ReVA復興ボランティアチーム・上尾

②2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告②~陸前たがだ八起プロジェクト対談~

現場でのがれき班と平行して、
『仮設住宅の現状と支援スタッフの生の声』をお聞きするために
上尾市役所職員と上尾市社会福祉協議会職員も合流し、
陸前高田で一番大きな仮設住宅がある「モビリアオートキャンプ場」へお邪魔しました。

a0247584_645313.jpg

168世帯370人以上の住人が住むここの仮設住宅には
写真のような、60戸の木造一戸建ての仮設住宅が並んでいます。
いずれ取り壊される、校庭などに並ぶプレハブ長屋の仮設とは違い、
キャンプ場に建つこれらの仮設は、最後まで残る仮設住宅であろうと言われています。

a0247584_6302152.jpg

これらの仮設は、一戸建てというプライバシー確保の利点もありますが
若い世代の一人暮らしの方も多く、余計に孤立した状態を作ってしまっているという難点もあるといいます。
また、どの仮設住宅も大家族が住むには狭いので、
世帯分離を余儀なくされたり、
色々な集落の方が入居しているために、別地域の人とのつながりが難しかったり、
若い世代の一人暮らしの人との交流が乏しかったり・・・
また、周辺在宅者とのつながりも含め、
「コミュニティづくりの難しさを実感している」と、
NPO陸前たがだ八起プロジェクト代表の蒲生さん(左)と、自治会長の千田さん(右)は、口をそろえておっしゃっていました。

年末に集会所もでき、住民のコミュニティのきっかけ作りになれたら・・・と
足湯・ヨガ・手芸・料理教室など
様々なイベントも積極的に取り入れているそうです。
それらの取り組みも、スタッフが常駐しているからできることなのだと言います。
でも反面、人手不足での多忙な毎日。
この11ヶ月間、振り返る暇もないくらい突っ走ってきて、時間の早さに追いつけないくらいだとおっしゃっていました。

「この11ヶ月、泣いてないのサ・・・
身内を亡くして、友人を亡くしても、ゆっくり泣くヒマがないのサ・・・」
・・・考えさせられる一言でした。
本当は、何も考えずにがれきの撤去もしてみたい、
外回りをして、在宅住民も含め生の住民の声を聞いて回りたいのだと
スタッフとしてのご苦労を感じる言葉でした。

a0247584_630576.jpg

「支援する方は与えるだけ、支援される方はもらうだけ!というのではなく、これからは、『一緒に何かをやる・交流する』という形で、
決して一過性ではなく、継続的な支援が必要」というのが
双方の共通の意見でした。

顔が見える支援、一つのものを一緒にプロセスの過程を見ながら、一緒に再生プロジェクトを行っていきたい。
全員で、先が見えるものを共有しながら取り組んで行けたら・・・・

a0247584_8385271.jpg

【牡蠣の養殖いかだづくり】もそのひとつです。
牡蠣が育って出荷されるまでは、3年もの長い月日がかかります。
結果が出るのは先ですが、そんな先まで、もっと先まで、
細く長く支援できたらと思っています。
陸前高田の再生は、海(漁業)の再生から!
そんな形でのお手伝いも「ぜひやらせてください!」とお願いをしてきました。


③2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告③~バレンタイン企画1(午前)~ へ つづく

[PR]
# by team_ageo | 2012-02-19 08:32 | 活動報告 | Comments(0)

①2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告①~がれき撤去作業~

2/10(金)夜22:00
拠点である埼玉県上尾市総合福祉センターを出発した20名のメンバー。
夜遅くにもかかわらず、受付・準備をしてくれたメンバーや社会福祉協議会の職員のみなさまに見送られ
今回、ReVA初のボラバスを運行することができました。

a0247584_8332629.jpg

片道6時間かけて向かった陸前高田への道は、途中から雪が降り積もりましたが
朝は見事な快晴!
あとから新聞配達の方に話を聞くと、明け方の気温は『マイナス13℃』だったとか・・・

a0247584_8341278.jpg

今回の宿泊場所に選んだのは、あのうわさの住田町基地
廃校になった小学校が公民館になり、
震災後、住田町社会福祉協議会が運営するボランティアセンターになりました。
今日まで、何百人ものボランティアさんが宿泊施設として利用し、
ここを拠点として、陸前高田や大船渡に多くのボランティアさんが向かいます。
真冬でも快適な暖房設備。
布団やマットなども設置されており
寝袋のない人でも手軽に利用できます。

a0247584_835581.jpg

教室がそのまま宿泊室に。
黒板には、震災当時から今までのボランティアさんからのメッセージなどが
ぎっしり書き込まれていました。

a0247584_505068.jpg

震災から11ヶ月のこの日のボラセンは、何台ものバスが来て
久々の300人越え!

