ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

上尾市災害ボランティアセンター運営会議

11/19、12/22と、上尾市社会福祉協議会の方々と一緒に
「災害ボランティアセンター運営会議」をしました。

a0247584_7341553.jpg
(11月19日の様子)

上尾が被災したら、上尾にも災害ボランティアセンターが立ち上がります。
そんな時、私たちが運営スタッフ側の戦力にもなれるように
今までお世話になった災害ボラセンの運営方法を思い出しながら知恵をかき集め提案し、
社協職員さんが研修して学んできてくださったことを教わりながら、
知恵を出し合いました。

a0247584_7361095.jpg
(12月22日の様子)

埼玉県社協の様式を参考に、受付用紙やニーズ依頼票の項目の検討や
「こんな時には、こんな地元市民の運営スタッフがいると助かるよね?」など
いろいろな案が出ました。

a0247584_7415674.jpg
また、社協職員さんが、先日研修で聞いてきたことを私たちにも教えて下さいました。

■フォード型(大規模災害時の流れ作業)・・・伝達コストがかかる!

■フェラーリー型(1人1ケース対応型)・・・理想だけど人手が足りない!


運営形式も、災害の規模や内容、そこの地域性やボラセンの規模によっても違います。
適した運営方法をその都度考え、臨機応変に応用も効かないといけないなぁ~と思いました。

もし、自分たちも被災している状態だったり、家族や仕事も抱えている状態で
果たしてスムーズに運営できるのか?
そこは大きな課題でもありますが
被災して助けを求めて依頼しにきてくれた方々にも安心してホッとしてもらえるようなボラセンでありたいと
参加者全員が、共通な意見で会議は終わりました。

災害はあってほしくないけれど
もしも災害が起こり、地元に災害ボラセンを立ち上げることになったら
市民のみなさんが協力しあって
そんな温かい災害ボラセンを、みんなの力で運営していけたらと思います。
[PR]
by team_ageo | 2014-12-28 00:25 | その他 | Comments(0)

ReVA12月便活動報告2

12月14日(日) 早朝5:00

a0247584_1651642.jpg
まだ外は真っ暗。
・・・・・というより、まさかの吹雪!

a0247584_16511363.jpg
この日は希望者数人で、「牡蠣出荷作業」の体験をさせていただきました。

a0247584_16511918.jpg
牡蠣小屋に着くと、もうみなさんすでにお仕事中!
何時から作業していたのでしょうか、
朝の出荷時間に間に合うように
こうして寒い中、夜明け前から毎日出荷作業をしているのだと知りました。

a0247584_16512667.jpg
海水の入った生け簀には、大きく育った牡蠣がたくさん!
「おかげさまで、作業が追いつかないほど出荷依頼が多くて忙しいです。」とおっしゃっていました。

a0247584_16513146.jpg
梱包作業の手順を聞きます。

a0247584_16514076.jpg
牡蠣にも裏と表があります。
平らな方を上にして、指定の数量を並べていきます。

a0247584_16514877.jpga0247584_16515596.jpg
数を間違えたら大変!みんな真剣です。

a0247584_1652125.jpg
生産者番号と名前、賞味期限の日付の入ったこのカードを必ず入れます。

a0247584_165281.jpg
入れ忘れの無いように・・・・
最後に保冷剤も入れて、しっかりふたを閉めます。

a0247584_16521481.jpg
こちらは生産者番号35番、20個入り。
ふたの色も、中の個数によって違います。

a0247584_16522214.jpga0247584_16523136.jpg
イケメン見習いたち!
作業用エプロンも似合ってますよ!

a0247584_16523818.jpg
パレットに積み上げられた作業場いっぱいの出荷用牡蠣。
シャッターを開け、これからトラックに積み込みます。

a0247584_16525325.jpg
おぉ!中までフォークリフトが!

