が、応援スタッフで運営してくださっているのが嬉しいデス♪

a0247584_4555131.jpg
加須ふれあいセンターさんからいただいていた非常用のアルファ米。
ボラセンにご相談したら、雪崩が起こったらまた孤立しそうな集落の方の非常用にいただきたいとのことで、今日は9箱450人分をお届けしました。
袋に小分けして配布されるそうです。
小分けする作業も、マッチング待ちのボランティアさんにお願いする予定だとか。
そういった作業もボランティアのひとつです。


この日のニーズは、独居高齢者宅の敷地内除雪3件。
参加者6人が2班に分かれて、午前中は2か所のお宅にお伺いしました。

a0247584_4563643.jpga0247584_457832.jpg
ここのお宅は
裏門が雪で開かず、灯油タンクのあるところまで灯油屋さんが入れないとのこと。
やはり、ご高齢のおばあちゃんのお宅でした。
屋根の雪が落ち、雪山がさらに高くなって、しかも日陰で凍ってしまっていました。

a0247584_4572810.jpga0247584_4574087.jpg
早速、今回の参加者最年少、ウチの代表の息子さんががんばってくれました。

a0247584_4585034.jpg
玄関前も日陰で凍って滑りやすくなっていました。
足の悪いおばあちゃんには危険。
融雪剤を少し撒いて、凍っていた雪もきれいに削り取り、道路までの動線を作りました。
この融雪剤、便利なのはいいのですが、植物などにはよくないものです。
庭の花壇などがある場所では、依頼主さんと相談をしながら使用するのは言うまでもありません。

a0247584_459629.jpg
一方、秩父の市街地から車でさらに奥まで行ったお宅の依頼は、
物干し周辺の除雪。

a0247584_4591985.jpg
作業はすぐに終わりましたが、ご覧のとおり、広い庭にはこんなに雪が山盛りでした。

a0247584_4593623.jpg
秩父に実家があるウチのメンバーM氏に連れられ、
昼食は秩父の名物でもある「お蕎麦」を堪能。
「寒ざらしそば」をいただきました。

秩父荒川には、「寒ざらしそばまつり」というものがあり、毎年にぎわうそうですが
この大雪の影響で、3月2日に予定していたそのイベントも中止となったそうです。

a0247584_4595953.jpg
午後は2班合流して3軒目のご依頼。
庭の外水道までの動線確保と、道路まで出る通路の増幅など。
こちらのお宅もお庭が広く、
外水道までの通路を作った際の雪捨て場所も庭の花壇の中。
かわいそうに、植木はすでにすっぽり埋まっていました。
それにかぶらないように雪を捨てて行きましたが
両サイドは、みるみる大きな山になってしまいました。

どのお宅のおばあちゃんも大変優しく、
私たちに何度もお礼を言ってくださいました。

帰りに秘湯で汗を流し帰路へ。

今回の活動の移動中にも、秩父の名産のイチゴ農家のビニールハウスの倒壊を何件も見ました。
これから春に向けて、この被害は甚大だと思いました。

おそば、温泉、果樹園など、秩父のいいところはいっぱい!
雪害にも負けず、がんばってほしいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-25 21:53 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア2(2/21)報告

秩父雪かきボランティア2日目

a0247584_631918.jpg
今日は上尾社協の資材をたっぷり積み込んで出動!です。

a0247584_633648.jpg
事前に上尾社協さんにお願いしておいた資材
・スコップ30本
・ネコ車
・スノーダンプ   などなど
昨日のうちに準備してくださっていた社協スタッフさん、留守番メンバーのみなさん、ありがとうございました。
そして、昨日「あるとよかった」と感じた融雪剤も提供しました。

a0247584_1965377.jpg
他の社協さんからも、応援資材がこんなに集まって来ていました。
県内の社協が協力してボランティアセンターを支援している様子が伝わります。

この日の依頼は、独居高齢者宅の道路の除雪1件
自宅車庫から市道まで、幅2mで200mほどの除雪というもの。
8名のボランティアで、1日がかりで行いました。

a0247584_1981767.jpg
向かったお宅がこちら。
白い家が住まいかと思いきや、そこをL字に左に曲がったさらに奥に、住まいと車庫がありました。
1人暮らしのおじいさん、車が出せないので病院で透析も受けられないと困っていたそうです。

