ReVA復興ボランティアチーム・上尾

平成24年度第1回定例会議のお知らせ

平成24年度第1回定例会議の日程が決まりました。

日時 4月8日(日) AM9:00~
場所 上尾市総合福祉センター団体室

[PR]
# by team_ageo | 2012-03-20 19:15 | 次回の予定 | Comments(0)

第2弾【ボランティアバス陸前高田行き】ダイジェスト

先日のボラバス第2弾!
盛りだくさんの内容で、更新が遅れていて申し訳ありません。

詳細報告は後ほど…
とりあえず『ダイジェスト版』でどうぞ♪

3/17(土)
陸前高田ボランティアセンターのニーズにより
漁港の【側溝の泥出し】
a0247584_8374134.jpg

夜は住田町基地に宿泊。
恒例の豚汁には、今回『仙台麩』を入れました。
a0247584_664174.jpg


3/18(日)
この日のメインイベント!
モビリアの子ども達による【モビリア版・ハンターミッション】
東京ドーム5個分の敷地を誇るキャンプ場の地図の前で
蒲生さんの説明をうけながらワクワクしている子どもたち
もちろん!ReVAメンバーも、学生に混じってハンターとして参加!
a0247584_5262268.jpg

一方では、【丸太の移動】
a0247584_839382.jpg

登下校の子ども達や、売店の商品を運ぶお店の人の通路を妨げていた巨大丸太を
男性4~5人で片づけました。
70代のメンバー大活躍!

もう一方では、上り下りのある広い敷地内の仮設住宅1軒1軒に
【物資配布】のお手伝い。
a0247584_5192652.jpg

小さくみえるオレンジのベスト、見つかりますか?
a0247584_523376.jpg


盛りだくさんの今回のボランティアバス。
詳細報告をお楽しみに♪
[PR]
# by team_ageo | 2012-03-20 08:19 | 活動報告 | Comments(0)

【第2弾!陸前高田行きボランティアバス】参加者募集!

【申し込みは終了しました】
第2弾【ボランティアバス陸前高田行き】参加者募集!



3/16(金)~3/18(日)
場所:陸前高田
参加費:7000円
定員:25名



3/16(金)
21:30上尾市総合福祉センター集合(集金・ミーティング後出発します。)
※電車をご利用の方は、上尾駅から送迎します。また、自家用車等の交通手段のない方は、
お近くのメンバーが、お近くから送迎しますのでお問い合わせ下さい。
車中泊

3/17(土)終日活動
がれきの撤去等、陸前高田災害ボランティアセンターのニーズに合わせた活動(天候等により、作業内容は異なります。)
住田町基地泊(無料/寝袋をお持ちのかたはご持参下さい)

3/18(日)午前中のみの活動
【仮設住宅の子ども達とのレクリエーション】他
陸前高田で一番大規模な仮設住宅「モビリアオートキャンプ場仮設住宅」にて
子ども達とのレクや、仮設の住民の方との昼食作りを予定しています。
キャンプ場全敷地内を使って、子供達(逃走者)が逃げ隠れし、大人達(ハンター)がその子供達を捕まえるというフジTVでやっている「ハンターミッション」のレクで、子ども達と交流をしませんか?
他大学の学生も何人か参加予定です。
昼食後 13:00ころ出発
21:00ころ、上尾福祉センターに到着予定。

持ち物はこちら

参加ご希望の方は、住所・氏名・年齢・生年月日・携帯電話番号・メールアドレスを、下記までお知らせ下さい。

team.ageo.saitama@gmail.com
080-6556-1052(市川)

または、http://revaageosaitama.seesaa.net/ より、申し込みフォームにてお願いします。

お問い合わせは team.ageo.saitama@gmail.com まで
[PR]
# by team_ageo | 2012-03-15 00:00 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

東日本大震災義援金街頭募金に参加しました。

2012年3月11日

東日本大震災から、あっという間に1年・・・・
みなさんは、この日をどのように過ごしましたか?
14:46を、どのような気持ちで迎えましたか?

