ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【第34回上尾市ふれあい広場】の駐車場係を行いました。

10月19日(日)

上尾丸山公園で、第34回上尾市ふれあい広場が開催されました。

a0247584_1213413.jpg
毎年、市内の障害者団体やボランティア団体の出店やステージ発表などがあり
一般の方々との交流などを目的としています。

a0247584_1214775.jpg
昨年は台風で中止となりましたが、今年は晴天に恵まれ、お店は大繁盛!
ステージでは、よさこいや子供たちの太鼓の演奏などもあり
公園に遊びに来ている家族連れなども立ち寄って下さり、とても賑やかでした。

a0247584_122112.jpg
私たちReVAは、おととしから駐車場係を依頼され、
社協職員・市役所職員の方々と一緒に、今年も一日駐車場の誘導係を行いました。

a0247584_1221976.jpg
子ども連れやお年寄り夫婦、犬のお散歩の方々など、ご来場客も様々。
ふくろう?ミミズク?と一緒にいらしていた方にも遭遇してビックリ!
いい天気に恵まれた日曜日を、みなさん楽しまれて行かれたと思います。

一昨年ほどの混雑もなくスムーズに誘導ができ
駐車場係の役目も無事終了しました。


第34回上尾市ふれあい広場の様子は
上尾市Webサイトからもご覧になれます。→https://www.city.ageo.lg.jp/page/013014102101.html
[PR]
by team_ageo | 2014-10-22 22:54 | 活動報告 | Comments(0)

26年度10月【復興応援スタディバスツアー】③

10月5日(日)

早朝、碁石海岸を散歩しました。

a0247584_13145586.jpg
碁石浜
碁石のような黒い玉砂利がたくさん敷き詰められています。

a0247584_1315591.jpg
この下のえびす浜からは、観光遊覧船も出ています。

a0247584_13152457.jpga0247584_13171950.jpg
千代島・碁石埼灯台

a0247584_13162546.jpg
石に刻まれた碁盤の目
これで五目並べをするのかな?

a0247584_13163721.jpg
碁石岬の展望台

a0247584_13164946.jpg
とてもいい眺めでした。

a0247584_131857100.jpg
宿に戻って朝食。

a0247584_1318343.jpga0247584_13192641.jpg
ビュッフェスタイルの朝食も、この宿のオーナーが全部作って下さっています。
全部で何種類もあり、ビックリしました。


宿をあとにし、バスに乗ってJR盛駅へ。

a0247584_13205961.jpg
ここからいよいよ三陸鉄道南リアス線に乗車です。

a0247584_13212559.jpg
駅のホームは、どこにでもある普通のホームですが
1,2番線はアスファルトの道路になっているのがわかると思います。
そう、ここから陸前高田方面に向かう大船渡線は津波で線路が破壊されたため
代りに道路にしてBRTというバスを電車代わりに走らせているのです。

a0247584_13214054.jpg
陸橋の上から見た図
1,2番線は舗装された道路。
BRTが走ります。
3番線は釜石方面に向かう三陸鉄道南リアス線です。
なんとも不思議な光景です。

a0247584_13221547.jpg
ふれあい待合室には、仮設の方々の手芸品やおみやげ、三陸鉄道グッズのコーナーなどがあります。
無料のお茶コーナーや、様々なイベントも行っているそうです。

a0247584_13224323.jpg
階段を上り、3番線へ。

a0247584_13225887.jpg
連絡通路にも、たくさんのメッセージや写真などが飾られていました。

a0247584_13232275.jpg
釜石行きの1両編成。
これに乗って行くのです。

a0247584_13241737.jpg
車内はこんな感じ。
日常の通勤通学にも利用されているので、日曜日でしたが、高校生も乗っていました。

a0247584_632046.jpg
震災に遭った当時の三陸鉄道の様子や
5日後には一部区間で運転を再開した様子は、
この 【さんてつ】 というマンガに描かれています。

        復興のシンボル「奇跡の車両」

   地震発生当時運行中だった車両が吉浜〜唐丹間の鍬台トンネルで停車し、
   乗客と乗務員は津波の難を逃れました。
   トンネル周辺では橋梁が流され、甚大な被害が出ていましたので紙一重の状況。
   トンネル内に残された車両は3ヶ月後に自力走行でトンネルから脱出、
   現在は「奇跡の車両」として復興のシンボルとなっています。


a0247584_1323369.jpg
さて!今回のツアーミッションのメインはこれ!
「キットカットのパッケージ 【切符カット】を集めて三陸鉄道に乗ろう!」というものでした。

a0247584_2063567.jpg
盛駅から釜石駅までの乗車券×15名分
計86枚分のキットカットパッケージを集めるのに協力してくださった方々、ありがとうございました。

a0247584_13245632.jpga0247584_6222396.jpg
出発進行!
車内には、その日の運転手さんの紹介も掲示されていました。

a0247584_13292633.jpg 
a0247584_13313736.jpg
陸前赤崎→綾里→恋し浜
この「恋し浜」は、正式には「小石浜」
地元で採れるブランドホタテの「恋し浜ホタテ」にちなんで駅名も改名。
駅の待合室には、ホタテの殻にメッセージを書いた絵馬がたくさん飾ってあるそうです。
今では恋愛のパワースポットとなっているとか。

a0247584_1329379.jpga0247584_13303736.jpg
走行中、運転手さんがその場所の紹介や復興具合などをアナウンスしてくれます。

a0247584_1330841.jpga0247584_1339583.jpg
途中、景色の良い場所を通過するときは
速度をゆっくりにしてくれるという粋なはからいも・・・

a0247584_13295077.jpga0247584_13392182.jpg
甫嶺→三陸→吉浜→唐丹→平田

a0247584_13395254.jpga0247584_723028.jpg
そして釜石

a0247584_13403652.jpg
運転手さん、おつかれさまでした。

a0247584_13405186.jpga0247584_1341259.jpg
「この切符カットのパッケージで乗車する方は何人かいましたが、
こんなにたくさんのご利用は初めてです!」と
車掌さんもビックリ!