歩いた形跡も無いような深い雪に埋もれ、
お住いにたどり着くにも足が埋まるほどでした。

a0247584_2134356.jpg
早速除雪開始!
距離が長いので、払った雪の量も半端ではありません。
雪を捨てる場所も考えてしまいました。
依頼主さんはお迎えが来て病院へ、お隣の日なたの畑のお宅はお留守・・・・
仕方なく、邪魔にならないようにと反対のお宅の竹やぶ側にばかり雪を捨てていたのですが、
少し離れた自治会の方が来てくれて
「こういう時は、両側の敷地に公平に山にしておかないと、あとあと文句が来っからよぉ~。
おいらがちょっとこっちの竹やぶの家に話して来っから~。」
と知らせてくださいました。
ご近所同士の関係も考えながら作業しなければいけないことも感じました。

a0247584_944266.jpg
日かげで凍っている場所には、ペットボトルに入れて持っていた融雪剤を少しまいて
少し溶けてから除雪しました。

a0247584_9818.jpg
一日がかりで終了しました。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-24 06:01 | 活動報告 | Comments(0)

秩父雪かきボランティア1(2/20)報告

2月14日(金)から降り続いた記録的な大雪は
翌朝の雨で、さらに被害を大きくしました。

a0247584_61525.jpg
群馬県、山梨県だけでなく、埼玉県秩父市や小鹿野町などでも災害ボランティアセンターが立ち上がり
2/20から、ReVAメンバーも秩父に支援に入りました。

通行止め・停電・断水・孤立した民家が多数ある山奥の地域・・・・
電車・バスも運休の中、早朝に雪で幅が狭くなった車道を走りながら見えた景色は
まさに雪国状態!
カーポートや物置の崩壊、ビニールハウス倒壊による農作物への被害
工場の屋根が崩れ、下敷きになった何台もの車・・・・
被害の甚大さがわかりました。

この日はReVAメンバー2名で参加し、
他のボランティアさん2名と一緒に、独居高齢者宅の敷地内の除雪を2軒受けました。

a0247584_1858863.jpga0247584_18582891.jpg
1軒目のお宅は、1人暮らしのおばあちゃん宅。
こんなに狭い路地。
人が一人通れるだけのスペースをやっと確保しただけの道路の奥にあるそのお宅の依頼は、
灯油のある物置までの動線確保と物干しスペースの除雪でした。
灯油の入った物置は、雪で屋根がつぶれ戸が開かなくなってしまったらしく、
近所のおじいちゃんが少しだけ戸が開くようにしてくださっていたそうです。

a0247584_1858567.jpga0247584_18591353.jpg
早速、玄関から物置までの通路と、道路につながる動線の除雪。
そして、玄関から物干しスペースまでの通路と、物干し下の除雪を行いました。
この地区を担当してくださっている民生委員さんも一緒に手伝ってくれました。

a0247584_18595654.jpg
ひとまずこんな感じで終了!
日当たりがいいので、すぐにきれいに溶けると思います。


次に向かったお宅の依頼は
・玄関から道路までの動線確保
・ヘルパーさん用の駐車スペース確保 でした。
聞いただけでは簡単そうでしたが・・・・・・

a0247584_1902029.jpg
駐車スペースの確保と言われた場所がここ!
ご近所の方々が除雪した雪が全部ここに集められ、こんなに高い雪山になっている場所でした。
ここに、せめて軽自動車1台が停められ、車がすれ違えるだけの道幅を確保しなければいけません。
依頼主のおばあちゃんが、ヘルパーさんも呼べず困っていたところでした。

a0247584_1911183.jpga0247584_1915444.jpg
早速除雪開始!
雪は反対側の林の中へ何往復もネコ車で捨てて行きましたが
硬く凍ってしまった部分の雪は、ツルハシで割らないと全く歯が立ちませんでした。
中の雪はふんわりと軽く、比較的処理しやすいものでした。
日陰の部分は凍ってしまっているので
少しでも融雪剤があると便利だと思いました。

a0247584_1923159.jpga0247584_192547.jpg
次に住まいの除雪です。
ご覧のとおり、門扉の上まで埋まってしまっている状態!
雪が降る前に、人が一人通れるだけの幅は門を開けておいたそうですが
これでは手押し車(シルバーカー)が通れなくて困っていました。
せめて半分くらいまで門が開けば・・・・と、必死に門を掘り起しました。

a0247584_1931535.jpg
凍って滑る玄関先から道路までも、このように除雪。
日陰はどうしても凍って滑るので危険です。

a0247584_1933366.jpga0247584_1935092.jpg
エアコンの室外機も埋まってしまうと電源が入らないなどの障害がおこります。
こうしてまわりの雪もどかしました。