私たちReVAは、この日、上尾市社会福祉協議会の方々と一緒に
JR上尾駅前で、街頭募金を行いました。

a0247584_6465575.jpg



本日の上尾社協に協力した標記街頭募金活動に参加して下さった皆さんお疲れ様でした。

午前参加:8名+たっくん(3歳)
午後参加:6名+1匹(コーギー犬のドイル君)

日陰での活動では肌寒い一日でしたが、一緒に活動している皆さんがそんなことに動ずることなく一生懸命に募金活動をしている姿に引っ張られ、私自身充実した時を過ごさせて頂きました。

a0247584_793121.jpg

他の団体の方も募金活動をしていましたが、午前の部も、午後の部もReVAの皆さんの声が一番大きかったと思っています。社協他の皆さんに大いにReVAの一生懸命ぶりが伝わったと感じているのは私だけではないでしょう。

a0247584_7111444.jpg

今日は募金活動の際、皆さんが検討を重ねたボラバスのチラシの配布も行いました。配られた人がボラバスに今回行かなくても私達の活動を理解して下さるのにとても役に立つことでしょう。
・・・・でも、チラシを見て申し込みをしてきてくれる人が何人か出てくれるといいですね。

募金活動の最後に、午後参加した全員が集まり黙祷の後、社協からの挨拶、そのまた最後にReVAからの挨拶の時間も頂きました。また、解散直後には上尾のボランティア連絡会の柿崎会長から、「ReVAの活動に協力する意思があるので、何かあれば社協さんを通して声をかけて下さい」と言う言葉も頂きました。これはこの場を借りて、吉沢代表はじめメンバーにお伝えするものです。よろしくお願いします。

今日参加のみなさん、お疲れ様です。どうか、のどをゆっくり休ませてあげて下さい。
                                2012.03.11 Y.Y記


[PR]
# by team_ageo | 2012-03-13 07:16 | 活動報告 | Comments(2)

⑦2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告⑦~最後に~

最後に、陸前たがだ八起プロジェクトの代表、蒲生さんから
いろいろなお話を聞くことができました。

a0247584_14415795.jpg
地震の直後、いそいでキャンプ場の展望台へ駆け上がった。
目の前で、町が流されていく一部始終を
地震のあとの3時から日が暮れる6時まで、呆然と立ちつくしながら
なにも考えられず、ただただ眺めていた。

震災後、被災者たちの健康管理もキャンプ場の課題となっていたが、
特に、持病を抱えていた人たちのケアが心配のタネだった。
避難してきた人の中には、人工透析をしている人などもかなり混じっていて、
放置しておくわけにはいかなかった。
そこで、運動会でラインを引くときに使う石灰を使って、
キャンプ場のフリーサイトに 「SOS」 の文字を大きく描いた。
やがて、それを見つけたヘリコプターが医療機関に連絡を取ってくれて、
病身の人たちを搬送してもらうことができた。


最後に、
震災から1年になる3月11日を、
「みんなお祭りのごとく騒ぎ過ぎだ!」と、蒲生さんは言う・・・
11の付く日だけ、取材にくる報道陣。
イベントをやるだけやって、一過性で帰っていく若者。
実績や売名行為のためにやってくる人もいると、住田町基地のスタッフも言っていた。

地元住民の本音は、
「せめてこの日だけは、静かにゆっくり過ごさせて欲しい・・・」
このひとことにつきるのだと言う。



a0247584_14441914.jpg

忘れてはいけない大事なことを、
忘れそうになってはいませんか・・・・?

メンバーがそれぞれ、これからの支援のあり方を考え
細くてもいいから、長く長く、被災地への支援を考えて行きたいと
共通の答えを抱いて、埼玉上尾に戻りました。

震災からもうすぐ1年・・・・
まだ、震災は終わってはいません。
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-21 14:44 | 活動報告 | Comments(0)