a0247584_13401766.jpg
運転手さん、車掌さん、楽しい旅をありがとうございました。

a0247584_13412484.jpg a0247584_13413369.jpg
釜石駅前。
サンフィッシュ釜石シープラザ釜石 でお買いもの。

a0247584_13414469.jpg
a0247584_13415374.jpga0247584_1342317.jpg

しか~し!

a0247584_13422654.jpg
偶然にもこの時間に 「SL銀河」 が停車中!
まもなく花巻に向かって出発する模様です!
これはおみやげどころではありません!

a0247584_1353225.jpg
みんなSLが出発するまで見入っていました。
中でも一番の「鉄っちゃんぶり」を発揮し、終始はしゃいでいたのは
バスの運転手でもある齋藤社長!

その映像がこちら
  ↓  ↓  ↓

星座を描いたブルーの車両がとてもきれいで感動しました。

a0247584_13482773.jpga0247584_13483843.jpg
釜石から国道283号線を通って 「道の駅遠野風の丘」 へ。

a0247584_13491273.jpga0247584_13492279.jpg
地元の花や野菜がずらり!
a0247584_13493466.jpga0247584_13494792.jpg
遠野と言えば「遠野カッパ」
こんなブリキの置物もありました。
地元の野菜だけでなく、おかあさんたち手作りのお餅やおこわなども販売しています。

a0247584_13503391.jpga0247584_1355065.jpg
昼食は各自で好きなものを食べました。

a0247584_1351459.jpg
a0247584_13552273.jpga0247584_13545071.jpg
牡蠣やアワビ、ホタテなどもその場で焼いて食べられました。

a0247584_13495677.jpg
最後に、キティちゃんの靴下を集めるのが趣味だという彼女のおみやげは
遠野カッパの靴下。

a0247584_13501219.jpg
このスタディバスツアーで、東北限定のキティちゃん靴下を
なんと5個もゲットして帰りました。

帰り道は雨でしたが、みなさんとすごした有意義なツアーは
無事に終了いたしました。

参加者のみなさん、ありがとうございました。


おわり
[PR]
by team_ageo | 2014-10-19 21:54 | 活動報告 | Comments(0)

26年度10月【復興応援スタディバスツアー】②

ここから先は、チーム東松山のメンバーでもあり、東松山交通の社長でもある
斉藤社長にガイドをバトンタッチ!

a0247584_18491362.jpg
東松山市にある 【チーム東松山】 は、名前が似ている 宮城県東松島市 を継続的に支援しています。
この辺の地域の復興の様子にも詳しく
野蒜地区周辺の方々との交流も盛んに行っています。

a0247584_18492497.jpg
齋藤社長、手作りの資料も作ってきてくださいました。

a0247584_12305974.jpg
「▽T.P+7.2m、 これは何を意味するか知っていますか?」
T.P=Tokyo Peil 河川を管理する基準となる標高で、東京湾中等潮位(平均海面) つまり 「海抜」
ここは、海抜7.2mの高さまでかさ上げするという意味なのです。
東北の沿岸部のあちこちで、この看板が目につくようになってきました。

a0247584_12311224.jpg
野蒜小学校
写真には写っていませんが、校庭には、仮設住宅だけでなく、消防署や郵便局なども設置されています。

a0247584_12312499.jpg
まだこのあたりには、がれきの山がたくさん残っていました。

a0247584_12314534.jpg
「がんばろう石巻」の看板
今では石巻のシンボルになっています。

a0247584_1232049.jpg
石巻市立門脇小学校
津波による火災で焼け焦げたこの小学校、現在はシートに覆われています。
犠牲者は出なかったので、保存される方向に話が進んでいるそうですが
住民の方々はつらい気持ちがあり、速やかな解体を望んでいるそうです。

a0247584_12321854.jpg
旧北上川の河口に架かる「日和大橋」
この橋のてっぺんで命を免れた方々もいたそうです。

a0247584_12323330.jpg
この日和大橋の上から見えるのが、石ノ森萬画館

a0247584_12324416.jpg
新築の家がずいぶん増えてきていました。

a0247584_12325836.jpg
女川町
この横倒しになったビル(江島共済会館)は、年内に取り壊される予定だそうです。

a0247584_12332269.jpg
右後方に見えた大川小学校に車窓から手を合わせ
新北上大橋を渡り、南三陸町へ。

a0247584_1236256.jpga0247584_12363579.jpg
南三陸防災庁舎


お昼は気仙沼で自由行動。
お魚市場や復興屋台村気仙沼横丁など、それぞれ好きな場所で昼食としました。

a0247584_12372373.jpga0247584_12373385.jpg
気仙沼プラザホテルで昼食をとった方の、マグロ丼 と 松花堂弁当

a0247584_12374748.jpg
私たちは、渡辺謙がプロデュースしたというカフェ 「K-port」 に行ってみました。

a0247584_1238159.jpga0247584_12381293.jpg
お店の中はこんな雰囲気。
大きな窓からは、目の前の気仙沼港が見えます。

a0247584_12382337.jpg
偶然にも、気仙沼を中心にボランティア活動をしている仲間 「NPO法人 底上げ」 のNさんに遭遇!