お昼や作業終了後には、あたたかいお部屋にあがらせていただき
お茶やお漬物までいただきました。
本当にありがたいと感謝され、私たちも嬉しくなりました。

a0247584_196764.jpg
ボランティアセンターに戻ってきたら、
深谷社協の応援スタッフの方が、新潟県南魚沼市の社協から来た除雪機で
駐車場の除雪をしてくださってました。
さすが除雪機!あっという間に雪が飛ばされきれいになって行きます。
これで明日以降に来てくれるボランティアさんの駐車スペースが少し確保されますね。

明日も引き続き活動に入ります。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-22 05:58 | 活動報告 | Comments(0)

本日のイベントに関して


本日の「陸前高田、今までとこれから~被災地から復興地へ~」は、予定通り実施いたします。

高崎線が運転見合わせとのことで、再開の見通しがまだ立っておりませんが、
安全をお考えのうえ、ご来場可能な方はお気をつけてお越しくださいませ。

天候がとても悪く、ご来場予定の皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-15 11:24 | イベント | Comments(0)

2/11 非常食の試食会をしてみました。

ReVAメンバーの中に、双葉町の方々が避難していた「旧騎西高校避難所」の支援を
継続的に行っていた人がいます。

a0247584_8191428.jpg
その方のつながりで、
「一箱50人分のアルファ米がたくさん残っているので使い道を考えてほしい」
と相談があり、試しに 【山菜おこわ】 をいただいてきました。

そこで、会議の合間に作ってみることに・・・・

a0247584_13432079.jpg
開けるとこんな感じ。
市の防災訓練の際には、出来上がったものをいただいたことはありますが、
中を見るのは初めてです。
大きなアルミホイルのようなものに包まれていました。

a0247584_13532787.jpga0247584_1343471.jpga0247584_13464111.jpga0247584_1343565.jpg
中には、アルファ米と山菜の具が別袋に。
しゃもじの他にも、取り分けるパックや割りばし、輪ゴム、作り方の説明書も入っていました。

a0247584_1344916.jpg
お米と具材をよく混ぜて・・・・・・

a0247584_13451542.jpg
6.5Lのお湯を投入!

a0247584_1346239.jpga0247584_13471925.jpg
よく混ぜて、再び密封!
待つこと20分!
(水だと1時間かかるのだそうです。)

a0247584_1349239.jpg
20分経って開けてみると・・・・・
こんなにふっくら美味しそう♪
山菜のいい香りもしてきました。

a0247584_13493991.jpg
パックに取り分けて・・・・

a0247584_13495328.jpga0247584_1350812.jpg
みんなで昼食を兼ねて試食会。
同じお部屋で会議をしていた別団体の方にもおすそ分けして
みんなでおいしくいただきました。

さて、この非常食、 まだまだたくさん在庫があるとのこと。
賞味期限も迫っています。
どんな使い持ちがあるか、みんなで考えてみようと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-12 07:03 | その他 | Comments(0)

45年ぶりの大雪

2月9日(日)

昨日の朝から一日中降り続いた大雪は、45年ぶりだとTVでも報道されました。
このところ、休日返上で、活動報告会の準備に大忙しのReVA、
当然、大雪の2月8日(土)も2月9日(日)も、準備のために上尾市社会福祉協議会へ。

予想通り、玄関前は雪に埋もれ、
社協職員の方と小2の娘さんがせっせと雪かきの最中でした。

a0247584_12244681.jpg
ちょうど使用するお部屋がワックスがけの作業中とのことで入れなかったので、
それならReVA雪かき隊出動!
日頃のご愛顧に感謝を込めて、私たちも玄関の雪かきをさせていただきました。

a0247584_12251240.jpga0247584_12252446.jpg
昨日と打って変わっていい天気だったので
道路の雪はみるみる溶けていきます。
雪でまぶしいので、サングラスして作業中!

a0247584_1226379.jpga0247584_12262127.jpg
昨日の夕方2時間、今朝も早朝から2時間と
女性陣も、自宅周辺の雪かきをしたあとでの出動ですが
やり始めると止まらない!
結構楽しみながらやらせてもらいました。


