ReVA復興ボランティアチーム・上尾

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

上尾社協主催【災害支援ボラティア養成講座①】

2月28日(日)

a0247584_1631169.jpga0247584_16291955.jpg
上尾社協主催【災害支援ボランティア養成講座①】に参加しました。

a0247584_16305181.jpg
この日は、毎度お世話になっている深谷市社会福祉協議会の荻原さんが講師でした。

a0247584_16353391.jpg
参加者の市民の顔ぶれも様々で、20代の女の子、民生委員さん、
小中学校のおやじの会、市内企業の方、
そして、常総市災害VCの運営スタッフもしていたという方も参加されていました。

a0247584_16355468.jpg
講師の荻原さんは、一方的にお話されるのではなく、
時には質問を投げかけてくれるなど私たち参加者と双方向での対話を重視してくださり
災害ボランティアの基本を再確認することが出来ました。
東日本大震災、竜巻や大雪、北関東の水害などを思い出しながら、
「私たちは今まで、被災者に寄り添った活動ができていたかな?」と、振り返ることも出来ました。

a0247584_16363775.jpg
昼食は、参加者の方とおしゃべりしながら交流もできました。
地元企業の方や、地域の民生委員さんともお話しできてよかったです。

a0247584_16381661.jpga0247584_16392047.jpg
何度やっても決断を迷わされるクロスロードゲーム。
今日も他の人の意見に共感してみたり考えさせられたりしながら、
景品のアメやクリアファイルをいただきながら楽しく学ばせてもらいました。

深谷社協の荻原さん、そして上尾社協の皆さま、ありがとうございました。

来週は【災害ボランティアセンターの立ち上げ訓練】です。
上尾市民のみなさまと一緒にがんばろうと思います。
[PR]
by team_ageo | 2016-02-28 23:59 | 講習会・講演会参加 | Comments(0)

ReVA2月便活動報告

2月26日(金)

a0247584_1545410.jpg
今回の参加者は5名。
2月の自走便は、夜間冬道走行リスクが高いので、
池袋23時発の夜行バスで気仙沼に向かいました。


2月27日(土)

気仙沼でレンタカーを借り陸前高田市小友町コミュニティーセンターへ。

a0247584_15452727.jpg
氷点下2度の寒い朝ですが晴天に恵まれ、
バスハイクを楽しみにしていた住民さんが次々小友コミセンに集まって来ました。

a0247584_15453810.jpg
2月のバスハイクは「大人の遠足イートハーブ花巻へ行こう」と題し、
花巻市八日市のつるし雛見学と花巻温泉入浴、
花巻マルカン百貨店でのお買い物、という豪華三本立て!

a0247584_1546311.jpg
途中、「産直ともちゃん」でトイレ休憩と買い物を楽しみながら、
10時過ぎに八日市振興センター到着しました。

a0247584_15463817.jpg
a0247584_1547189.jpga0247584_1547335.jpg
地元のお母さんたちが子供の健やかな成長を願って手作りしたつるし雛は圧巻!
想像以上に素晴らしいものでした。

a0247584_1549040.jpg
参加者の8割は女子(笑)皆さん目をキラキラさせ「昔は私も作ったもんだよ~」「素敵!」と
5~60年前にタイムスリップしたかの様です。

a0247584_1559279.jpg
山の神温泉「優香苑」に到着しました。
ここでは入浴と食事で3時間程ゆっくりしました。

a0247584_1612119.jpga0247584_1613499.jpg
a0247584_1603083.jpga0247584_1604094.jpg
a0247584_162166.jpg
昼食の時間以外は自由で、
温泉に入られる方、お土産を買われる方、お茶っこしておしゃべりする方、
皆さん思い思いの過ごし方をしました。

a0247584_160456.jpg
6回目になる今回のツアーは、
今までご自身が被災されてないから、と遠慮していた方も数名参加してくださいました。
被災した、しない、自立再建した、しない、
いつの間にかできてしまった見えない壁に小さな穴を開けることができたかな?と思います。

a0247584_1693091.jpga0247584_1695458.jpg
ツアーの最後に花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」でお買い物を楽しみました。

a0247584_1610727.jpga0247584_16102176.jpg
名物のソフトクリームやマルカンラーメンがある展望大食堂は大賑わい、
地元方に親しまれていることがよく分かりました。