a0247584_532655.jpg

アフリカのリベリアからもTV取材が来ていて
以前のボラセンのにぎわいが戻って来たようでした。

a0247584_510685.jpg

今回の活動場所は、一本松の反対側
海に流れる気仙川河口付近です。
一本松が、遠くに小さくみえるのがわかりますか?



a0247584_6172235.jpg

3階まで被害が及んだ気仙中学校

a0247584_6213671.jpg

その中学校のすぐわきの堤防から海側をながめると
そこには、川岸いっぱいに散乱しているがれき・・・・
ここは、震災後まだ一度もボランティアの手が入っていない場所だという。

a0247584_6461473.jpg


「震災後初めてボランティアの手が入る場所」
という緊張感。
先日も気仙川で遺体があがったこともあり、チラホラ見かける警察の捜査の姿に
より一層緊張感が増す。
最高気温マイナス1℃。
風も強く、かすかに雪もちらついており非常に寒かったが、
それでも他のボランティアの方達もいて元気に活動していた。
かつて、白鳥のエサやり場だったこの場所に
再び観光客や家族連れが訪れ、憩いの場・交流のとして復活してほしいという願いをこめ
かじかむ手で、がれきの山を作っていった。
   (M崎メンバーより)


※その他、がれき撤去班の活動の詳細は、
わがメンバーである有名ブロガーのこちらの記事をどうぞ
           ↓
復興ボランティアチーム・上尾(ReVA)ボラバス第1弾で雪の陸前高田に!(1)

②2/10~12ボラバス臨時便【陸前高田】活動報告②~陸前たがだ八起プロジェクト対談~ へ つづく
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-17 08:45 | 活動報告 | Comments(0)

ボラバス臨時便【陸前高田】無事終了!

2/10(金)~12(日)で実施されたボラバス臨時便【陸前高田】は
無事に終了しました。

a0247584_352027.jpg

震災後、初めて足を踏み入れるという現場での活動

a0247584_3361931.jpg

朝の陸前高田ボラセンを雪かき

a0247584_324880.jpg

思い出の品の選別

a0247584_324491.jpg

仮設のこどもたちと作った手作りチョコレート

a0247584_301016.jpg

20名のメンバーの熱い想いと、地元でバックで支えて下さった方々の願いは
真冬の陸前高田に届いたことと思います。


a0247584_3263450.jpg


詳細は、後日アップしますので、もうしばらくお待ち下さいね♪
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-14 00:47 | 活動報告 | Comments(0)

陸前高田臨時便出発

念願のボランティアバスを、自分たちの手で運行する事ができました。
ReVA初の、記念すべき臨時便が、先ほど陸前高田に向かって出発しました。

参加者20名!
社協にも問い合わせが多数来ていたそうで、今回初参加が3名いらっしゃいます。

受付・お見送りに来て下さったメンバーの方、社協職員の皆様、差し入れを下さった方々、
本当にありがとうございます。

一番寒さ厳しい2月の活動、市や社協の陸前高田への支援の想いを引き継ぎ、
私たちReVAはがんばって来ます。

また、みんなで書いた応援メッセージを、震災から11ヶ月経った明日、陸前高田ボラセンに届けて来ます。
私たちの活動の証と、これからの終わらない支援を誓って…

3日間、事故なく活動して来ようと思います。
応援よろしくお願いします。

メリーランドトラベル様
エスケー交通様
このたびは、ありがとうございました。
[PR]
# by team_ageo | 2012-02-10 23:20 | Comments(0)

【陸前高田へのボラバス臨時便】ボランティア募集!

終了しました
【陸前高田へのボラバス臨時便】
ボランティア募集!