実はここに来る途中、
細い道で、スリップしてしまい進めずに立ち往生しているトラックに遭遇。
困っている運転主さんと一緒に近所の方にスコップを借りて
何度もスリップを繰り返すトラックの後ろを押したり、
タイヤ付近の凍った雪を削ったりしながら
100m以上先の大通りに出られるようになるまで救出してきました。
ところが、目の前で雪かきしていた方はただ見てるだけで
自分の家の前だけをせっせと雪かき。
一緒にトラックを押してもくれないのかと、ちょっと残念にも思いました。

そうかと思うと、民家のあちこちでの雪かき風景の中に
近隣の方々総出で楽しそうに雪かきをしている風景にも出会いました。
その場所だけ、路地から大通りまで、とってもきれいに除雪が済んでいました。
自分の家の前だけでなく、お年寄りのお宅の前も一緒にやってあげている人にも出逢いました。

こういう場面にも【地域力】の違いがうかがえるのかと考えさせられ、
普段の平常時での近所付き合いの大事さが
いざという時にも役立つのだと、改めて感じました。

a0247584_12265388.jpg
そうこう考えながら作業すること1時間半。

a0247584_12271660.jpg
ここまで雪かき終了!
今日のうちに大部分が溶けてしまえば
月曜の朝、お年寄りの方や障害者の施設のバスの送迎にも支障ないでしょう。

関東では、このくらいの雪でもあわててしまいますが
北海道、新潟、東北などに比べると、大したことありません。
向こうの方々の大変さ、特にお年寄りのお宅の除雪の大変さを実感しました。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-09 22:10 | その他 | Comments(0)

2/5地域福祉を考えるつどい

2月5日(水)

毎年、上尾市社会福祉協議会が主催するこの「つどい」
今年度は、おととし実施した「災害を考える1」の続きとして
「災害を考える2」が実施されました。

a0247584_70629.jpg
今年もロビーに、ReVAの活動写真を掲示させていただきました。

a0247584_6521745.jpg
前日から降り始めた雪で、朝はご覧のとおり!

a0247584_6523773.jpg
足元が凍ってしまっていたので、早速、代表が進んで除雪をはじめました。

a0247584_6531141.jpg
客席には、市内の民生委員さんや区長さんなど
各地域の自主防災組織で実際に活躍されている方々で満席!

a0247584_6533391.jpg
アドバイザーは、今年も
「にいがた災害ボランティアネットワーク」の事務局長、 李 仁鉄 さんでした。
李さんは、中越地震からのノウハウを生かし、
全国で講演や研修・災害ボランティアセンター設置運営支援なども手掛けている方です。

a0247584_654197.jpg
パネルディスカッションでは、
越谷市社会福祉協議会から、昨年9月の「竜巻被害での対応」、
上尾市内の2つの事務区からは、
「防災活動について」の活動事例や、民生・児童委員の取り組みなどの発表がありました。

地域の人が協力して助け合う【共助】は、災害時に一番に力を発揮します。
そして、支援力(助け上手)も大事ですが、受援力(助けられ上手)も大事だということを学びました。
お互いに、「助けるよ」「助けてください」が言えるように・・・・
それを、社会福祉協議会が立ち上げる「災害ボランティアセンター」がつないでくれるのです。

a0247584_6542021.jpg
とても勉強になったシンポジウムでした。
[PR]
by team_ageo | 2014-02-07 06:46 | 講習会・講演会等 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

新着情報
at 2017-03-31 23:31
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17
8/25(木)【台風9号】 ..
at 2016-08-25 23:16
8/24(水)【台風9号】 ..
at 2016-08-24 22:14
8/23(火)【台風9号】青梅②
at 2016-08-23 23:44
8/22(月)【台風9号】青梅①
at 2016-08-22 23:44
8/21(日)【熊本地震】活..
at 2016-08-21 23:42
8/20(土)【熊本地震】活..
at 2016-08-20 23:30
8/11(木)【熊本地震】活..
at 2016-08-11 23:22
8/10(水)【熊本地震】活..
at 2016-08-10 23:25
8/9(火)【熊本地震】活動..
at 2016-08-09 23:26
8/8(月)【熊本地震】活動..
at 2016-08-08 23:27
8/7(日)【熊本地震】活動..
at 2016-08-07 23:28
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 23:29
8/6(土)【熊本地震】活動..
at 2016-08-06 22:08

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