⑥2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告⑥~バレンタイン企画2~

2日目の仮設班は、バレンタイン企画第2弾!
 ●オリジナルチョコレート
 ●チョコチップクッキー
 ●ミニホットケーキのデコケーキ
この3つのブースに分かれて、それぞれ自由に好きなものを作っていきました。

a0247584_1258387.jpg
湯せんで溶かしたチョコを、好きなカップに流し入れ、
好きなものでデコレーション。

a0247584_13145279.jpg
「ミルクチョコにイチゴ味を混ぜちゃおうよ!」「うんうん♪入れちゃおう!」
わいわい言いながら、ホントにいろんなものが出来ていきます。

a0247584_13172394.jpg
スタッフだけでなく、仮設や在宅のお母さん達も一緒に手伝ってくれるところがまたいいのです。

a0247584_13191919.jpg
こんなにかわいいオリジナルチョコのできあがり♪

a0247584_13205341.jpg
こちらはクッキーグループ
チョコチップを入れて・・・・まぜまぜ・・・

a0247584_13212718.jpg
一緒にこねこね・・・
わ~い♪ ママたのしいよぉ~♪

a0247584_13241579.jpg
仮設集会所にはオーブンがありません。
でも大丈夫!フライパンでだって、さくさくでおいしいクッキーが焼けちゃうんです。

a0247584_13244445.jpg
こちらはミニホットケーキグループ。
ホイップクリームを泡立てていた6年生、思わずクリームをペロッ♪

a0247584_1322094.jpg
住民同士おしゃべりしながら楽しく作りました。

a0247584_13254035.jpg
それはそれは真剣なまなざしの子どもたち・・・・

a0247584_13411183.jpg
生クリームやミニチョコ・マシュマロを、はさんで飾ってできあがり♪

a0247584_13402787.jpg
すごい!ゆきだるまやワンちゃんまで♪
チョコレートが接着剤の役目をしているんですね。

a0247584_13281816.jpg
「みてみて~アンパンマンできたよ~♪」

a0247584_1329893.jpg
a0247584_13294359.jpg
最後に、たまごパックや牛乳パックで作った容器に入れてラッピング。
午後に、みんなで箱づくりをする予定だったのに、急きょ活動は昼までとなってしまいました。
みなさんホントにごめんなさい・・・・

詳しい様子は、陸前たがだ八起プロジェクトのブログをどうぞ
          ↓
 そして、チョコ作り。
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-21 12:59 | 活動報告 | Comments(0)

⑤2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告⑤~思い出の品の選別~

ボランティア2日目  
a0247584_2505642.jpg

陸前高田ボランティアセンター
ボランティア参加人数約50人
晴れの天気予報のはずだったが、夜から雪が降り始める。
a0247584_2514788.jpg

ミーティング待ちの間、ボラセン周辺の雪かきを少し手伝いながら他のボランティアさんを待つが、
月命日の昨日の、300人越えのボランティアの姿はどこにもなく、バスは我々のみ。
そんなものか・・・と、激減するボランティアの現実を体感した。
ボラセンもすっかり雪が積もるが、寒さはそこまできつくはなかった。
a0247584_3101568.jpg
雪のため、今日の作業は、モビリアの施設にて写真や手紙等の思い出の品の整理を行う。
a0247584_3121160.jpg
たまたま見ていた手帳に、まだ若い女の子が書いたのか
'「お母さん、大好き'」という文字が書いてあり切なくなった。
運命というにはあまりにも残酷過ぎる現実。
きっとどこかで元気でいると信じたい。
   (M崎メンバー記)


「ボランティアさんが居ないときは、この作業をいつもひとりで行っています。
たくさんの位牌に囲まれ
時々こわくなるときがあります・・・・」

担当の方が話してくれた・・・・

a0247584_3131454.jpg
そんな中、年賀状を選別していた別のグループに耳を傾けると・・・・
「あ!これ、おれの親戚だ!」
「おぉ~?これおれが親戚に書いた年賀状だよ~!」


そんな偶然もあるんです!
担当の方も驚いていた様子!
偶然ここのニーズに選ばれて、偶然そばにあったかごの中を整理して、
そして偶然自分の手元に戻ってきた自分が書いた年賀状・・・・

運命を感じる瞬間でした。

詳しい様子は、こちらをどうぞ
      ↓
復興ボランティアチーム・上尾(ReVA)ボラバス第一弾で雪の陸前高田に!(2)
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-21 00:33 | 活動報告 | Comments(0)