a0247584_1753423.jpga0247584_1653166.jpg
朝の作業が一段落して、ここでなんと!アワビの試食!
「アワビなんて初めて食べた~」という人も。
なんというぜいたく!ありがとうございました。

a0247584_1653992.jpg
吹雪もやんで外が明るくなった頃、朝の出荷作業終了。
ちょっとの時間でしたが、お手伝いになったでしょうか?
貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

a0247584_16542742.jpga0247584_16543448.jpg
牡蠣の出荷作業に行かなかった人も、それぞれ早起きをして、朝の散歩に行ったようです。

a0247584_16544219.jpg
碁石埼灯台から見た朝日。

a0247584_16544740.jpg
碁石海岸周辺は、とてもいい散歩コースがあり、名所もたくさんあるので
またいつか時間をたっぷり取って散策してみたいです。

a0247584_16545352.jpg
朝ごはんはビュッフェスタイル。

a0247584_16545975.jpga0247584_16553618.jpg
朝からたくさん美味しくいただきました。

a0247584_16554352.jpga0247584_16554974.jpg
8:00、宿を出発。

a0247584_16555433.jpg
「海さんぽ」のマスター、大変おせわになりました。

a0247584_1656521.jpg
モビリア仮設住宅に到着し、数人の人たちは「便利屋さん」の活動へ。

a0247584_16561161.jpg
夜中に降った雪が残る道を歩き、依頼者宅へ向かいます。

a0247584_16561746.jpg
今回のニーズは、換気扇やエアコン、お風呂場のお掃除などが多かったです。
災害公営住宅や個人再建でお引越しされる方も増え、
最後にきれいにお掃除して引っ越したいという方々からのご依頼が中心でした。

a0247584_16562292.jpg
荷物もすっかり無くなったお部屋。
初めて仮設住宅の中にお邪魔したという参加者からは、
隙間風や床からの冷たい風が気になったとの声も・・・・・
冬場は本当に寒かったことと思います。
次のお住まいでの暮らしを願いつつ、きれいにお掃除させていただきました。

a0247584_16563511.jpg
一方こちらのグループは、ボランティア参加が初めての方を中心に
せっかくの機会なので、八起プロジェクトの蒲生さんに、当時の様子などを語っていただきました。

a0247584_16564140.jpg
事務所の壁には、2011年3月11日のカレンダーが。
あの日の事をずっと忘れないために貼っているとのことでした。

a0247584_16564655.jpg
地図や写真集などで解説をしてくださりながら、
津波のしくみや当時の状況、災害時に便利だったもの、地域力の違いなどのお話や
今だから言える生々しいお話なども聞かせていただきました。

a0247584_16565429.jpg
そして、モビリア展望台から見た津波の映像や、
自衛隊のヘリに乗せてもらって見た街の様子などの映像も見せていただき、
改めて身体が引き締まる思いでした。

a0247584_165705.jpg
その後、モビリア展望台へ。

a0247584_1657810.jpg
この冬一番の寒さというこの日。
強風が吹き荒れる中で、短い時間しかいられませんでしたが
展望台の上から市街地を見下ろし、蒲生さんからお話をいただきました。

a0247584_16571633.jpg
ここからの景色を見ていただいた方には
「どうですか?ここからの景色の感想は?」と聞いているそうです。
するとほとんどの方が、「とてもきれいで素晴らしい景色ですね」と言うのだそうです。
そのあとで、「ここで、何千人もの人が亡くなったのですよ・・・・」と話すと
みんな口を閉ざすのだとか・・・・・・

a0247584_16595115.jpg
悲しいくらいに澄んだ空と海・・・・・・
強い風の音だけが耳に残りました。
この日のこの景色を、私たちも忘れずにいようと思いました。