a0247584_12383235.jpg
海老だし秋カレーをいただきました。

a0247584_1239622.jpg
その後、陸前高田で自由行動。
一本松まで行く人、おみやげを買う人、タピック45やまちづくり情報館まで行く人など
みなさん自由に時間を過ごしてもらいました。

そしてさらに北上し、大船渡へ。

a0247584_12395174.jpg
かもめの玉子で有名な 「さいとう製菓」の工場へやってきました。

a0247584_1240461.jpg
この工場の一部に 津波伝承館 があります。

a0247584_12402038.jpg
ここで、大船渡津波伝承館の館長、齊藤賢治さんに
津波映像の解説と被災体験談を聞かせていただきました。

a0247584_12412958.jpg
みんな真剣に聞き入っています。

a0247584_12414624.jpga0247584_12431243.jpg
a0247584_12433147.jpga0247584_12434226.jpg
齋藤さんんは、「コミュニケーションが生き長らえるツール」だとおっしゃっていました。
何もない暮らし=「無」
無はすばらしい。お金ではない。
「あの時こそが、一番心が豊かでいられた」という言葉が印象的でした。

a0247584_1244438.jpg
今回の宿泊場所は、大船渡碁石海岸にある 「海さんぽ」

a0247584_12452254.jpg
震災前までは、「ごいし荘」として営業していたこの宿も、震災の津波で全壊。
平成25年12月に新築再建しました。

a0247584_12454858.jpga0247584_12453227.jpg
とてもきれいな宿です。

a0247584_12473235.jpga0247584_12474596.jpg
a0247584_1247593.jpga0247584_1248178.jpg
お部屋のひとつひとつに、碁石海岸の名勝にちなんだ名前がつけられています。

a0247584_12482958.jpg
ふっくらとしたお布団。

a0247584_12483951.jpg
お風呂に行くときに着替えなどを入れる袋がひとつひとつ違い
好きな模様の袋が選べます。

a0247584_1248502.jpg
部屋の窓から見える碁石浜海岸。

a0247584_1249829.jpg
お風呂に入り・・・・
食堂「魚々(とと)の女房」へ。

a0247584_1250138.jpg
ここで、陸前高田市の福祉作業所「きらり」の所長さんと、販売担当の長谷川さんをお招きし
会食をしながら、震災当時のお話などをお聞きしました。

a0247584_12504741.jpg
作業所きらりの所長、伊藤勇一さん

a0247584_12511586.jpg
作業所の利用者さんたちが作っている製品の紹介や

a0247584_1251342.jpg
津波の被害の様子などを、熱心にお話ししてくださいました。

職員25名のほとんどが家族を失ったこと
避難場所が被災し、行政が機能しなかったこと
避難生活で、何もしないことほどつらいものはない
なんでもないことが当たり前にできる幸せ・・・・・

そんなお話が印象的でした。

a0247584_12521568.jpg
そしてみんなで豪華な夕食!

a0247584_12522650.jpg
お刺身も新鮮です。

a0247584_12524929.jpg
実はこの日、最年少参加者の大学生が、20歳の誕生日でした。

a0247584_12532181.jpg
ReVAから、ささやかながらお祝いをさせていただきました。

a0247584_12533927.jpg
すると・・・・なんと!ここのオーナーさんからもサプライズが!
バラの花の形のお刺身がプレゼントされました。

a0247584_125437.jpg
作業所きらりの所長さん、長谷川さんも一緒に、食後に記念写真。

いよいよ明日は、お楽しみの三陸鉄道南リアス線に乗車です。


つづく

[PR]
by team_ageo | 2014-10-17 21:48 | 活動報告 | Comments(0)

26年度10月【復興応援スタディバスツアー】①

10月3日(金)

ReVA主催のスタディバスツアーも今回が3回目となりました。
19歳から70代まで、今回のツアーは年齢層も幅広い15名の参加です。

a0247584_1543409.jpg
21:30、北上尾駅東口を出発し、東松島~釜石までを北上します。
【東松山交通】さま、今回もよろしくお願いいたします。

10月4日(土)

早朝
松島四大観の筆頭といわれる景勝地
東松島市の大高森に到着しました。
今回のツアーの最初のミッションは、「大高森からすばらしい日の出を見よう!」です。

a0247584_17254521.jpg
まだこんなに真っ暗の中、みんなで展望台へ。
500mの坂道を約20分かけて歩きました。

a0247584_15441331.jpg
参加者のみなさん、ご自身のペースで登り切った展望台がこちら。
360度見渡せる絶景地でした。

a0247584_16161360.jpg
西には、松島湾のたくさんの島々が広がっていました。

a0247584_16162848.jpg
「向こうに見える海岸が野蒜海岸です。」

a0247584_16164193.jpg
北側に見えたのは、野蒜海岸。
海水浴場としてにぎわっていたこのきれいな砂浜を
裸足で走れるきれいな海岸に戻そうと
今もたくさんのボランティアの手で、定期的に海岸清掃をしているそうです。

a0247584_1617636.jpg
ゆったりとここからの景色を堪能しているうちに、日の出の時刻。
みんなで東の空を眺めながらスタンバイ!