2012年2月10日(金)夜10時 埼玉県上尾市総合福祉センター発
2012年2月12日(日)夜11時頃 同着予定

場所:岩手県陸前高田市
募集人数:25名(中型バス予定)
宿泊場所:住田町基地(無料)
食事は各自・寝袋持参(無い方には無料貸出あり)・防寒対策必須!
参加費:8000円~10000円程度(参加人数によって変動あり)
市内在勤在住問わず。
未成年(高校生)は保護者の承諾が必要
ボランティア活動保険(天災Aタイプ加入済みのこと)

参加申し込み・お問い合わせは
team.ageo.saitama@gmail.com まで

主催:【ReVA】~復興ボランティアチーム・上尾~


あと6~10名くらい募集します。
お知り合いの方にもぜひご紹介下さい。

[PR]
# by team_ageo | 2012-01-29 15:08 | ボランティアバス参加者募集 | Comments(0)

第2回発足準備会議終了【会の名称決定!】

1/21(土)に行われた【第2回発足準備会議】には
足元の悪い雪の中、12名のメンバーが集まり
会の名称・会員資格・会の目的等を話し合いました。



【名称】
ReVA(リーヴァ)
復興ボランティアチーム・上尾


【会の主な目的】
①上尾市および全国各地の災害復興支援
②身近に起こりうる災害に備えての防災活動ならびに防災意識の向上と会員の育成
③復興支援または防災を志す組織・個人との連携
④一般市民にむけての啓蒙活動や情報収集


【会員資格】
居住地域に関わらず、会の目的に賛同して会員に関する定めに従うことの出来る人。


会員に関する定め等、その他の詳細については、次回発足会議にて引き続き話し合う予定です。

【第3回発足準備会議】
2/5(日) 13:00~
上尾市総合福祉センター団体室


多くの方々のご意見をお聞きしたいので、
ご都合のつく方は、ぜひご参加下さい。

[PR]
# by team_ageo | 2012-01-22 16:48 | Comments(0)

ピースボート災害ボランティアセンター・イベント【災害ボランティアのこれから】のご案内

災害ボランティアのこれから
学生・企業・国際ボランティア。
「多様なヒト」の力を活かせる若いリーダーの育成を



イベント概要
【 日 時 】 2012年1月24日(火) 17:30-19:30(開場 17:00)
【 場 所 】 上智大学四ッ谷キャンパス12号館5階12-502教室
【 定 員 】 200名
【参加費 】 学生:無料 一般:500円(資料代)
【 主 催 】 上智大学グローバル・コンサーン研究所
【 後 援 】 ピースボート災害ボランティアセンター
【 予 約 】 【ご予約フォーム】に必要事項を記入の上、ご予約下さい。

プログラム
ll 第1部 ll -17:30~18:30-
『 東日本大震災、ボランティアの現場から 』
◆ ボランティア20万人を動かした「石巻モデル」とは
◆ 気仙沼・災害ボランティアセンターでの活動
◆ 大学生は震災でどう動いたか
◆ 国際ボランティアの活躍
◆ 顔の見えるCSR元年、企業ボランティアの動き
[ 登壇者 ]
 浅田麻衣さん(上智大学4年、元JVC日本国際ボランティアセンター気仙沼ボランティア)
 アリス・ブレナンさん(国際ボランティア、PBV海外CSR担当、英国出身)
 渡辺たかしさん(企業ボランティア、パルシステム神奈川ゆめコープ)
 伊藤征慶さん(企業ボランティア、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社)
[ モデレーター ]
 山本隆(ピースボート災害ボランティアセンター代表理事)

ll 第2部 ll -18:30~19:30-
『 多様なヒトを動かせる若いリーダーを 』
◆ ボランティアの経験をどう活かすのか?
◆ ピースボートの災害ボランティア・リーダートレーニング
◆ リーダートレーニング、学生受講者からの報告
◆ これからの東北復興支援とボランティア
◆ 質疑応答・ディスカッション
[ 登壇者 ]
 小林深吾(ピースボート災害ボランティアセンター)
 脇山知花さん(関西学院大学4年、Youthfor3.11関西支部)
 三井喬広さん(同志社大学3年、Youthfor3.11関西支部)
 益子将太郎さん(日本大学3年、IVUSA国際学生ボランティア協会)
[ モデレーター ]
 福武慎太郎(上智大学グローバル・コンサーン研究所)