数日後のニュースで、この「マルカン百貨店」が老朽化のため6月に閉店することを知りました。
懐かしいデパートに皆さんをお連れすることが出来てよかったです。

途中、「産直あおぞら」でトイレ休憩と買い物をして、小友コミセンに戻ってきました。
8時~18時と長時間のツアーでしたが、皆さん「楽しかった!また行きたい!今度はいつ?」と
笑顔で帰宅されました。


2月28日(日)

a0247584_17572276.jpg
昨夜からの雪で一面銀世界の陸前高田市。
今日は、モビリア自治会の方が近々撤去予定のプレハブの荷物搬出を行うので、
そのお手伝いとプレハブのひさしの撤去です。

a0247584_16261641.jpga0247584_16262531.jpg
到着後先ずは東集会所周囲の雪かき。
モビリア仮設住宅の東集会所は、100歳のミサオばあちゃんと93歳のハマコばあちゃんのお茶っこルームです。
「雪が降ったのでばあちゃんたち来ないかも知れないけど、滑ったら大変だからね」そう言いながら念入りに雪かきしました。

a0247584_16263371.jpg
その後、自治会の方々と一緒に、
プレハブの中の荷物運びと、ひさしの撤去に取りかかりました。

a0247584_16264485.jpga0247584_16265268.jpg
ひさしの撤去に取り掛かるも、思いのほか頑丈に設置されているので
私たち素人の道具では歯が立ちません。
仕方なく出来る所からコツコツ作業していると、
震災前は日本中の建設現場でお仕事されていたお父さんが
見るに見かねてご自宅からプロ仕様の道具を持ってきて手伝ってくれました。

自治会長さんも手伝ってくれて作業はあっという間に終わりました。

a0247584_1627038.jpg
作業の後は男のお茶っこタイム。
ワイルドに大きな菓子パンが配られ
皆さんと東京マラソンを応援しながら楽しいひと時を過ごしました。

こうして、2月便の活動は無事終了しました。
[PR]
by team_ageo | 2016-02-28 02:22 | 【陸前高田】活動報告 | Comments(0)

川越社協主催 【災害ボランティアセンター立ち上げ訓練】

2月11日(祝)

a0247584_755620.jpga0247584_754075.jpg
今日はReVA2名で、【川越市災害ボランティアセンター立ち上げ訓練】にお邪魔しました。

a0247584_761611.jpg
被害想定は『水害』。(2月に水害?というツッコミはさておき・・・)
豪雨による河川の氾濫です。

a0247584_762810.jpg
社協職員や市の職員の運営訓練も兼ね、
私たちは先日の災害ボランティア入門講座の受講生と一緒に、
ボランティア役・相談者役に扮しました。

ボランティア役、相談者役とも、細かい設定が書かれた用紙を渡された人は
その役になりきり進められていきました。
中でも、「ハプニングカード」には、「迷惑なボランティア役」や困った対応も記載されていました。

【受付】
a0247584_764438.jpg
a0247584_765511.jpga0247584_7781.jpg
ボランティア活動保険に加入していない方はここで加入。
ビブスや災害ボランティア活動の心構えなどのチラシを受け取りました。

a0247584_773042.jpg
スカートにヒールのままボランティアに来たという設定の女性は、
「昼食を食べるところはあるか?」
「近くのコンビニは営業しているか?」
「長靴もゴム手袋も持って来ていない」など
スタッフを困らせる質問ばかり。
(結局この方には、PC入力などの運営側の手伝いをしてもらうことになりました。)

【総務】
a0247584_771986.jpg
災害ボランティアセンターに初めて来る依頼者は、どこに相談に行けばいいかもわかりません。
とりあえず総務窓口に行ってみた相談者役は、
このあと、困りごとの相談窓口である 【ニーズ班】 につないでもらいました。

ここには、ボランティア希望者だけでなく、本当にいろんな方が来所されます。
  ・家の片付けが出来ずボランティアをお願いしたい人、
  ・被災して大事なものを失い生活に困っている人、
  ・り災証明のことや制度の相談に来る人、
  ・行方不明の愛犬を探している人、
  ・新聞やTVの取材陣。。。etc。。。
総務班の方々は、一番大変かもしれません。

【マッチング、オリエンテーション】
a0247584_774262.jpg
活動場所が決まったら、細かい活動内容、必要資材、トイレや集積所の確認などが行われます。

【資材班】
a0247584_775430.jpga0247584_7898.jpg
ここで、必要資材の貸し出しが行われます。
(訓練なので、カードで対応。)

