人気ブログランキング |
ReVA復興ボランティアチーム・上尾

南相馬第2便 活動報告①

11月22日(金) 21:30 北上尾駅東口

a0247584_1725626.jpg
【南相馬第2便】は、8名のメンバー、乗用車2台で向かいました。
見送りの方々、ありがとうございました。

11月23日(土) 早朝

a0247584_173207.jpga0247584_1735145.jpg
a0247584_1734138.jpg
道の駅南相馬で朝日が昇るのを待ち・・・・・・
小高区にある 【南相馬市ボランティア活動センター】 へ出発!

a0247584_1742946.jpg
早速、うわさのマスコットネコのチロちゃんとご対面。

a0247584_18153075.jpg
毎朝恒例の、センター長直々の朝礼。

近隣にあるもう一つのボランティアセンター(社協ボラセン)が
除染工事のため1月8日までお休みのせいか、
この日のボランティアは150人を越えていた様子。
冬仕様になった待合場所には入りきれないほどでした。
ベテラン勢のリピーターが多いここのボラセンですが、
おそらくここに集まる人々は、東日本大震災後の原発事故で警戒区域となったこの場所が、
その後解除されたあとも、『このままではだめだ人手が足りない』と感じ、
毎回、毎回、幾度と無くここに戻り、ボランティア活動をしている方々なのだろうと感じました。

まずは感謝状の贈呈式。
「ReVA復興ボランティアチーム上尾!吉沢則雄殿!」
「え・・・・?なんでなんで?????」

a0247584_1751055.jpg
ビックリした代表ですが、彼も震災当初から南相馬に何度も足を運んでいたボランティアの一人です。

a0247584_1752451.jpga0247584_1753877.jpg
団体としても嬉しい限りです。
センター長、ありがとうございました。


さて、ReVAがマッチングされた現場は・・・・・・

『家の敷地を囲んでいる沢山の竹を伐採してほしい』との依頼。
警戒区域がやっと解除されたとはいえ、伸びきった草や竹・・・
個人だけの手でははかどるはずがありません。
なかなか除染作業も進まない現状。
草刈りや竹の伐採をするだけでも、除染効果があります。

センター長曰く
『チェーンソーではなく、刈り払い機で竹を切ってください。絶対に切れます!!!』
『生えた竹は、全部刈れる量ではありませんが、できる限り多く刈る様に勤めてください!』とのこと。
刈り払い機を7台。チェーンソーを1台。
その他もろもろ必要機材をボラセンで借り、軽トラに積込み、作業現場へ向かいました。

普通『刈り払い機』は草を刈るもの。
たぶんメンバー全員、説明を聞いているこの段階では
『そんなに太くなくて背丈も低い竹だろう』と思ってました。

ところが現地に到着すると・・・・・・

a0247584_177269.jpg
家の敷地の外回りに生えた竹たちは、高さ10メートルを軽く越え、
直径10センチ以上の太さがごろごろと連なる、まるで森のような竹林。
『これでは切れないと思う・・・・』
メンバーがもう一度ボラセンに戻り、資材を交換してくることに。

その間、他のメンバー達は、伐採されていた木の枝を拾い1ヶ所にまとめたり、
敷地内の落ち葉などを収集して彼らの戻りを待ちました。

しばらくして戻ってきましたが、資材はさっきと同じ・・・・。
どうやら、センター長の助言で
『刈り払い機で竹を切りなぎ倒す方法』を教えてもらってきた。との事。

a0247584_1941099.jpga0247584_1942282.jpg
刈り払い機の刃も新品に交換してきたというので気を取り直し、
初めて使う人には、代表からきちんと安全講習を受けて作業開始。
今回は特に、100%自己管理・自己責任に基づいて作業を行うという意識を忘れず
安全に、慎重に作業を進めました。

a0247584_1912888.jpga0247584_1914113.jpg
歩道から下まで降り、間にある側溝をまたいで、竹が生える斜面まで行きました。

a0247584_195611.jpg
側溝には、枯れて倒れた竹なども散乱しています。

a0247584_195202.jpga0247584_1953216.jpg
斜面での伐採作業。
自分の立ち位置と竹を倒す方向も確認します。
勾配が少しきついので、足元にも気を付けながらの作業です。
斜面に斜めに生えた竹もあり、木の根や石などの障害物もあるので、慎重に行いました。

a0247584_1954834.jpg
刈り払い機で叩き、なぎ倒した竹

a0247584_196236.jpg
昼休み
午前中は汗だくになったので、日陰でお昼休憩。
家主さんから缶コーヒーなどの飲み物の差し入れを沢山いただきました。
とても美味しかったです!