a0247584_1711230.jpga0247584_1712076.jpg
「便利屋さん」作業を終えスタッフにごあいさつをし、
少し早目にモビリアを出発。

a0247584_1712822.jpg
牡蠣小屋で、おみやげ用の牡蠣の梱包作業をしていたメンバーと合流し、
バスいっぱいのおみやげを積み込みました。

a0247584_1713458.jpga0247584_1713929.jpg
今回も大変お世話になりました。

a0247584_172964.jpg
一本松茶屋でおみやげを購入し

a0247584_1722652.jpg

a0247584_1723327.jpga0247584_1723968.jpg
お昼は南三陸のさんさん商店街で昼食。

a0247584_1733462.jpg
海鮮丼や

a0247584_1734055.jpg
カキフライ定食を食べ

a0247584_173464.jpg
今年度最後のボランティアツアーを終了しました。
[PR]
by team_ageo | 2014-12-21 00:49 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

ReVA12月便活動報告1

12月12日(金)

今年度最後のボランティアバスです。
ボランティア初参加の方々も含め、今回は23名で陸前高田市に行ってきました。

a0247584_16251195.jpg
21:30 上尾市総合福祉センターで、恒例の出発式。
今回も中堅メンバー3名が、リーダーとして指揮をとってくれました。


12月13日(土)

a0247584_16251886.jpg
明け方4:00 
岩手県一関市にある 「道の駅かわさき」 気温は0℃。

a0247584_16252388.jpg
6:30頃、陸前高田市内に到着。
まだ日の出前なので、初参加の方を連れて
時間調整も兼ねて、一本松まで歩いて行ってみることにしました。

a0247584_16253144.jpg
開門前だったので、近くまで行くことはできませんでしたが
6:55頃、ちょうどきれいな日の出を見ることが出来ました。

a0247584_16253744.jpg
a0247584_16254451.jpg

a0247584_1625588.jpg
朝日にあたる気仙川とベルトコンベア。
かさ上げのために削られた山は、見るたびに低くなっていっているのがわかります。

a0247584_16264619.jpg
箱根山にも立ち寄りました。

a0247584_16265175.jpg
朝日も海も空もとてもきれい。
良い天気に恵まれました。

a0247584_16265689.jpg
陸前高田市街地が一望できます。
何もない茶色い市街地に、大きくて長いベルトコンベアだけが白く見え
初めてここに来た参加者からはため息が漏れました。

a0247584_1627130.jpga0247584_1627761.jpg
たくさん並んだ牡蠣の養殖いかだもくっきり見えました。

a0247584_16271345.jpga0247584_16271963.jpg
茶色く見える部分が、両側の海からの津波で被害に遭った部分です。
この秋、この復活した水田で、震災から4年ぶりに 稲刈り をすることが出来たそうです。

8:30 モビリア仮設住宅に到着。

a0247584_1638857.jpg
今回の活動は、恒例となった 「便利屋さん」 だけでなく
住民の方々と一緒の 「おもちつき交流」 や「日帰り温泉バスツアー」もあります。

a0247584_16274930.jpg
ReVAとしては、おもちつきは初めての試みなので、ちょっと不安な部分もありましたが
朝のミーティングで役割分担をし、住民の方々と一緒に、早速準備にとりかかりました。

a0247584_16275541.jpg
その前に・・・・・・・吉沢代表は、早速便利屋さんの依頼に対応??
バイクの修理は得意分野で、なんだか楽しそう。
(その後、軽トラのタイヤ交換もしていました。)

a0247584_16381594.jpg
北集会所前で、おもちつきの準備開始。
今回用意したもち米は、なんと30kg!
前日に地元スタッフの方が、もち米をうるかしておいてくださったり
仮設の方が、ご自宅の蒸し器を貸してくださったりと
私たちだけではできなかった部分を、地元の方にずいぶん助けていただきました。

a0247584_16382264.jpg
女性陣はお雑煮の汁の準備。
今回の汁は、「ひき菜汁」と言って、東北地方の郷土料理です。
大根・にんじんなどを千切りにしたものが入っています。