【送り出し班】
a0247584_782514.jpg
活動場所までの道順、送迎の車の手配、通行止めの箇所の伝達などが行われました。

【活動報告】
a0247584_784255.jpg
活動終了後、リーダーはここで活動報告。

a0247584_785410.jpga0247584_79743.jpg
1回目終了後、運営スタッフ役(社協職員、市役所職員)は、全体ミーティング。
1回目の反省を踏まえ、このあと第2回目の訓練を行いました。

a0247584_792377.jpg
2回目も行い、最後に全員で閉会。
無茶ぶりな設定にも必死に対応して下さった職員の皆さま、お疲れ様でした。
本当にドタバタな現場が再現された気がしました。

私たち災害ボランティア経験者にとっては当然のことと思っていても、
災害ボランティアの経験がない一般市民目線でのご意見や、
運営が初めてのスタッフさんの感想は貴重だと感じた一日でした。

2/28、3/6には、上尾社協でも「災害ボランティア養成講座」を実施します。
私たちも、今日の訓練を参考にしたいと思います。
[PR]
by team_ageo | 2016-02-11 23:52 | 講習会・講演会参加 | Comments(0)

【上州雪かき道場】に参加しました。

2016.2.3(水)

a0247584_20262203.jpg
昨年度の「雪かき体験会」でもお世話になった群馬県片品村。
今年度は群馬県で初開催となる「上州雪かき道場」に、
ReVAメンバー5名と、フィリピンから来日している小学校の英語の講師(ALTJさんの
6名でお世話になりました。

a0247584_20263023.jpga0247584_20263682.jpg
午前中は座学と実技の基礎。
越後雪かき道場でも使用しているテキストや「雪かきカルタ」で基本や注意点を学んだり

a0247584_20264382.jpga0247584_20265122.jpg
「雪かき体操」でウオーミングアップをしたあと、外に出て基礎実習。

a0247584_20265126.jpg

雪かき体験コースは、駐車場スペースの雪山を使い、
講師・師範から、雪かき用スコップやスノーダンプ(ママさんダンプ)等の説明・使用方法を
1人づつレクチャーして頂きました。

a0247584_20265281.jpga0247584_20265200.jpg
その後、スコップやスノーダンプを利用して、班ごとに協力し合い
ゲーム方式で、A地点からB地点まで15分間にどれだけ雪を高く積む事ができるかという

「雪山高さ競争」を行いました。
みんなすごく楽しかったと大喜びでした。

a0247584_20265320.jpga0247584_20282183.jpg
小型除雪機コースでは、
大小さまざまなHONDAの小型除雪機種を操縦させていただき
カナイ産業(株)の方々、地元の区長さん、スノーバスターズのみなさんのご指導のもと、
講習会場付近の道路の除雪に挑戦しました。

a0247584_20282222.jpga0247584_20282293.jpg
a0247584_20282174.jpga0247584_20282241.jpg
昼食は3種類からチョイス。
ボリューム満点で、どれもとてもおいしかったです。

a0247584_20282319.jpg

午後からは実際に一人暮らしの高齢者宅にお邪魔して雪かきの実践です。

【雪かき体験コース】
数年前までは自分で小型除雪機を操り除雪していたというおばあさん宅。
引っ張る力が弱くなりエンジンを駆ける事が出なくなったそうで
家の勝手口・物置小屋の出入り口が、屋根から落ちた雪で埋もれてしまい
生活に支障をきたしてしまうとのことでした。

a0247584_20303935.jpg

クマ武製ステンレススノーダンプを使って、
積もった雪を豆腐を切る様に約50Cm角位にカットし、
そのまま積み込み運ぶ方法や、

a0247584_20304069.jpg
晴れた日に屋根に積もった雪が解け、屋根の先に張り出した雪庇(せっぴ)を
アルミ製の 「雪庇落とし」 で実際に落とす方法を学び、
実際に除雪作業。

a0247584_20265301.jpg
「スノーダンプ」を使用する際のポイントとして
雪がないアスファルトの場所では、スノーダンプは滑りにくくなり使いづらくなるので
先に雪を利用して道を作っておくと良い、という方法も教わりました。
(道幅を広げ、行き帰りもすれ違えるようにしておくとなお良いとのことでした。)

a0247584_20304040.jpg
座学で学んだ通り、声を掛けながら、休憩を適度に取りながら

依頼された大量の雪を、約2時間ほどで敷地の隅に移動することができました。
フィリピン出身のJさんの持ち前の明るさもあって
作業が和気あいあいと楽しく進みました。

終了後、依頼主さんとお話をしました。
今年は例年より雪は少ないとのことですが、私たちからすると大雪です。
「上尾にこんなに雪が降る事は・・・」
2年前の大雪があったので油断できませんが、
ご近所みんなで協力して作業すれば対処できるかなと感じました。
いろいろ楽しくお話しを聞くことができ、
これもりっぱなボランティア活動の1つ「傾聴ボランティア」でした。