a0247584_196152.jpga0247584_1962917.jpg
午後、作業再開。
午前中に倒した太い竹を、適当な長さでカットしていきます。
もちろんこれも『刈り払い機』を使用。
刃の向きを縦に持ち替えて断裁、枝もカットし、別の場所へ運び積み上げました。

a0247584_1965932.jpga0247584_1971330.jpg
一時、歩道が全てなぎ倒した竹と切り落とした枝で覆われてしまったので
こちらも通れる様に片付け、掃除も行いました。

a0247584_1974048.jpg
だいぶ片付いてきた状態。
でも、写真右上の影になってる部分は、まだ沢山生えている竹の茂みです。
残りは次のボランティアに引き継ぎます。

a0247584_1975442.jpga0247584_198753.jpg
運びもれや、忘れ物がないかを確認。
歩道も片付いて、元のように通れるようになりました。
左側が、残りの竹やぶです。

a0247584_1982345.jpga0247584_1983526.jpg
側溝に落ちていた竹や木の枝も拾い、作業終了。

今回の作業で、全体的に約1メートル程、竹やぶの中に進みましたが
まだまだ沢山生えている状態です。
家主さんの希望が少しでも早く叶えられる事を願います。

a0247584_1984819.jpg
午後の西日が少し傾きかけた、美しい田園風景。
本当に美しい風景でした。
震災前は、たくさんお米が採れたのでしょう・・・
なぜかとても懐かしい風景に目頭が熱くなりました。

この美しい風景は決して忘れはしまいと心に刻み、
あの事故がなければ・・・・と改めて強く思いました。

(A.S)



つづく
by team_ageo | 2013-11-27 23:57 | 【南相馬・浪江】活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2/2 【上州雪かき道場20..
at 2018-02-02 23:43
深谷社協主催【水害ボランティ..
at 2017-12-10 23:17
神川町社協主催【災害ボランテ..
at 2017-12-09 23:20
12/2 台風21号川越活動..
at 2017-12-02 23:24
台風21号(川越)活動報告 一覧
at 2017-11-30 07:39
11/16 台風21号川越活..
at 2017-11-16 23:56
11/11.12 第44回 ..
at 2017-11-12 23:59
11/9 台風21号川越活動..
at 2017-11-09 22:45
11/3 台風21号川越活動..
at 2017-11-03 23:53
11/2 台風21号川越活動..
at 2017-11-02 22:52
11/1 台風21号川越活動..
at 2017-11-01 23:52
柏市社会福祉協議会【災害ボラ..
at 2017-10-31 23:57
10/30 台風21号川越活..
at 2017-10-30 23:59
10/29 台風21号川越活..
at 2017-10-29 23:50
10/28 台風21号川越活..
at 2017-10-28 23:49
10/27 台風21号川越活..
at 2017-10-27 23:49
10/26 台風21号川越活..
at 2017-10-26 22:47
10/25 台風21号川越活..
at 2017-10-25 23:43
福生第六小学校 道徳地区公開..
at 2017-10-07 23:11
9/23.24【浪江社協ボラ..
at 2017-09-24 23:59

カテゴリ

全体
TOPページ
活動履歴
活動報告
【平成30年7月豪雨】活動報告
【台風21号(川越)】活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【台風9号(青梅・狭山)】活動報告
【熊本地震】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【陸前高田】活動報告
講師
講習会・講演会参加
イベント
街頭募金
募金・活動支援金のお礼
支援物資のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2020年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