[PR]
# by team_ageo | 2012-01-22 13:43 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

『震災から学ぶ』パネル展・非常食試食会のご案内

鴻巣市にある、防災学習センターにおいて、
下記の通りイベントが開催されます。
お時間のある方は、どうぞご参加下さい。(入場無料)

a0247584_0231341.png







*東日本大震災パネル展 写真家 田村裕二
*非常食試食会
*防災力検定クイズ など


[PR]
# by team_ageo | 2012-01-14 00:17 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

【普通救命講習会】のご案内

下記の通り、上尾市消防本部において普通救命講習会があります。
ご希望の方は、こちらで一括とりまとめをしますので、
1/10(火)までに、氏名と年齢をteam.ageo.saitama@gmail.comへご返信下さい。
もちろん、個人でお申し込みいただいても結構です。
また、今回参加を見合わせる方も、
日を改めて団体として講習会をお願いすることも可能ですのでご安心下さい。

...........................................................................................

 とき  平成24年2月5日(日) 午前9:00~正午
 ところ 上尾市消防本部
 内容  心肺蘇生法・応急手当・AED(自動体外式除細動器)の使用方法など
 対象  上尾市内に在勤在住または在学の人
 定員  30名(応募多数の場合は抽選・初めての人優先)
 参加費 無料
 申し込み 往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号を記入して、
      平成24年1月4日(水)~18日(水)(必着)に消防本部警防課へ
      362-0013 上尾市上尾村537 Tel 048-775-1312 Fax 048-775-2230

※募集人数に満たない場合は中止になることがあります。
 駐車場がありませんので、車での来場はご遠慮下さい。
..........................................................................................

[PR]
# by team_ageo | 2012-01-08 14:51 | 講習会・講演会等 | Comments(0)

12/17(土)ボランティアバス報告会

3月11日の東日本大震災・・・
その災害復興支援には、多くの方々が関心を持った1年だったことと思います。

上尾市社会福祉協議会からも、6期にわたりボランティアバスを出していただき、その参加者を対象にした『ボランティアバス報告会』が、先日開催されました。

30名以上の参加者とともに、映像とスライド写真で、これまでの復興支援活動を振り返りながら、グループごとに今後の支援について語り合いました。

a0247584_15315467.gif



また、今回のボランティアバスでの復興支援の経験を生かし、東北だけでなく今後地元でも有意義な活動ができるのではと思い、このたび
【ボランティア団体の設立】
を提案させていただきました。
[PR]
# by team_ageo | 2011-12-28 21:00 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

最新の記事

【陸前高田6月便】活動報告
at 2017-06-04 23:22
【南相馬第9便】活動報告
at 2017-05-28 23:13
第1回勉強会「上尾市建築安全..
at 2017-05-14 23:17
熊本地震から1年~上尾駅前街..
at 2017-04-15 23:24
29年度 ReVA総会が行わ..
at 2017-04-09 23:21
29年度 物資等提供品のお礼
at 2017-04-02 15:05
29年度 募金・活動支援金のお礼
at 2017-04-02 05:55
モビリア献花式
at 2017-03-11 20:03
平方公民館人権講座
at 2016-11-28 23:30
【熊本地震】活動報告
at 2016-09-25 23:59
9/25(日)【熊本地震】活..
at 2016-09-25 23:00
9/24(土)【熊本地震】活..
at 2016-09-24 23:55
9/23(金)【熊本地震】活..
at 2016-09-23 23:50
9/22(木)【熊本地震】活..
at 2016-09-22 23:47
9/3(土)【熊本地震】活動..
at 2016-09-03 23:59
【台風9号】青梅・狭山 活動報告
at 2016-09-03 23:02
9/2(金)【台風9号】狭山⑥
at 2016-09-02 23:38
8/31(水)【台風9号】狭山⑤
at 2016-08-31 23:50
8/28(日)【台風9号】 ..
at 2016-08-28 23:19
8/27(土) 青梅④ 狭山④
at 2016-08-27 23:18

カテゴリ

全体
新着情報
活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【熊本地震】活動報告
【陸前高田】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
講習会・講演会等
イベント
支援物資のお礼
募金・活動支援金のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 03月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