④2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告④~バレンタイン企画1(午後)~

午後は子どもたちの数が増えて賑やかになりました。
3歳くらいから12歳までの子どもたちが参加。
a0247584_220496.jpg

午後は1つのスポンジに対して1~2人でトッピングです。
みんなそれぞれ楽しそうにお菓子やフルーツ、生クリーム、チョコクリームをトッピングしていました。
a0247584_2225784.jpg

5年生の女の子はお菓子を沢山重ねてまるでスカイツリーのような素敵なケーキを完成。
女の子は全体的にバランスを考えてきれいにトッピングをしていて男の子の2人組は好きなものをどんどんのせてユニークな出来あがりに。
a0247584_2235537.jpg

完成したケーキはどれも個性が出ていて見ていてはHAPPYな気分に♪
世界で1つのオリジナルスペシャルケーキの出来あがり。

そのあとはチョコフォンデュとカップケーキのデコレーション。
a0247584_2244986.jpg

チョコフォンデュはフルーツやクラッカーをとろとろチョコにつけてパクっ。
a0247584_2253276.jpg

カップケーキはケーキと同じく、自分の好きなようにトッピングして完成したら各自で試食。
子どもたちは美味しそうに食べていました。

子どもたちを見ていて感じたことはみんな年齢よりもしっかりしていて心の優しい子ばかりだなぁと思いました。
a0247584_2262429.jpg

後半に地域のお年寄りの方が来たときに進んでお茶とケーキを出していて素晴らしいと感心しました。
また後から来た友達にもきちんと食べられるようにカップケーキを渡していて相手のことも気遣える心を持っていて見ていて温かい気持ちになりました。
子どもたちに元気をもらいました。
もっと私も頑張らないと!
    (Y.Hメンバー記)


a0247584_2275465.jpg

子どもたち同士がとても仲良しだと感じました。年上の子が年下の子にとても優しく教えてあげたり、一緒に遊んでいてすごくいいなと思いました。
お互いに思い合ってる感じがすごく伝わってきました。
a0247584_2284751.jpg

一人ひとりが素直で初めて会う私たちも温かく迎えてくれたことがすごく嬉しかったです。
大人の方々もみなさんすごく温かくて、みんなが家族のような雰囲気でした。

高学年の子は話すときに敬語を使って話してくれて驚きました。
周りを見て動いていたり、お手伝いしてる子もいて、しっかりしてると思いました。

本当に参加することができて良かったです。
    (M.Hメンバー記)

詳しい様子は、陸前たがだ八起プロジェクトのブログをどうぞ♪
           ↓
バレンタイン企画 ・ チョコケーキ作り!

⑤2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告⑤~思い出の品の選別~ へ つづく
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-21 00:10 | 活動報告 | Comments(0)

③2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告③~バレンタイン企画1(午前)~

集会所はこの日も朝から開放しているので、
スタッフルームで私たちが対談している間も、
子ども達が遊びに来ています。
午後のケーキ作りに来れない子は、午前中に作りました。

a0247584_10283045.jpg

わがメンバーの若手双子姉妹が、この日の仮設班。
小学校の先生と学童の指導員なんて、まさにピッタリなマッチング♪

以下、Y.Hメンバーのレポートです。

a0247584_1014954.jpg それぞれ炊飯器で作ったチョコ味のスポンジに、お菓子や生クリーム・チョコクリーム・フルーツなどを思い思いにトッピングしていく。
双子ちゃんはマシュマロが気に入ったみたいで、トッピングしながらつまみぐい。
かわいい笑顔で美味しそうにパクッ♪
みくちゃんとゆいちゃんは、お互いのすきなものを順番にトッピング。
生クリームの上に小さいチョコをチョコっとのせるなど
楽しそうに次々といろんなものをチョイス。

a0247584_104665.jpg
完成したケーキは、カラフルでかわいく美味しそう。双子ちゃんは「お父さんにあげる」と言って嬉しそうにお持ち帰りしました。
    (Y.Hメンバー記)