a0247584_16382977.jpg
一方こちらでは、「くるみもち」のたれを作るため、なんと!くるみを割る作業から!
市販のくるみペーストもあったのですが、
「せっかくなのでチャレンジしてみませんか?」と、地元産のくるみをたくさん用意してくださいました。
ハンマーで割り、キリやつまようじなどのとがったもので、中のくるみを掘り出します。
なかなかうまくいかず時間もかかりましたが、
結果的にはこれがとってもいい時間に・・・・・・
「仮設のおじいちゃんおばあちゃんと、こんなに長い時間たくさんしゃべれたのは初めて!」
「いろんなお話を聞かせてもらい、とっても楽しかった!」という感想をいただきました。

a0247584_16383945.jpg
もち米が蒸けて、いよいよ餅つきの開始!
いきなり「つく」のではないことを、みなさんは知っていましたか?
まずはこうして「こねる」のです。

a0247584_16384957.jpg
蒸かしたてのもち米から出る湯気が、周りの雰囲気も温かくしてくれているようです。
地元のおじいちゃんと、ボランティアの方とのコラボが、絵になります。

a0247584_1638564.jpg
さぁ!いよいよもちつき開始!

a0247584_1639244.jpg
仮設の女性陣もがんばります!
(というか、さすが上手!)

a0247584_1639974.jpg
こちらは「竪杵」。
あの、月でウサギがおもちをついている図に出てくる杵です。
自治会のものをお借りしたのですが、私たちの中でも初めて見たという人も。
地元大工の富男さんが、この杵で手際よくついてくださいました。

a0247584_1639151.jpga0247584_16392425.jpg
だいぶ慣れて軌道に乗ってきたころ、子どもたちも続々と登場。
このあと子どもたちも一緒におもちつきをしてくれました。

a0247584_16393222.jpga0247584_16394272.jpg
出来上がったおもちを手際よく丸めていきます。

a0247584_1639539.jpga0247584_1640320.jpg
a0247584_16401011.jpga0247584_16401890.jpg
きなこやあんこ、からみもちやくるみもち、納豆もちも作りました。
会場に来られなかった仮設の方々にも配布できるように、パックに入れたものも作りました。

a0247584_16402557.jpg
こちらでは、料理好きのメンバーが、余った千切り大根とくるみだれを使って
ちょちょいっと一品完成!
これがのちに住民の方々に大好評でした。

一方こちらでは・・・

a0247584_16414583.jpg
おもちつきの合間に、いつもお世話になっている「作業所きらり」さんに立ち寄らせていただきました。

a0247584_16415212.jpga0247584_1642017.jpg
玄関では浮き球で作ったサンタやトナカイがお出迎え。
津波でつぶれてしまった浮き球も、こんなにかわいいカエルに大変身!

a0247584_1642693.jpg
ちょうどお昼ごはんの時間になり、
作業所のみなさんにも、つきたてのおもちを食べていただくことができました。

a0247584_16421487.jpg
帰りに、注文していたアニマルポットたちを軽トラに積みこみました。
笑顔で手を振って旅立っていくこの感じがなんともいえません。
作業所きらりのみなさん、ありがとうございました。

a0247584_16425380.jpg
仮設住宅の集会所では、ちょうど会食時間。

a0247584_1643019.jpg
「いただきまーす!」
みんなで、つきたてのおもちを味わいました。

a0247584_16432295.jpg
会食のあとは、お楽しみビンゴ大会!

a0247584_1643731.jpg
当たるかなぁ~?
みなさん真剣にカードとにらめっこ!

a0247584_16432983.jpg
「ビンゴ!」「おめでとうございまーす!」
今回の景品の中には、 豪華スペシャル商品の他に、
私たちボランティア参加者1人1人が持ち寄ったものも入っています。
ビンゴになった人から順番に自分の好きなものを選んでもらい、
ビンゴ大会は、終始大盛り上がりでした。