【小型除雪機コース】
スキー場近くの「ペンションストリート」の一角のお宅へ。

a0247584_20304032.jpg

周囲に人がいる中で除雪機を操縦するのは、本当に注意が必要です。
バックしながら自分が何かにつまづく可能性もあり、
特にUターンは、場所が狭いので難しかったです。

a0247584_20283681.jpg

除雪機はとても早くて便利で、庭先の雪山もつい崩したくなりますが、
そこに大事な草木や植木が埋まっている可能性もあるので注意!と教わりました。
側溝や小川が雪に埋まって見えないこともあります。
活動前に家主さんやリーダーと充分に確認することが大事だと再確認しました。


休憩時間には、このお宅のお父さんや社協のヘルパーさん、参加者のみなさんと交流。

これがとってもいい時間でもあり、

必ずしも「作業ありき!」「完了ありき!」ではない大事なポイントのひとつだと感じました。


【閉会式】

a0247584_20271450.jpga0247584_20271434.jpg

みんな揃って修了証をいただき、
片品社協さんも無事、雪かき道場の「のれん分け」認定!


片品村社協職員の皆様、役場職員や地域おこし協力隊の皆様、

地元師範になってくださった会長さん区長さん民生委員さん、

スノーバスターズの皆様、

本当にお世話になりました。


a0247584_20271496.jpg



[PR]
by team_ageo | 2016-02-03 23:51 | 活動報告 | Comments(0)


埼玉県上尾市社会福祉協議会登録団体 ReVA復興ボランティアチーム・上尾 のブログです。HPはこちら→http://www.ne.jp/asahi/team/ageo/


by team_ageo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

最新の記事

2/2 【上州雪かき道場20..
at 2018-02-02 23:43
深谷社協主催【水害ボランティ..
at 2017-12-10 23:17
神川町社協主催【災害ボランテ..
at 2017-12-09 23:20
12/2 台風21号川越活動..
at 2017-12-02 23:24
台風21号(川越)活動報告 一覧
at 2017-11-30 07:39
11/16 台風21号川越活..
at 2017-11-16 23:56
11/11.12 第44回 ..
at 2017-11-12 23:59
11/9 台風21号川越活動..
at 2017-11-09 22:45
11/3 台風21号川越活動..
at 2017-11-03 23:53
11/2 台風21号川越活動..
at 2017-11-02 22:52
11/1 台風21号川越活動..
at 2017-11-01 23:52
柏市社会福祉協議会【災害ボラ..
at 2017-10-31 23:57
10/30 台風21号川越活..
at 2017-10-30 23:59
10/29 台風21号川越活..
at 2017-10-29 23:50
10/28 台風21号川越活..
at 2017-10-28 23:49
10/27 台風21号川越活..
at 2017-10-27 23:49
10/26 台風21号川越活..
at 2017-10-26 22:47
10/25 台風21号川越活..
at 2017-10-25 23:43
福生第六小学校 道徳地区公開..
at 2017-10-07 23:11
9/23.24【浪江社協ボラ..
at 2017-09-24 23:59

カテゴリ

全体
TOPページ
活動履歴
活動報告
【台風21号(川越)】活動報告
【平成29年九州北部豪雨】活動報告
【台風9号(青梅・狭山)】活動報告
【熊本地震】活動報告
【関東・東北豪雨】活動報告
【南相馬・浪江】活動報告
【陸前高田】活動報告
講師
講習会・講演会参加
イベント
募金・活動支援金のお礼
支援物資のお礼
ボランティアバス参加者募集
スタディバス参加者募集
ボラバス参加者の駐車場について
募集
参加者の感想
取材・新聞記事
次回の予定
その他
未分類

記事ランキング

以前の記事

2019年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

ブログパーツ