《おまけ》
スタッフのおねえさんと一緒に、お昼のお弁当を買いに、目の前の売店へ!

a0247584_10393958.jpg
a0247584_10395520.jpg

そうです!ココの仮設には、サニタリー棟を利用して、
地元スーパー【マイヤ】が入っているのです。
山の上のキャンプ場なので、市街地まで行く交通手段のない方やお年寄りなどには、とても便利!
お弁当や野菜くだもの、日用品や雑貨など、なんでも揃っています。
となりには、プレハブの用品店もありました。

④2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告④~バレンタイン企画1(午後)~ へ つづく
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-19 10:43 | 活動報告 | Comments(0)

②2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告②~陸前たがだ八起プロジェクト対談~

現場でのがれき班と平行して、
『仮設住宅の現状と支援スタッフの生の声』をお聞きするために
上尾市役所職員と上尾市社会福祉協議会職員も合流し、
陸前高田で一番大きな仮設住宅がある「モビリアオートキャンプ場」へお邪魔しました。

a0247584_645313.jpg

168世帯370人以上の住人が住むここの仮設住宅には
写真のような、60戸の木造一戸建ての仮設住宅が並んでいます。
いずれ取り壊される、校庭などに並ぶプレハブ長屋の仮設とは違い、
キャンプ場に建つこれらの仮設は、最後まで残る仮設住宅であろうと言われています。

a0247584_6302152.jpg

これらの仮設は、一戸建てというプライバシー確保の利点もありますが
若い世代の一人暮らしの方も多く、余計に孤立した状態を作ってしまっているという難点もあるといいます。
また、どの仮設住宅も大家族が住むには狭いので、
世帯分離を余儀なくされたり、
色々な集落の方が入居しているために、別地域の人とのつながりが難しかったり、
若い世代の一人暮らしの人との交流が乏しかったり・・・
また、周辺在宅者とのつながりも含め、
「コミュニティづくりの難しさを実感している」と、
NPO陸前たがだ八起プロジェクト代表の蒲生さん(左)と、自治会長の千田さん(右)は、口をそろえておっしゃっていました。

年末に集会所もでき、住民のコミュニティのきっかけ作りになれたら・・・と
足湯・ヨガ・手芸・料理教室など
様々なイベントも積極的に取り入れているそうです。
それらの取り組みも、スタッフが常駐しているからできることなのだと言います。
でも反面、人手不足での多忙な毎日。
この11ヶ月間、振り返る暇もないくらい突っ走ってきて、時間の早さに追いつけないくらいだとおっしゃっていました。

「この11ヶ月、泣いてないのサ・・・
身内を亡くして、友人を亡くしても、ゆっくり泣くヒマがないのサ・・・」
・・・考えさせられる一言でした。
本当は、何も考えずにがれきの撤去もしてみたい、
外回りをして、在宅住民も含め生の住民の声を聞いて回りたいのだと
スタッフとしてのご苦労を感じる言葉でした。

a0247584_630576.jpg

「支援する方は与えるだけ、支援される方はもらうだけ!というのではなく、これからは、『一緒に何かをやる・交流する』という形で、
決して一過性ではなく、継続的な支援が必要」というのが
双方の共通の意見でした。

顔が見える支援、一つのものを一緒にプロセスの過程を見ながら、一緒に再生プロジェクトを行っていきたい。
全員で、先が見えるものを共有しながら取り組んで行けたら・・・・

a0247584_8385271.jpg

【牡蠣の養殖いかだづくり】もそのひとつです。
牡蠣が育って出荷されるまでは、3年もの長い月日がかかります。
結果が出るのは先ですが、そんな先まで、もっと先まで、
細く長く支援できたらと思っています。
陸前高田の再生は、海(漁業)の再生から!
そんな形でのお手伝いも「ぜひやらせてください!」とお願いをしてきました。


③2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告③~バレンタイン企画1(午前)~ へ つづく

[PR]
# by team_ageo | 2012-02-19 08:32 | 活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18
8/26(金)【台風9号】 ..
at 2016-08-26 23:17

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
イベント
講習会・講演会等
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