a0247584_16175193.jpg
残念ながら、ちょっと雲が多くて、水平線からの日の出は見ることができませんでしたが
途中の雲の切れ目からの朝日もとてもきれいでした。

a0247584_16173768.jpga0247584_16171718.jpg
a0247584_16181280.jpg


a0247584_16182823.jpg
松島湾をバックに記念写真。

a0247584_18304213.jpg
大高森展望台を降りて、正面にある 【大高森観光ホテル】へ。
ここで朝食をいただきました。
ここは、ボランティア仲間の「チーム東松山」さんがいつも利用している民宿だそうです。

a0247584_172315.jpg
かわいいニャンコと小さなお子ちゃんがお出迎え。

a0247584_17231136.jpg
広くて温かみのあるこの民宿の2階の大広間。
窓から見える海の景色も素敵でした。

a0247584_17231757.jpg
東京から参加してくれた2人の大学生のおねえさんたち。
みんなのごはんをよそってくれました。

a0247584_17232857.jpg
こんなに豪華な朝ごはん!

a0247584_17233517.jpg
美味しくいただき、このあと、東松島市から大船渡まで北上します。


つづく

[PR]
by team_ageo | 2014-10-15 21:59 | 活動報告 | Comments(0)

26年度ReVA9月便 【参加者の感想】

■祭りの運営の手伝いなど、今までに経験したことのないことができ、新鮮味があり楽しい時間を過ごすことができた。

■とても楽しかったし、とても勉強になった。地元の人たちとの交流もとても良かった。

■自分が行った個人宅の方は、草刈りよりも話し相手を求めているようだった。このような方は良いのだが、孤立している人がいるのではないかと気になる。

■屋根の上に登る作業は初めての経験だったので不安はあったが、無事に終わりほっとした。

■「現地の方々に手伝ってもらえることを考えないと」と思いました。お祭りでの雨がただ残念でした。

■(玄関の雨漏り・吹き込み補修)住人の方が足腰が悪く、自分ではできないようなことだったので、役に立てて良かった。

■ボランティアは初体験だったので色々驚きもありましたが、楽しさと喜びを見出すことができて、とても良い経験になったと思います。

■初めてすることが多かったが、非常に楽しく活動することができ、他大学の方と交流することもできて良かった。

■移動するのに時間がかかり、体力的にしんどかったが、漁船に乗せていただいたり、祭りの運営を手伝わせていただいたりと、すごく貴重な体験ができて良かった。

■地元の子供がかわいかった。

■モビリア祭りが雨になってしまったのは残念だったけど、住民の方や学生の方と雨宿りしながらお話ししたり、たくさんの人と仲良くなれたし、すごく思い出になった。

■色々な手伝いをして住民の方の力になれているように思えたのは良かった。

■子ども達や住民の皆さんだけでなく、メンバーとも仲良くなれて、本当に来てよかったです。

■ReVAさんが継続して活動し、住民の方と信頼関係がある中で活動させてもらい、船に乗るなど本当に貴重な体験ができ、大変感謝しています。

■散歩に見えた99歳の方は3回の津波を経験し、80代後半の方は「津波の話をするのがつらい」と。また、命は助かったが、生きることの苦しさをかたる70代の方。埼玉の息子のところに行きたくなったという80代の方。色々な思いを持った住民の方と交流ができて良かった。

■敬老会終了後「あんちゃん、ありがとね」と言っていただけたので、ほっとしました。全体としては、「楽しかった」の一言に尽きます。

■初めてのボランティアで不安だったが、とても楽しく出来た。

■久しぶりに住民の方とお会いして、お話ができてよかった。

■子どもと楽しく触れ合えて、とてもうれしかった!

■初めてのボランティアで、今までニュースとかでしか知ることができなかった被災地の状況を、肌身で感じることができて良かった。また、仮設住宅に住む方々から様々な意見をいただいて、非常に勉強になり、きちんと考えていかなければならないと感じた。今回学んだことを周囲の人に伝えていきたいです。
[PR]
by team_ageo | 2014-10-12 21:10 | 参加者の感想 | Comments(0)

ReVA9月便活動報告6

9月15日(祝)

a0247584_19483977.jpg
昨日の集中豪雨がウソのように晴れ渡った朝、
みんなでお祭りの後片付けを済ませ、自治会長さんにあいさつ。

a0247584_1948504.jpga0247584_19485794.jpg
集合写真を撮り、他団体のみなさんより一足先にモビリアを出発しました。
これから次のお楽しみへ・・・・・