このあと、会場まで来られなかったお年寄りの方や、便利屋さんなどでお世話になったお宅1軒1軒にも
メンバーが、おもちのおすそ分けに行ってきました。
こちらも大変喜んでいただき、私たちもとても嬉しかったです。

a0247584_16442319.jpg
会食とビンゴ大会のあとは、日帰り温泉バスにご招待。
ここでは、モビリア仮設住宅のみなさんだけでなく、
横田町にある狩集仮設住宅の皆さんにもご参加いただきました。
そこで偶然、震災前に気仙町で近くに住んでいた方同士が久しぶりに再会してビックリ!
別々の仮設住宅に住んでいる方々の再会の場になれたことは、
私たち企画した側にも、大変うれしい出来事でした。

a0247584_332835.jpg
実は、狩集仮設の方は、モビリアに来たのが初めてという人ばかりで、
仮設住宅の作りの違いと広大な敷地の広さ、坂の多さにはビックリしていました。

a0247584_16442979.jpg
さて、着いた先は、大船渡温泉ホテルです。

a0247584_16443667.jpga0247584_16444235.jpg
土曜日とあって、できて間もないきれいなロビーには、利用客さんがいっぱい!

a0247584_16444756.jpg
ロビーの一番奥になる大きな窓からは、こんなに素晴らしい海が一望できます。

a0247584_16445539.jpg
私たちから見たら、きれいなこの景色も、
津波を経験した方の中には「もう海は怖くて見たくない」と思う方もいるのは事実。
まだまだこういったつらい経験は残るのでしょうか・・・・

a0247584_1645168.jpg
お風呂からあがってゆっくり待っていただいている間、
今回の参加者のHさんが、リラクゼーションのマッサージをみなさんにしてくださいました。
こんな特技を持った方のボランティア参加もいいですね。

a0247584_1645792.jpg
帰りにみなさんで記念撮影。
短い時間でしたが、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

a0247584_16455911.jpg
この日の活動を終えて、碁石海岸にある宿泊先の「海さんぽ」へ。

a0247584_16463615.jpg
今年も、活動でお世話になった地元の方々と一緒に忘年会を行いました。

a0247584_16464199.jpg
10月に実施したスタディバスツアーでも利用させていただいたここ「海さんぽ」の料理はとても豪華!
美味しい料理をいただきながら、楽しいひと時を過ごしました。

a0247584_16463030.jpga0247584_16465946.jpg
a0247584_16473546.jpga0247584_16474477.jpg
a0247584_16481417.jpg
みなさん、今年も大変お世話になりました。



つづく
[PR]
by team_ageo | 2014-12-20 00:22 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

中学校ゲストティーチャー 「地域の方にお話を聞く会」感想

・「困っている人を助けたい」「誰かがやらなくてはいけないから」「早く今までの生活に戻れるように」と、
自ら進んでやり、復興につなげて行っているのはすごいことだと思った。6