やってきたのは両替漁港。
実はこれから、いつもお世話になっている漁師さんが船に乗せてくださると言うことで
みんなで浜にやってきました。

a0247584_23511018.jpg
2班に分かれ、まずは1班がこの船に乗ってはるか沖へ・・・・

a0247584_23585130.jpg
そして2班目も沖へ出発。

a0247584_2355171.jpg
手を振って見送ってくれました。

a0247584_23551453.jpg
カッコイイ漁師のお兄さん「晃さん」の操縦で、 1班のメンバーがいるもう一つの船へ。

a0247584_2355341.jpg
お!ここにいました~!
実はこの船は、昨年6月に進水式をした【第2晃進丸】
進水式の時は、「女性は船に乗れない」という海のしきたりがありましたが、
いつか乗せてくださるというお約束を、今回叶えてくださったのです。

a0247584_2356447.jpg
「お~い!」
みんな子供のように大はしゃぎ!

a0247584_06988.jpg
晃さん操縦の元、私たちと、浜のお仕事を一緒にやっている従業員の方々も一緒に
これから一本松まで向かいます。
浜の従業員の方も、船の上から一本松を見たことはないそうで、
とても楽しみにしていたそうです。

a0247584_029846.jpg
晃さんが遠くを指さして色々説明してくださいました。

a0247584_0293713.jpg
あれは別の漁師さんの船。
煙突がついていて、湯気が立っているのがわかりますか?
あれは、船の上で牡蠣についたムール貝やワカメなどの雑モノを死滅させる
【温湯処理】を行っているところだそうです。
牡蠣にたくさんの雑貝が付いてしまうと牡蠣筏が重たくなってしまったり
雑貝などが栄養を奪ってしまうため、
牡蠣は死なずに雑貝などが死滅するという60℃程度のお湯につけるのです。
この手法は、美味しい牡蠣を作るための岩手独特の生産方法なのだそうです。

a0247584_157142.jpga0247584_1531830.jpg
3人仲良く何を見ているのでしょう?

a0247584_1553125.jpga0247584_253340.jpg
地元の浜のおかあさんたちとも、船の上でたくさんお話が出来ました。

そして・・・・

a0247584_251763.jpg
「あ!見えてきた~!」

a0247584_26583.jpg
これが広田湾側から見た奇跡の一本松。
海岸の復旧工事が進められている様子も良くわかります。

a0247584_272170.jpg
海側から見たベルトコンベア。
かさ上げ工事もまだまだ続きます。
今でしか見られない陸前高田の復旧工事の様子を
海側からみることができたなんて、本当に貴重な体験です。

a0247584_2841.jpg
一本松をバックに、船上で記念写真。

a0247584_221321.jpga0247584_2212077.jpga0247584_2221350.jpg
牡蠣いかだの近くを通過し、震災から今までの活動を改めて思い返し
少しずつだけど、ここまで復興が進んだ様子に感無量でした。


a0247584_2225499.jpg
こんなに貴重な、素晴らしい機会を下さって
本当にありがとうございました。

a0247584_2223777.jpg
続けること・・・・・
繋がること・・・・・・
これからも、陸前高田の復興を、そして東北の復興を
見守り続けていきたいと思います。


おわり



参加者の感想は こちら

[PR]
by team_ageo | 2014-10-10 21:28 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA9月便活動報告5

会場の準備も着々と整ってきました。
いよいよおまつり開始です。

a0247584_15132362.jpga0247584_15102879.jpg
a0247584_1511386.jpga0247584_15101173.jpg
a0247584_16113671.jpg
会場には、仮設住宅の方々だけでなく、
近隣にお住いの家族連れの方もたくさんお越し下さいました。


【焼きそば班】

a0247584_1352654.jpg
焼きそば班は、今年も250食ほどの浪江焼きそばを用意。

a0247584_14463718.jpg
麺はいつも通り、『道の駅南相馬』で、
豚肉・もやしは、『マイヤ 陸前高田アップルロード店』で購入しました。

a0247584_1563893.jpg
準備段階では天気も良く、順調にブース設置が進み、

a0247584_1353973.jpg
少しずつお客さんも増えてきました。

a0247584_15215347.jpga0247584_15222079.jpg
a0247584_15223978.jpga0247584_1524296.jpg
a0247584_17505187.jpga0247584_17512079.jpg
遠方から参加してくれた学生も、手際よく焼きそばを調理してくれ、裏方も大忙しでした。


【バルーンアート班】

a0247584_15324953.jpga0247584_15344040.jpg
昨年につづき、今年もバルーンアートのブースは大繁盛!
開店前から、子供たちや親子連れの方、お母さん、色々な人たちが来てくれました。

a0247584_15412760.jpg
やはりここでもバルーンアート達人のSさんは大活躍!
子供たちが作ってほしいキャラクターの名前を言うと、即興で作ってしまいます。

a0247584_15414584.jpga0247584_15443664.jpg
受け取る子供たちの顔が嬉しさを物語っています。

ここで、バルーン名人の作品コレクションを一部ご紹介。

a0247584_14174539.jpga0247584_14213123.jpga0247584_1421946.jpg
      (エルサ)              (オラフ)                (アナ)

a0247584_14214891.jpga0247584_1422864.jpga0247584_14222617.jpg
     (シナモロール)           (コマさん)             (マリオ)

a0247584_14224898.jpg
      (納豆)

a0247584_16534169.jpg
大忙しのSさんをサポートするAkiちゃんも、年々腕を磨いてがんばってくれました。


【駄菓子屋・ゲーム班】

a0247584_1645699.jpga0247584_1653872.jpg
子供たちが絵を描いてくれたバルーンちょうちんを飾り、
駄菓子屋・ゲーム班のブースは、とても華やか。

a0247584_166052.jpga0247584_16343484.jpg
a0247584_16344542.jpga0247584_1635242.jpg
子供たちが喜びそうなくじ引きを考え、
子ども好きのメンバーや学生たちと一緒に作ったこのブースは、大人でもワクワクしそう。
アンパンマンのルーレットは、ボタンを押すと針が回る優れもの!
これもエアホッケー同様、メンバーのMさんの手作りです。

a0247584_16351546.jpg
案の定、子どもたちには大人気!

a0247584_16353977.jpg
学生たちも、子どもたち以上に楽しそうでした。


【その他の出店ブース】

今年は、他にもたくさんのお店が並びました。

a0247584_1643481.jpg
住民の方の「男の料理教室」では、おにぎりやおつまみ
やきとり、つくねなど。

a0247584_16432060.jpg
玉川大学では、フランクフルトやチョコバナナ。

a0247584_16441719.jpg
地元の漁師さんのブースには、ジャンボホタテや

a0247584_1643566.jpg
大船渡で水揚げされたばかりの、旬の秋サンマも登場!

a0247584_1644440.jpg
今回のお祭りのミッションとして、「積極的に他の出店ブースのお手伝いに行く」というものがあり、
早速サンマ焼きのお手伝いに行ったKくん。
地元の漁師さんともすっかり仲良くなりました。

ところが・・・・・・・
さあ、祭りもこれから盛り上がる時間!というその時!

a0247584_16202129.jpg
なんと!まさかのゲリラ豪雨!

a0247584_1620315.jpg
みんなテントの下や建物の軒下に避難することになりました。
あんなに天気が良かったのに、予想もしなかった悪天候。
良く見ると、雹(ひょう)も交じっていました。

a0247584_1624057.jpga0247584_1619230.jpg
集会所の軒下で雨宿りする皆さんと、ひょうをキャッチしようと試みるK君。

a0247584_16192960.jpga0247584_18281722.jpg
雨宿りしながら見せてもらった地元漁師さんのスマホは
まさに陸前高田付近だけが真っ赤っかの集中豪雨!
西の空を眺めながら、しばらくみんなで雨宿りとなりました。

a0247584_16311568.jpg
そんな時間もかえってよかったのか、住民のみなさんと雨宿りをしながらたくさんお話ができ
新たな交流も生まれました。

a0247584_1617221.jpg
やっと雨もやみ、おまつり再開。

a0247584_16173053.jpga0247584_16173735.jpg
メインステージでは、めぐみ太鼓や玉川の学生や子供たちによる「恋するフォーチュンクッキー」。
たかたのゆめちゃんが今年も遊びに来てくれ、本格的にお祭りムードとなりました。

a0247584_16354983.jpg
途中の雨は残念でしたが、今年もたくさんの再会と交流が生まれたモビリアまつりになりました。



モビリアまつりの様子は、後日、東海新報に掲載されました。

a0247584_20101021.jpg



つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-10-08 22:24 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA9月便活動報告4

9月14日(日)

モビリアまつりの当日の朝
まずは集会所で全体ミーティングです。

a0247584_15304595.jpg
玉川大学太田ゼミ、びびんず、ReVA、昭和女子大。
第1回目から一緒にこのお祭りを作ってきた仲間たち。
顔なじみも増えました。

今年のテーマは、 【再会の場作り】
震災から3年半が過ぎ、災害公営住宅も建ち始め、
徐々に仮設住宅を引っ越していく方も増えてきました。
モビリアの仮設を卒業した方にもまた来ていただけるように・・・・・
周辺の地域の方々との交流のきっかけにもなるように・・・・・
今年のお祭りには、そんな願いがこもっています。

a0247584_15305293.jpga0247584_15305947.jpg
自治会長さんのあいさつのあと、住民の方たちと一緒に設営準備。
ステージ作りやテント設営も、今まで以上に住民の方が主体的におこなっていたそうで、
徐々に自治会主体のお祭りになりつつある感じがしてきました。

この日の午前中は、ReVAは担当班に分かれ、便利屋さんの続きをしながら
各お祭りのブースの準備に取り掛かりました。


【気仙町長部地区 敬老会】

a0247584_2305340.jpg
昨日準備をした気仙小学校体育館には、
長部地区の各地域の75歳以上のみなさまが大勢集まりました。

a0247584_231066.jpg
民生委員の岡本さんのごあいさつのあと

a0247584_2311294.jpga0247584_231202.jpg
a0247584_2312771.jpga0247584_2313599.jpg
お食事をしながら、ステージの歌や踊りを楽しみました。

a0247584_2314221.jpg
中でも、漁師さんの多いここ長部地区の「長部大漁唄」は、とても心にしみました。

a0247584_2314918.jpg
実は昨日急に、
「せっかくお手伝いにいらしてくださったのですから、何かステージで演芸を披露しませんか?」と
リクエストを受け
急きょ代表でバルーンアートを披露することになった佐藤さん。
見事なパフォーマンスで、縁起のいい「米俵に乗ったトラ(米寿の方の干支)」を作ってくれました。

a0247584_2315695.jpga0247584_2321237.jpg
それを、会場内の米寿の方々にプレゼント。
こんなに嬉しそうな笑顔で喜んでくださり、私たちも嬉しくなりました。

a0247584_145365.jpg
そのころモビリア仮設の敷地内では、おまつりの準備中。

a0247584_14531782.jpg
エアホッケー対決のために、メンバーのMさん手作りのマシンに装飾。

a0247584_1453294.jpga0247584_14534374.jpg
子供たちも準備を手伝ってくれました。

a0247584_1454168.jpg
集会所内では、男の料理ブースで出すおにぎり作りに
参加者の学生たちがお手伝い。

a0247584_5404987.jpg
そして今年初の試み!バルーンおみこしの作成です。
バルーンアートの佐藤さんフル回転!

a0247584_5405624.jpg
鳳凰、飾り紐、蕨手、枡組
細かいところまで再現されています。
カーブさせた風船の形を固定させるために
ヘアスプレーを使うなんて技も・・・・・・

a0247584_54137.jpg
男性陣は材木を切って組み立てて、担ぎ棒の作成です。

a0247584_5411069.jpga0247584_5412162.jpg
こんなに長いさらしを巻いていくわけですが・・・・

a0247584_5412896.jpg
いやいや・・・・・腹帯じゃないから(笑)

a0247584_12522990.jpg
赤い部分は粘着テープを巻き、お祭りっぽく装飾していきました。
なかなか感じが出てきました!!

a0247584_5413641.jpga0247584_5414265.jpg
こうしてバルーンおみこしの完成!

a0247584_12575727.jpga0247584_12581142.jpg
プラスα、風船で提灯を作り、御輿担ぎに花をそえます。
提灯には子供たちに自由に絵を書いてもらいました。
お御輿で使用した提灯は、夜のお祭りの飾りつけに使わせてもらいました。

a0247584_5414960.jpga0247584_5415721.jpg
「わっしょい!わっしょい!」
子供たちと一緒に、仮設の敷地内を練り歩きました。

a0247584_542357.jpg
おまつりの準備をしている会場の前も通過。

a0247584_5421486.jpg
ちょっと疲れてきた様子。
風船は軽くても、担ぎ棒が重たかったかな?

a0247584_5422348.jpg
気が付くと担ぎ手が減っていましたが・・・・・
坂道をたくさん歩き、最後までがんばってくれたおともだち、どうもありがとう♪

担いでくれたみんなには、お祭りで使える駄菓子券を2枚ずつプレゼント!
夜はそれを持ってお祭りに来てね~!!

このあといよいよお祭りです!


つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-10-06 15:25 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA9月便活動報告3

一方こちらの班は、4名で、朝から別の仮設住宅の作業を行いました。

【竹駒町相川仮設住宅 玄関屋根の雨漏り修繕】

8月の台風で再度雨漏りすることがわかった玄関の屋根。
残りのお宅も修理して来ました。

a0247584_16284389.jpg
屋根の上の作業なので、はじめにきちんと安全指導を受けてから行いました。
3人とも真剣なまなざし。

a0247584_1629637.jpga0247584_16291496.jpg
段取りを指導してもらい、いざ作業開始!
住民のみなさんも見守ってくれています。

a0247584_16292165.jpg
慣れてきたところで、1人1軒!
遠くの山がとてもきれいです。
初参加の学生には、とてもいい経験になったことと思います。

a0247584_16292859.jpg
前回より少し長めの波板を使用。
下からの吹き返しの風を考えると、長ければいいというものでもありません。
これくらいが限界でしょうか。
横の隙間も無くしたので、今度は雨漏りしなければいいなと思います。

この日も仮設のおかあさんたちの手作りのお昼をいただきました。
前よりもゆっくりたくさんお話も出来たそうです。
活動も大事ですが、こういう時間が一番大事なんだと思いました。


【横田町狩集仮設住宅 物置製作】

夕方からは、もう一つの仮設住宅へ。

a0247584_16293821.jpg
以前からお願いされていたお宅の物置作り。
設置場所の寸法を測り、製作は翌日へ。

a0247584_16294774.jpg
そして次の日完成したのがこの物置です。
有効に活用していただけたらと思います。



【気仙町長部地区 敬老会準備】

もう一つの班は、気仙町長部地区で行われる敬老会の準備へ。

a0247584_16412086.jpg
会場は、陸前高田市立気仙小学校の体育館。
この学校は、旧長部小学校を使用して
平成25年4月に、気仙小学校と長部小学校の2校が合併して開校されました。

a0247584_1643428.jpga0247584_164351100.jpg
a0247584_2285830.jpg
隣接する長部コミュニティセンターから、いすや机を搬出し、
小学校の体育館へ運びました。

a0247584_16441282.jpg
校庭に建てられた仮設を通り抜けると小学校の校舎。

a0247584_16442269.jpg
校庭は、直線コースが2コースしか取れません。

a0247584_16443039.jpg
体育館に、地元の方と、いすや机、紅白幕などを設置。

a0247584_16443891.jpg
民生委員の岡本さん

a0247584_16444553.jpg
明日は、約120名の75歳以上の対象者がここに集まります。


この日の活動を終え、みんなでお風呂へ。
その時に見た不気味な空の雲がこちら
   ↓
a0247584_22401759.jpg
その時はなんだかわからなかったのですが
その後、 【乳房雲】 と判明。

a0247584_22403032.jpg
集会所でみんなで夕飯を食べた後、
何人かは、別の集会所で行われていた住民と玉川大の学生との交流会に合流し
有意義な時間を過ごしました。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-10-03 16:24 | 活動報告 | Comments(0)