・災害ボランティアは大変そうだと思ったが、大変なこと(やりたくないようなつらい事)もやっているのは
すごいと思った。3

・得意なことを活かしてボランティアをしているのだとわかった。3

・片づけや泥出しだけじゃなく、現地の人と話をすること・交流することも大切にし、
気持ちの面でも支援していることを知り、すごいと思った。2

・災害ボランティアにはたくさんの種類があって、中学生の私たちにもできそうな活動もあることを知った。6

・ここの中学校の先輩たちも支援に関わっていると聞き驚いた。「すごいな」「光栄だな」と思った。12

・やりがいや喜びがあるから災害ボランティアができ、
「ありがとう」「また来てね」と言ってもらって嬉しくてがんばれるというのが素晴らしいことだと思った。6

・東北以外でも竜巻や大雪支援など、地元災害にも活動しているのだと知った。2

・つながりが厚くなり、上尾が被災したら助けた所から助けに来てくれる関係になり、
助け合いの輪が広がっていくのだと知った。

・上尾市にも素晴らしい仕事や地域に貢献している団体があることを知ることができて良かった。4

・助ける・助けられる関係が大切だとわかった。5

・人と人とのつながりが大事だと思った。6

・ReVAの人たちだけでなく、災害に遭っていない人が助けたり、物を送ったりすることは、
心が温かく優しい事だと思った。2

・被災地の事は他人事だと思っていたが、埼玉でも竜巻や大雪があり、他人事ではなくなった。2


・被災地に行く機会があったらボランティアをしてみたい。

・被災地に直接行けなくても、(寄付や物資の支援など)自分にもできる支援をみつけて、
少しでも力になりたい、災害に遭った人たちや障害者を助けたいと思った。13

・上尾が被災したら、地域を助け、助けられる関係を築きたい。2

・地域の人と助け合いながら生活していきたい。2

・「1人では生きていけない。助け合いをしながら生きていくことが大切」ということを忘れずに、
まずは身近な人を助けたい。

・災害が起こったら、自助・共助・公助を大切にしていきたい。2

・上尾が今こんなに幸せでいいのかと思った。

・今なにが出来るか・・・支援金も大切だが、私たちが今使っているものを大切にしたり、
今やっていることを一生懸命にやることが大切だと思う。
それが将来、人を助けることにつながるのだと思う。

・いつか東日本大震災に遭った人と交流してみたい。



a0247584_1316524.jpg
[PR]
by team_ageo | 2014-12-07 23:00 | 参加者の感想 | Comments(0)

上尾市内の中学校でゲストティーチャーをしてきました。

12月5日(金)

市内の中学校の1学年の「総合」の授業に呼ばれ、
ゲストティーチャーの一人として授業をさせていただきました。

a0247584_1602739.jpg
「地域で生きる」というテーマで、地域で活動している大人たちの話を聞くというものでした。

ディサービスの方、自然学習館の指導員の方、おやじの会、
消防士、市役所職員、NPO法人の方などなどいろいろなジャンルの方々が全部で9名。
それぞれ担当の2クラスで20分ずつお話をしました。

ReVAは、災害ボランティアとして、東日本大震災での復興支援をしているという内容や、
近隣に起こった自然災害(竜巻や大雪被害)での活動の様子を話し、
いずれこの地域で災害が起こった時は、キミたちの力が必要だということ
「今のうちから、友達や近所の人と、【助ける・助けられる関係】を作っていってほしい」
という内容の話をしました。

a0247584_16152146.jpg
一昨年、ここの中学校の生徒会は、リサイクル活動の収益金をReVAに寄付をしてくれています。
その大切な寄付金で、陸前高田市の仮設住宅敷地内の階段の手すりの材料を買わせてもらい
平成24年11月に、生徒会の名前入りで設置させていただきました。

a0247584_16161417.jpg
そんなキミたちの先輩方の協力の“あかし”が、ずっとここに残っています。

「キミたちが大人になった頃、この仮設住宅も普通のキャンプ場に戻っていたら、
せひキャンプをしに、遊びに行ってみてほしい」と願ったり、
「地元災害が起こったら、キミたちのような若い力が必要なんだよ。
私たち大人を助けてね。」なんていう話をしたり・・・・

a0247584_1624848.jpg
中学生には、「災害ボランティアの活動」はどんな風に感じたでしょう。
真剣にモニターを見ていた子、必死でメモを取っていた子、
「ぼくたちにもできることはありますか?」と質問してきた子。
20分×2クラスはアッと言う間で時間も足りず、言いたかったことが半分も言えませんでしたが
何かが伝わり、いつか思い出してくれたらと思います。

中学生目線で伝えるむずかしさを実感しながらも
いつか彼らと一緒に、活動が出来たらいいなとも思いました。

先生方、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。


生徒のみなさんの感想(一部抜粋)は こちら
[PR]
by team_ageo | 2014-12-07 15:58 | 講習会・講演会等 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 物資等提供品のお礼
at 2017-04-02 15:05
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
講習会・講演会等
イベント
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