ReVA9月便活動報告2

【モビリア仮設住宅便利屋さん2 草刈り】

午後は別のお宅の草刈りへ。

a0247584_13132568.jpg
Yさんの自宅はお庭が広く、日当たりがとても良いので草が高くのび育っています。
やりがいのあるお庭です!!

a0247584_13134054.jpga0247584_13135482.jpga0247584_1314342.jpg
刈払機2台でどんどん刈っていき、どんどん回収していきます。
Yさんのお宅は何度か伺っていて顔なじみ。
たくさんお話しする方ではないですが、私たちの事を気にかけて何度も声を掛けてくださいました。

a0247584_13145262.jpga0247584_1315783.jpg
今回参加したIさんが刈払機に初挑戦することに(本人的にはかなりワクワク!)
メンバーの経験者から指導を受け、初めてながらとても器用に刈っていきました。
好奇心旺盛なIさん、とても良いスキルアップになったことでしょう。

a0247584_13152562.jpg
とにかく刈る、集める、袋詰めするを黙々と繰り返し、
夕方からは他から沢山の応援も集まり、一気に作業を進めて行きました。

a0247584_8341669.jpga0247584_14255942.jpg
見違えるほどスッキリしました!


【モビリア仮設住宅便利屋さん3 草刈りと枝切り】

a0247584_1447097.jpg
こちらのお宅も草刈と枝切りのご依頼でした。

a0247584_1447940.jpg
依頼者の方が不在で枝切りは出来ませんでしたが、
学生や初参加の方も一生懸命草を刈って、きれいにしてくださいました。
あとからお伺いしたところ、ここのお宅は間もなく引っ越しをされるとのこと。
だんだんとこの仮設住宅を離れ、新しい生活をスタートさせるという声を多く聞くようになりました。

一方で、まだまだ仮設で暮らさなくてはいけない方々には
仮設住宅の不便さは深刻です。
一時期なら・・・とガマンして暮らしていても、
毎日の事で、しかも3年半も経過した住宅は不具合だらけ。

【モビリア仮設住宅便利屋さん4 前回のアフターケアと雨漏り対策】

a0247584_1457402.jpg
こちらのお宅は、前回階段のステップの増設をしたお宅です。
足の不自由なご夫婦のお宅でしたので、
その後の階段の使い勝手と生活のご様子はどうかとお伺いしたついでに
雨や風が吹き込む隙間を埋める作業をしてきました。
こちらも何度かお伺いしていたお宅なので顔なじみにもなり
楽しくお茶っこをしながらおしゃべりをしてきました。

【モビリア仮設住宅便利屋さん5 玄関のステップの増設】

a0247584_1511184.jpg
こちらのお宅からも、階段を1段から2段にするご依頼を請けました。
実は前回階段を作らせていただいたお宅から聞いて
「うちもぜひお願いしたい!」とお申し出下さったのだそうです。
事前に寸法をお聞きし、ある程度材料をカットして持ち込んだので
当日の作業はスムーズに。
作業に携わったメンバーのI氏の頼もしい一面も改めて感じました。

a0247584_1533016.jpg
キャンプ場の坂に建っている住宅なので、1軒1軒玄関の高さも微妙に違ってきます。
住む人によってはこのように1段を2段にするだけでも
ずいぶんと楽になるのです。

その他にも、高いところに手が届かないお宅の換気扇掃除や窓ふき
エアコンのフィルター掃除など、便利屋さんの依頼を多数お請けしました。


つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-10-03 12:43 | 活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

12/2 台風21号川越活動..
at 2017-12-02 23:24
■台風21号(川越)活動報告..
at 2017-11-30 07:39
11/16 台風21号川越活..
at 2017-11-16 23:56
11/9 台風21号川越活動..
at 2017-11-09 22:45
11/3 台風21号川越活動..
at 2017-11-03 23:53
11/2 台風21号川越活動..
at 2017-11-02 22:52
11/1 台風21号川越活動..
at 2017-11-01 23:52
柏市社会福祉協議会【災害ボラ..
at 2017-10-31 23:57
10/30 台風21号川越活..
at 2017-10-30 23:59
10/29 台風21号川越活..
at 2017-10-29 23:50
10/28 台風21号川越活..
at 2017-10-28 23:49
10/27 台風21号川越活..
at 2017-10-27 23:49
10/26 台風21号川越活..
at 2017-10-26 22:47
10/25 台風21号川越活..
at 2017-10-25 23:43
福生第六小学校 道徳地区公開..
at 2017-10-07 23:11
【浪江社協ボランティア3&小..
at 2017-09-24 23:59
平成29年度 上尾市総合防災訓練
at 2017-08-20 23:45
【九州北部豪雨災害】活動報告..
at 2017-08-15 23:00
8/6 【九州北部豪雨】活動..
at 2017-08-06 23:04
8/5 【九州北部豪雨】活動..
at 2017-08-05 23:59

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【台風21号(川越)】活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【台風9号(青梅・狭山)】活動報告
【熊本地震】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【陸前高田】活動報告
講師
講習会・講演会参加
イベント
募金・活動支援金のお礼
支援物資のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